ダービー回顧(またしても歴史は・・・)

俺の好きな言葉に【歴史は二度繰り返す。最初は悲劇として、2度目は茶番(喜劇)として】という言葉がある。ダービーでの福永祐一の騎乗を見てると【歴史は悲劇と茶番を何度でも繰り返す】という言葉に置き換えたくなる。尤も、3年前のワールドエースで懲りた筈なのに、またしてもPO馬という私情を優先して福永から入って馬券を外した俺は茶番もいいところなんだけど。

勝負はスタンド前の位置取りで決まった。スタンド前で行きたがる素振りを見せたリアルスティールを抑え込む為、ドゥラメンテよりも後ろに下げた時点で「ああ、やっぱり所詮は福永だった」と勝ちは早い段階で諦めた。もう何度となく指摘して来た【必要以上に折り合いを気にして必要以上に位置取りを下げる】という福永の悪癖がまたしても露呈したと言える。
まぁ、ドゥラメンテよりも後ろで競馬をするのは矢作との相談の上での作戦だったようだが、馬と喧嘩してまで下げる必要があったのか甚だ疑問。レース前後にグリチャで岡田総帥が馬との折り合いの付け方について触れていたが、レース回顧では福永の折り合いの付け方を暗に皮肉ってるようにしか聞こえなかった。
確かに正攻法の競馬で差された皐月賞はショックだろう。しかし、それでも勝ちに行く競馬だったと評価出来た。何でもかんでも正攻法が良いと思ってはいないが、ダービーの福永は本人は勝負に行ってるつもりでも、傍から見れば最初から勝負出来る舞台に立とうとしなかった言える。
尤も、正攻法の競馬をしてドゥラメンテに勝てたかは微妙だったと思う。共同通信杯みたくペースが緩んで終いの切れを活かす展開になれば判らなかったが、前半が締まった流れとなって切れより持続力と持久力が問われる流れでは些か分が悪い。ましてや、前半で折り合いを付けようとして逆にリズムを乱してた時点で勝てるわけがない。
いずれにしろ、福永は「所詮は福永」と言われる立場から脱却する事は永久にないだろう。そして、俺は勝負に行くという意味を判ってないこの男をダービーで軸にするという愚行は二度としない事を宣言しておく。

その潜在能力の高さは認めても、気性面の危うさから軸で買えなかったドゥラメンテだったが、パドックでの落ち着き具合から「今日は普通に折り合ってしまいそうだなぁ」という嫌な予感(?)はあった。そして、それは見事に当たる事になる。
スタンド前で後ろに下げた福永とは対照的に前へ進出を促して中団前目を取り、1~2コーナーで掛かったとはいえ、前に馬を置いて無理やり抑え込もうとせずに折り合いを付けたデムーロは流石と言える騎乗だった。皐月賞よりも更に手の内に入れていたと言える。
騎乗馬は違えど、締まった流れを作ったノリの逃げも結果として大きなアシストになった。折り合いが付けやすくなったのも確かだが、持続力と持久力が問われる流れは気性的にこの馬に向いていたと言える。
そして、直線で見せた持ち味の瞬発力。リアルスティールを置き去りにし、サトノラーゼンと接触しながらも手前を替えてからの伸びは圧巻の一言。速いとは思ったが、まさかダービーレコードを更新するとは唖然。予想以上に伸びしろがあるというか、歴代の2冠馬と比べても上位の存在だろう。
気になるのは秋のローテ。凱旋門賞への登録も済ませてるし、今回は折り合えたとはいえ、長丁場の菊花賞は気性的に不向き(能力差で何とかするパターンが一番可能性として高そうだが)。カスケードくらいかと思ってたが、菊花賞を蹴って凱旋門賞で走る二冠馬が見られるかもしれない。

2着サトノラーゼンは輸送で馬体は減らなかったが、パドックでは少し気負った感じで「果たしてレースで折り合えるのか?」という不安はあった。しかし、前半の入りを幾分抑えて中団のインに付けて宥めて折り合う事が出来た。道中は外の勝ち馬をマークしつつも、3~4コーナーは必要最小限のコーナリング。
直線はすぐ外へ出し、接触したのは意図的かどうか判らないが、勝ち馬をインを通らせないようにしてしぶとく食い下がって3着馬の猛追をギリギリ一杯に凌ぎ切った。相手が悪すぎたと言えるが、最内を上手く利用したコースロスのない立ち回りで3強の内2角までを崩した岩田の勝利への貪欲さは流石と思う。菊花賞は距離適性で少し微妙だが、今後もこれくらいの距離でなら主役を脅かす存在となれそう。

3着サトノクラウンはゲートを潜る仕草を見せたところでスタートが切られて出遅れて後方から。しかし、中山と違って広い東京では慌てる必要もなく、前半の締まった流れを受け流して折り合いを付けて末脚温存。4コーナーのコーナリングから進出を開始し、今回は何の不利もなくスムーズに回って直線も良い脚を使って追い込んだが、2着馬に詰め寄るのが精一杯。
皐月賞と違って力を出し切ってはいるが、この馬もリアルスティールと同様に終いの切れを活かすレースが合ってるタイプで持続力と持久力重視のペースで幾分パフォーマンスを落とす事となった。距離も微妙に長かった印象。

全くの人気薄だったコメートが5着に健闘。好スタートからスンナリ先行して道中は3番手のイン。直線ではスムーズにキタサンブラックの外へ出してフラついてはいたが、この馬なりに最後まで止まらずに伸びた。弥生賞は接触してハミを噛んでしまい、皐月賞は外枠で序盤に脚を使って最後まで持たなかったが、今回は内枠を利してこの馬としてはほぼ理想的な立ち回りが出来た。人気にならないタイプで今後も中位人気で怖い存在となりそう。

タンタアレグリアはスタートしてすぐに後ろに控えて道中は離れた後方2番手を追走しての死んだふり。距離損を無くして上がり勝負に徹したが、流石にこの勝ち時計は速すぎたし、直線半ばでリアルスティールに寄られる不利も微妙に堪えた。着狙いに徹したとも取れるが、現状の力は出せたのではないかと思う。

レーヴミストラルは1コーナーでややゴチャついて頭を上げたが、その後を上手く宥めて道中は勝ち馬を徹底マーク。これまでマーク屋に徹した川田を評価して来なかったが、今回は相手を勝ち馬1頭に定めた徹底マークで勝とうとする気概は感じた。ただ、現時点での完成度の差は如何度ともし難く、直線は離される一方の完敗。ただ、福永と違って川田の今後には期待を持って良いと思う。

ミュゼエイリアンは枠的に前に行くだろうとは思ってたが、まさか逃げるとは思わなかった。皐月賞同様にレースの流れを作って力のある馬しか来れない締まったペースを刻んだが、このペースで残れる力が馬にはなかったし、時計も速すぎた。

ポルトドートウィユはスタートで出遅れて最後方のまま、何か仕掛けてくるでもなく終了。ハードに調教やっててこれが良い方に出ればと思ったが、却ってオーバーワークになってしまったか。アダムズブリッジは中団の後方に付けたが、これも特に見せ場なし。休み明けでこんな締まった流れとなっては無理ゲーもいいとこだろう。

軸馬の選択さえ間違えなければ、馬連は外れても3連複は取れてトントンくらいには持ち込めたレース。馬の能力云々も重要だが、大舞台で勝負に行ける騎手とそうでない騎手の選択はより重要だと痛感したレースだった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
92位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR