京王杯2歳S、ファンタジーS回顧

片やブービー人気、片や殿人気の馬が勝利。2歳戦は暮れの数レースしか買わない主義なんだが、それもこれもこうした調教や前走の成績だけでは予測しづらい激走があるからである。これだから競馬(特に2歳戦)は水モノだとつくづく。

まずは京王杯2歳Sから。小倉2歳Sではスタート一息で7着に敗れたセカンドテーブルだが、今回は二の脚の速さでハナを奪って先頭。行き切った後はややペースを落として4コーナーまで一息入れ、直線坂下から一気にスパート。セーフティリードを保ったまま後続の追撃を完封。
前走の敗戦でマークが薄かったのとアクティブミノルが控えた事で単騎のマイペースで行けた恩恵に恵まれたのも確かだが、この手のタイプは自分の型にハマれば強い。ただ、血統的にこれ以上の距離延長は微妙なので朝日杯では連下までか。

2着サフィロスはスタートから後ろに下げて脚を溜める競馬。直線では比較的スムーズに馬群を割って脚を伸ばし、最後までキッチリ伸びて2着を確保。気性面の難しいキンシャサノキセキ産駒にしては道中の我慢が利いている。マイルでも我慢が利くようなら、朝日杯では勝ち馬よりも有力か。

3着ニシノラッシュはスタート一息で中団から。それ程ペースが上がらなかった事で少し力んだ感じの追走だったが、3コーナーから折り合いは付いた。スムーズに外を回って直線では一旦は単独2番手に上がりかけたが、坂上から少し甘くなった。やはりOPでは短い距離の方が良い。

函館2歳Sを制したアクティブミノルは好スタートを切ったが、勝ち馬が上がって来たところで控えて3番手から。先を見据えての判断だったと思うが、今回はいざ追い出されてもサッパリ伸びず。個人的にはテンのスピードの速さを活かすスタイルが合うと思うのだが・・・

2番人気ワキノヒビキは最後方にいてはどうにもならないペースだったが、終始内ラチ沿いにヘバり付くようなササり通しで全く競馬にならなかった。


ファンタジーSは小倉2歳Sで13着と大敗したクールホタルビがアッと驚く激走。好スタートを切ると外の逃げ馬を先に行かせて3番手のインを追走。課題だった折り合いも付いて、直線で外に持ち出して先頭に立つと後続の追撃を凌ぎ切った。
一本調子な面があるので距離の融通性は微妙なところだったが、今回は好位のポケットで折り合いが付いた事でこなす事が出来た。ただ、マイル戦で来るイメージは浮かばない。

2着ダノングラシアスは出たなりの競馬で道中は中団グループのインで脚を溜める競馬。直線は少し外に出して馬群を割ってジワジワと脚を伸ばして勝ち馬に迫った。追って味があるタイプで距離の融通性もありそうだが、1400mを連続して使ってる時点で阪神JFでは買えない。

3着ウインソワレはスタートのタイミングが合わなかったが、その後はスピードに乗って道中は中団。直線は2着馬と併せる形で馬群を割って脚を伸ばしたが、最後の最後で競り負け。良い脚を長く使えるタイプで距離延長も問題なさそうだが、やはり1400mを連続して(ry

小倉2歳S2着馬レオパルディナは好スタートを切ったが、そこから後方3番手まで下げての末脚勝負。しかし、直線では大外から追い込んでは来たが、形勢逆転する程の切れ味はなかった。外枠が堪えた感じだが、このスタイルなら1400mまで持ちそう。

新馬勝ちしてそこそこ人気を集めてたダイワプロパーとペルフィカはスタートで煽って流れに乗れないまま終了。この辺りはキャリア1戦の若さが出たと言った感じか。


明日は休日出勤で馬券を買ってる暇がなさそうなので予想はお休み。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
92位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR