京都牝馬S

◎ウリウリ
○ダンスアミーガ
▲フォーエバーモア
△パワースポット
△レーヴデトワール
△キャトルフィーユ


ウリウリは良馬場の決め手勝負でこのメンバーでは一枚上の存在。パンパンとまでは行かなくとも良馬場に回復すれば持ち味を発揮出来る。前走は牡馬相手の阪神内回りとこの馬向きの条件ではなくとも僅差の4着と健闘。得意の京都で54キロ、中間の調整も順調、この条件得意のディープ産駒とくれば、福永であっても軸に据えるべきだろう。

ダンスアミーガは3ヶ月ぶりの休み明けだが、前走後からここを目標に照準を定めて乗り込み量は十分。東京や阪神でも勝ち鞍はあるが、昨年夏の新潟で連勝した内容から平坦コースの方がより決め手を発揮出来るタイプだろう。ベストのマイル戦で鞍上も強化。内枠から良いポジションを取れるようなら勝ち負けまで。

フォーエバーモアはオークス以来の休み明けで仕上がりが鍵だが、昨年暮れから帰厩して急ピッチで乗り込まれて来た。気性が勝ったタイプで鉄砲が利くタイプだし、昨年のクイーンCを勝利してるように冬場も問題ない。世代混合戦で成長力が問われる一戦だが、早熟では終わらないネオユニヴァース産駒。アドマイヤデウスに続く可能性は十分。

パワースポットはベストとは言えない2000mの愛知杯で折り合いを欠きながらも内から脚を伸ばして僅差の5着と健闘。流れがある程度締まるマイル戦になれば折り合いは付くだろう。開催が進んで時計がある程度掛かるようなら、全く競馬にならなかった昨年(新春S10着)よりも動けるだろう。金杯のマイネルメリエンダみたいに内でロスなく行ければ。

レーヴデトワールは秋華賞はスタミナを消耗し、愛知杯は最初から全く行く気を見せずと惨敗したが、調教は決して悪くない。マイル戦は2勝して桜花賞でも5着と健闘。内枠で周りからプレッシャーを掛けられると脆い部分はあるが、集中力を最後まで維持出来るようならもう少しやれても良い能力はある。

キャトルフィーユは粘っこい先行力で牝馬重賞でも好走を続けてるが、マイル戦向きの切れはないし、別定戦で56キロという斤量もマイナス。ただ、調教は好気配を維持してるし、このメンバーであれば労せず好位を取れるだろう。切れ味勝負では分が悪いが、それでも大きく崩れるイメージはない。全くの無印は危険。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR