平安S

◎インカンテーション
○アジアエクスプレス
▲クリノスターオー
△ナムラビクター
△ダノンバトゥーラ


インカンテーションはフェブラリーSでそれまでの差しから一転して好位からレースを進めて2着と新境地を見せた。スタートからある程度前を取りに行くウチパクの持ち味が上手くハマったとも言えるが、昨年夏からの地力強化がGⅠでも通用する事を証明したとも言える。鉄砲が利くタイプで京都コースではみやこSで1、2着。帝王賞に向けて格好を付けときたい。

アジアエクスプレスは前走では内で揉まれるのを嫌って逃げの手に出た事で勝ち馬に目標にされての2着だったが、今回は外枠で因縁のクリノスターオーを内に見ながら競馬が出来る理想的な枠。これ以上距離が伸びると怪しくなるが、名古屋大賞典でも2着に来た1900mは守備範囲内だろう。戸崎が3日開催連続重賞勝利するか微妙だが、大崩れも考えにくい。

昨年の勝ち馬クリノスターオーは休み明けで人気を落としていた前走では初のブリンカー効果が絶大で勝負所でのズブさを見せる事なく、2着馬を叩き合いで競り落とす強い競馬。今回は枠順からマークされる立場に立たされそうなので評価は一つ下に見たが、絶大だったブリンカー効果で返り討ちにする可能性も有り得る。スタートさえ気を付ければ。

ナムラビクターは前走では出遅れと勝負所で動くに動けない苦しい展開となり、最後はジリジリと差を詰めたものの、脚を余す形となっての3着。能力的には他の人気馬と互角も、仕掛けどころの難しい脚質とムラの多い気性からアテにしづらい。ただ、今回も調教で動かない馬がラスト1Fを13秒台で纏めて来た。スムーズなら逆転まであっても。

ダノンバトゥーラは重賞初挑戦となった前走では力量差を見せ付けられはしたが、好位からしぶとく脚を伸ばしての4着。今回は3戦3勝の京都コースでもう少し動けても良い条件。外から行くであろう2頭を先に行かせて好位で脚を溜められるようなら。


基本的にはアンタレスSの上位馬の再戦にインカンテーションが割って入るというのが最終的な見解。縦目の危険性もあるが、インカンテーション軸の馬連と3連複で。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR