マイルCS回顧

重賞未勝利馬のGⅠ勝利は遂にストップしたが、2連続の法則はディープ産駒の勝利で継続。まぁこの法則もチャンピオンズCで途切れそうな気がするのであまり気にせずに(ry

これぞ岩田の真骨頂とも言えるイン突きが絶妙にハマったダノンシャーク。安田記念以降は先行策が取られていたが、今回は最初は急がせずに中団後方に控える待機策。徐々に内に入って3コーナーでは集団のポケットに入るスムーズな立ち回り。直線では最内に突っ込んでラチを頼らせながら末脚を伸ばし、最後は2着馬に併せに行って僅かにハナ差で先着。
追い出す時のフォームや時には強引なコース取り等、色々言われがちな岩田の騎乗だが、勝つ為に何をすべきかという意思が明確なのと、それを行うまでの瞬時にして果断な判断力は馬券を買う側にしてみれば極めて頼もしい。昨年の安田記念は被害馬と加害者という因縁はあったが、安定感はあってももう一歩突き抜けられなかったダノンシャークをGⅠ馬にしたのは紛れもなく岩田の技量と言い切れる。
しかしまぁ、何だかんだで買い続けていたダノンシャークも遂にGⅠ馬の仲間入りか。ミソが付く買い方だったが、この馬のGⅠ勝利に際して馬券を当てれて良かったw

2着フィエロは好スタートから好位集団の真ん中に入って先行勢を見ながらの競馬。これも集団のポケットでレースを進められて勝負所でもじっくり脚を溜められた。直線もスムーズに前が空いて残り300mで先頭。しかし、グランデッツァは振り切ったものの、最内を強襲した勝ち馬との競り合いには負けて惜敗。キャリー発生したWIN5で1票フィエロに入れてた人は発狂モノだろう。
この馬の評価を下げる要因となった福永だが、今回は実にソツのない立ち回りだった。しかし、直線でスムーズに前が空くのが早過ぎた。行かなければ外の3着馬にスペースを潰されていたであろうし、行かざるを得ないのは仕方ない。あと、直線で手前を替えないいつもの癖がまた出てしまったのも最後の詰めの甘さに繋がったと思う。
誰が乗っても矯正出来ない逆手前は兎も角、福永の騎乗自体は叩かれる要素が何もない筈なんだが、今シーズンの流れを止め、大舞台に強い岩田にハナ差競り負け、しかも勝ち馬は前走で騎乗して1番人気で飛ばしてる・・・坊主憎ければ袈裟までというか、いつの間にか「所詮は福永www」という状況になってしまうのは何とも。尤も、そうしたイメージの悪さは半ば自分で招いているので同情は出来ん。

3着グランデッツァは二の脚が早くて序盤から3、4番手につけるいつもの先行策。少し揉まれ弱い面があるが、今回は他馬のプレッシャーがあまり掛からない位置で競馬が出来た。しかし、4コーナーで前のミッキーアイルにつられて外目を回る羽目になり、その際に出来たスペースを2着馬に突かれてしまって直線の追い比べで競り負け。
強い相手の根幹距離では要らないと最初からノーマークだったが、レコード勝ちした都大路Sと似たような高速馬場になったのが幸いした。ペース的にはキツかったが、底力が問われにくい平坦な軽い馬場適性の高さがモノを言った。

連覇を狙ったトーセンラーはスタートからすぐに後方に下げるいつもの後方待機策。3コーナー坂の下りで加速を付けて行って徐々に差を詰めるのもいつも通り。4コーナーでのコーナリングもスムーズで直線もスンナリ外へ出せたが、昨年見せた決め手の鋭さが今年は見られずじまい。
敗因は予想以上にハイペースになった事だろう。昨年は前半のペースが緩んで持続力と切れが要求される展開がこの馬に向いたが、今年は最初から全くペースが緩まなかった。先週のディアデラマドレと同じタイプというか、スローか途中でペースが緩んでの後半決め手勝負に強いタイプで今年は不向きな展開だった。ペースは緩まないと予想しながら、京都コースの適性だけで3番手の評価をしたのは失敗だった。

エキストラエンドは後方グループのインに入って脚を溜めるスタイル。3~4コーナーでも内ラチ沿いをピッタリ回って来たが、直線では勝ち馬に先に進路に入られてやむなく外へ。馬群を捌きながら脚を伸ばして来たが、大勢を脅かすまでには至らず。ビュイックは一発を狙った感じだったが、直線で岩田との瞬間的な判断力の差が明暗を分けた形。ただ、馬自体は一時期のスランプから抜け出しつつある感じ。

ロゴタイプはパドックではテンション高めで買うのを止めようか迷ったが、レースではハイペースが味方してか折り合いも付いて好位からスムーズな立ち回り。直線もスンナリ前が空いて一瞬伸びかけたが、そこからパッタリと勢いが止まってしまった。こうした持続力勝負には強い筈だし、ルメールも申し分ない騎乗だったが、逆にトップクラスとの力の開きを確認する形になってしまった。

ワールドエースは最悪な乗り方をされてしまった。スタートで出遅れ、泡食って出して行ったら行き脚が付き過ぎてブレーキを掛けて頭を上げてリズム乱し、直線ではトーセンラーとの位置取り争いに負け、更にその後ももう一回詰まって万事休す。決して下手ではないのだが、ブドーには心底ガッカリした。マイラーズCからは消化不良なレースが続いて運に見放されてる感じ。

タガノグランパは外枠だった事もあって後方に控えるのは作戦っぽかったが、中長距離戦続きで久々のハイペースに戸惑ったか、追走に一苦労。直線でも一番大外にブン回しては出来は良くてもどうしようもない。セオリー無視のローテでも来るパターンはあるが、やはりある程度の距離適性を見極めてのローテは重要とつくづく。

ミッキーアイルはやはりホウライアキコの存在が鬼門となった。最初はスワンSを思わせる外目を通ってから内へと入ったが、ホウライアキコが予想よりも速いペースで逃げた事もあってハナを奪えず2番手から。息を入れる個所が全くない上に本来の戦法を取れなかったとあっては、直線で為す術なく失速するのはやむなし。自分の型にハマらないと脆い逃げ馬の負けパターンだった。

クラレントは昨年と同じくプラス12キロだったし、途中から外目を通って動いては流石に最後まで持たない。自在性に動けるのは田辺の強みだが、今回は裏目に出てしまった。サンレイレーザーは前走と同じく前に行ったが、マイペースで逃げれた前走と違って淀みないハイペースに巻き込まれて直線で余力が無くなった。


印ではロゴタイプ軸でタテ目だが、予想でも書いたとおりディープ産駒の馬連ボックスで的中。菊花賞と同じパターンで格好は良くないが、何だかんだで4レース連続GⅠ的中。春の目を覆いたくなるような惨状に比べれば随分とマシな状況ではあるが・・・綺麗な形での的中が1レースもない。ここまで軸が2着に来たのは、相手を間違えて外したレースというのは何の皮肉だろうかw

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR