いちょうS回顧

横山典弘が岡部幸雄、武豊に続いて史上3人目となるJRA通算2500勝を新設重賞で達成。負けた時のワンパターンなコメントとか、時には本当に何もしないまま終わる後方ポツンとか、不満に思う事もあるが名前を見るだけで「何かやって来るかも」という怖さを感じさせる数少ない騎手。凱旋門賞はは不本意なレースだったが、いつまでも怖さを感じさせる騎手で有り続けてほしいと願う。

その節目のパートナーとなったクラリティスカイ。クラウンノキミが後続を引き離して淀みないペースで引っ張る中、4番手のインで折り合っての追走。直線で外目に持ち出して追い出すと、残り400mを切った付近で先頭。終いもしっかり伸びて後続の追撃を寄せ付けずのレコード。
勝ち上がるのに3戦を要したが、その前走は後傾ラップとなった上がり勝負で直線一気の好時計で快勝と能力の一端は垣間見せていた。今回はスタートも決まって好位から流れに乗れたし、前にいた組では最後まで足取りもしっかりしてた。今後が楽しみな1頭。

2着ネオルミエールはスタートからすぐに後ろに下げて後方4、5番手で脚を溜める待機策。直線は馬群を割って末脚を伸ばし、ゴール寸前で粘るミッキーユニバースを交わして2着に浮上。アドマイヤコリンやフラムドグロワール等、シルクプリマドンナの子供は勝ち上がりはするけど、あるレベルから突き抜けられない感じだが、この馬はそれを突破出来そうな雰囲気がある。少なくともフラムドグロワールよりは走ってくれそう。

3着ミッキーユニバースはスタートから出して行ったところで頭を上げて掛かり出したが、外からクラウンノキミが交わして逃げた事で折り合いが付き、やや離れた2番手からの競馬。直線では早めに先頭に立った勝ち馬に1F程食い下がったが、残り1Fで振り切られると苦しくなってゴール寸前で交わされて3着。前半の入りが課題だが、そこを上手くクリア出来れば中距離までなら上のクラスでもやれる。

オープンザウェイは速くなった前半を受け流して中団のインで脚を溜め、直線は2着馬と併せる形で馬群を割って脚を伸ばして一旦は2着馬よりも前へ。最後に甘くなって伸び負けしたが、夏の函館以来でマイルへの距離延長にも一定の対応は出来た。一般的にはナカヤマナイトの甥だろうが、個人的には福島2600mのスペシャリスト・ベストオーカンの甥として注目していきたいw

新馬戦の勝ちっぷりの良さから抜けた1番人気だったサトノフラムだが、直線半ばで失速して10着に大敗。スタートでやや力んではいたが、その後は前に馬を置いて折り合い、直線でも余力が残っているように見えた。負けるにしても、もう少し見所があると思っていただけに、何故ここまで崩れたのか良く分からない。


今週は日曜の毎日王冠一本のみ。それも雨が降ったらパスの予定。台風の影響で馬場が渋ると読めづらくなるし、月曜は休日出勤で天候と睨めっこしてる暇はない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR