有馬記念回顧

現役屈指の東京巧者で中山は初出走でコース形態も馬場もこの馬向きとは思えず、追い切りの動きも平凡。POGから応援し続けた義理で印は打ったが、勝負馬券としては買える馬ではなかったジェンティルドンナが直後に行われた自らの引退式に花を添える大団円の勝利。希望枠の内からスムーズに立ち回れたとはいえ、「何で今まで中山を使わなかったのだ?」と問いたくなるような正攻法のレースぶりには唖然とした。

好スタートを切ると、大方の予想通りハナを叩いたヴィルシーナを先に行かせてやや離れた3番手を追走。序盤は少し気負う場面も見られたが、その後は概ね折り合いはスムーズ。3~4コーナーで被せに来たラキシスとゴールドシップに併せて前との差を詰めに掛かり、直線で早め先頭に立ったエピファネイア目掛けて末脚を伸ばし坂上で先頭。追い縋るトゥザワールド、ゴールドシップ、ジャスタウェイの追撃を寄せ付けなかった。
希望枠の内枠、例年の中山に比べて状態の良い馬場、ヴィルシーナの作ったペースが遅くて持続力と終いの切れが問われる上がり勝負とこの馬の持ち味を出し切れるお膳立ては整ってはいたが、こうも見事に完璧に立ち回るとは恐れ入ったとしか言い様がない。
今まで色んな強い牝馬を見て来たが、海外競馬への適応力や、故障らしい故障をせずにコンスタントに戦えたタフさという点に置いては紛れもなく最強だろう。最初の種付け相手はキンカメかハービンジャーが有力とか。ブエナビスタの子供共々、子供のデビューが本当に楽しみ。最後の方は馬券的に噛み合わなくなってしまったが、本当にお疲れ様でしたm(__)m

2着トゥザワールドはスタートダッシュこそ一息だったが、二の脚が付いて好位に進出。ここで少し行きたがったが、ラキシスの後ろに付けて上手く折り合って道中は動かずに脚を溜める形。動きが慌ただしくなった勝負所で前が壁になったが、結果的にはここでもうワンテンポ溜める事に繋がった。直線は内に拘って勝ち馬の内側が空くと猛然と追い出して激しい2着争いを制した。
セントライト記念ではイスラボニータとの決定的な差を見せ付けられ、菊花賞では掛かり通しで何の見せ場もなく惨敗した事から完全に見切りを付けて眼中になかったが・・・春から常に指摘して来た「この馬は自力勝負よりも好位で溜めるスタイルの方が良い」が図らずも実証された形に。流石はビュイックだが、出来れば川田騎乗のダービーでこれを見たかった。こうした競馬が今後も出来れば重賞路線で活躍が見込めるだろう。

3着ゴールドシップはスタートを普通に出て好位を取れそうな感じに見えた時は「ヨシ、もらった」と思ったが、前を取りに行って折り合いを欠くのを恐れたのか、控えて中団からの競馬。3コーナーから気合いを付けてロングスパートに入り、4コーナーで一気に先団に取り付いたところで「これなら2着は取れる」と思ったが、終いの切れ味勝負になってはやや分が悪かった。
それほどペースが上がらなかった事で持久力より持続力が問われる流れになり、この馬向きの流れにならなかったのも痛かったが、やはり前半で行こうと思えば行けた前目に行けなかった事が最後の詰めの甘さに繋がったと言える。昨日のオリービンもそうだったが、ちょっと岩田らしくない騎乗に見えた。実に勿体ない。あとは予想してたよりも馬場状態が良かったのも敗因だろう。

ジャスタウェイはスタートは良かったが、外枠スタートもあって外を回らされるのを嫌ったか、かなり後ろに控えて道中はゴールドシップをマークする形の中団後方から。しかし、3コーナーで仕掛けたゴールドシップに付いて行けず、差を詰めに掛かった4コーナーではスムーズさを欠いて直線は大外。そこから猛然と追い上げたが、2着争いに加わるのが精一杯。
やはり外枠が堪えたと言えるが、どう外枠を克服するかというよりも枠なりの競馬しか出来なかった福永は所詮は福永だとつくづく。何度となく書いてるが【必要以上に折り合いを気にして必要以上に位置取りを下げる】悪癖が外枠を加味して出てしまった印象。北橋や瀬戸口が現役であれば苦言の一つでも呈しているんだろうが、今の福永には何を言っても効果はないだろうなぁ。

エピファネイアはスタートを決めると前に行って2番手からの競馬。危惧していた折り合いは序盤に力んだ以外はスミヨンよりも上手く付けてた印象。4コーナーでヴィルシーナがバテて早め先頭になっても追い出しを出来るだけ我慢してたが、持続力と切れが問われる展開になってしまっては最後の最後で切れ負けしても仕方ない。
この馬もゴールドシップ同様に馬場が例年に比べて良い状態だった事が不運だった。もう少し持久力が問われる馬場であればスロー上がり勝負でも持ち堪えたと思う。川田もスミヨンより折り合いを付けて申し分ない騎乗に見えたのだが・・・

ラキシスは二の脚が付いた事もあって、この馬としては早めの好位からの競馬。折り合いも付いたし、勝負所から勝ち馬の外に被せに掛かって直線も勝ち馬の後ろでしぶとく食い下がったが、坂上で他の牡馬に飲み込まれた。流石にこれだけの面子が揃うと厳しかったが、もう少し楽になるGⅡクラスであれば馬券圏内まで来れるだろう。

ラストインパクトはややスタートが甘くて後方のインから脚を溜める形。4コーナーまでは内に張り付いて良い感じに見えたが、直線ではなかなか前が空かず、スムーズさを欠いてしまった。前が空いた坂上から猛然と追い縋ったが、大勢は決した後。菱田が中山での騎乗経験が無かったのが悔やまれる。まぁ菱田はこの経験を今後の糧にして頑張ってほしい。

トーセンラーはスタートから少し出して行って先団3、4番手の早めの競馬。最内枠を引いて最短距離を通って距離損をなくす作戦だったが、如何せん中山のコース形態はこの馬向きではない。コーナリングでの加速力が不十分で脚が溜まり切らず、直線の坂で伸びあぐねてしまった。距離も微妙に長かったか。

フェノーメノは中団の外目からレースを進めて折り合いも付いていたが、勝負所で仕掛けたゴールドシップに被せられて動くに動けない形となってしまった事で勝負あった。前半でもう一つ前の位置を取りたかったし、勝負所で先に動けていればもう少し上には来れたであろう。秋3戦は位置取りで後手に回って消化不良に終わってしまった印象。

ワンアンドオンリーは相変わらずスタートは甘かったが、二の脚が付いて好位集団の後ろに付ける事が出来たが、直線では動くに動けない位置に押し込められてノリが戦意喪失。もうちょっと何かやってくれるかもと期待してたが、ちょっと無策過ぎたか。


馬券の方はトゥザワールド軽視で見事に1着3着。他のレースも阪神荒れ放題で惨憺たる有様。本命馬が勝った時に限って単勝買ってなかったりするし。また暫くは大人しく見てるだけになりそうだorz

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
92位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR