日経賞回顧

セカンドベストに甘んじて来たウインバリアシオンがオルフェーヴルばりの一捲りを見せての快勝。青葉賞以来の重賞2勝目を挙げて完全復活を遂げたと書いても過言ではないだろう。

出たなりの競馬で道中は中団後方の外目。前半は前が牽制し合ってスローペースとなって行きたがる素振りを見せていたが、馬群の中で壁を作って何とか我慢。動いたのはペースが上がった3コーナーから。外から被せて来たマイネルジェイドをあっさり振り切り、そのまま外から捲って行って4コーナーでは3番手集団の外目。直線入り口で早々と先頭に立ち、2着争いを尻目に悠々とゴール。
フェノーメノが完調手前だった事もあってメンバー的にやや恵まれた部分はあったが、このメンバーでは力が抜けていた事を証明したと言える。岩田はゴールドシップとの選択を迫られてるが、実績では及ぶべくもないが、操作性や高速馬場への対応力は此方が上。個人的には此方を選択するのではないかと思うが果たして。

2着ホッコーブレーヴはスタートから控えて中団待機策で勝ち馬より一つ前の位置取り。スローペースで行きたがる面を見せたが、馬群の中でなんとか我慢。流れが速くなった4コーナーでモタついたが、結果的にこれが幸い。スムーズに大外へ持ち出すと、一気の伸び脚で混戦の2着争いにケリを付けた。
本質的には左回りベスト、ペースもこの馬向きではなかったが、脚を溜められたのと勝ち馬が好位グループを一捲りで掃除した展開が上手く味方した。ただ、休み明けでも仕上がりは良く、この馬なりにしっかりして来た。もう少しメンバーが楽になればチャンスはあるだろう。

3着ラストインパクトはゲートを五分に出たのと、内枠だった事もあって道中は好位のインで折り合いに専念。スローペースでも我慢は効いていたが、勝負所でも馬群が固まっていたので自分から動くに動けない形。直線で最内をこじ開けて脚を伸ばして来たが、勢いに優る2着馬に伸び負けた。前走みたく自分から動く形は取れなかったが、スローペースでも折り合いを付けられたのは収穫。

サトノアポロは休養前は中団から差すスタイルだったが、今回は二の脚が付いた事もあって道中は2番手と早めの競馬。直線では勝ち馬にあっさり交わされたが、その後もしぶとく脚を伸ばしてゴール寸前まで粘った。骨折休養明けでこれだけ走れば上々だろう。2走ボケが出なければ次以降も期待出来そう。

宝塚記念以来となったフェノーメノは道中は3番手を追走するも、スローペースの中で前に壁を作れず力んだ走り。ペースが上がったところで仕掛けて行ったが、本調子にないので反応が鈍く、勝ち馬の勢いに抗し切れず後続にも差されて流れ込む形。8キロ減だったように、まだまだ筋肉が戻り切っておらず完調手前の印象。ここを叩いて変わってくれば良いが。

オーシャンブルーは後方のインに潜り込んで脚を溜める作戦だったが、これが災い。荒れ馬場を気にし出して勝負所からノメりながらの追走。直線もそれなりに伸びては来たが、なし崩し気味に流れ込んだだけ。今回は馬場も展開も合わなかった。

アドマイヤフライトは好位の外目で折り合っていたように見えたが、勝ち馬に合わせて動こうとしてもあっさり置いて行かれ、直線半ばで呆気なく失速。ノドは鳴っていなかったらしいし、何故ここまで崩れたのか不可解。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
92位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR