FC2ブログ

鳴尾記念

◎タニノフランケル
○ギベオン
▲ステイフーリッシュ
△メールドグラース
△ノーブルマーズ

タニノフランケルは開幕週の馬場がどうかも、このメンバーならスンナリ単騎逃げが見込める。金鯱賞はハナを取り切るのに脚を使ったし、相手も強かったので大敗したが、GⅢクラスなら自分のリズムで行ければ近走の実績からもしぶとい。追い切りも大型馬の休み明けの割には動けてる。武豊に替えて必勝態勢。

ギベオンは金鯱賞、ダービー卿CTと今一つの結果が続いているが、金鯱賞は前を追い掛け過ぎたし、ダービー卿CTはトップハンデも堪えた。今回は56キロで出走出来るし、折り合い重視の福永なら好位で溜める競馬が出来る。そろそろGⅠ2着馬の復活があっても。

ステイフーリッシュは大阪杯では後方からの競馬となって何も出来ないまま回って来ただけだが、本来は好位から立ち回れるタイプで京都新聞杯の実績から時計勝負になっても対応可能。追い切りの動きも良いし、今回は主戦の豆モヤシに戻る。

メールドグラースは腰がパンとしてから位置を取れるようになって3連勝で重賞馬に。阪神コースとの相性も良く、2000mで5勝中3勝。ノーブルマーズはメトロポリタンSの中止が痛いが、阪神コースは昨年の宝塚記念3着と実績がある。

馬券はタニノフランケル軸の3連複。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(6月2日)

6月2日
東京
7R3歳1勝クラス(ダート1600m)
オーシャンビュー
武士沢友治(57.0)

阪神
10R加古川特別(ダート1800m)
テイエムテツジン
柴田未崎(57.0)




鉄人は長めから追われて時計は相変わらず出てる。実戦で結び付いてくれればなぁ。

オーシャンビューは前走のメンバーに未勝利上がりの3歳馬という構図。今の東京のダートは前が止まらないが、脚の溜まり具合で前走並に走れても。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

目黒記念回顧

ハンデ59キロがキツいのは承知の上で池添の奮起に期待してブラストワンピースと心中してみたが、やはり酷量とも言えるハンデと8キロ増の重め残りが堪えて惨敗。世の中とは、自分の期待通りに物事は運ぶものではないと世知辛く。

一完歩目は出たが、59キロが堪えてその後のダッシュが付かず。その後に外枠から前に入られ、位置を取りに行くのに外へ出して脚を余分に使う羽目に。道中は中団の外目で折り合い、直線坂下ではグッと伸びかけたが、そこからジリッぽくなって脱落。
スッと好位を取れていればもう少し持ち堪えたかもだが、重めが残った状態でハンデ59キロは如何にもキツい。今後は宝塚記念ではなく札幌記念に向かうようだが、小回りのコース形態が合うかどうか。結局は凱旋門賞に行かずに天皇賞という選択肢になりそう。

ダービーでは完全にやってもうたが、その重圧から解放されたかのような騎乗でルックトゥワイスを勝利に導いたレーン。ここで来てもらってもなぁというのが正味な話だが、モーリスで安田記念を取りこぼした偽ベリーとはメンタルの強度が違うようで。
スタートは今一つだったが、すぐに内に入れて道中は後方2番手で折り合いに専念。最初は「それじゃダービーと同じだろ」と思ったが、道中のペースが緩まない息の入らない展開。好位組の脚が止まった直線坂上で先頭に立ち、同じように後ろで脚を溜めていた2着馬を追い比べで競り落とした。
ここ2戦は消化不良な競馬だったが、得意の左回りに加えて上がりの掛かる消耗戦で切れが問われない展開となって本領発揮。日経新春杯の内容から右回りもこなせるし、GⅡクラスの中長距離戦であれば今後も有力。

2着アイスバブルはスタート一息もあって道中は中団の後ろ。勝ち馬と同様に淀みない流れで受け流して脚を溜め、4コーナーから進出を開始。直線はその外から追い込んで来た勝ち馬と馬体を併せる形で末脚を伸ばしたが、最後は競り落とされた。
とはいえ、休み明けの重賞初挑戦で2着は立派。全兄グリュイエールと同じように時計が速い特殊なトラックバイアスは合うようだ。むらさき賞のサンラモンバレーは酷かったが、アヴドゥラはここで名誉挽回。

3着ソールインパクトは好スタートから位置を取りに行って内ラチ沿いに入っての中団から。直線はパリンジェネシスとゴーフォザサミットの間から脚を伸ばし、後ろで脚を溜めてた1、2着馬には一気に交わされたが、ジリジリと伸びて3着争いを制した。地味だが、要領良く立ち回ってしぶとさを発揮。

ゴーフォザサミットは3着馬と同様にスタートから出して好位のインを確保。道中は内々で折り合いを付け、直線はスムーズに外へ。直線の坂で一旦は先頭に立ったが、坂上から少し甘くなって追い比べで伸び負け。ハンデ57キロも微妙に堪えた感じだが、一時期のスランプからは脱しつつある。

ムイトオブリガードはスタートは良かったが、行く構えを見せずに後方に控えて末脚温存。内目をロスなく立ち回って直線は3着馬と併せる形で馬群を割って来たが、坂上からジリッぽくなって3着馬に競り落とされた。展開としてはこの馬向きだったが、ちょっと本調子を欠いている感じ。

パリンジェネシスはスタートで立ち上がりかけるように出てしまったが、スタンド前で行き脚を付けて2番手に浮上。しかし、2コーナーでポポカテペトルに被せられるとリズムを欠いた走りとなり、直線の坂で苦しくなって失速。自分のリズムを崩されるとまだまだ脆い。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2019リーディングサイアー~5月26日現在~

1ディープインパクト
2ステイゴールド
3ロードカナロア
4ハーツクライ
5ダイワメジャー
6キングカメハメハ
7ルーラーシップ
8ハービンジャー
9マンハッタンカフェ
10ゴールドアリュール
11クロフネ
12キンシャサノキセキ
13ヘニーヒューズ
14オルフェーヴル
15ヴィクトワールピサ
16エンパイアメーカー
17アイルハヴアナザー
18ジャスタウェイ
19ブラックタイド
20ディープブリランテ




ロジャーバローズのダービー勝利でディープがJRAGⅠ通算50勝達成。ダービー5勝はプリメロを抜いて歴代3位。1位はトウルヌソルとサンデーサイレンスの6勝。

ルックトゥワイスの目黒記念勝利でステゴが昨年の年間重賞勝利数8勝に並んだ。昨年も5月までに6勝したが、そこから半年間未勝利。果たして今年は?

JRA通算200勝達成(父キンカメより2週間程遅いが、かなりのハイペース)したカナロアがハーツを再々再逆転も、肝心のサートゥルナーリアが失態と言えるダービー4着で決定的リードを奪えず。安田記念のアーモンドアイで突き放せるか?

ディアンドルの葵S勝利でルーラーシップが父キンカメに急接近。スプリント重賞はこれが初勝利。




ダービー終了時点での2018年度新種牡馬ランキング(リーディング100位以内)

18ジャスタウェイ
63ケープブランコ
65ダンカーク
69ベルシャザール
73トゥザグローリー
85グランプリボス
86トーセンラー




・・・昨年の2歳リーディングの段階で兆候が見られたが、ジャスタウェイの独り勝ちというか、それ以外の種牡馬が想像以上の酷さ。今年の種付け頭数は大激減が予想される。

ジャスタウェイは未だ重賞未勝利とはいえ、皐月賞2着・ダービー3着のヴェロックスを輩出。ファーストシーズンを牽引したアウィルアウェイも葵Sで復調。尤も、3歳戦の勝利数は大半が未勝利戦。現役時代も本格化したのは古馬以降だったが、やや奥手の傾向がある。POG的には即戦力種牡馬とは言い辛い。

産駒デビュー前から九分九厘コケると思ってたケープブランコがこの段階で新種牡馬の2番手にいるとか、ロジャーバローズ以上の超大穴。とはいえ、賞金の6割弱はランスオブプラーナ1頭と楽観視出来ない。

ダンカークは2歳リーディングの成績から、もう少し上に来ると思っていたが、尻すぼみとなってるシークレットランを筆頭に伸び悩んでいる状態。

ベルシャザールは勝利数ならジャスタウェイに次いで2番手だが、全て未勝利戦。イシュタルゲート(グリッターウイング、ポイマンドレースの半弟)はある程度上に行けそうだが、それ以外は厳しい現状。

中央2歳戦未勝利という悲惨な成績だったトゥザグローリーはダート2勝のゲンパチルシファーが出たが、総じて低調。

同じく中央2歳戦未勝利だったグランプリボスに至っては勝ち星は全てダート。2勝したグランプリワンも端午Sで大敗。サクラユタカオー~サクラバクシンオーのスピードがまるで伝わってない。

トーセンラーは勝ち上がったのは3頭だが、その内の1頭がプリンシパルSまで3戦無敗のザダル。出走頭数の少なさからすれば、寧ろ健闘してる部類だろう。

地方リーディングは中央リーディング101位のダノンバラードが最高位も87位。それも京浜盃、羽田盃2着のウィンターフェル頼み。ダンカークやベルシャザールが予想以上にスベっているのが何とも・・・

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

ダービー回顧(競馬には絶対がないとつくづく)

2歳時から完成度の高さが抜けていて、ぶっつけの皐月賞を好タイムで勝利。ルメールからレーンに乗り替わったとはいえ、皐月賞でのパフォーマンスや別路線組の内容を見た限り、サートゥルナーリアの無敗での2冠達成は濃厚と思っていたが、まさかの4着。競馬には絶対がないと言うけれど、ここでそれが当て嵌まるとはねぇ。

半兄エピファネイアやリオンディーズは気性に難しさを抱えていたが、この馬は今まで一族特有の弱点が表面に出て来なかった。それ故に操縦性に優れた位置取り不問の脚質を備えたわけだが、スタート直前でゲート内でモタれ、大きく立ち上がって出遅れるという最悪なタイミングで表面化。
すぐに内に入れてある程度挽回して道中の折り合いは付いたが、中団の後方と今の東京の馬場状態からすれば苦しい位置取りに。こうなると、レーンは仕掛けが早いと判っていても4コーナーで動かざるを得なかったが、ペースが緩まない状況で外から動いて行くのだから脚を余計に使って消耗。
直線半ばでは差し切ってしまいそうな勢いだったのに、坂上から替えた手前をすぐ戻して伸びあぐねたのはその影響だろう。アーモンドアイが余りにも別格すぎただけでロードカナロアでは消耗戦のスタミナ勝負となった2400mを乗り切れなかったという血統的距離の壁もあったかもだが。
この内容では凱旋門賞遠征は白紙になりそう。そうなると国内路線になるが、菊花賞に行かなければアーモンドアイやレイデオロとかち合う以上は鞍上はビュイック、マーフィー、シュミノー辺りか?神戸新聞杯から香港Cというルメール優先主義に拘った舐めくさったローテだけはやめてほしいが、想像して結構あり得そうなのが嫌すぎる。

単勝93倍の12番人気で大金星を挙げたロジャーバローズ。最内から好スタートを切ってそのまま前へ行き、ハナを主張したリオンリオンを先に行かせての番手。リオンリオンは流石にオーバーペースだったが、離れた番手にいたこの馬にとっては京都新聞杯より若干速い程度のペース。
4コーナーからジワッと仕掛け、残り2Fで先頭。そこからを11.9‐12.0で纏め、4番手からただ1頭詰め寄って来た2着馬の猛追もギリギリ一杯に凌ぎ切って波乱を演出。自分のリズムで運んで巻き返した京都新聞杯から更にパフォーマンスを挙げるとは驚き。
人気薄に加え、前後から離れた2番手でマークが緩かったのと人気のサートゥルナーリアの出遅れで2、3着馬の意識が後ろに行ったという幸運が重なったのも確かだが、この流れを番手から押し切ってしまうのだからフロックではない。確かにパドックでもかなり良く見えたのだが、輸送に失敗したスプリングSの敗戦が頭をよぎって結局は買わなかった。2度目の輸送で慣れたというところか。
育成はノーザンに頼らざるを得なかったとはいえ、生産牧場は日高。オーナーも馴染みの勝負服ではない個人馬主(バローズと言えば、キンカメ世代の未完の大器ブラッドバローズが印象深い)・・・サートゥルナーリアが負けても、勝ち馬はノーザン生産馬にならなくて何処かホッとしたw
ただ、死んだような顔した角居のあのインタビューはない。そりゃ、サートゥルナーリアも管理してたから判らんでもないが、終始心ここに在らずだった受け答えは不快。調教師のインタビューでここまで不愉快な気分になったのは堀以来だわ。

2着ダノンキングリーは出たなりのスタートからスタンド前で内に入っての好位追走。前に馬を置いて折り合いを付け、一貫して内ラチに張り付いた立ち回り。直線に向いたところで外へ持ち出し、一旦は勝ち馬を捕らえるかに見えたが、外から追い込んで来た当面のライバル2頭を意識して外へ寄せて行ったのが明暗を分けた。
最後は際どく詰め寄っただけに、あそこで外へ寄せなければと思ってしまうが、騎手の心理からすればロジャーバローズよりもサートゥルナーリアやヴェロックスを警戒してしまうのは仕方ない。戸崎は責められないし、距離不安があったこの馬で好位に付けるギャンブルに出たのは昨年の福永を思い出させる良い騎乗だったと思う。ただ、やっぱり【戸崎は何か持ってない】と思わずにいられない。

3着ヴェロックスは好スタートを切ったが、13番枠という外枠もあってスタンド前での隊列が出来る過程で勝ち馬よりも一つ後ろの中団の前目。前に馬を置けなかったが、ペースが流れた事で折り合いはスムーズ。後ろにいたサートゥルナーリアの仕掛けを待つ形となり、一旦は完全に抜かれたものの、坂上からしぶとく差し返して先着。
2着馬と同様にこの馬もサートゥルナーリアの出遅れで目算が狂った形。ましてや、皐月賞では先に動いてサートゥルナーリアに捻じ伏せられている。長距離実績がない中内田がダービーを意識した仕上げをして来たんだけどね・・・

ニシノデイジーはスタートから行く構えを見せず、後方に控えて折り合い重視の競馬。道中はサートゥルナーリアの内に入って経済コースを立ち回る作戦。直線も内を突いてしぶとく脚を伸ばし、最後はサートゥルナーリアを交わす寸前の5着。
皐月賞は途中で持って行かれて大敗しただけに、この中間はメンタル面を考慮した調整。内に控えて溜めるだけ溜めての直線に懸ける一か八かの作戦だったが、良く頑張ったと思う。時計面の裏付けはあったが、セイウンスカイの血を引く馬がダービーで掲示板とかグッと来るものがある。菊花賞でも面白いかも。

ランフォザローゼスは外枠もあって、出たなりのスタートから中団の一角。道中は前の3着馬を見る形でレースを進め、直線は馬群の間から脚を伸ばし、最後は内を突いたが、坂上から少し甘くなった。内枠ならもう少し前を取ったと思うが、後ろから運べばこんなものだろう。やはり、昨年のワグネリアンが特殊で良くも悪くも福永らしい騎乗だった。

レッドジェニアルはテンションは何とか抑えられていたが、スタートで出遅れて道中はサートゥルナーリアよりも更に後ろ。直線は次第に外へ出してサートゥルナーリアに次ぐ上がりをマークしたが、今の東京の馬場では8着が精一杯。ただ、これも菊花賞ではマークしておきたい。

リオンリオンは前述の通りに果敢にハナを切ったは良いが、流石に道中は飛ばしすぎ。まぁ、こうなる事は覚悟してたのでこれが良い経験になればと。シュヴァルツリーゼはやはりココナッツパンチの再来。これで踏ん切りが付いた。サトノルークスは今回は前に行けたが、まだまだ力不足。アドマイヤジャスタはマイナス16キロと完全に輸送で失敗。

馬券はノーザンのやり口に苦々しさを感じながらも、サートゥルナーリアで仕方ないという予想だったので完敗。しかし、馬券的には完全なノーマークとはいえ、ノーザンの生産馬以外のワンツーは妙に気分が良い(育成に関しては仕方ない)。
そして、弟子の浜中のダービー制覇に涙を堪え切れなくなった坂口先生のあの表情・・・ダブルスタンダードな外野の戯言ではあるが、書かせてもらおうか。

外国人騎手妄信主義、ルメール優先主義のマキャベリズムで凝り固まったノーザンにキャロットよ。俺たち外野はこういうのが見たいんだよ。マネーゲームで得た絆ではなく、人と人の間で培われた絆ってヤツを。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の特別登録馬

テイエムテツジン・・・加古川特別、三浦特別

除外続きだが、その分乗り込めてると好意的に解釈してみる。出走出来れば良いが。


欅Sのワンダーリーデルは3着。前が止まらない馬場だったし、休み明けの影響もあって本来の伸び脚ではなかったが、最後に地力を見せた形。お陰で馬券も当たって概ね満足w

レクラドリールは殿負け、ロイヤルオブアクアは5着だったが、全く期待してなかったハヤブサタイザンが単勝216倍の超大穴炸裂で草。園田から高知に移籍してまるで良いところなかったしなぁ。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

ダービー・目黒記念

ダービー
◎サートゥルナーリア
○ヴェロックス
△ランフォザローゼス
△サトノルークス
△アドマイヤジャスタ
△レッドジェニアル
△リオンリオン
△ニシノデイジー
△シュヴァルツリーゼ

ルメールの騎乗停止でレーンに乗り替わった事で【乗り替わりはシリウスシンボリ以降勝ちがない】という新たな重箱が用意されたわけだが、前例がないぶっつけで皐月賞を勝ったサートゥルナーリアにとっては些事に過ぎないか。その皐月賞にしても、休み明けで気合い不足と万全ではない状態。それで終始外々を回る形で勝ち切ってるのだから、着差以上の完勝と言える。別路線組も「これは!」と言える馬はいなかった。マキャベリズム全開なノーザンにウンザリだが、現状ではこの馬を負かす馬は同世代にいない。

ヴェロックスは皐月賞では直線半ばでサートゥルナーリアと接触する不利を被った後もしぶとく食い下がって肉薄。相手が万全な状態ではないにしても、これに食らい付いた能力の高さは特筆すべき。中内田厩舎は障害以外の2200m戦以上のレースの実績皆無(180勝中未勝利戦1勝のみ)ではあるが、ドイツ血統の母系の影響からかジャスタウェイ産駒にしては距離の融通性があり、フットワークも東京向きのこの馬なら誤魔化しが効くかも。まぁ、スタミナ寄りのタイプで逆転出来そうな馬が見当たらないのもあるんだが。

ランフォザローゼスは休み明けの青葉賞では直線で内へ外へフラついた分、勝ち馬を捕らえ切れなかったが、消耗戦の持久力勝負で一定の結果を出した。時計勝負も2歳レコードの葉牡丹賞で対応可能と判断。今年は2戦しかしていない消耗度の少なさとクラシックディスタンスに強い血統の強みが活きれば3着争いは十分可能だろう。

サトノルークスは皐月賞ではスタートから押して行っても先行出来ずに後方のまま流れに乗れなかった。ただ、距離が延びる今回は皐月賞程前半の入りも速くはならないだろうし、スラッとした体型とフットワークの大きさから東京へのコース替わりはプラスだろう。時計面で強調材料はないが、前目で流れに乗れるようなら巻き返しがあっても。

アドマイヤジャスタは皐月賞では17番枠に加えてスタート一息で後方のまま流れに乗れず。ホープフルSでは2着だったが、中山の内回りは合わなくなった感じ。アドマイヤラクティの半弟でそれに近い血統構成のこの馬にとっては距離が延びるのは好都合だし、12番枠と皐月賞より内を引けたのも良い。ここに来てデムーロが復活したのも怖い。

レッドジェニアルは坂があるコースがどうかだが、良馬場に関しては京都新聞杯で差し切った様に一定の信頼が置けるし、走破時計もダービーで好走出来るレベル(ハマらない馬も増えて来たが)。テンションの高さも追い切りでは抑えられているように感じた。後は初めてとなる関東圏の輸送。馬体重が極端に減らなければ。

リオンリオンは大寒桜賞、青葉賞と左回りで2連勝。青葉賞はラスト1Fは流石に落ちたが、稍重馬場としては優秀な走破時計。懸念してた反動も間隔が詰まる割にはしっかりやれている。最終追い切りで格下馬に遅れたが、元々追い切りは見栄えが良くないタイプ。ノリから重賞未勝利の息子に乗り替わるのは常識的にマイナスだが、敢えて起用した陣営の粋と絆を買いたい。

ニシノデイジーは向こう正面で他馬と接触して一気に持っていかれて惨敗した皐月賞は度外視したい。ホープフルS以降は尻すぼみな成績になっているが、ヴェロックスにも勝った東スポ杯2歳Sは優秀な走破時計。折り合い次第となるが、スムーズな競馬が出来ればもっとやれても良い筈。

シュヴァルツリーゼは1度見せたパフォーマンスから穴人気しても波風立てずに終わるココナッツパンチ臭がしてならないが、弥生賞前にインパクトあるレースをしたのが東京のデビュー戦。脚質的には厳しい馬場と枠だが、逆にやる事がシンプルになった。今回までは敢えて騙される事にする。

ダノンキングリーはコース形態から不向きと思われた皐月賞は内回りのコーナー4つで上手く息を入れられた感じで2000mをこなす事が出来た。4着以下とは決定的な差があったし、別路線組でもめぼしい馬が出て来なかったので本来なら買うべきなんだろうが、距離の壁が出るとすれば上位3頭ではこの馬と思うので敢えて無印。

馬券はサートゥルナーリア・ヴェロックス2頭軸の3連複が本線。保険の押さえでサートゥルナーリア・ヴェロックスの馬連。夢を買うなら、ヴェロックスを外したサートゥルナーリア1着固定の3連単。葵Sは外したが、葉山特別と欅Sを当てて資金に多少余裕が出来たから色々手広くw


目黒記念
◎ブラストワンピース
○ルックトゥワイス
▲パリンジェネシス
△ソールインパクト
△ムイトオブリガード

ハンデ頭59キロは如何にも厳しいが、得意の左回りならブラストワンピースが崩れる事はないだろう。左回りで崩れたのは出遅れて直線でも前が詰まったダービーのみ。凱旋門賞遠征は単に池添をクビにしたいが為の空手形っぽい気もするが、ルメールの騎乗停止で元鞘に収まった池添はここで漢を見せないでどうするという意味の私情優先。

ルックトゥワイスは日経賞では渋った馬場にノメってしまい、新潟大賞典は直線で接触する不利を被って力を出せずじまい。昨年のAR共和国杯は崩れたとはいえ、相性の良い東京でレーンに乗り替わりと条件は好転。4キロ差ならブラストワンピースを逆転しても。

パリンジェネシスは昨年の青嵐賞ではムイトオブリガードと1着同着。そこからの出世は遅れたものの、昨年暮れの江坂特別、休み明けのサンシャインSと連勝。今の東京の馬場で逃げる脚質なのは好材料だし、ハンデ54キロも手頃。

ソールインパクトは頭がないタイプだが、東京の重賞は共同通信杯(6着)以外掲示板を外していない。ノド鳴りの爆弾を抱えてるとはいえ、ダイヤモンドS4着、阪神大賞典4着と年齢的な衰えも見られない。実績の割に依然としてハンデ54キロも良い。

ムイトオブリガードはここ3戦は結果が出ていないが、日経新春杯は太目残り、金鯱賞は渋った馬場にノメり、大阪杯は内回りのコース形態と展開不向き。脚質的に取りこぼす可能性はあるが、2着した昨年のAR共和国杯と同条件なら。

馬券はブラストワンピース軸の馬連と3連複。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

葵S

◎ディープダイバー
○ディアンドル
▲メイショウケイメイ
△ケイアイサクソニー
△アウィルアウェイ
△エイティーンガール

ディープダイバーは勝ち上がるまでに4戦を要したが、人気薄の朝日杯FSで5着に健闘。一息入っての2戦は3、5着と勝ち切れなかったが、ここ2戦は連勝。特に前走の橘Sは中団から脚を溜めて重賞好走馬のジュランビルを差し切った。走破時計も上がりも優秀で平坦京都の良馬場に適性を示した。

ディアンドルはデビュー2戦目に勝ち上がってから1200mオンリーで4連勝。カンナSまではスピードを活かした逃げ切りのスタイルだったが、暮れのクリスマスローズSでは番手からの競馬でも我慢が利いた。走破時計の1分8秒5も2歳OPクラスでは優秀。京都は初だが、高速馬場は向いていそう。

メイショウケイメイは紅梅Sを勝った事でクラシック路線を歩んだが、フィリーズレビュー5着、桜花賞11着と本質的に距離が長くなると苦しい事を露呈。1200mは2戦2勝、京都も2戦2勝と得意条件に変わって一変の可能性は大いにある。

ケイアイサクソニーは好走と凡走の落差が激しいが、凡走してるのは坂がある阪神や中京に多く、平坦コースの小倉や京都では好走している。特に今の高速馬場の京都では2、1着と時計勝負に適性を示しており、持ち時計ではメンバー1。最内から行き切ってしまえば。

メイショウケイメイと同様に距離が長くてクラシック路線から転換して来たアウィルアウェイとエイティーンガールも連下候補として押さえておきたい。馬券はディープダイバー軸の馬連と3連複。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の情報

鉄人は2週連続で除外となり、今週の出走馬はなし。

欅Sのワンダーリーデルは3走前にコンビを組んだ戸崎。今月は坂路でかなり乗り込まれており、従来の休み明けとは違うかも。

明日は大井でレクラドリールとロイヤルオブアクアが出走。レクラドリールは距離は長いが、大井との相性が良い。ロイヤルオブアクアは前崩れの流れになれば浮上しても。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

平安S回顧

人気薄の伏兵モズアトラクションのお陰で馬券は大外れ・・・なんだが、59キロを背負ったオメガパフュームのプラス12キロを太目残りと捉えて土壇場で買い目から外していたので寧ろショックは軽減w直線半ばでオメガが先頭に立った時は血の気引いたしw

中央のダート重賞初勝利となったチュウワウィザード。スタート一息に加え、外枠から前に行く馬が殺到したのもあって道中は中団後方。向こう正面で動いた3着馬を目標にする形で3コーナーから仕掛けて直線は大外。後ろから急追して来た2着馬と併せ馬の形の追い比べになったが、首の上げ下げで競り勝った。
前掛かりの流れからの消耗戦で差し追い込みが届く展開になったのも幸いしたが、従来の好位抜け出しではなく溜める競馬で勝ち切ったのは収穫と言える。帝王賞に出走するなら2強に割って入る可能性があるかも。

2着モズアトラクションはスタートからすぐ内に入って後方待機の末脚勝負。3~4コーナーで集団の外目に出し、先に仕掛けた人気2頭を目標にスパート。勝ち馬の外から併せての追い比べに持ち込んだが、首の上げ下げで金星ならず。
前半を受け流しての末脚勝負が前掛かりの流れにハマったのもあるし、このコースは3戦2勝と相性が良かったのも幸いしたか。輸送競馬では結果が出てないが、ダートの長丁場は合っている。流れが向くようならシリウスSでも注意が必要か。

3着オメガパフュームは行く構えを見せずに後方に控え、1コーナー手前で早くも集団の外へ。向こう正面からジワッと捲り気味に動くロングスパートに出て直線入り口で先団を射程内に。直線半ばで先頭に立ったが、その後ろから併せ馬の形で追い込んで来た1、2着馬の勢いに抗し切れず。
59キロを背負っての最内と厳しい条件が揃っていたが、良い脚を長く使って負けて強しの内容。東京大賞典でゴールドドリームを下した実力はやはり本物。帝王賞に向けて及第点の内容だろう。

アナザートゥルースは好スタートからすぐ内ラチ沿いに付け、意識的に促して好位集団から運ぶという、この馬としては早目の競馬。直線入り口でスムーズに集団の外へ持ち出し、3着馬の内を突いて脚を伸ばしたが、上位馬に伸び負け。
意識的に位置を取りに行った事でアンタレスS程の伸び脚はなかったが、ブリンカーの効果で最後まで集中して走れていた。サウンドトゥルーの半弟でこれからの成長が見込める5歳馬。相手関係が楽になる交流重賞でチャンスがありそう。

サンライズソアは気合いを付けてハナを取った直後にマイネルオフィールに突っ掛けられて更に脚を使う羽目に。中盤はペースを落とせたものの、2番手集団のプレッシャーを受け続けたのもあって残り1Fで甘くなって踏ん張り切れず。輸送で減った馬体も思った程戻らなかったのも影響したか。

ジョーダンキングはスタートから出して内に入った後は先行馬を見ながらの中団待機。向こう正面では馬群の中から気合いを付けて早めに動かして行き、直線は少し手間取りながらも馬群を捌いてジリジリ伸びた。勝ち負けに加われなかったが、クラス慣れが見込める内容。OP特別なら勝ち負けになっても。

マイネルユキツバキはスタートの出は速くなかったが、気合を付けて出して行って3番手の外目。この形でもスムーズに運べたが、結果として前掛かりの流れに乗っかって直線は一伸びを欠いた。とはいえ、昇級初戦の重賞でマズマズの内容。もう少し時計が掛かれば通用しても。

サトノティターンは大型馬でレース間隔も空いていたし、外枠から終始集団の外を回る形。勝負所では既に鞭が入ってしまい、直線も伸びあぐねた。ここからの良化待ち。ロンドンタウンは流石にここまで馬場がパサついているとキツい。基本的には雨が降って脚抜きが良くなった時に買いたい。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

オークス回顧

3戦無敗とはいえ、裏街道路線で負かした相手のレベルは決して高いと言えず、飛んでも不思議ではないと思ってたラヴズオンリーユーがカワカミプリンセス以来となる無敗のオークス馬に。別路線で来るならコントラチェックの方が有力と思っていたし、2着のカレンブーケドールとかノーマークも良いところで馬券的には惨敗。執筆する意欲湧かずに掲載が遅れたのはそういう事でw

出たなりの競馬で道中は中団のやや後ろから。向こう正面で少し位置取りを下げたが、中弛みのない締まった流れになったのもあって折り合いはスムーズ。4コーナーから徐々に仕掛けて直線で外へ持ち出し、先に抜け出した2着馬をゴール前で捕らえた。
押さえで買ったとはいえ、どちらかと言えば懐疑的見解だったが、初の長距離輸送で一線級相手に持久力勝負で勝ち切るのだから人気通りの実力を備えていたと言える。ヴィクトリアマイルを日本レコードで勝ったノームコアに骨折が判明しただけに、レースレコードで勝った反動が出なければ。

2着カレンブーケドールは好スタートからスッと好位へ。2コーナーで集団の外へ持ち出した後は流れに乗って勝負所での手応えも抜群。直線坂下で先頭に立ち、そのまま押し切るかに見えたが、外から伸びて来た勝ち馬に捕らえられた。
スイートピーSの勝ちっぷりからクイーンC(4着)より力を付けているのは感じ取れたが、この締まった流れを正攻法の競馬で2着するまでとは予想外。まぐれ一発という感じでもなさそうだし、好位で立ち回れるレースセンスもある。秋華賞でも要注意と言えよう。つーか、馬券が外れると判った時点で津村に勝ってほしかった。

3着クロノジェネシスはスタート五分から好位へ。桜花賞と違ってゴチャ付く事もなく好位のインでロスのない立ち回り。直線はコントラチェックの内に入って末脚を伸ばし、一旦は2着馬に並び掛けたが、坂上で競り落とされて辛うじて3着確保するまで。
「4コーナーで溜めを作れていれば」とは北村友のコメントだが、人気背負って好位で流れに乗っていたわけだし、流れに乗じて勝ちに行ったわけだから責めるのは酷かと。中団で溜めた勝ち馬と外を回っての正攻法で抜け出した2着馬の地力が上だった。

ウィクトーリアはスタートでアオって後方から。ただ、その後はフローラSと違って後方にスムーズに折り合って溜めに徹し、直線は馬群を割って脚を伸ばし、最後は3着馬の内を突いてクビ差にまで迫った。
直線は無理に外へ出さずにスムーズに馬群を捌けて浮上したが、中盤までの締まった流れを受け流した事で直線の伸びに繋がったと言える。好位~中団から運んでここまで来たかは微妙。

ダノンファンタジーは好スタートを切ったが、無理せずに控えて好位馬群の中。ペースが流れたのもあって道中の折り合いはスムーズ。4コーナーで3着馬に並び掛け、直線は2着馬の外へ持ち出したが、そこからの伸びはジリジリで3着争いまで。流石に2400mは長かったが、惨敗もあり得ると思ってたので予想以上に善戦した印象。

シャドウディーヴァは出たなりのスタートから内に潜り込んで道中は中団のイン。ガッチリと折り合いを付けて経済コースを立ち回り、直線は2着馬とダノンファンタジーの間から脚を伸ばして抜け出した2着馬を追ったが、坂上でフラついて先に余力がなくなった。レコード決着もこの馬に速すぎたか。

コントラチェックは最内のジョディーが好スタートからハナを切ったのもあって2番手から。最初のスタンド前では若干力みかけたが、その後は概ね折り合っての追走。直線入り口で先頭に立ったが、坂下で2着馬に交わされた後は踏ん張り切れずに脱落。締まった流れを番手で追い掛ける形になったのが合わなかったか。

エールヴォアはスタートから軽く促して3番手を確保したが、1~2コーナーでは少し行きたがる素振り。4コーナーから前2頭に並び掛ける早目の競馬を試みたが、坂下では既に余力を使い果たして失速。先行勢にとってかなり厳しい競馬だったし、序盤の入りが上手く行かずにスタミナを消耗したか。

シゲルピンクダイヤはゲート入りをゴネてた段階で何となく嫌な予感。この馬なりにスタートを出て道中は中団後方で勝ち馬と似たような位置取りだったが、3~4コーナーで早々と手応えが怪しくなって直線は完全に空気。距離は持つと思ったが、輸送が駄目だったか血統の壁か・・・

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2019リーディングサイアー~5月19日現在~

1ディープインパクト
2ステイゴールド
3ハーツクライ
4ロードカナロア
5キングカメハメハ
6ダイワメジャー
7ルーラーシップ
8ハービンジャー
9マンハッタンカフェ
10ゴールドアリュール
11クロフネ
12キンシャサノキセキ
13オルフェーヴル
14エンパイアメーカー
15ヘニーヒューズ
16ヴィクトワールピサ
17アイルハヴアナザー
18ジャスタウェイ
19ブラックタイド
20サウスヴィグラス




土曜京都5Rでダノンレグナムが勝利し、ディープが史上最速でJRA通算1900勝達成。更にラヴズオンリーユーのオークス勝利でJRAGⅠ通算50勝にリーチ。オークス4勝はセフト、パーソロンと並んで最多勝タイ記録。

土曜京都8Rでメイケイゴールドが勝利し、ステゴがJRA通算1065勝目。ネヴァービートを抜いて歴代単独15位に。

チュウワウィザードの平安S勝利等でキンカメがトップ5に返り咲き。JRA重賞通算113勝とし、ヒンドスタンと並んで歴代3位タイに。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(5月18日)と特別登録馬

5月18日
東京
12R4歳上1000万下(芝1400m)
シェヴェルニー
18番人気9着

京都
11R平安S(ダート1900m)
トラキチシャチョウ
16番人気14着




社長はピッタリ内々を回れたのもあるが、この馬なりにレースに参加してた。OP特別ならもうちょっとやれるかも。

意外だったのはシェヴェルニー。格上挑戦の連闘だったが、中団追走からバテずに一桁着順と善戦。

金沢のバルタンセージは3着。このメンバーで注文通りにハナを切ったが、道中はプレッシャーがキツかった。ライフトップガンは勝負所で置かれそうになったが、内ラチ沿いに付けて盛り返しての4着。まぁ何故控えて砂を被るポジションに入ったのかと。


特別登録馬
テイエムテツジン・・・與杼特別




復帰してから追い切りと実戦がリンクしていない。気持ちの問題と思うので切っ掛けがほしい。

ブラゾンドゥリスが17日付けで登録抹消。今後は去勢されて道営へ移籍の予定。今年は先行すら出来なくなっていたから、こうなるのは仕方ないかな。去勢は予想外だが、道営でもう一花あれば。

ワンダーリーデルが欅Sに登録。休み明けは走らない傾向だが、条件ベストのここは格好を付けてほしい。

コバテツが引退セレモニーで思い出のレースにチャクラで挑んだダービーを挙げてくれたのは嬉しかった。調教助手としてチー坊の所で頑張ってくれ。改めてお疲れ様m(__)m

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

オークス

◎シゲルピンクダイヤ
○エールヴォア
▲クロノジェネシス
△ビーチサンバ
△コントラチェック
△シャドウディーヴァ
△ラヴズオンリーユー

先週のヴィクトリアマイルに続いてボックス馬券で行こうかとも考えたが、評価の難しい別路線組が人気を集め、桜花賞上位馬の人気が予想より集まっていないので方針を切り替えて従来通りのスタイルで。

シゲルピンクダイヤは桜花賞はペースアップした3~4コーナーでは少し追走にズブさを出した。先行押し切りのスタイルでスピードが勝ったダイワメジャー産駒にしては珍しく距離の融通性がある差し追い込み馬で脚質的に直線が長く、先週の極端に特化した馬場と傾向が変わって来た東京の馬場も合いそう。あとは初の長距離輸送で極端にテンションが上がらなければ。

エールヴォアはマイル以下では勝ち星がないのに対し、勝った未勝利戦とエリカ賞は1800、2000m。フラワーC2着と中距離以上で実績を出したオークス向きのタイプ。レコード決着となった桜花賞はこの馬に適してる方向性とは違っており、それでも内を突けたとはいえ上がり2位の末脚を使えたのは評価すべき。先週の馬場では用無しだったが、今の馬場なら巻き返しがあっても。

クロノジェネシスは桜花賞に続いてまたしても内枠。折り合い面では良いかもしれないが、ペースが落ち着いて勝負所で包まれると桜花賞の二の舞になる恐れがある。とはいえ、デビューから着外がない安定感と2戦2勝の東京コースの相性の良さ、窮屈な競馬を強いられながらも桜花賞3着に来た地力は上位の存在。取りこぼす可能性もあるが、総合力で穴が少ないタイプ。

ビーチサンバはクイーンCでクロノジェネシスに完敗、桜花賞でも成長力の差を見せつけられる5着と世代トップクラスでいられるか分岐点に差し掛かってるのは確か。ただ、位置を取れなくても折り合いに不安がないタイプで溜めれば確実に脚は使える。フサイチリシャールの全妹で2400mが持つかどうか微妙だが、持つようならちょっと面白そう。

コントラチェックはフラワーCでは1F12秒前後で纏め、そこから一気にペースを上げて中山の急坂も11.9で纏めて後続を完封した内容は確かに圧巻。半姉バウンスシャッセは皐月賞を挟んだとはいえ、フラワーCの勝ち馬でオークス3着と血統面の後押しもある。とはいえ、同型で最内を引いたジョディーとの兼ね合いがカギ。控える競馬が駄目ではないが、持ち味を出し切れるか微妙。

シャドウディーヴァはフラワーCではコントラチェックに完敗だったが、フローラSでは内を強襲して勝ち馬とハナ差の2着。半姉ハウメアと違い、父がハーツクライで距離が延びて良さが出るタイプ。毎年穴で期待しては騙されるフローラS組だが、偶然の出遅れがハマった感がある勝ち馬や距離に疑問符が付く3着馬よりは余程信用出来る。追い切りの気配の良さが目立った1頭。

ラヴズオンリーユーはリアルスティールの全妹でデビューから無傷の3連勝。走る度に着差を広げており、底を見せてない魅力はあるが、負かした相手のレベルには正直疑問符が付くし、まさかクロノジェネシスと1、2番人気を分け合う程人気になるとは思わなかった。無視するのは危険だが、この人気では積極的に買うのを逆に躊躇ってしまうので連下まで。

馬券は馬連と3連複で。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

平安S

暫くはボックス馬券で行こうかと思ったが、ここは買いたい馬が多くて絞り切れず。一抹の不安はあるが、以前のスタイルで買う事にする。

◎アナザートゥルース
○サンライズソア
▲チュウワウィザード
△オメガパフューム
△ジョーダンキング
△マイネルユキツバキ
△グレンツェント

アナザートゥルースは右ブリンカーを装着したアンタレスSではコーナリングで右に張る事もなくスムーズに立ち回って直線もモタれずに脚を伸ばして重賞初勝利。今の京都はかなりパサついた馬場で従来より時計が掛かるのもこの馬には好都合。ハイランドピークがいてペースが流れそうなのもプラス。好位に付ければ大きくは崩れまい。

サンライズソアは昨年のこのレースの勝ち馬で同条件だったJBCクラシックも3着とこの条件の適性が高い。今年は休み明けだが、中間は十分に本数をこなしてこの馬としては好時計をマーク。フェブラリーSで減った馬体重も10キロ以上は戻るだろう。最近の田辺に不安はあるが、本来の積極策に出ればしぶとい。

チュウワウィザードはデビューから1度も3着以内を外しておらず、ここ3戦は重賞で1、2、1着と抜群の安定感。2着にしても勝ち馬はインティで3着以下は7馬身差を付けている中身の濃い2着。初の58キロがどうかだが、今の勢いなら普通にこなせそう。休み明けでも勝ち負けにはなるだろう。

オメガパフュームはフェブラリーSは距離不足の左回りもあってまるで良いところがなかったが、右回りの距離延長なら巻き返す余地は十分。中間の調整も順調で休み明けで動けるタイプ。ただ、気掛かりなのは初の59キロ。馬格がないので斤量負けする可能性があるので4番手まで。

ジョーダンキングは園田時代からの連対記録が前走で止まってしまったが、初の輸送競馬で馬体も微妙に減っていたし、スタートで後手を踏んで流れに乗り損ねた感がある。それでも直線はこの馬なりに伸びて7着と悪くない内容。今回は3戦3勝の岩田に戻るし、中間は自己ベスト。出来の良さで一発があっても。

マイネルユキツバキは逃げ切った前走の走破時計が、同条件のマーチSよりも速い。持ち時計がないこの馬にとってパサついて時計が掛かりやすい馬場はプラスと言える。逃げなくとも競馬が出来るタイプだし、こうした先行馬を持たせる事に関しては定評がある和田とのコンビも良さそう。外目からスンナリ先行出来れば。

グレンツェントは年明け初戦の東海Sはまるで見せ場なく終わったが、前走のマーチSでは外を回らされる展開となってもジリジリと脚を伸ばして7着と復調気配が窺える内容。今回は内枠を引けたし、ロスのない競馬が出来そう。かつては重賞クラスで十分に通用した馬。穴っぽいところでは一番面白そう。

馬券はアナザートゥルース軸の馬連と3連複。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(5月18日)&業務連絡

5月18日
東京
12R4歳上1000万下(芝1400m)
シェヴェルニー
岩部純二(55.0)

京都
11R平安S(ダート1900m)
トラキチシャチョウ
水口優也(56.0)




社長は前走に続いて水口とのコンビ。前走はそれなりに付いて行けたし、今回もある程度の位置を取れれば良いが。

シェヴェルニーはまさかの格上連闘。出走手当目当てと思うので無事に回ればヨシかな。

日曜は金沢でバルタンセージとライフトップガンが出走。


今週は多忙でブログを書く時間が取れず・・・京王杯SCのレース回顧はパスしますm(__)m

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

2019リーディングサイアー~5月12日現在~

1ディープインパクト
2ステイゴールド
3ハーツクライ
4ロードカナロア
5ダイワメジャー
6ルーラーシップ
7キングカメハメハ
8ハービンジャー
9マンハッタンカフェ
10ゴールドアリュール
11クロフネ
12キンシャサノキセキ
13エンパイアメーカー
14オルフェーヴル
15ヘニーヒューズ
16ヴィクトワールピサ
17アイルハヴアナザー
18ジャスタウェイ
19ブラックタイド
20サウスヴィグラス




日曜東京4Rでライル(PO馬)が勝利し、ディープが9年連続JRA年間100勝達成。JRA通算1900勝まであと2勝。

日曜新潟三条特別でウインハイラントが勝利し、ステゴがJRA通算1064勝とし、ネヴァービートに並ぶ歴代15位タイに。

物量作戦にモノを言わせたハーツが再々逆転で3位となるも、1番人気馬が悉く人気を裏切る等、賞金差は僅か1100万差しか広げられず。

ノームコアのヴィクトリアマイル勝利でハービンジャーがマンカフェを交わした。3年連続GⅠ勝利で東京のGⅠは初勝利。

シゲルヒノクニの京都ハイジャンプ勝利でパイロが26位から24位にランクアップ。障害重賞はこれが初勝利というか、障害戦の勝利も2年4ヶ月ぶり。

土曜東京2Rでポルタメントが勝利し、ローエングリンがJRA通算100勝達成。昨年は大黒柱だったロゴタイプ引退も、勝利数倍増でリーディング32位とキャリアハイの成績だったが、今年はまだ4勝でリーディング50位のボーダーライン上。

タワーオブロンドンの京王杯SC勝利でレイヴンズパスが81位に躍進。昨年、ロイヤルマリーンがジャンリュックラガルデール賞(仏2歳GⅠ)を勝利し、待望のGⅠ馬を輩出(英2000ギニーは惨敗したが)。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

ヴィクトリアマイル回顧

先月末から短期免許で日本初来日となったオーストラリア出身の25歳の若手ダミアン・レーン。来日2週目の新潟大賞典で重賞初勝利を挙げる等、2週で6勝と日本競馬に適応してたこの騎手が一気に注目を集めたのは、騎乗停止になったルメールの代役としてサートゥルナーリアやコントラチェックの手綱を取る事が決定してからだ。
レーン個人に悪感情はなくとも、この人選は賛否両論集めたわけだが(浪花節的感情論から否の方が多かったけど)、当のレーンはまずは比較的注目度が低かったノームコアでヴィクトリアマイルを勝利して結果を出した。
日本人騎手を切り捨てるノーザンのやり口は嫌いだが、合理主義観点から見れば大成する保証がない日本の若手を辛抱強く育てるより、自国で頭角を現しつつある若手の外国人騎手を連れて来て起用する方が即効性に於いて有効なのは確かだ(たまに期待外れもいるが)。

初の1分30秒台という驚異的なレコードレコードを叩き出したノームコア。スタートは一息だったが、すぐにリカバリーして道中は中団馬群の中。人気のラッキーライラックを見ながら脚を溜め、直線でこれの外へ。坂上で先頭に立ちかけたラッキーライラックを捕らえ、外から追い込んで来た2着馬の追撃を凌ぎ切った。
紫苑Sを好タイムで勝った実績から、高速決着に対応可能とは思っていたが、日本レコードで勝つとは驚き。今週の東京の芝は切れよりスピードの持続力優先のトラックバイアスだが、アエロリットが予想以上に飛ばした事で更に特化した持続力が要求された。切れに欠けるが、スピードの持続力に優れたこの馬には打ってつけの馬場だった。
ノームコアの能力も大きいが、スタートの失敗を上手くリカバリーして人気馬をマーク。直線でこれをキッチリ捕らえるレーンの手腕も流石。関係ない話だが、折角ブラストワンピースが戻って来たのだから「この馬もレーンが乗れば良かった」と言われない様に池添は頑張れ。

2着プリモシーンは課題のスタートを出ると、勝ち馬から斜め後ろの中団の一角。ペースが流れた事で折り合いも付き、直線もスムーズに外へ。勝ち馬より更に外から末脚を伸ばし、坂上からジワジワと詰め寄ったが、僅かにクビ差届かず。
関屋記念、ダービー卿CTと1分31秒台の持ち時計があり、締まった流れの時計勝負はこの馬に合っていたのだが、前述の持続力優位のトラックバイアスへの適性の差が勝ち馬との明暗を分けた。

3着クロコスミアは好スタートを切ったが、内外から行く馬がいた事で無理せず控えて好位のイン。4コーナーで外へ持ち出し、直線はソウルスターリングとラッキーライラックの間からジリジリと脚を伸ばし、ゴール前でラッキーライラックを捕らえた。
関東圏の競馬は輸送減りするが、今回はそれで上手く絞れた感。とはいえ、同じ中距離タイプでも時計面の裏付けがあった勝ち馬に対し、持ち時計がなかったこの馬がこれだけ走るとは予想外。確かに出来の良さは追い切りからも感じられたが・・・

ラッキーライラックはスタートからジワッと行き脚を付けて好位から。4コーナーから徐々に仕掛けて外から被せられない位置取りから坂下でゴーサイン。坂上でアエロリットを捕らえたが、最後は内外から交わされてしまった。
中途半端な位置取りで包まれた反省を踏まえて被せられないように気を付けて好位から運んだが、結果的にはこれをマークしてた勝ち馬の目標にされてしまった。ここまで時計が速くなってしまったのも不運だったか。

アエロリットはテンから意識的に出して行ってハナを主張。その後もペースを緩める事なく、2~3F目で10秒台を刻んだ後も11秒台前半を連発。坂下まで先頭で踏ん張ったが、坂上で脚色が鈍って後続に捕らえられた。
1分31秒台の安田記念で2着に来たように、持続力に特化した高速馬場のトラックバイアスは合っているが、流石にこのペースを自分で刻んでしまっては最後まで持たない。

ミッキーチャームは増減なしと輸送を乗り切り、パドックでもイレ込みが見られず。スタートからジワッと出して3番手に付け、4コーナーで2番手。直線でアエロリットにジリジリ迫ったが、坂で先にこちらの脚が上がった。締まった流れの中距離戦は秋華賞2着で裏付けがあったが、ラッキーライラックと同様にアエロリットに道連れにされた感。

レッドオルガはスタートから位置を取りに出して行っての中団のイン。直線はミッキーチャームとソウルスターリングの間を割りに掛かったが、スピードが乗り切る前にスペースが狭くなって立ち上がる不利を受けて万事休す。アルアインでGⅠジョッキーとなった北村友一だが、こうしたポカをなくさないと見限られてしまうぞ。

馬券はミッキーチャームを切れなかった事で点数は多くなったが、馬連的中で最低限のプラス収支。まぁ、本当はレッドオルガを軸に考えていただけにボックスに切り替えて正解。ガチガチのド本命が要ると使いづらいが、こうした有力馬が複数いる混戦ムードでは実に有効w

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(5月11日)と特別登録馬

5月11日
東京
8R4歳上500万下(ダート1600m)
オーシャンビュー
6番人気4着

新潟
9R4歳上500万下(芝1200m)
シェヴェルニー
16番人気15着




オーシャンビューは中団後方で脚を溜めて直線は良い伸び脚で2着争いに加わった。シェヴェルニーは荒れた内を通らされて直線で失速。

ブラゾンドゥリスは出鞭を入れても先行出来ず後方から。直線はバテた馬を交わした程度の12着。一叩きされても変わって来ない・・・




特別登録馬
トラキチシャチョウ・・・平安S




社長は出走可能。3年前に出走した時はダート重賞初出走で見せ場十分の内容の6着。この頃は「いつかは重賞でも」って期待していたが・・・

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

ヴィクトリアマイル

レッドオルガ
ノームコア
ラッキーライラック
ミッキーチャーム
プリモシーン
カンタービレ

レッドオルガは阪神牝馬Sではスタートで出遅れ、勝負所で外へ振られる不利を被り、前有利の流れで脚を余す三重苦。2走前の東京新聞杯では1分32秒フラットの走破時計で2着と締まった流れの高速決着に対応。この一族は東京巧者で全姉レッドアヴァンセもこのレースの3着馬。自身も左回りで5勝と好相性で姉と違って輸送減りしない。内からスムーズに捌ければ一族の悲願達成も。

ノームコアは2歳秋以来のマイル戦。1800mや2000mを主戦としており、マイルは距離不足にも思えるが、ベストパフォーマンスとも言える紫苑Sでは1分58秒フラットの好タイムで他馬を一蹴。ここ2戦は差すスタイルだが、元々は機動力を駆使して好位から立ち回れるタイプ。極端な追い込みが届きにくく、高速決着必至の今回は内枠からある程度前で運ぶなら。

ラッキーライラックは阪神牝馬Sでは意図不明な消極策から勝負所で不利を被り、直線はかなり内へモタれてマトモに追えずじまい。2走前の中山記念は淀みないペースを積極的な立ち回りで2着。勝ち馬ウインブライトは香港で勝利し、3~6着馬はGⅠ馬と超ハイレベルのメンバー構成。今回は意欲的な追い切りで仕上げて来ており、本来の正攻法の立ち回りであれば普通に巻き返せる。

ミッキーチャームは阪神牝馬Sでは前有利の流れに乗っての好位抜け出しで重賞初勝利。展開に恵まれたのは確かだが、元はある程度引っ張って逃げ切るスタイルだけに緩い流れを番手で折り合えたのは脚質に幅を持たせる意味で収穫があったと言える。ただ、中山牝馬Sは輸送に失敗して殿負けを喫したように輸送には不安が残るタイプ。追い切りはかなりセーブしていたが、馬体重やパドックの様子次第では切るつもり。

プリモシーンはスタートに不安があるので過信は出来ないが、ダービー卿CTではこの馬なりにスタートを出て隊列の真ん中からレースを進めての2着。左回りのマイルで3戦2勝、残りの1戦も出遅れながら5着に追い込んだNHKマイルC。追い切りは馬なり主体だったが、休み明けを叩かれて更に上昇という気配。あくまでスタート次第だが、それをしっかり出られれば。

カンタービレはオークスでは距離が長かったのと輸送でイレ込んで大敗したが、フラワーCではノームコアを下しており、輸送が駄目というタイプではない。阪神牝馬Sでは直線で包まれて脚を余したが、緩いペースでも馬込みで我慢出来たように折り合いに進展が見られた。これも休み明けを叩かれて変わり身十分という動き。

馬券は味を占めてる馬連ボックス、レッドオルガ・ノームコア2頭軸の3連単マルチ。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

京王杯SC

サトノアレス
リナーテ
キャナルストリート
タワーオブロンドン
エントシャイデン
スマートオーディン

サトノアレスはスタートの甘さが付いて回るが、東京コースでは大崩れがない。良く内枠を引くが、今回も内枠だし、手が合う柴山とのコンビでマークが緩くなってる。昨年と同じローテで仕上がりもマズマズ。内からスムーズに捌ければ崩れないだろう。

リナーテは本質的には1200mがベストと思うが、1400m戦は前走の京都牝馬Sで2着。東京コースにも勝ち鞍があるし、2週前は坂路で49秒台を叩き出し、最終追い切りも51秒台と絶好調。関東圏への輸送競馬は馬体重が減る傾向だが、480キロ台で出られれば。

キャナルストリートは半姉にブロードストリートがおり、他の兄や姉もコンスタントに走ってる一族。休養を挟みながら使われてるのでキャリアは浅いが、左回りで全5勝中4勝、東京コースは本格化前と距離が長かったフローラS以外では連対を外していない。

タワーオブロンドンは何度も指摘しているが、本質的には1400m以下の方が良いタイプ。末が甘くなった東京新聞杯からの距離短縮はまさに好条件で休み明けでも十分に仕上がっている。ルメールの騎乗停止で棚から牡丹餅状態のレーンだが、客観的に乗れる騎手なのは確か。

エントシャイデンは大外枠で大味な競馬になった阪急杯で5着と重賞に一定の目処は付けた。3連勝中2勝は東京競馬場で挙げており、内回りの大外枠だった阪神よりは明らかに条件が好転。やや持ち時計が足りてないが、それを詰められるようなら。

スマートオーディンは長らく低迷していたが、阪急杯でいきなりの復活。追い切りでは坂路で51秒台を叩き出して出来が良かったのもあるが、今回は1週前に重馬場で51秒台、最終追い切りは軽めだったが、併走馬を置き去りにして引き続き出来は良好に見える。

すっかり味を占めた馬連ボックスで。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(5月11日)

5月11日
東京
8R4歳上500万下(ダート1600m)
オーシャンビュー
武士沢友治(57.0)

新潟
9R4歳上500万下(芝1200m)
シェヴェルニー
菅原隆一(55.0)




オーシャンビューはテン乗りの武士沢レシーブか。前走は前残りの展開が向かなかった。色々注文が付くが、脚が溜まって流れが向けば。シェヴェルニーは芝替わりで多少マシになれば。

栗東Sのブラゾンドゥリスは岡田とのコンビ。近走の成績からハンデ56はキツいが、まずは先行して自分のリズムで走ってほしい。

コバテツ(8845よりも馴染み深い)こと、小林徹弥が20日付で引退。最近はケイティクレバー位しかめぼしいお手馬がいなかったけど、ジュピタ、スタディ、プリンスといった目野厩舎のニホンピロ軍団、アマロ、センタームービング、グレイスナムラとか渋いOP馬とのコンビが印象深い。
このコーナー的にはチャクラとトラキチシャチョウ。特にチャクラは京都新聞杯2着(マーブルチーフ抜けで馬券は外したが)でダービーに出走させた功労者。前年のユーベに続いて2年連続でトップガン産駒のダービー出走を現地観戦とか、胸アツだったわ。最後のGⅠ出走となった宝塚記念で一回こっきりでもコンビ復活したのも嬉しかったな。
社長は初勝利がコバテツだった。ジワジワ力を付け出した頃は乗らなくなってしまったが、目野厩舎の解散前にもう一回乗ってほしかった。お疲れ様でしたm(__)m

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

京都新聞杯回顧

大量の雹により中止となり、今週施行されるプリンシパルSよりも余程ダービーに直結してる京都新聞杯だが、ダービーで買うかどうかの目安として走破タイムに注目してる。今年は2着馬以外の人気馬が総崩れで波乱となったが、2分11秒9と一定の基準はクリア。では、各馬の評価はどうであろうか?

母レッドアゲートに思い入れがあったのもあるが、アザレア賞の内容から注目してたレッドジェニアル。最初のスタンド前で集団の後ろに入り、中団で折り合いに専念。4コーナーから仕掛けて行き、直線は右手前で少しモタれるところもあったが、最後までしっかり伸びて差し切った。
外枠が一つの課題だったが、スタートが決まって早い段階で内に入れた事で上手く脚を溜められた。末脚も良馬場の平坦京都なら切れが増すと思ってた通り。尤も、気性が勝ったタイプで初の長距離輸送には不安がある。ダービーは馬体重とイレ込み具合に注意したい。とりあえず、酒井学が5年ぶりにJRA重賞を勝てたのは目出度い。

2着ロジャーバローズは内枠から行き脚が付いたのと行く馬がいなかったのでハナへ。一定のリードを取った後は12秒台前半の平均ペースで逃げ、坂の下りからジワッとスパート。一旦は逃げ切れるかに見えたが、勝ち馬の決め手が一枚上だった。
スプリングSでは輸送でテンションが上がったが、今回は落ち着いてレースに挑めたし、押し出される形でハナを切ったとはいえ元々前で運べる馬。自分のリズムでペースコントロール出来た事で巻き返せた。ただ、ダービーは再度の長距離輸送。前回の失敗があるので評価としては消しの方向で。

3着サトノソロモンはスッと行き脚が付いて好位のイン。坂の上りで包まれる形となり、下りからのペースアップでは反応が鈍かったが、直線はナイママと併せる形でしぶとく脚を伸ばして3着争いに競り勝った。
前走はイレ込んでたらしくて好位追走からサッパリ伸びなかったが、今回はズブさを見せながらもしぶとかった。まだ1勝馬なのでダービー出走は無理だが、自己条件なら。距離の融通性もありそう。

ナイママは道中は3着馬より一つ後ろの中団のインで折り合いに専念し、坂の上りで3着馬の外へ。直線は3着馬と併せ馬の形で追い込み、一旦は体半分前に出られたが、ゴール寸前で盛り返した。東スポ杯からまるで良いところがなかったが、久々に内容のある競馬。復調の切っ掛けは掴めたか。

タガノディアマンテはスタートから行き脚が付いたのもあって3番手に付ける積極策。前に馬を置けず、若干力んたものの、道中は概ね流れに乗れた。直線で2番手に上がって2着馬を捕まえに掛かったが、残り1Fで振り切られると甘くなって差し込まれた。距離も微妙に長かった感じだが、溜めて差すスタイルの方が良さそう。

ヒーリングマインドは外枠から内に入る事が出来ずに中団の外目で勝ち馬よりやや後ろの位置取り。坂の上りでは勝ち馬より先に動いたが、外々を回らされる形となったのもあって直線はジリジリとしか伸びず。時計が掛かる馬場しか経験しておらず、このような時計が速い決着は苦手なのかも。タフな馬場で改めて。

オールイズウェルはスタートを決めて番手のインという絶好の位置を取れたと思ったが、4コーナーから追い出してもスッと反応出来ず、直線は流れ込む程度。距離が長かったか、中2週続きで疲れが出たか。フランクリンは馬っぷりは良くなっていたが、中団の後ろから反応出来ず。やはり、この距離は長すぎたようだ。

初めはヒーリングマインドを軸に考えていたので馬連ボックスに切り替えて正解だった。これと鞍馬Sの3連単があったから、NHKマイルCの負けがまだ許せたのかもしれないw

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

かしわ記念回顧

フェブラリーSまで7連勝と一気にダート界のトップにのし上がったインティと昨年のこのレースの勝ち馬でダートGⅠ7連対中のゴールドドリームの2強対決となったが、今回はゴールドドリームが直線でインティを差し切って連覇達成。昨年暮れから下の世代の突き上げに苦汁を舐めていたが、まずは1頭借りを返したというところか。

マズマズのスタートから行き脚を付け、出負けから挽回して来たインティを先に行かせての好位。中盤でオールブラッシュが捲って動いた時はこれに乗ぜず、インティとの差をキープしたまま直線へ。少しずつ差を詰め、最後は疲れて手前を替えなかったインティを差し切った。
楽な形で好位を取れたし、オールブラッシュの捲りで動かざるを得なかったインティに対して動かずに仕掛けを遅らせる等、この馬にとっては全てが上手く行った展開だった。とはいえ、これでダートGⅠは8戦連続連対中。絶対的な強さは感じないが、抜群の安定感は特筆すべき。

2着インティはスタートの出負けから挽回して3番手に付けたが、前に馬がいる状況で宥めつつの追走。ペースが緩んだところでオールブラッシュに外から被せられて動かざるを得ず、3コーナーで早々と先頭。それでも、直線入り口では押し切れそうに見えたが、そこから口向きの悪さを見せて手前を替えなくなって勝ち馬に捕らえられた。
自分でペースをコントロールしてるのとは違い、他馬に動かされてペースを上げてしまっては流石に最後まで持たない。スタートの失敗も含めて勝ち馬とは対照的に全てが噛み合わなかった。

3着アポロケンタッキーはスタート一息から行き脚が付かずに1コーナーでは後方3番手。集団に追い付いた3コーナーでペース上がり、再び置かれそうになったが、結果的に消耗戦となった事でバテないスタミナが活きた。
4年ぶりのマイル戦で如何にも距離不足と思われたが、途中から流れが急変する緩急の激しい流れとなった事で1、2着馬以外の好位勢の脚が止まったのが幸い。4戦4連対とコース適性が高い船橋だったのも幸いだったか。

オールブラッシュは昨年の様な先手を取る事が出来ず中団から。ペースが落ち着いた向こう正面で捲りに行ったが、被せられたのを嫌った2着馬にペースを上げられて捲り切れず。4コーナーで少しペースが狭くなって追えない場面もあったし、最後は脚が上がってしまった。結果として、2着馬のペースを乱して勝ち馬のアシスト役となっただけ。

キタサンミカヅキは好スタートを切ったが、距離を意識して無理する事なく中団のインに待機。ペースが上がった3コーナーで外へ持ち出して中央勢に付いて行き、直線もこの馬なりに脚を伸ばして地方馬最先着の5着。マイルは長いと思われたが、ペースが上がってからも意外と付いて行けた。尤も、本質的には1200m専用。

ドリームキラリは2着馬の出負けもあって気合を付けてハナを主張。2コーナーからペースを落としたが、オールブラッシュの捲りで動かざるを得なかった2着馬に捲られるキツい展開となり、残り1Fで失速。良く判らないのがモーニン。好位のインに付けたは良いが、ペースが上がり出すと同時に手応えが怪しくなって早々と脱落。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2019リーディングサイアー~5月5日現在~

1ディープインパクト
2ステイゴールド
3ロードカナロア
4ハーツクライ
5ダイワメジャー
6ルーラーシップ
7キングカメハメハ
8マンハッタンカフェ
9ハービンジャー
10ゴールドアリュール
11クロフネ
12キンシャサノキセキ
13エンパイアメーカー
14オルフェーヴル
15ヘニーヒューズ
16ヴィクトワールピサ
17アイルハヴアナザー
18ジャスタウェイ
19ブラックタイド
20サウスヴィグラス




土日5勝&ケイデンスコールのNHKマイルC2着等でカナロアが僅か40万差だがハーツを再逆転。特別登録馬の面子からしてハーツがすぐ抜き返しそうだが、サートゥルナーリア、アーモンドアイの飛車角が控えてるカナロア優位は変わらないか。

アドマイヤマーズのNHKマイルC勝利でダメジャーが一週でトップ5に返り咲き。ファーストシーズンから9年連続JRA重賞勝利達成。

レッドジェニアルの京都新聞杯勝利でキンカメが史上3頭目となるJRA通算1800勝達成。しかし、今年は体調不良でシーズン開始から見送ってた種付け中止が決定。数年前から体調不安の情報が度々流れているし、このまま種牡馬引退の可能性もあるかも。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

ルメールの騎乗停止からの代役探しに感じる日本競馬の行く末

外国人騎手として史上初のJRA通算1000勝、3戦連続GⅠ勝利とこの世の春を謳歌していたルメールが断然人気のグランアレグリアを飛ばしたばかりか、直線の斜行で騎乗停止を喰らってダービーまでアウト。
北村宏司を負傷させる原因となった3月の騎乗停止から2ヶ月しか経ってない加重制裁で通常よりも重い処分となったが、皐月賞は過怠金で済んだとはいえ、最近のルメールは【勝つ為には何をやっても許される】と勘違いしてたというか、度を越した荒い騎乗が目に付いたのでこの処分は至極妥当と思う。かしわ記念のゴールドドリームは大丈夫なんだろうか?(馬券買わないけど)

ルメールの騎乗停止でヴィクトリアマイルのノームコア、オークスのコントラチェック、ダービーのサートゥルナーリア、目黒記念のブラストワンピースと有力馬の鞍上が一気に宙に浮いて「ノーザンざまぁwww」と浮かれていたが、コントラチェックとサートゥルナーリアは短期免許で来たばかりのレーンで調整されているとか。この分だとブラストワンピースもレーンになりそう。
後腐れなくルメールに戻す為に短期免許で誰か引っ張って来るだろうと半ば予想はしていたが、サートゥルナーリア位はデムーロに戻しても良かった気がする。しかしまぁ、外国人騎手妄信主義で凝り固まった社台・ノーザンのマキャベリズムもここまで突き抜けていると、船舶モノを無闇に有り難がり、培われた土着の価値観を全否定する日本人のダメなところっていつの時代も変わらないなと改めて思う。
初来日でも日本競馬に対応出来てるレーンに悪感情はないんだが、この人選に納得出来るような合理主義を持ち合わせていないので白けてしまった。サートゥルナーリアが同世代で抜きん出た存在なのは明白なので軸の予定は変わらないが、勝ったとしても馬券が当たれば喜びはするが、サートゥルナーリアやレーンに関しては何の感慨も抱かないだろう。

最近は玉石混交の度合いが増したが、基本的に短期免許で日本に来る外国人騎手は自国でそれなりの実績を積み上げ、その腕を評価されて来るのだから、そこら辺の日本人騎手より乗れるのは確かだ。しかし、だからといって自国のGⅠ、それもダービーに腕はあっても、日本での知名度皆無なぽっと出の外国人騎手を乗せるとか、伝統や権威を全く尊重していない【自分の生産馬が勝ちさえすればどうでも良い】というノーザンの傲慢な姿勢が見え隠れする。
日本からの海外遠征では【現地の競馬は現地の騎手が一番良く判ってる】と宣ってホイホイ騎手のすげ替えをやってるのに(ブラストワンピースも凱旋門賞遠征前提という名目で池添がクビになったし)、ただ、上手いからとだけで自国のGⅠはおろか、平場のレースでも外国人騎手を乗せたがって日本人騎手を育てる意思が全くないダブルスタンダードには反吐が出る。

平成から令和に移り変わったこの30年余りで日本競馬は大きく様変わりした。それを牽引した中心的な存在が社台・ノーザンなのは否定しようがない事実だ。
とりわけ、サンデーサイレンスの輸入は日本競馬にとってエポックメーキングと言える一種の革命だった。日本産馬の質は大いに向上し、その血を引く馬がタイキシャトルやエルコンドルパサーがこじ開けた海外競馬への遠征を毎年の様に敢行し、ステイゴールド、ハーツクライ、シーザリオ、ヴィクトワールピサ、モーリス、ジャスタウェイ、先日のアーモンドアイ等、多くの馬が勝利を積み上げて来た。
【日本は種牡馬の墓場】と言われたものだが(俺は今でも払拭されてないと思ってるが)、日本で活躍した馬がシャトル供用だけでなく海外で種牡馬生活を送る事も珍しくはなくなった。セレクトセールに外国人のバイヤーが来るのも当たり前の光景になった。その成果の一つがサクソンウォリアーの英2000ギニー勝利だろう。オセアニアへは現役のまま移籍する日本馬も増え、ブレイブスマッシュがGⅠ2勝挙げる活躍を見せた。
かつてはただ中継を観るだけだった海外競馬も日本馬が出走したレースに限ってではあるが、当たり前に馬券が買える時代となった。海外競馬の情報を知ろうと思えば簡単に調べられる時代となり、一種の雲の上の存在だった頃に比べればかなり身近になった。

その一方、次世代の人材を育てる、とりわけ騎手を育てる事に関しては劣悪な環境になったと言わざるを得ない。岡部ラインが牛耳ってた関東は兎も角、関西は若手にチャンスを与える風潮があった。平成初期は松永幹夫や武豊を中心とした若手騎手ブームが起こり、GⅠでも若手騎手に騎乗機会が与えられる時代だった。
だが、今はどうだろう?若手騎手がGⅠで騎乗する事など年に数回あるかないかと言える状況。重賞でもローカルならそれなりにあっても、中央開催では自厩舎以外ではなかなか騎乗機会に恵まれない。

まだ調教師の力が強かった頃は【一旦預かったからには弟子はしっかり育てる】という文化が残っており、それに固執して素質馬をダメにする弊害もあったとはいえ、【この馬にはこの騎手】という名コンビが誕生したものだし、そこから飛躍の切っ掛けを掴んでリーディング上位の常連となる騎手も存在した。中野栄治、小島貞博、大西直宏みたく燻ってた騎手がダービージョッキーになるというドラマもあった。
しかし、社台・ノーザンやそれに追随するクラブの発言力が急速に膨大化した事でこのパワーバランスが大きく変貌し、調教師の立場が弱体化すると関西ですら自厩舎の騎手を育てる風潮は衰退したと言える。この風潮が残ってたのは浜中の世代までだろう。藤田菜七子は物珍しい客寄せパンダとして周囲が珍重してるだけで育ててるとは思えない。
結果だけを求めて外国人騎手を起用し続け、若手騎手にチャンスらしいチャンスを与えずに調教助手代わりとした結果、競馬の魅力の一つであり、ギャンブルとは対極の側面であるロマンは大きく損なわれた。GⅠ馬ですら主戦騎手は誰?と問われても思い浮かばない事が多い昨今、ファンが投影したくなる人と馬の絆は生まれにくくなっている。寺山修司が生きていたとしても、今の競馬界には何の感慨も抱かないだろう。

所詮、サラブレッドは経済動物。血統も然る事ながら、競走馬としての実績を高める事が種牡馬・繁殖牝馬としての価値にも繋がって行く。生産者にとっては、将来的に巨額の金を生み出す金の卵候補の実績を高める為に日本人騎手よりも腕が立つと見込んで連れて来た外国人騎手を起用するのは、マネーゲームとしては最良の選択肢なのかもしれない。
しかし、その一方で日本人騎手を育てる事もしないで目先の結果だけを求め続ける風潮は中長期的な視点で見れば日本競馬にとって深刻な破綻をもたらすのではないだろうか?いや、最近は寧ろ破綻してしまえとすら思い始めている。失ってはいけないものを容赦なく切り捨てている日本競馬の未来は決して明るくはないと断言しておく。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

NHKマイルC回顧

グローリーヴェイズで日経新春杯を勝って以降、重賞でまさかの23連敗。勝負勘が著しく劣化して絶望的なまでに乗れてなかったデムーロがここで復活(来るのが1週遅い)。先週までこの世の春を謳歌してたのに、やらかしてダービーまでアウトになったルメールとの天国と地獄の落差のデカさに馬券外したショックも薄れてしまった。

4戦4勝のマイル戦で復活したアドマイヤマーズ。スタートで幾分出負けしたが、そこから挽回して中団の外目。前に馬を置けなかったが、無理に抑え込まないデムーロらしい折り合いの付け方で脚を溜め、直線はグランアレグリア、ダノンチェイサーとの追い比べに競り勝ち、内外の2、3着馬の追撃を振り切った。
スタートで詰んだと思われたが、天皇賞とは違ってそこからがデムーロに流れが向いた。良馬場に回復したとはいえ、昨日の雹の影響で内が荒れて外差しの馬場となったのも幸い。今後は休養に入って秋に備えるようだが、マイルCSなら狙い目かも。

2着ケイデンスコールは大外枠もあってスタートからすぐに控えて後方。前に馬を置いてじっくりと脚を溜め、4コーナーまで追い出しを我慢。直線は大外から勝ち馬を上回る上がりで猛然と追い込み、先に抜け出した勝ち馬に半馬身差まで迫った。
人気は急落していたが、毎日杯は一定の復調気配を見せていたし、東京は初でも2戦2勝の左回りと穴っぽい要素を持っていたが、ここまで激走するとは予想外。マイル前後の左回り限定という条件が付きそうだが、差し追い込みが届く条件であれば。

3着カテドラルはアーリントンCよりはスタートを出て、道中は中団馬群の中。馬込みの中で折り合いを付けて脚を溜め、直線はモタれながらも内から馬群を割って脚を伸ばして波乱の片棒を担いだ。
本番はスムーズに追い出されてあの脚が使えるのか?と評したが、外へ出せずに内を突くまでのタイムロスが結果的にアーリントンCの激走と同じような展開となった。スムーズに追い出された時が試金石。

ダノンチェイサーはスタート五分から軽く出して好位のイン。道中は前のグランアレグリアをマークする形となり、3~4コーナーで先に外へ持ち出せた。直線で前が開いた時は「もらったッ!!」と思った直後にグランアレグリアの斜行をマトモに喰らってしまった。
それでも、諦めずに追って一瞬は見せ場を作ったようにマイラーとしての能力の一端は垣間見せた。ディープ産駒では晴雨兼用タイプだし、今後もマイル前後の重賞戦線で活躍してくれるだろう。

グランアレグリアはいつもはスタートは上手いのだが、今回は出が悪くて促して好位に。出して行ったのと外からワイドファラオに被せられた事で力んでしまい、道中は折り合いを付けるの苦労。直線で外へ持ち出す際に斜行してダノンチェイサーと接触した後はモタれ気味となって桜花賞時の伸びは見られず。
ルメールは断然人気でたまにやらかす悪癖があるが、自身にとっては最悪な結果をもたらす事になった。スタートで後手を踏み、道中は折り合いに苦労して直線で斜行・・・左回りならラチを頼らなくても問題ないだろうと思っていたが、このパターンが取れない場合は案外脆い事を露呈。しかしまぁ・・・ねぇ・・・

穴で狙ったマイネルフラップは道中は内へモタれ通しで競馬にならなかった。ファンタジストは勝ち馬の後ろで脚を溜めたが、直線は案外な伸び。クリノガウディ―は好位で溜める競馬を期待してたが、前に行きすぎ。

ここら辺はまだ許せるのだが、何気にルメールよりも酷かったのがヴィッテルスバッハの戸崎。スタートは予想外に出て集団に取り付けたまでは良いのだが、何故雹で荒れてる内に入ったのか意味不。モタれてるマイネルフラップは仕方ないにしても、外差しの馬場で最後まで内にいて空気のままとかふざけてるにも程がある。

馬券は当然ながらタテ目だが、鞍馬Sの3連単を取れたので(スタートでは松山に殺意湧いたけどw)そこまで酷い負けにはならなかったのがせめてもの救い。ルメールの騎乗停止にも触れるつもりだったが、これは別の記事で書いた方が良さそうなので明日にでも。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(5月4日)

5月4日
京都
12R4歳上1000万下(ダート1800m)
テイエムテツジン
16番人気12着




相変わらずスタートひと息の道中最後方だったが、内をピッタリ回ってそれなりに脚を使えた。復帰後初めてレースに参加したと言える。

今し方終わった金沢のバルタンセージは惜しくも2着。勝ち馬にずっとマークされた割に直線も粘ったんだがなぁ・・・

ブラゾンドゥリスが栗東Sに登録。近走の成績が成績なんでどうこう言えないが、昨年は2着に来たレース。変わり身に期待したい。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

NHKマイルC

◎ダノンチェイサー
○グランアレグリア
▲ヴィッテルスバッハ
△ファンタジスト
△クリノガウディ―
△マイネルフラップ
△ケイデンスコール
△アドマイヤマーズ

10レース以降を中止に追いやった雹の影響がどれだけ残るのか未知数だが、良馬場発表でも渋った馬場だったきさらぎ賞を勝ち切ったダノンチェイサーは問題なさそう。2歳時は折り合いに苦労する場面もあったが、この枠で前掛かりのメンバー構成なら折り合える。左回りは中京で経験済みだし、溜める競馬でも速い上がりを使える。最終追い切りは重馬場で調整程度だったが、フットワークの伸びが素晴らしい。今年度のPOG最後の砦に逆転の期待を。

グランアレグリアはダノンファンタジーを子供扱いしたデビュー戦、2着争いを尻目に余裕綽々だったサウジアラビアRCと同じ条件。左回りなら朝日杯のように内にモタれる事もないだろうし、後ろの馬も早めに動いて潰しに掛かる事はないだろう。中間の本数はやや少ないが、最終追い切りを見た感じでは桜花賞時の状態はキープしてる感じ。ただ、ここまで一本被りになるのはちょっと危うさも感じるので対抗まで。

ヴィッテルスバッハは父譲りとも言えるスタートの悪さに関しては織り込み済みで考えた方が良さそうだが、今回は先行馬が多数揃ってそれなりに流れが速くなりそうだし、コーナリングでスッと加速出来ないのでワンターンの直線の長いこの条件の方が中山よりも合うのは確実。ここ2本の追い切りでは併せ馬で意欲的な動き。スタートには目を瞑るので兎に角、脚を溜められるだけ溜められれば。

連下候補としてはここに直結するか微妙な内容だったトライアル組よりも別路線組を重要視したい。特に皐月賞、更に言えば朝日杯FS2着のクリノガウディ―を大穴として狙ってみる。スプリングS、皐月賞は積極策と距離が影響して止まってしまったが、最内枠なら無理せず好位で脚を溜められる。追い切りは動くタイプだが、今回も良く見えた。ファンタジストは皐月賞は流石にどうにもならなかったが、この時期のマイルはまだこなせる。

マークがすっかり緩んでしまっている毎日杯組4、5着馬だが、マイネルフラップはシンザン記念から休み明けに加えて早めに仕掛けて末が甘くなった。叩き2戦目で死んだふりの溜めに徹せれれば千両賞やシンザン記念の再現があっても。ケイデンスコールも今回が叩き2戦目だし、2戦2勝の左回り。見限るのはまだ早いかも。

アドマイヤマーズは最内から極端な枠を引いたのはマイナスだし、絶望的なまでに乗れてないデムーロ(パールSのフィニフティも酷かった)が足を引っ張ってこの単勝オッズとなってる。条件はベストと思うし、それなりには来ると思うが、今のデムーロなら飛ばす可能性もあるのであくまで押さえの評価。

馬券はダノンチェイサー軸の馬連とダノンチェイサー・グランアレグリア2頭軸の3連複、3連単フォーメーション。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

京都新聞杯

オールイズウェル
ロジャーバローズ
フランクリン
レッドジェニアル
ヒーリングマインド

オールイズウェルは毎日杯ではスタートで出遅れて前残りの流れにハマり、前走も勝負所で動くに動けない状況で不利を被って脚を余した。今回も前走同様に最内なのは嫌な感じだが、スタートさえ決めてしまえば3走前の内容からしてメンバー上位の力量。追い切りは前走よりも動けている。兎に角、スムーズなな立ち回りが出来れば。

ロジャーバローズはスプリングSでは馬っぷりが良く見えた1頭だったが、レースでは勝負所から行きっぷりが怪しくなって伸び切れず。どうも、初の輸送競馬でテンションが上がりすぎてしまったらしい。今回は近場の京都で2戦2連対と実績もある。追い切りでは古馬のグローブシアターと互角の動き。落ち着いていれば。

フランクリンはデビュー戦では案外な内容の4着だったが、喉の手術明けとなった前走ではスタート一息で後方も、勝負所で集団に取り付いて直線は右手前のまま差し切った。未勝利上がりの距離延長と条件は楽ではないが、京都外回りは脚質的に合っていそう。PO馬の贔屓目もあるが、一発があっても。

レッドジェニアルはアザレア賞では終始外を回らされる展開となったが、直線では一瞬差し切りそうな脚色。最後は外を回らされたのと渋った馬場に切れを削がれて脚が上がってしまったが、見所があった。外枠は正直良くないが、良馬場で平坦京都ならもう少し切れる。母レッドアゲートは好きな馬だったのでちょっと贔屓目で。

ヒーリングマインドはそのアザレア賞では直線で詰まって万事休すの状況から狭い馬群をこじ開けて差し切るなかなかの内容。今の京都の馬場で上がりが速くなると一抹の不安はあるが、叩かれて力を付けて来るロベルト系(父タニノギムレット)で血統的な上昇度を期待して。タニノギムレットはこのレースで過去2勝と相性も良い。

馬券は馬連ボックス。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
85位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR