スプリングS回顧

期待してたPO馬ベルキャニオンは6着に敗れ、賞金的に皐月賞出走は微妙な情勢になった。今の中山におけるディープ産駒の相性の悪さ(コース形態、力の要る重い芝が根本的に合わない)を露呈する形となった。

課題のゲートは互角に出たが、そこから促して行かず1コーナーでは中団後方。そこから馬が外へ逃げ気味となって3コーナーまで修正出来ず。4コーナーから仕掛けて行ったが、それまでのツケが出て脚が溜まり切らなかったか、直線での反応も鈍く外へモタれるような感じで大して反応せず。
ゲートは互角に出たのだから、もう一列前に付けられなかったのか?の思いはあるが、良くも悪くも折り合い重視で位置取りは二の次の福永にそれを求めるのは酷だろう。騎乗そのものに納得してないが、今の中山はディープ産駒のこの馬に合わなかったのが最大の敗因だったと思う。皐月賞はパスして青葉賞→ダービー路線で巻き返してほしいとこだが。

ロサギガンティアはスタートで出遅れて後方からになった時点で詰んだと思ったが、そこから気合いを付けて挽回し、向こう正面では中団。更に内々を通って前へ前へと進出して3コーナーでは好位。4コーナーで荒れたインから外へ出すと、直線坂下で先頭に立ち、後続の追撃を寄せ付けずの完勝。
コース適性に不安はあったが、内枠を利して器用な立ち回りを見せたし、前へ前へと動いて行く中山で勝つ為の騎乗を見せたデムーロも流石だった。結果と過程との序列を履き違えてる福永(求められてる騎乗の論点が馬券を買う側と根本的にズレてるので、馬券ファンの心証に悪い騎乗を繰り返すのは必然)とは対極の騎乗だった。
一線級相手に結果を出した事で皐月賞は有力候補の一角にのし上がったと言えるが、デムーロの免許が皐月賞前に切れるので本番で乗れないのが痛い。相談役はどちらかと言えば福永に近いタイプだしなぁ・・・

2着アジアエクスプレスは少しテンションが高くなってた事もあって道中は中団グループの中で折り合いに専念。エンジンの掛かりが遅かった4コーナーで激しく手が動いてたが、直線で外に出されてエンジンが掛かるとジワジワ伸びてゴール前で2着に浮上。
前走同様、勝負所でズブさを出してはいたが、パワー重視の今の中山の馬場状態への適性能力の高さで相殺した感じ。距離はもう1Fまでならなんとかこなせそうだが、個人的には連下候補の評価。

3着クラリティシチーは外枠だった事もあって内には入れず、道中は中団後方の外目を追走。3コーナーから捲り気味に進出したが、4コーナーで勝ち馬のコーナリングに連動した影響で外へ弾かれる不利。それでも捲った勢いそのままに一旦は先頭に並び掛けたが、坂上で少し甘くなった。
良くも悪くも堅実というか、じつにしぶとい走りを見せる。距離も1800mがベストの印象も2000mまでなら持ちそう。ただ、ウチパクの早仕掛けは正直どうなんよ?と思う。その捲り不発でゴールドシップやデニムアンドルビーから降ろされたというのに・・・

モーリスは後方に控えて折り合いに専念し、道中は2着馬を前に見る形。4コーナーで外に持ち出して仕掛けて行き、直線も外から良く追い上げて来た。折り合いが付いて溜める競馬が出来れば、この距離でもこなせる事は証明。NHKマイルCなら面白い存在になれそうな感じ。

意外な健闘を見せたのがリーゼントロック。スタートから追っ付けて好位を取りに行き、勝負所から追っ付け通しになったが4コーナーで先頭に並び掛ける場面も。最後は決め手の差が出たが、力の要る馬場を味方に初芝でも善戦。本質的にはダート馬と思うが、こうした馬場でなら通用するところは見せた。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR