天皇賞・春回顧

何を書いても言い訳にしかならないが、先週の馬場状態や中間の天気を見てれば「今の京都はパンパンの硬い馬場」と思って予想を組み立てたわけであって、まさか散水してるとは夢にも思わず。良馬場でも力の要る特殊なトラックバイアスに加え、道中のペースが安定しない消耗戦となった事もあって、2着馬以外の外枠は壊滅という内枠祭りになってしまった。

高速馬場の京都では要らない筈のゴールドシップにしてみれば実に好都合な馬場と展開だったが、ゲート入りで散々ゴネて、スタートでは二の脚が全く付かずに最後方になった時点で、そんな馬場だとは知らなかった事もあって「これで厄介な奴が消えた」と一安心してた。
しかし、1周目のスタンド前で意図的にポツンと外へ持ち出してそこから集団に取り付いた時、瞬間的にトゥザヴィクトリーのエリ女を思い出させる嫌な予感(この時はティコティコタック軸でトゥザヴィクトリー抜け)がした。更に集団の隊列が短くなったところで捲り気味に好位に上がった時点で「これはもしかしてマズいんじゃないか?」と確信に変わった。
坂の下りからペースは上がったが、既に好位にいるので無理に追わずジワジワとスパート。直線で逃げ込みを図ったカレンミロティックを交わし、フェイムゲームの急追を凌ぎ切った。
一歩間違えば惨敗の可能性もあったが、スタミナの豊富さを活かしたヒシミラクルばりの超ロングスパートが実を結んだと言える。前半は馬の気分を損ねず、途中からペースを読み切って動いたノリの攻めの騎乗にしてやられた。【長距離戦は騎手で買え】の格言を地で行く騎乗だった。

2着フェイムゲームはこの馬にしてはゲートを出た方で、そこから押して脚を使って中団を確保。道中は馬群の中で折り合いを付けてはいたが、2周目3コーナーから早々とムチが飛んで勝負所でも包まれた状態という苦しい展開だったが、直線で外へ持ち出してエンジンが掛かってから一気に伸びて勝ち馬に急追。
なまじゲートを出たのもあって前半からある程度脚を使った分、勝負所では苦しくなったが、長距離適性はこのメンバーでも上位の存在だったし、消耗戦でも一定の結果を出してた実績が活きた。ただ、肉体面・精神面共にかなり消耗したであろうキツい競馬だっただけに反動が気掛かり。

3着カレンミロティックはスタートからスッと出して2、3番手のイン。序盤は少し行きたがるところもあったが、スタンド前で折り合ってからはラップが落ち着かない不安定な流れでもスムーズな追走。4コーナーで逃げ馬がバテた事もあって早め先頭となり、そのまま押し切りを図ったが、最後は距離適性の差が出る形。
切れ味勝負にならなかったし、内有利のトラックバイアスを味方にして粘り込んだのは宝塚記念と同じだが、中距離志向の強い馬でここまで粘るとは予想外だったが、池添でなくて蛯名が乗ってた事で納得。ノリもそうだが、関東のベテランは長距離のペースがキッチリ読める。

ラストインパクトはもう少し前で競馬をすると思っていたら、スタートがそれ程速くなかったのもあって後方4、5番手の集団の後ろを追走。そのまま折り合い重視の構えで不安定な流れをやり過ごす形のインペタで経済コースを立ち回り、直線もそのまま最内を強襲したが、残り1Fから詰めが甘くなって伸び負け。
最初は「これで大丈夫なのか?」と思う位置取りだったが、結果的に道中で消耗する事なくスタミナを温存する事に繋がった。川田の乗り方も概ね良かったと思う。ただ、持久力勝負になって3200mを乗り切るだけのスタミナが少し足りてなかった。

全く人気のなかったネオブラックダイヤが5着に健闘。スタートから二の脚が付かずに押して行っても前に行けず中団からの競馬。結果として、前に数に経済コースを通れた事でスタミナを残す事に繋がった。勝負所で包まれて直線も馬群を捌きながらだったが、ロブロイ×エリシオと重い馬場に強い血統が最後に活きた。

ホッコーブレーヴは序盤はジワッと出して中団のインに付けるいつもよりやや前目の位置。そのせいか、最初の坂の下りで少し行きたがったが、そこを宥めてのインペタ。直線入り口で仕掛け、スペースの空いた外へ持ち出して伸びかけたが、残り1Fを切った辺りで甘くなって伸び切れず。幸も悪い騎乗ではなかったが、田辺だったらもう少し違う乗り方が出来たと思う。まぁクリールカイザーで逃げて作ったラップは不安定で酷かったけど。

キズナはいつも通り後方にスッと下げて定石通りの末脚温存。2周目の向こう正面で無理しない形でジワッと位置取りを上げ、坂の下りから勢いを付けてスパートの態勢。しかし、いつもであればそこから伸びて来るのに、今回はダラッとした感じでジリジリとしか伸びず。
パンパンの良馬場が良いタイプではあるが、道悪の大阪杯でも一瞬突き抜けるかという場面はあったし、いつも通り前半を受け流してスタミナは温存出来た筈。負けるにしてもここまで見せ場を作れないとは思わなかった。ちょっと凱旋門賞どころではなくなって来た感じ。

サウンズオブアースは外枠からではあったが、ウチパクらしくある程度出して行って好位に付ける競馬。その後は折り合いもすぐに付いてスムーズな追走。勝負所から激しく追い出されて直線ではホッコーブレーヴと共に3番手に上がりかけたが、途中で脚が上がって失速。硬い馬場であれば良かったが、散水されて力の要る馬場になって泣かされたクチ。

ウインバリアシオンは出たなりの競馬で道中は中団の外目。折り合いも付いて中団グループでは勝負所でも手応えに余力が残ってるようだったが、直線半ばで失速し、入線後に下馬。競走能力喪失の重傷で引退が決まった。

アドマイヤデウスは大外枠が致命傷となった。ゆっくりゲートを出て内に入ろうと後方に下げたが、スタンド前でハミを噛んで外に出てしまうとそのまま持って行かれて好位にまで進出。ただでさえ、不安定な流れで1頭だけリズムを欠いてるのがアリアリの状況ではスタミナを早々と無くして見せ場なく大敗するのもやむなし。


当然ながら馬券は当たろう筈もなく・・・なんだか、このままズルズルと春シーズンを過ごしてしまいそうという嫌な予感しかしないんだが(´・ω・`)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
92位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR