桜花賞

◎アンドリエッテ
○ルージュバック
▲ペルフィカ
△レッツゴードンキ
△ココロノアイ
△クルミナル
△クイーンズリング


やはりというか、牡馬を蹴散らして無傷の3連勝を飾ったルージュバックが断然の人気に支持されてるが、他頭数のマイル戦を未経験なのは微妙に引っ掛かる。あと、少頭数のメンバーで外へ回す競馬しかしてないのも気になる。逃げ馬不在でペースは速くならなさそうな感じだけに、隊列が固まって馬群で包まれる競馬になった場合の不安もある。能力差で何とかする可能性が高そうだが、敢えてここは対抗まで。

本命はアンドリエッテ。レースレベルが高かったクイーンCは細化気味の馬体でも見せ場を作り、馬体が回復したチューリップ賞は得意とは言えない道悪でも大外からグイグイ伸びて2着を確保。ディープ産駒で良馬場ならもっと決め手が鋭くなるのは明白。追い切りも馬なりで併せ馬に先着して好気配。1勝馬ながら、まだ底を見せていない点でルージュバックを負かせる可能性はあるとみる。

ペルフィカはキャリア5戦全て上がり2位以内というコンスタントに使える決め脚が武器。前走は勝ち馬の強さが際立ったとはいえ、外枠から徐々に内へ入って経済コースを立ち回れる器用さを見せた。馬群を捌けるという点で5番枠はプラスに働くと言える。追い切りは目立つ時計ではないが、この馬なりに好調をキープしてる感じ。

レッツゴードンキは中間は前に馬を置いて折り合いに重点を置いた調整。映像を見る限りでは我慢が利いて一定の効果は見込める印象。ココロノアイとは1勝2敗だが、負けた2戦は馬場が渋った時。良馬場の決め手勝負ではこちらに分があるとみる。ただ、前走で馬場を考慮したとはいえ、逃げる競馬をしたのがここでどう影響するか。

ココロノアイは前走と同じく外枠だが、その前走でも壁を作れなかったとはいえは道中の我慢は利いていた。全幅の信頼は置けないが、折り合い面に関してはレッツゴードンキよりも進展が見られる内容。ただ、純然たる決め手勝負では自身より切れる馬に劣る印象は否めない。大崩れはないと思うが、突き抜けるまでの怖さはない。

クルミナルは1番人気に支持された前走はスタートでの出遅れに加えて、道悪競馬にノメって全く競馬にならず。敗因は明確なだけに、良馬場でまともに流れに乗れての決め手勝負になれば巻き返しがあってもおかしくない。あとは阪神の馬場適性があるかどうか。京都のレースを見る限り、軽い馬場専用という気がしないでもない。

クイーンズリングは中間を軽めにして馬体回復に専念したが、木曜段階で8キロしか回復していない。20キロ減の前走でも能力の違いを見せたとはいえ、負荷をあまり掛けてないのに戻り切ってない点で一抹の不安はある。一応、押さえで買うが、人気を考えると積極的に買いたい馬ではない。

キャットコインは早めの栗東滞在で輸送で馬体重を減らす可能性を排除した筈が、木曜段階で10キロ減。追い切りも馬なりに終始してたとはいえ、何となく機敏さに欠けた感じ。クイーンCの勝ち方は高い持続力と持久力を備えてる印象で軽い評価はしたくなかったが、これでは流石に評価を下げざるを得ない。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR