FC2ブログ

大阪杯回顧

皐月賞以降はクラシック~中距離戦線で常に好走すれど、勝ち切れなかった元PO馬アルアインが皐月賞以来となる約2年ぶりの勝利。それまで常に買い続けていたのに、2000mはやや長くなってる印象とこのメンバーでは「掲示板前後に来れても馬券圏内まではどうか」と思って買わなかったら、手痛いしっぺ返しを喰らうハメになってしまった。

スタートからジワッと出してラチ沿いの4番手に付けると、抜群の行きっぷりで鞍上がガッチリと抑えながらの追走。各馬の手が動き出した4コーナーでもまだ持ったままの手応えで直線でゴーサイン。残り1F手前で先頭に立ち、内外から迫る2、3着馬を振り切った。
元々、位置を取れる機動力を備えており、内枠を引いた今回は労せず好位のインを取れるのは想像が付いたが、持ち味の持続力が活きる流れになったとはいえ、雨の影響で時計が掛かる今の阪神で勝ち切れるとは思わなかった。
鞍上の北村友一はこれがGⅠ初勝利。デビュー3年目で重賞初勝利を飾り、それ以降もコンスタントに年間50勝前後勝ってた中堅ジョッキーだったが、昨年は一気に90勝と勝ち星を伸ばし、GⅠの騎乗回数も増えた。桜花賞はクロノジェネシスが控えているし、今年は更なる飛躍の年になるかもしれん。

2着キセキはスタートが幾分甘かったのとエポカドーロがハナを主張したのもあって2番手からの競馬。内にエポカドーロを見ながら折り合いを付けて流れに乗り、直線半ばで先頭に立ちかけたが、内を掬って抜け出した勝ち馬にクビ差届かず。
番手からでも競馬が出来るタイプと思ってたし、実際に問題なく折り合えた。適性に疑問符を感じてた阪神の内回りもしっかり対応。明暗を分けたのは終始内を立ち回った勝ち馬に対し、こちらは集団の外目を回ったコース取りの差だろう。地力の高さは示したが、どうにも運がない。

3着ワグネリアンは出たなりの競馬で中団のインから。ペースが緩んだ中盤でも内目で折り合いを付けて我慢させ、直線入り口で最内を突いて先に抜け出した勝ち馬の後を追ったが、最後に少し甘くなった。
地力はあっても、阪神内回りは脚質的にこの馬に合うかどうか微妙に思ったので評価を下げたが、多くの馬が内を避けて外へ回した事でスムーズに脚を使えたのが幸い。あと一歩届かなかったが、ダービー馬としての格好は付けた。

マカヒキはスタートから後ろに下げて1コーナーでは最後方。前半を受け流すだけ受け流しての終い勝負に徹して脚を溜め、直線で外へ出して末脚を伸ばし、ゴール前で上位3頭に急追。展開としては向かなかったが、溜めに徹して末脚を活かす競馬で見せ場を作った。直線で内か外かで逡巡したのが惜しまれる。

エアウィンザーは内外から行き脚を付けた馬が殺到したのもあってやり過ごす形で中団馬群の中で控える形。道中は折り合いを付けて脚を溜め、直線も首尾良く前が開いて脚を伸ばしたが、残り100mで脚色が一緒になった。兄エアスピネル程、タフな馬場の適性はなかったようだ。

ブラストワンピースはスタートが甘かったし、行き脚が付いた内外の馬に前に入られて位置を取れず、後方3、4番手から。3コーナーで中団に取り付いたが、4コーナーで外へ膨れたペルシアンナイトに振られて直線入り口ではかなりの大外。この馬なりに脚は使ったが、どうにかなる状況ではなかった。

エポカドーロはスタートが決まったのとキセキのスタートが甘かった事もあってハナへ。前半をスローに落として息を入れさせ、3~4コーナーからペースを釣り上げて持続力勝負に持ち込んだが、直線半ばで失速。鼻出血はここで発症したのだろう。マトモなら、流石にここまで止まらない。

ペルシアンナイトはブラストワンピースと同様に序盤のポジション争いで控える形となって中団の後ろから。前半は少し行きたがる素振りを見せたし、3~4コーナーは集団の外を回る形で脚を使い切って外へ膨れる始末。直線はパタッと止まってしまった。良馬場に回復すればこなせると思ったが、雨の影響が残る馬場は予想よりも堪えたようだ。

ステルヴィオは外枠から行き脚を付けて好位集団。道中は内に勝ち馬を見ながら折り合いも付いていたが、直線の早い段階で手応えがなくなっての殿負け。馬場適性も微妙だったが、位置を取りに行くとこの距離は持たないようだ。

休み明けの人気馬に対し、一度叩かれての上積みから3連系で残っていそうな馬をチョイスしてのフェブラリーSに近い予想で手広く散らしたが、結果は損害を大きくするだけの大惨敗。フェブラリーS、中山記念で流れは変わったと思ったが、3月は更に酷い有り様になってしまった。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(3月30日)

3月30日
阪神
11RコーラルS(ダート1400m)
トラキチシャチョウ
16番人気16着

テンから付いて行けず、終始最後方のまま。まぁ、無事に回って来ただけヨシだろう。

明日は金沢でバルタンセージ、ライフトップガン、ヴェネツィア出走。前回はライフトップガンとバルタンセージが勝ってるだけに連勝となってほしい。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

大阪杯

◎ペルシアンナイト
○エポカドーロ
▲エアウィンザー
△キセキ
△ブラストワンピース
△ステルヴィオ
△ワグネリアン

ペルシアンナイトは典型的な叩き良化タイプ。それ故に金鯱賞は無印としたが、不得手な条件下で4着は意外と走った印象。一叩きされた事で追い切りも右手前だった金鯱賞時と違って手前を替えて集中力が増した。雨が気掛かりだったが、良に回復したのも好都合。昨年と同じくらい走れそう。

エポカドーロは休み明けだった中山記念がやや案外な内容の5着だったが、1分45秒台のかなり速い時計勝負となったのも向かなかったか。今回は極端な時計勝負とならないだろうし、コーナー4つの内回りは得意条件。元々、追い切りは動くタイプだが、前走時よりも良く見えた。変わり身一変も。

エアウィンザーは金鯱賞は想定よりやや後ろの位置取りとなったし、中盤にペースが緩んでの決め手勝負で兄同様に切れ負けしての3着。今回は中盤以降は淀みないラップを刻めるキセキがいる事で前走より展開が向くと思う。追い切りも休み明けを叩かれて上積みを感じる。

キセキはエポカドーロの出方がカギだが、仮に番手になったとしてもそれ相応の競馬が出来る。阪神内回りはこの馬に適してるか微妙な気もするが、昨年の天皇賞・秋は例年なら勝っててもおかしくないパフォーマンス。後は久々がどう影響するか。

ブラストワンピースはペースが緩んで前が止まらない上がり勝負となった菊花賞では持ち味を活かし切れなかったが、キセキが引っ張った有馬記念は並み居る古馬勢を撃破。そういう意味ではキセキの存在はペースとしては合う。ただ、内回りの阪神はこの馬の適性から外れてる印象。

ステルヴィオは2000mを克服出来るかがカギだが、4着に敗れた皐月賞はあまりにも特殊な流れとなったし、稍重馬場に決め手を削がれた感。今回は叩き2戦目の良馬場でそれ程特殊な流れにもならないだろう。2度目の丸山が脚の使いどころを把握していれば。

ワグネリアンは阪神コースは神戸新聞杯も含めて2戦2勝。ダービー、神戸新聞杯とこの世代のトップクラス相手に勝ち切ってる地力は休み明けでも見劣らないと思うが、内回りの内枠というのは広いコース向きの脚質のこの馬にはどうか。

馬券は◎○▲の馬連ボックス、◎から△への馬連。◎○、◎▲、○▲と3種類の軸から△への3連単マルチ。3連複は総流しで・・・今回は当たれば良かろうの精神でw

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

ドバイワールドカップデー

休日出勤と繁忙期の疲労が溜まってどうにも集中力に欠ける。昨日のダービー卿CTも適当に来そうな馬を挙げただけの手抜き予想だったが、ドバイワールドカップデーも長文書くだけの時間も集中力もない。予想して馬券買ったらすぐ寝る・・・明日の大阪杯は一応真面目にやる予定なんでm(__)m

ドバイゴールデンシャヒーン
◎エックスワイジェット
○インペリアルヒント
▲プロミシズフルフィルド
△ドラフテッド

人気のアメリカ勢だけ買えば良いレース。シティーハンターも久々に映画化されたし、過去2着2回のエックスワイジェットを一応中心視。


ドバイターフ
◎アーモンドアイ
○ディアドラ
▲ヴィブロス
△ドリームキャッスル
△ウィズアウトパロール
△アイキャンフライ

ここはアーモンドアイがどんな勝ち方をするかのみ。2着候補もディアドラとヴィブロスの2頭に絞っての3連単フォーメーションで。


ドバイシーマクラシック
◎スワーヴリチャード
○レイデオロ
▲オールドペルシアン
△シュヴァルグラン
△マジックワンド

休み明けのレイデオロとシュヴァルグランより、一度叩いたスワーヴリチャードの上積みに期待。得意の左回りの2400mなら崩れまい。


ドバイワールドカップ
◎キャッペッザーノ
○サンダースノー
▲シーキングザソウル
△ガンナヴェラ
△ノースアメリカ
△オーディブル

サンダースノー包囲網という構図が成り立つアメリカ調教馬の中で前哨戦でサンダースノーを千切り捨てたキャッペッザーノを中心視。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

ダービー卿CT

ジョーストリクトリ
ドーヴァー
ギベオン
ロードクエスト
マイスタイル
キャプテンペリー

馬連ボックス

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

マーチS回顧

強い4歳世代や底を見せてない条件上がりの馬が上位人気を閉めたが、蓋を開けてみればヒラボクラターシュ(4着)以外の人気が総崩れ。ハンデ戦重賞とはいえ、こんな組み合わせは買えない。

東京2100m専用機を思われたサトノティターン。出たなりの競馬から自然と位置取りが下がって道中は後方集団。やや行きたがるのを宥めながらの追走から3~4コーナーで集団の外目を出して進出。坂上でエンジンが掛かると一気の伸び脚で差し切った。
東京2100m主体のキャリアで小回りの中山は距離不足と思ってたが、内へ入れずに早い段階で外目へ出して走らせた事で対応出来た。6歳だが、何度かの長期休養があってまだ9戦のキャリア。順調ならまだまだ上積みが見込めそう。

2着ロンドンタウンは徐々に行き脚を付けて好位の外目。前に馬を置けなかったが、折り合いはスムーズ。勝負所から追っ付けて先団に取り付き、直線もしぶとく伸びてゴール寸前で2着に浮上。
コリアカップ以来の休み明けでやや太目残りに見えたし、馬場が渋らないと良くないタイプだったが、前々で運んで波乱を演出。ハンデ頭でこれだけやれるとは、まだまだ枯れてないというところか。

3着リーゼントロックはスタートから出して行っての先行策で3番手集団の外目。3~4コーナーからロングスパートに出て直線入り口で先頭。最後は捕まったが、あわやの場面を演出しての3着。昨年夏から頭打ちに見えたが、距離不足と思われた3走前を使ったのが刺激となったか。

ヒラボクラターシュは内枠から行きたい馬を先に行かせての好位のイン。道中の折り合いもスムーズで勝負所では2、3着馬より余力を残してるような手応えだったが、直線でジリッぽくなって追い付けずじまい。初の57キロが微妙に堪えたか。

ロードゴラッソは出たなりの競馬で道中は中団馬群の中。折り合いは付いたが、3コーナーから早々と手が動き出して4コーナーでは鞭が入ったが、直線は内からジワジワ脚を伸ばして来た。3番人気は過剰人気だったが、内で揉まれ込んだ割には直線はしぶとかった。クラス慣れすればいずれ通用しそう。

テーオーエナジーは3番手集団のインに付けたが、向こう正面から手が動き出して3~4コーナーでは追っ付け通し。直線は前が詰まって外へ持ち出すロスもあったが、坂上でパタッと止まってしまった。昨年秋から月1ペースの出走で疲れが出たのかも。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(3月30日)

3月30日
阪神
11RコーラルS(ダート1400m)
トラキチシャチョウ
森裕太郎(52.0)




社長が遂に復帰。休養前の成績が成績だし、このままフェードアウトするかもと思ったりしたが、良く戻って来た。追い切りはパッとしないし、軽ハンデを活かして一つでも上の着順を目指してほしい。

本日、インスタイルが浦和で出走。1番人気に支持されたが、惜しくも2着。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

毎日杯回顧

一昨年はアルアイン、昨年はブラストワンピースと後のGⅠ馬が1分46秒台の好タイムで勝ったが、今年はランスオブプラーナがマイペースに持ち込んだとはいえ、1分47秒台の決着。時計が全てではないが、過去2年に比べてややランクは落ちる印象。

同条件のアルメリア賞と同じようなペース配分で逃げ切ったランスオブプラーナ。最内から好スタートを切って楽に先頭。2番手以下のプレッシャーもなく、3F~6F目まで12秒台前半のマイペース。4コーナーから11.2‐11.2と一気にペースを引き上げ、追い縋った2着馬をクビ差凌いだ。
これで阪神は3戦3勝。一定以上の持久力を有してるこの馬にとって、決め手が要求される京都よりも適性があると言える。ただ、最内からコースロスなく立ち回ってプレッシャーを殆ど受けない恩恵にも恵まれた。次走が試金石。

2着ウーリリはスタートでやや出負けしたが、内枠からすぐに挽回して3番手のインに付け、道中の折り合いもスムーズ。直線は前が壁となってやや追い出しを待たされたが、最内に潜り込んでゴール前で急追。
4ヶ月ぶりの休み明けでプラス16キロだったが、これはほぼ成長分。前有利の流れに乗ったのもあるが、キャリア1戦で重賞で即通用する辺り、流石はマカヒキの全弟か。操縦性は兄よりも上のイメージでダービーに間に合うようなら面白いかも。

3着ヴァンドギャルドはスタートからすぐ控えて折り合いに専念。前半は少し行きたがったが、前に馬を置いて何とか我慢。直線は大外から良く追い上げて来たが、先行内有利の展開では辛うじて3着まで。
良馬場で自分の使える脚はしっかり使えたが、如何せんイレ込みがキツくて折り合い重視の待機策を取らざるを得ない状況で展開不向き。本賞金加算にも失敗とツキもなかった。

ケイデンスコールは出たなりの競馬で道中は中団のイン。外の馬が動いたのとは対照的に待ちに徹した事で位置取りを下げる形になったが、直線は馬群を割って脚を伸ばして来た。内にモタれて何も出来なかった朝日杯FS以来だったが、一定の復調気配は見せた。

マイネルフラップはスタート五分も、すぐに控えて従来通りの後方待機策。3~4コーナーからジワッと位置取りを上げて中団まで押し上げたが、直線はモタれ気味となって前2戦程の切れはなかった。展開の助け待ちとなるが、死んだふりからの直線一気のスタイルの方が良いかも。

オールイズウェルはスタートで出負けして後方からの競馬。この形でも折り合いは付いたが、馬群の中にいた事で動くに動けず4コーナーで最後方。直線は盛り返したが、前有利の展開で勝ち負けに絡めずじまい。キングオブコージは直線半ばで狭くなったとはいえ、その前の追い比べでも劣勢で抜け出せる脚色ではなかった。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

日経賞回顧

スタートするまでどうなるか判らないムラ馬だが、自分の型にハマれば滅法強いメイショウテッコンが50歳を迎えた武豊の絶妙なペース配分で逃げ切り勝ち。

日経新春杯ではスタートで出遅れたが、今回は五分に出ると最内からジワッと行き脚を付けてハナへ。2番手以下のプレッシャーもキツくなくてマイペースの逃げ。残り1000mを切ったところで2着馬が捲って並び掛けてペースを上げざるを得なかったが、直線で二枚腰を使って振り切った。
輸送も乗り切ったし、スタートもクリア。それで最内枠から楽逃げ出来れば勝って下さいと言わんばかりの展開。天皇賞は流石に距離が長いと思うが、宝塚記念はメンバー次第で押さえておきたい。

2着エタリオウはスタートからある程度出して行って位置を取りに行っての中団。スローペースに行きたがる素振りを見せたが、前半は何とか我慢。3コーナーから一気に動いて勝ち馬に並び掛けたが、余力を残してた勝ち馬に直線で振り切られた。
追い込み一手では差し損ねる可能性があると思って軸にしなかったが、まさかああいう競馬出来るとは思わなかった。今回は久々で最後に甘くなったが、天皇賞に向けてまずは及第点。ただ、またしても2着とサウンズオブアースの後継者を着実(?)に進んでるな。

3着サクラアンプルールは先行馬を先に行かせて好位のイン。前の馬を壁にして折り合いに専念。3コーナーからのペースアップも待ちに徹して最内に潜り込んだ直線でスパートしてしぶとく3着を確保。
前で楽をしてた勝ち馬と地力に勝る2着馬には追い付けなかったが、ロスなく立ち回る省エネ騎乗で本質的に長いこの距離を乗り切った。待望の内枠でやりたい競馬をしっかりやり切った印象。

道営馬ハッピーグリンは出たなりの競馬で外枠から好位の外目を確保。序盤は少し行きたがったが、早い段階で落ち着いた。この馬も3コーナーでは動かずに脚を溜め、直線は馬群を割ってジワジワ伸びた。
昨年春の段階では距離はマイル前後がベストと思っていたが、ジャパンCの7着に続いて2500mでもそれなりに健闘。今なら2000m以上の方が良いのかもしれない。

ルックトゥワイスはスタートが甘くて序盤は集団の後方から。この馬もペースが遅くて宥めながらの追走となったが、寧ろ稍重の渋った馬場にノメってる感じ。3~4コーナーでも思うように上がって行けず、直線でエンジンが掛かった時には大勢決した後。ステゴ産駒だが、ノメる馬場はダメなタイプの方みたい。

クリンチャーは外枠から好スタートを切ったが、そこから控えて中団の外目。前に壁を作れなかったが、概ね折り合っての追走。しかし、3~4コーナーのペースアップに付いて行けず、直線も坂上で脚が上がった。休み明けでスロー前残りという不向きな展開ではこんなものだろう。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2019リーディングサイアー~3月24日現在~

1ディープインパクト
2ステイゴールド
3ハーツクライ
4ロードカナロア
5マンハッタンカフェ
6キングカメハメハ
7ルーラーシップ
8ダイワメジャー
9ハービンジャー
10ゴールドアリュール
11クロフネ
12エンパイアメーカー
13キンシャサノキセキ
14オルフェーヴル
15ヘニーヒューズ
16ヴィクトワールピサ
17アイルハヴアナザー
18サウスヴィグラス
19ケイムホーム
20ノヴェリスト




特別2勝を含む土日4勝、エタリオウの日経賞2着等でステゴがハーツを交わして2位に。

メイショウテッコンの日経賞勝利等でマンカフェがトップ5入り。早くも今年の重賞4勝目とここ数年では一番のペース。

土曜中京6Rでジョーヒデキラが勝利し、ディープブリランテがJRA通算100勝達成。20位のノヴェリストとは540万差。

サトノティターンのマーチS勝利で12年連続JRA重賞勝利達成のクリスエスが34位から28位にランクアップ。JRA重賞通算37勝とし、モガミに並んだ。

ミスターメロディの高松宮記念勝利でスキャットダディが123位から35位に躍進。2015年に急死したが、昨年はアメリカ三冠馬ジャスティファイ、UAEダービー18馬身差圧勝のメンデルスゾーン等、印象深い活躍馬を出した。今年の3歳世代がラストクロップ。

ランスオブプラーナの毎日杯勝利でケープブランコが62位から47位にランクアップ。日本輸入前は悲惨な成績だったアメリカでも昨年重賞馬(カリフォルニアゴールドラッシュ・サンズポイントS)が出たが、日本初年度産駒からいきなり重賞馬が出るとか驚き。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

高松宮記念回顧

下馬評ではダノンスマッシュとモズスーパーフレアの一騎打ちと思われたが、左回り巧者とはいえ、1200m未勝利のミスターメロディが勝ち、3戦連続2桁着順のセイウンコウセイが2着、単勝360倍弱のブービー人気ショウナンアンセムが3着で3連単449万オーバーの大波乱。こんな馬券、どうやったら取れるんだ?

叩き2戦目で変わり身を見せたミスターメロディ。内枠からジワッと行き脚を付けて好位のイン。2着馬の後ろで脚を溜め、直線で2着馬とモズスーパーフレアに出来たスペースを突いて残り100mで先頭に立って押し切った。
1200m未経験だったが、平均ペースとはいえテンから流れる1200mは掛かり癖があるこの馬にとって逆にレースがしやすかった。促して位置を取りに行っても掛からずに流れに乗れたし、内有利のトラックバイアスに上手くハマれたのもあるが、こうした展開であればマイルもこなせる。
しかしまぁ、キングヘイローが死んだ週に福永がGⅠ勝つとか、何かしらの因縁を感じてしまう。高松宮記念勝たせたのは相談役なんだが、キングヘイロー=福永というイメージはあるしなぁ。

2着セイウンコウセイはモズスーパーフレアやラブカンプーの機先を制する形のロケットスタート。道中は3番手集団のインを回って直線入り口で2番手。残り300mで先頭に立って押し切りを図ったが、内を突いた勝ち馬に競り落とされた。
一昨年のこのレースの勝ち馬、内有利のトラックバイアスで内枠から楽に先行出来たとはいえ、3戦連続2桁着順のこの馬がここで復活とか予測不能。昨年も惨敗後の函館SSを勝ってる様にいつ走るかさっぱり判らん。

3着ショウナンアンセムは出たなりの競馬で中団馬群の後方。3コーナーで前がゴチャ付いた際も解く日不利らしい不利を受けず、直線はモズスーパーフレアが失速して出来た最内を突いて2着馬に肉薄。
久々の1200m戦だったオーシャンSでも人気薄で5着に健闘してたとはいえ、流石にGⅠでは家賃が高いと思ったが・・・全6勝中4勝を挙げた左回り適性の高さも活きたか。マイルでは逃げて結果を出してたのに、1200mでは中団から差す競馬で結果を出すのも訳判らん。

1番人気ダノンスマッシュは最近影を潜めてたスタートの甘さが再発。そこから挽回して好位の外目に付け、直線入り口では2番手集団に上がったが、直線はもう一伸びがなかった。
敗因は主に3つ。まずはスタートの甘さ。位置を取りに行くのにある程度脚を使わざるを得なかった事。次に4コーナーでラブカンプーがフラついて想定より外を回らされた事。最後に内有利のトラックバイアス。後半もペースが落ちない持続力特化の条件で外から追い上げるのはかなり厳しい。
この馬自身の左回り適性がそれ程高くないのもあったし、この不利な条件を克服出来るだけの力量もなかったという事だろう。スプリンターズSでの巻き返しに期待。

レッツゴードンキは阪急杯と違ってスタートから控えて折り合い重視の構え。3~4コーナーで内目に入って直線はイン突きに賭けたが、前が詰まって一瞬ブレーキを掛ける形。最後は盛り返したが、大勢は決した後。ここ2年連続2着も、今回は8着に崩れた3年前に近い展開に泣いた。

デアレガーロは外枠からスタートで後手を踏んでの終始外目を走らされては勝負に絡めないのはやむなし。ロジクライも直線で追い出しのタイミングが遅れたとはいえ、前半で位置を取れなければノーチャンス。ナックビーナスは3コーナーでダノンスマッシュに寄られる不利をマトモに喰らって戦意喪失。

モズスーパーフレアはダノンスマッシュ程ではなかったが、肝心のスタートで若干遅れたのと2着馬のロケットスタートが致命傷となった。ハナを奪うのに3コーナーまで掛かってしまって脚を使わされる羽目となり、直線半ばで余力がなくなって逆噴射。逃げ馬の宿命だが、前半を自分のリズムで走れなかったのが敗因。

何となく胸騒ぎがして3連複しか買わなかったので被害はある程度軽減出来たが、これはもうどうしようもない。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(3月23、24日)と特別登録馬

3月23日
中山
7R4歳上500万下(ダート1200m)
オーシャンビュー
10番人気11着同着


3月24日
阪神
12R4歳上1000万下(ダート1800m)
テイエムテツジン
12番人気12着




鉄人は向こう正面から捲ろうとしたが、中団に上がったところで脚が上がってしまった。

オーシャンビューはスタートは出たが、テンから流れに付いて行けず。やはり、この距離は忙し過ぎる。

大井のロイヤルオブアクアはスタートから出して好位に取り付いたが、直線は伸びあぐねて6着。




特別登録馬
トラキチシャチョウ・・・コーラルS




社長はコーラルSに登録も、除外になりそうな感じ。

ブラゾンドゥリスが帰厩。春の東京開催で復帰かな?

追記・・・一日経ってからトップガンの誕生日に気付くとかなんたる不覚(´・ω・`)
先日、サクラキャンドルが死んでこの世代で生き残ってるGⅠ馬はトップガンとフラワーパークだけになってしまったなぁ(交流GⅠ馬も含めるとアブクマポーロやタイキシャーロックも健在だが)。前後の世代も段々少なくなってるけど、1日でも長生きしてほしいと切に願う。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

高松宮記念・マーチS

高松宮記念
◎モズスーパーフレア
○ナックビーナス
▲ミスターメロディ
△ダノンスマッシュ
△レッツゴードンキ
△ロジクライ
△デアレガーロ

モズスーパーフレアは前半32秒台のハイペースで入り、後半を34秒台で纏めて後続の追撃を封じるスタイルで勝ちパターンを確立した快速スプリンター。1分7秒台前半で逃げ切ってる様に時計勝負に強く、全6勝中5勝が6枠以上の外枠を引けた。追い切りでは坂路で堂々の一番時計を叩き出し、ラスト1Fも12.5と踏ん張ってる。中京未勝利も、いずれも1400m戦。スピード能力の違いで一気に押し切れる。

ナックビーナスはここ2戦がモズスーパーフレアに完敗の2着。特に前走は同斤量で追い付けなかったのだから勝負付けは済んだとも言えるが、昨年3着に好走してる様に左回りは苦にしない。追い切りはポリトラックで引っ張り切りの手応えのまま併せ馬に併入。自身の持ち時計を更新しており、1分7秒台の決着になっても対応可能。やや人気を落としてるが、そこまでの差は感じない。

ミスターメロディは阪急杯では7着と崩れたが、直線入り口で他馬と接触する不利を被ったから。中京ではファルコンSを勝ち、NHKマイルCでも見せ場十分の4着と左回り適性もある。1200m戦は今回が初めてだが、先行力があるので内枠からスンナリ前を取れれば流れに乗れる。追い切りは珍しく芝だったが、上がり重点でシャープな伸び。叩き2戦目で変わり身があっても。

ダノンスマッシュは父と同様に京阪杯、シルクロードSと連勝。何度も指摘してる様にスタートを出られるようになって楽に好位を取れてから崩れなくなった。1週前に坂路で自己ベストを叩き出し、最終追い切りも馬なりながら坂路で51秒台。ただ、左回りはファルコンS、NHKマイルCでミスターメロディに先着を許してる。本格化前の敗戦だが、モズと違って気になったので評価を下げた。

レッツゴードンキは昨年秋のパフォーマンスから能力のピークは過ぎたと思ってたが、阪急杯ではそれまでの差しから一転して好位からの競馬で2着としぶとさを見せた。時計勝負になって前が止まらないと分が悪そうだが、前走のように位置を取れるようなら2年連続2着と同等のパフォーマンスを見せても。坂路で1週前に49秒台を叩き出してる様に出来は良い。

ロジクライは阪急杯ではスタート直後に他馬と接触して本来の先行策を取れずに中団からの競馬となったが、それでも馬群の内目で折り合いを付けて差す競馬で3着。もう1Fの距離短縮がどうかだが、本来の先行策を取れるようなら対応しても。左回りも東京で走り慣れてる。坂路で終い重点の追い切りも良く見えた。

デアレガーロは昨年夏からやや低迷してたが、前走の京都牝馬Sで復活。本質的には1400~マイルの馬と思うが、姉や兄はスプリント戦線で活躍したOP馬。この馬自身も持ち時計がないとはいえ、函館の1200m戦で2勝。追い切りは特別目立つ内容ではなかったが、前走時の出来はキープしてる印象。

馬券はモズスーパーフレア軸の馬連と3連複。


マーチS
◎テーオーエナジー
○ヒラボクラターシュ
▲アルドーレ
△ハイランドピーク
△ロードゴラッソ
△ジョーダンキング

テーオーエナジーは好メンバーが揃った3走前の師走Sを好タイムで快勝。続くポルックスSも4馬身差の圧勝と同条件のパフォーマンスの高さは折り紙付き。前走の佐賀記念は人気を裏切る3着に敗れたが、深い砂質と距離が敗因。この条件に戻れば57キロを背負っても押し切れる。

ヒラボクラターシュは佐賀記念でテーオーエナジーを撃破。名古屋大賞典は小回りの内枠で動き辛かったが、それでも2着と地力を見せた。連闘になるが、この条件は昨年のラジオ日本賞を含めて3戦2勝2着1回。テン乗りの戸崎というのが引っ掛かるが、スムーズに好位から運べれば。

アルドーレはスタートで大きく出遅れ、勝負所から大外を回らされる展開となりながらもゴール寸前で捕らえた前走が強い競馬。半兄にOP馬アキノクレッセント、半姉にJBCレディスクラシック馬アンジュデジールという血統で自身も本格化してから底を見せてない。一気の相手強化でも。

ハイランドピークは総武Sでは太目残りに加え、向こう正面から一気に脚を使って捲り切って末を無くす大味な競馬(普通ならクビレベルの騎乗)。追い切りを見た感じでは良い頃に比べてもう一息という感じだが、スタートさえ出て好位を取れれば巻き返しがあっても。

ロードゴラッソは芝では500万クラスで頭打ちだったが、ダート路線に転向して3連勝。地方の若手が下手くそに乗った2走前以外は3馬身、3馬身半という圧勝。中間の調整も併せ馬で意欲的な動き。予想以上に人気してるが、通用して良いレベル。

ジョーダンキングは地方時代も含めて12戦連続連対中。相手なりに走るタイプだが、自分から動いて5馬身差の圧勝だった前走が一皮剥けた感じの強さ。間隔も詰まっての輸送競馬で追い切りは軽めだったが、マズマズの動き。相手なりに走れる強みを活かせれば。

馬券はテーオーエナジー軸の3連複。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

日経賞・毎日杯

日経賞
◎ルックトゥワイス
○メイショウテッコン
▲エタリオウ
△サクラアンプルール
△チェスナットコート

ルックトゥワイスは日経新春杯では内を掬った勝ち馬に対して4角大外というコース取りの差が出たが、内容の濃い2着。条件戦とはいえ、同条件の2走前は3馬身差の快勝と右回りも克服済み。詰めが甘いとも言えるが、主戦の戸崎とのコンビでは8戦着外なし。別定戦でも十分通用する。

メイショウテッコンは日経新春杯ではレースを面白くしたとはいえ、出遅れからの向こう正面大捲りでは流石に最後まで持たない。当日のテンションを見ないと何とも言えないタイプだが、今回は最内枠に加えて同型馬も強力ではない。主導権を奪って自分のリズムに持ち込めれば。

エタリオウは菊花賞以来の休み明けだが、2月上旬に時計を出し始めてから入念に乗り込んで来た。菊花賞2着、ダービー4着と強い4歳世代でトップクラスの実績を残して来た。ただ、追い込み脚質で小回り未経験。内回りの中山は疑問符が付くので3番手まで。

サクラアンプルールはここ3戦全て大外枠で流れも向かなかった。今回は得意の中山で久々に内枠を引けた。距離は若干長いが、昨年は3着に好走。立ち回り次第で。チェスナットコートは昨年秋の豪州遠征では結果が出せなかったが、昨年の2着馬で瑠星野郎とも相性が良い。ここ2週の追い切りも良い。

馬券はルックトゥワイス軸の3連複で。


毎日杯
◎オールイズウェル
○キングオブコージ
▲マイネルフラップ
△ランスオブプラーナ
△ヴァンドギャルド

オールイズウェルはエリカ賞出走取消明けの平場ですみれSでアドマイヤジャスタを破ったサトノルークスに半馬身差の2着に入り、弥生賞5着のカントルに先着。今回はそれ以来の休み明けだが、一頓挫あっての仕切り直しだった前走時より状態は良い。

キングオブコージはデビュー3戦のダートでは芽が出なかったが、芝のマイル戦に路線転換してから2戦目で持ち時計や上がりを大幅に詰めて勝ち上がり。実績では格下の存在だが、最終追い切りでは坂路で自己ベストを叩き出した。今の勢いなら重賞でも。

マイネルフラップは千両賞で波乱を演出した後のシンザン記念でも大外から内外へヨレながらも末脚を伸ばして2着。気性面で荒削りな面はあるが、実戦に行ってしぶとい。今回は一息入っての休み明けだが、今の緩い阪神の馬場は向いている。

ランスオブプラーナは距離が長いと思われたきさらぎ賞で3着に逃げ粘り、続くアルメリア賞でもマイペースに持ち込んでの逃げ切り勝ち。今回はアルメリア賞と同条件に加えて最内枠でどう見ても単騎で行ける組み合わせ。

ヴァンドギャルドはきさらぎ賞は良馬場発表でも雨にノメる馬場に決め手を殺されての4着。パンパンの良馬場が理想のタイプで今の阪神の馬場が合うか微妙だが、追い切りは良く動いてた。妙味は薄いが、普通に巻き返しても。

馬券はオールイズウェル軸の馬連と3連複。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

イチロー引退かぁ・・・

同点に追いつかれた直後のマリナーズの攻撃でランナーが出た状態でイチローに打席が回って来た時、ふっと10年前のWBC決勝を思い出した。

解説が「こういう場面で回って来るのがスーパースター」と言ってたが、俺も極度の打撃不振に陥ってもイチローならここでヒットを打ってくれるんじゃないかという漠然とした期待があった。
しかし、センター前へ抜ける決勝打を放って日本国民のヒーローとなった10年前と違い、無情にもショートゴロ。どんな名選手もやって来る年齢的衰えがイチローにも訪れたんだなぁと思わずにいられなかった。

昔と違って地上波での野球中継もあまりなくなり、高校野球や日本シリーズ以外はあまり野球中継を観なくなったが、イチロー現役最後の試合となるこの試合はちゃんと見なくてはと思った。特別ファンというわけではないが、イチローは野球史に残る不世出のスーパースターだった。
登録名をイチローに変えてから突如して素質を開花させてあっという間に日本プロ野球史に残るスター選手に上り詰め、日本人投手は通用しても日本人野手は通用しないと思われてた状況下でのメジャーリーグ移籍でも数多の記録を塗り替えたイチロー。もう、日本人のプロ野球選手でこんな凄い選手は二度と現れないだろう。お疲れ様でしたm(__)m

本来なら、書いてないフラワーCとファルコンSのレース回顧をするつもりだったけど、【イチロー、第一線を退く】の速報を目にして「レース回顧してる場合じゃない」と野球中継を観てたら書く時間がなくなったので回顧は取り止めします。ご了承をm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

今週のマヤノトップガン産駒(3月23、24日)

3月23日
中山
7R4歳上500万下(ダート1200m)
オーシャンビュー
江田照男(57.0)


3月24日
阪神
12R4歳上1000万下(ダート1800m)
テイエムテツジン
菱田裕二(57.0)




鉄人は相変わらず中間の追い切りは良い。前走は完全にバテバテの殿負けだったが、今回はもう少しやれても。

オーシャンビューは想定されてた中京ではなく、中山で初の1200m戦。追走に手一杯という可能性はあるが、江田は4走前で2着に持って来てる。意外性に期待したい。

ライフトップガンが本日の金沢競馬で9ヶ月ぶりの勝利。スタートが決まっての番手追走から、ゴール寸前で逃げてた2着馬を捕らえた。

明日はロイヤルオブアクアが大井で出走。前走と似たような組み合わせだが、展開次第でチャンスはあると思う。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

キングヘイローの死で思い返す事

キングヘイローと福永祐一のコンビ物語や時には非難轟々だった試行錯誤の路線転換の末の高松宮記念制覇に関しては、俺の中では特に書く必要がないので割愛。

セイウンスカイに肩入れしまくった俺だが、スペシャルウィークやグラスワンダーにはサクラローレルに抱いて拗らせ過ぎてサクラ軍団そのものが嫌いになるような敵愾心は抱かなった。しかし、キングヘイローは98世代で唯一嫌いと言える存在だった。
理由は想像が付くと思うが、主戦が福永だったからだ。尤も、この当時は【福永洋一の息子】という親の七光り要素でメディアに取り上げられ、周囲のバックアップを受けてる事に対して「楽でいいよな、天才の息子というだけでチャンスが沢山もらえるんだから」といった子供じみたやっかみを拗らせていただけなんだが。
そこへ、父は80年代欧州最強馬ダンシングブレーヴ、母はアメリカGⅠ7勝馬グッバイヘイローという超良血馬のキングヘイローの手綱を任される。そして、デビューから3連勝で人馬共に重賞制覇というエリート街道まっしぐら。そりゃ、斜に構えて物事を見たくなる年頃のボンクラ小僧にしてみれば当然面白くない。

この頃の俺の馬券スタンスは当たり外れよりも応援してる馬をとことん応援し続ける暑苦しい感情に重点を置いていた。好きな馬はとことん追い掛ける一方で嫌いな馬は徹底して買わなかった。「嫌いな馬で馬券を当てて何が楽しいのだ?」という、青臭い妙な拘りがあった。
キングヘイローもそうしたスタンスから散々痛い目に遭わされた。皐月賞はセイウンスカイの単勝をしこたま買ってたからまだ良いが、それ以外で連対した当然ながら当たってない。最悪だったのが5歳(旧表記)時のマイルCS。エアジハード・ブラックホークの馬連に某大手パン工場のバイト10日分の○万を残らずぶち込んでの1着3着。まさに「一番来てほしくない馬が来てしまった」としか言い様がない。

今は馬券の相性の悪さはあっても名前を見るだけで憎々しく思える馬はいないし、絶対ないと判っていても軸で買って心中するくらいにイレ込む馬もあまり多くない。ボロクソにこき下ろしてる福永や戸崎や三浦でも名前を見て萎える事はあっても、絶対に馬券を買わないというわけではない。
今思い返すと98世代の前後10年くらいは何ともまぁ青臭くて馬鹿なスタンスだったなと思うが、競馬をやってて一番楽しい時代だった。競馬仲間と好きな馬についての居酒屋トークとか、飽きもせずに一晩中語ってたっけ・・・

これで98世代の3強は全ていなくなってしまったな(俺にとっての98世代の3強と言えばセイウンスカイ、スペシャルウィーク、キングヘイロー)。色々あったけど、やっぱり寂しさを感じずにはいられない。合掌m(__)m

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

スプリングS回顧

単勝27倍の10番人気エメラルファイトが混戦のゴール前で抜け出して皐月賞への優先出走権利を手にしたわけだが・・・単勝60倍オーバーだった朝日杯FSで本命にした先見の明がありながら、肝心のここで買ってないのが俺の馬券センスのなさを象徴してる。ある意味、一番見たくなかった決着だったわ。

2歳時はしばしば出遅れてたが、前走に続いて今回も五分に出て先団グループの後ろに付けて前半は脚を温存。3コーナーで外目に出してジワッと先団に取り付き、直線の叩き合いから坂上で抜け出し、2着馬の追い込みを凌いだ。
札幌2歳Sはなかなか強い競馬、掲示板を外した朝日杯FSでは上がり最速と人気より高い能力を持ってたのは認識していたが、出遅れ癖があっての内回りフルゲートではちょっと手が出なかった。能力の高さを実証したわけだが、4コーナーでの手応えの割に突き抜けられなかった辺り、距離の壁があるのも確か。

2着ファンタジストは好スタートから無理せず中団待機。1~2コーナーで早めに集団の外へ持ち出し、3~4コーナーから進出を開始。直線は勝ち馬の外から末脚を伸ばしてゴール前で際どく詰め寄った。
1800mは長いという印象を持っていたが、朝日杯FSでは苦労して折り合いがスムーズだったのとコーナー4つのコース形態で上手く息を入れられた感じ。ペースが上がらなかったのも幸いしたか。

3着ディキシーナイトはスタートから軽く出して好位の一角。1コーナーで少しゴチャ付いたが、道中の折り合いはスムーズ。3~4コーナーから早めに動き、坂で一旦は先頭に立ったが、最後に甘くなった。
負けはしたが、正攻法の立ち回りで見せ場十分。1400mからの距離延長も問題なかったというか、初勝利は中山の2000m。今回は目標にされただけで2000mの距離適性に関しては1、2着馬よりあると思う。

タガノディアマンテはスタートから控えて後方。1コーナーで内から寄られて力んだが、向こう正面で折り合えた。3~4コーナーから追い上げを図り、直線入り口では2着馬に置かれたが、坂上で盛り返した。
どちらかと言えば広いコース向きの気はするが、きさらぎ賞と同じく前半は控えて差すスタイルで終いは確実に伸びて来た。3連系の穴で押さえておきたい存在。

ヒシイグアスはマイナス16キロで少し巻き上がり気味。スタートから出して行って2番手を確保したが、やや行きたがって宥めつつの追走。それでも直線半ばで先頭に立ちかけたが、坂上で踏ん張り切れず。
番手からでも競馬は出来たが、現状ではハナを切って自分でペースを作る方が良さそうな感じ。尤も、今回は馬体減からテンションが上がって上手くコントロールし切れなかった。

クリノガウディ―は内枠から好スタートを切ったのもあるが、行き脚が付いたのと1コーナーのコーナリングでハナを切る形。平均ペースでレースを引っ張り、直線でも余力は残っていたが、坂上で力尽きた。
シンザン記念を回避しての休み明けの影響もあって踏ん張り切れなかったが、予期せぬ逃げの手でもパタッと止まらなかった。地味に能力はあると思うが、壁を作って溜めるスタイルの方が良いと思う。

ロジャーバローズは外枠から出して前を取りに行き、1コーナーで一旦控えて内目に入れての好位。ただ、3~4コーナーでは追っ付け気味の手応えで直線も流れ込む程度。馬っぷりは良く見えたが、輸送競馬で精神面が堪えていたか。

シークレットランは出たなりの競馬で序盤は中団も、ドンドン位置取りが下がって向こう正面では後方2番手。前の2着馬を見ながら勝負所から上がろうとしたが、行きっぷりが悪くて終いもジリジリ。完全に見込み違いだったとしか。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2019リーディングサイアー~3月17日現在~

1ディープインパクト
2ハーツクライ
3ステイゴールド
4ロードカナロア
5キングカメハメハ
6ダイワメジャー
7ルーラーシップ
8マンハッタンカフェ
9ハービンジャー
10ゴールドアリュール
11クロフネ
12エンパイアメーカー
13キンシャサノキセキ
14ヘニーヒューズ
15オルフェーヴル
16ヴィクトワールピサ
17アイルハヴアナザー
18ケイムホーム
19サウスヴィグラス
20ノヴェリスト




既に2位以下に7億4000万差を付けているディープはコントラチェックのフラワーC勝利で3週連続JRA重賞勝利。JRA重賞通算200勝にあと4勝。

特別戦3勝にカフジプリンスの阪神大賞典2着等の重賞入着でハーツが未勝利に終わったステゴを交わして2位に。

特別戦2勝にディキシーナイト、ロードヴァンドール、ジョディーが重賞で人気薄ながら好走したダメジャーがジワッとキンカメに接近。

シャケトラの阪神大賞典勝利でマンカフェがJRA重賞通算52勝目。歴代13位タイのトサミドリとアグネスタキオンにあと3勝。

ハッピーアワーのフラワーC勝利でハービンジャーがランクアップ。芝1400mの重賞はこれが初勝利。

エメラルファイトのスプリングS勝利でクロフネがJRA重賞通算43勝目。歴代22位タイのチャイナロックとサクラバクシンオーにあと2勝。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

阪神大賞典回顧

長期休養明けのAJCCを勝ったとはいえ、3000m超のレースで信頼するのは危険と思って人気のシャケトラを敢えて切ったものの、蓋を開けてみれば5馬身差の圧勝。まぁ、冷静に考えれば他の面子とは格が違いすぎたか。

スタートからすぐ後ろに下げて序盤は後方2番手でリズム重視の構え。ペースが落ち着いての緩い流れにも掛かる事なく、向こう正面半ばからスパートを開始し、3~4コーナーで2番手。直線入り口で先頭に立つと後続を離す一方の完勝。
一昨年の天皇賞は出遅れから挽回しに行って掛かって末を無くしたが、今回は最初から折り合いに専念したのもあってスムーズに折り合えた。早目のロングスパートもペースが緩んだところだったので無理なく位置を上げられたし、テン乗りの戸崎が上手く乗ったと言える。
ただ、今回は相手に恵まれたのも事実。1、2月の京都開催はかなり時計が掛かるタフな馬場だったが、例年なら4、5月の京都は高速決着になりやすい。時計勝負に裏付けがないこの馬にとっては例年通りの馬場なら危険な人気馬となりそうだが・・・

2着カフジプリンスは後続を引き離した先行勢から大きく離れた中団から。2周目の3コーナーで外から交わしに掛かった勝ち馬の後を追う形で仕掛けて行き、直線で突き放されたとはいえ、追って追って単独2着を確保。
ペースが上がった3~4コーナーでズブさを出すのは相変わらずだったが、若い頃に見せていたステイヤーの資質を改めて示した。まぁ京都のコース形態はこの馬に合ってないので次に馬券対象となるのは目黒記念辺りか。

3着ロードヴァンドールは前半はサイモンラムセスとの逃げ争いで後続を大きく引き離したが、2周目の1~2コーナーでハナを奪い返した後はスローに落としてのマイペース。直線入り口で勝ち馬に交わされたものの、その後もしぶとく二枚腰を使って3着に粘った。
昨年暮れに復帰しての2戦はハナも叩けずの二桁着順と精彩を欠いたが、今回はハナに拘った積極策で一変。大逃げの形でも上手くペースを落とせたノリの絶妙な逃げだった。

ソールインパクトは前半は2着馬と並ぶ形で中団のイン。勝ち馬や2着馬が仕掛けて行った向こう正面でも待ちの構えで脚を溜め、直線も内に拘って脚を伸ばしたが、並び掛けた3着馬に差し返された。
ディープ産駒でも渋った馬場をこなせるタイプだったし、一貫して内を立ち回る省エネ騎乗でこの馬なりに脚を使ったが、本当の意味でのステイヤーではないのでこれが精一杯だろう。

アドマイヤエイカンは内に入っての後方待機で折り合いに専念。勝ち馬のロングスパートで集団に動きがあった3コーナーで付いて行こうとしたが、反応出来ずに4コーナーでは後方2番手。直線で外へ持ち出したものの、ジリジリとした伸び。こうした馬場は合うと思ったが、予想より適性がなかった感じ。

リッジマンはスタートから出して行っても思うように勢いが付かずに中団後方。2周目の3コーナーで動いて行き、4コーナーで2着馬に並び掛けたが、直線で振り切られると坂で脚が上がった。休み明けでも動けるタイプだが、今回はパドックで口から泡を吹いており、本調子の状態になかったか。

コルコバードは引退レースでメイチの仕上げをしたのが裏目に出たか、パドックでは腹が巻き上がり気味。ペースが上がった3コーナーで手応えが怪しくなって直線では完全にガス欠。

リッジマンのパドックの様子からボックス馬券に切り替えたものの、シャケトラを買ってないのでどちらにしても外れ。まぁ、このレースに関してはまだ諦めが付く。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の情報

阪神大賞典のサイモンラムセスはブービーからも8秒以上離される殿負け。序盤はロードヴァンドールとの逃げ争いに脚を使い、途中でハナを奪われるとズブズブに失速。自分のリズムで走れないと脆い逃げ馬の宿命とはいえ、ここまで止まるとは・・・

トラキチシャチョウはマーチSに登録せず。来週のコーラルSに登録してくるかな?

今日の金沢競馬組は最初のトップエンデヴァーは殿負けだったが、ヴェネツィアは勝ち馬には千切られたが2着。そして、バルタンセージは人気に応えて快勝。休み明けでもB1級では力が違っていた。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

スプリングS・阪神大賞典

スプリングS
◎ヒシイグアス
○シークレットラン
▲ロジャーバローズ
△クリノガウディ―
△ユニコーンライオン
△タガノディアマンテ
△ディキシーナイト

ヒシイグアスはデビュー戦でラストドラフトの2着に敗れたものの、その後は中山で2連勝。特に未勝利戦は中盤以降で他馬に絡まれてペースを上げながら直線で突き放した。ペースの違いはあるが、同条件のホープフルSより速い走破時計。先行に定評があるミナリクで押し切れる。

シークレットランは京成杯では緩急の利いた流れに対応出来なかったし、4コーナーでゴチャ付く不利もあって4着と力を出し切れなかった。今回は多頭数で先行馬も揃ってるから、それなりにペースは流れる筈。葉牡丹賞のパフォーマンスを見直したい。

ロジャーバローズは2戦目でアドマイヤジャスタの2着に敗れたが、続く福寿草特別は番手から早めに動く積極策で押し切った。中間はエアウィンザーやシャケトラの相手を務めて意欲的な調整。中山向きの機動力を備えており、ここでも勝ち負けか。

クリノガウディ―は人気薄だった朝日杯FSで2着に激走したが、4コーナーで不利を受けながら直線で追い込んだ内容はまぐれ一発のソレではない。シンザン記念を回避しての仕切り直しとなるが、1週前の坂路で50秒台。引き続き内枠を引けたし再度走っても。

他の連下候補としては中山向きの先行力があるユニコーンライオン、きさらぎ賞2着のタガノディアマンテ、全兄にダローネガがいるディキシーナイトの3頭。ファンタジストは1800mは長いと思うので。

馬券はヒシイグアス軸の3連複で。


阪神大賞典
◎リッジマン
○コルコバード
▲アドマイヤエイカン
△ヴォージュ
△カフジプリンス

リッジマンは昨年のステイヤーズSを勝利し、3000m超のレースでは連を外してないステイヤー。有馬記念はメンバーが強すぎて大敗したが、このメンバーなら主役を張れる。ステイヤーの割に仕上がりが早いタイプで今回はいつもより早い栗東に戻って乗り込んだ。いきなりでも。

コルコバードは3走前にリッジマンの2着に入った牝馬のステイヤー。決め手比べとなったエリ女、距離不足の愛知杯でも大きく崩れていない。初の3000m戦だが、ここ2戦よりは条件が向く。今回が引退レースだが、中間は意欲的な調整。

アドマイヤエイカンはステイヤーズSではリッジマンの2着。万葉Sは連戦の疲れと太目残りもあって崩れたが、短期放牧でリフレッシュさせて後は意欲的な調整で立て直して来た。2走前くらい走れればここでも上位だし、このレースに強い岩田騎乗で。

ヴォージュは逃げ馬故にいつ走るか読めないが、万葉Sは上手くペースを落とした逃げでダイヤモンドSを勝ったユーキャンスマイル相手に逃げ切った。穴で一昨年のダイヤモンドS3着馬で長期休養から叩き3戦目のカフジプリンス。

AJCCで復活して今回は抜けた1番人気となってるシャケトラだが、一昨年の天皇賞を見る限りでは3000mで信用するのはこのメンバーでも危険な気がする。ここは敢えて無印で。

馬券はリッジマン軸の馬連と3連複。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

フラワーC・ファルコンS

フラワーC
◎エールヴォア
○シャドウディーヴァ
▲コントラチェック
△ミモザイエロー
△レオンドーロ

エールヴォアは未勝利勝ちの走破タイムが当日同条件の古馬500万下より速く、2着馬に6馬身差の圧勝。アルテミスSは直線でやや馬群に包まれる苦しい競馬で3着に敗れたが、続くエリカ賞では牡馬相手に逃げ切った。このメンバーでは実績上位の存在で控える競馬も出来る。

シャドウディーヴァはこれまでの4戦は全て牡馬相手の東京2000m戦で2、2、1、3着。前走のフリージア賞は休み明けで道中も少し行きたがった分の差が出ただけ。2歳戦も使いつつパフォーマンスを上げていた叩き良化タイプ。立ち回りの上手さも活かせれば。

コントラチェックは同型馬との兼ね合いとなるが、未勝利戦は7馬身差の圧勝で菜の花賞はフェアリーSより2秒以上速い走破時計で3馬身差の快勝。ハナを切ってのマイペースに持ち込めれば滅法強い。半姉バウンスシャッセは同条件で重賞2勝。

ミモザイエローは未勝利戦の走破時計がこれまたフェアリーSより速く、しかも中山マイルの大外枠から好位を取りに行って押し切る強い競馬。続く前走は2着と敗れたが、3着以下は離していた。やや人気を落としているが、侮れない存在。

レオンドーロは前走で勝ち上がるまで6戦を要したが、戦ってきた相手はいずれも牡馬混合戦でディキシーナイトを筆頭にそこそこ骨っぽい相手だった。そこでデビュー戦(4着)以外は全て小差の2、3着。持ち前の機動力を活かせれば。

馬券はエールヴォア1頭軸の3連複で。


ファルコンS
ローゼンクリーガー
ヴァッシュモン
ドゴール
イッツクール
ハッピーアワー

ここは適当にチョイスしての馬連ボックス。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の情報

やはり社長は出走せず。来週のマーチSか再来週のコーラルSのどちらかと思うが、追い切りはなかなか変わってない感じ。

阪神大賞典のサイモンラムセスは引き続き師範代。別定戦がどうかだが、例年よりもかなりアレなメンバー。大逃げでもかませば何かあるかもしれない。

前走激走したレクラドリールが今日船橋で出走したが、前有利の展開で最後方にいては届かずの7着。

日曜は金沢競馬が開幕。金沢競馬所属の産駒ではバルタンセージ、ヴェネツィア、トップエンデヴァーが出走。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

中山牝馬S回顧

重賞初出走のクイーンCから14戦2着5回3着2回4着2回と勝ち切れなかったフロンテアクイーンが重賞出走15戦目にして待望の重賞初勝利。一連の成績から何度となく買ってはいたが、こういう時に限ってタテ目。しかも、テン乗りの三浦を嫌って軸にしなかったのが俺の馬券センスのなさを物語ってて嫌になる。

出たなりの競馬で道中は中団。3~4コーナーから徐々に位置取りを上げて先団グループに接近し、直線で先に抜け出したフローレスマジックを目標にスパート。坂上で先頭に立ち、追い縋った2着の追撃を凌ぎ切った。
ハンデがターコイズSから1キロ軽くなったのと先行争いはスンナリ決まったが、ペースが不規則に乱れて先行勢が直線で壊滅する差し追い込み有利の展開が噛み合っての勝利。GⅠでは足りないが、牝馬限定のGⅡGⅢであれば簡単には崩れないだろう。

2着ウラヌスチャームはスタート直後にデンコウアンジュに寄られる不利。道中は後方2番手で折り合いに専念して脚を溜め、3~4コーナーで集団に接近。直線は勝ち馬の後を追う形で脚を伸ばし、ゴール寸前で肉薄。
愛知杯は前有利の流れで間に合わなかったが、今回は前述のように前が潰れて差し追い込みが間に合う展開で浮上。久々の1800m戦だったが、流れが向いた事でしっかり対応。本賞金も加算出来たし、色々と収穫の多い1戦だった。

3着アッフィラートは外枠から前に行く馬が殺到した事で少し控えて集団の後方から。3コーナーで勝ち馬を被せに掛かったが、逆に振り切られて4コーナーでは2着馬に内から張られる展開。それでも、直線はしぶとく脚を伸ばして1、2着馬に迫った。ハンデも恵まれたが、相手なりに走る特徴が出た。

デンコウアンジュはスタート直後に内へヨレて2着馬に不利を与えたが、道中は自身も後方から。3~4コーナーで内から2着馬に先へ行かれ、直線入り口では外へ振られて大外。それでも、最後は大外から脚を伸ばして上位争いに加わった。昨年秋は低迷したが、やはりこの時期は走る。

フローレスマジックはスタート一息も、二の脚が付いて位置を取りに行き、道中は中団の外目。4コーナーで先団に並び掛けて直線入り口で先頭。押し切りを図ったが、早めに動いた事で坂上で甘くなって脱落。もう少し仕掛けるのを我慢していればもっと際どい勝負に持ち込めたかも。

ノームコアはスタートはまあまあ出たが、二の脚があまり付かなかったのもあって道中は3着馬と並んでの集団の後方のイン。勝負所では動くに動けず最後方まで下がり、直線もなかなか前が開かず。坂でやっと前が開いて追い出したが、エンジンが掛かり切る前に終わってしまった。完全に内枠に泣かされたクチ。

アドマイヤリードはスタートは出たが、この馬も二の脚がそれ程良くなくて好位を取り切れずの中団のイン。4コーナーからジワッと外へ出し、直線は馬群の中から追い上げを図ったが、ハンデ頭が堪えたか逆転する勢いはなかった。

ミッキーチャームはマイナス6キロでパドックからイレ込み気味。明らかに輸送が堪えてる感じだったし、ハナを切ったカワキタエンカの不規則なペースに巻き込まれる形で直線入り口で逆噴射。今回は参考外の競馬。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

フィリーズレビュー回顧

直線半ばからどの馬が抜け出すか予測が付きにくい大混戦となったが、最後は内を掬ったノーワンと集団の外へ出して馬群を割ったプールヴィルとの1着同着。一波乱あるだろうと思ってボックス馬券を買っていはいたが、この組み合わせは予想外。

未勝利上がりで波乱を演出したノーワン。スタート直後に内へヨレたが、すぐに挽回して道中は中団のイン。前のプールヴィルが集団の外へ持ち出したのに対し、こちらは内に潜り込んで強引な形ではあったが馬群を割って抜け出した。
確かに追い切りでは動きの良さが目立っていたが、如何せん未勝利上がりと前走1200m組はバッサリ切っていたので完全にノーマーク。ロスなく立ち回れた恩恵があったのは否めないが、これくらい追い切りで動けば桜花賞は連下候補か。
騎乗停止のミソは付いたが、瑠星野郎はこれが重賞初勝利。モスアスコットでやらかした時は「武者修行の成果出てないじゃん」とか思ったりもしたが、今年は既に過去3年の重賞騎乗回数を上回る等、ブレイクの兆しが見える。ちょっと注目してみようかな。

もう1頭の1着同着馬プールヴィル。出たなりの競馬から内に入り、先行勢を見ながらの競馬。4コーナーでジッと脚を溜め、直線入り口で集団の外へ出して馬群を割り、内を掬ったノーワンとの同着に持ち込んだ。
馬格がない馬でこうした雨で力の要る馬場は合わないのではないかと思ったが、コテコテのフランス血統の血が騒いだか。ただ、紅梅Sから更に減っての418キロ。これ以上馬体が減るとという感じだし、1400mを連発して使ってる時点で俺の中では桜花賞は【ない】。

3着ジュランビルは外枠から好スタートを切り、出して行っての好位4、5番手。4コーナーからジワッと仕掛けて前を捕まえに行き、最後は内外から交わされはしたが、ゴール寸前でイベリスを捕らえた。
外枠もあって終始外目を回らされる競馬だったが、2歳時の実績からすればこれくらいは走れる力はあった。尤も、この馬もプールヴィルと同様に1400m連発組。血統的にも距離の壁がありそうだし、桜花賞は普通に買わない。

イベリスは二の脚が速かったが、内の2頭を先に行かせての3番手に控える形。4コーナーでは手応えが悪そうに見えたが、直線半ばでは一旦は先頭に。最後は内外から交わされて優先権利を取れなかったが、この距離でも一定の目処は付いた。とはいえ、1200mが主戦場となりそう。

メイショウケイメイはスタートを決めると内外の先行馬を見ながら好位のイン。直線半ばでアウィルアウェイとイベリスの間を割れるチャンスがあったが、ビュッとした脚がなくて他の上位馬に伸び負け。馬格がないので力の要る馬場が微妙に堪えたか。

アウィルアウェイはスタートが決まって行き脚が付いたのが災い。何とか2番手で我慢させようとしたが、前に壁を作れなかった事で力んでしまい、直線半ばでイベリスに並ばれた段階で手応え劣勢となり、残り100mで脱落。

ホウオウカトリーヌは終始集団の外目を回らされて脚が溜まらなかった感じ。キュールエサクラはスタートで出遅れて道中掛かるという典型的なポンコツ騎乗。レッドアネモスは他馬を気にして外へ逃げるだけで競馬にならず。

毎年の事だが、フィリーズレビュー組は出走馬の殆どが1400mを連発して使っているか、スプリンターに近いタイプばかりなので本番では殆ど重要視してない。今年も桜花賞で買い目に入れる可能性があるのはノーワンだけかな。まぁ、今年は至極順当な決着となりそうだが。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2019リーディングサイアー~3月10日現在~

1ディープインパクト
2ステイゴールド
3ハーツクライ
4ロードカナロア
5キングカメハメハ
6ルーラーシップ
7ダイワメジャー
8マンハッタンカフェ
9ゴールドアリュール
10ハービンジャー
11クロフネ
12エンパイアメーカー
13キンシャサノキセキ
14オルフェーヴル
15ヘニーヒューズ
16ケイムホーム
17ヴィクトワールピサ
18アイルハヴアナザー
19サウスヴィグラス
20ディープブリランテ




ノーワンのフィリーズレビュー1着同着でハーツがJRA重賞49勝目。9年連続JRA重賞勝利達成と同時にシンザンとオペラハウスに並ぶ歴代16位タイに。

日曜阪神12Rでメイショウアリソンが勝利し、マンカフェがJRA通算1108勝目。ダンスインザダークを抜いて歴代単独13位に。

阪神で2勝挙げたディープブリランテが69万差で返り咲き。JRA通算100勝にリーチ。

フロンテアクイーンの中山牝馬S勝利で3年連続JRA重賞勝利達成したメイショウサムソンが60位から39位にランクアップ。デンコウアンジュ等の活躍で2016年は85頭に回復したが、その後は55→47と減少傾向。

プールヴィルのフィリーズレビュー1着同着でルアーヴルがJRA重賞初勝利。ラーイの孫にあたる(父の半兄にアラジ)ブラッシンググルーム系種牡馬で現役時代は仏ダービーを勝利。フランスで種牡馬入りし、仏二冠牝馬アヴニールセルタン(社台が購入し、初仔は今年デビュー予定)、ラクレソニエール(無敗のまま引退した仏牝馬二冠馬)を輩出。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

金鯱賞回顧

能力の高さは認めてたし、息さえ持てば久々でも勝ち負けになると思っていたが、流石に予想する上ではブランクの長さから重い印を打てなかったダノンプレミアムが中距離路線の既成勢力相手に快勝。2000mまでなら現役トップクラスの能力を持ってることを改めて証明。

最内から好スタートを切り、ハナを主張したタニノフランケルを先に行かせての4番手のイン。久々ではあったが、2番手のギベオンを前に置いてスムーズに折り合って脚を溜め、直線入り口で外へ。直線半ばで先頭のギベオンを交わして先頭に立つと2着馬の追い込みを余裕を持って退けた。
経済コースを立ち回って流れに乗れたのもあるが、最後は後ろの脚色を見ながら流す余裕があった。昨秋は体調が整わずに復帰を見送ったが、じっくり立て直した効果があった。以前よりも折り合えるようになったし、大阪杯に向けて上々の復帰戦と言えよう。

2着リスグラシューはスタートで出遅れたが、二の脚で挽回して道中は集団の後方の外目。3~4コーナーDジワッと仕掛け、直線は外から鋭く伸びて急追。しかし、最後まで余裕があった勝ち馬に追い付くまでには至らず。
坂路で入念に乗り込まれて仕上がりも良かったし、時計勝負にならなかったのと雨で馬場が渋ったのもこの馬に味方(稍重以上では連対を外していない)。勝ち馬以外の牡馬が案外だったとはいえ、牡馬混合戦で結果を出したのは収穫。

3着エアウィンザーはスタート直後にギベオンと接触したが、大して不利にはならずに中団馬群の中。当面のライバルだった勝ち馬を見ながら脚を溜め、直線は勝ち馬の後を追って末脚を伸ばしたが、逆に2着馬に交わされた。
ソツのない立ち回りで終いもしっかり伸びてはいたのだが、中盤にペースが緩んで決め手勝負では切れ負けする感じ。この辺りは兄エアスピネルと共通する。ただ、本格的な一線級相手で及第点は与えられる。大阪杯でも有力。

ペルシアンナイトはスタート一息も出して行って中団のイン。出して行ったのとペースが落ち着いた事で道中は少し行きたがる素振り。それでも何とか折り合いを付け、直線外へ出して脚を伸ばしたが、その外から一気に伸びた2着に置き去りにされた。
休み明けは走らない傾向だし、道悪もそれ程上手くはない。人気所で「コイツだけはない」と思ってたので4着は意外と走った印象。叩き良化タイプだけにこれで多少人気が落ちるようであれば次走は怖い。

アルアインはスタート五分もあまり行く構えを見せずに好位の外目。折り合いはそれなりに付いてはいたが、リズム感に欠ける追走。勝負所でもモタつき、直線では2着馬とペルシアンナイトに置き去りにされた。
最後は盛り返して掲示板を確保したが、スピードの持続力で勝負するタイプなだけにもう少し前目で競馬をしてほしかった。急造コンビとはいえ、柴山がこれ程消極的に乗るとはガッカリ。

ギベオンはこの馬としてはかなりの好スタートを切ったのとアルアインや勝ち馬が予想よりも前に行かなかったので2番手からの競馬。折り合いは付いたが、逃げ馬に鈴を付けに行く役割を演じる事となり、後続の格好の目標にされた。もう一列後ろで溜める競馬をしていれば。

モズカッチャンはプラス14キロが示すように太目残り。これで絞れるようなら。タニノフランケルはハナを取り切るのに脚を使ったし、この面子相手では力不足。穴で期待したメートルダールは昨年以上に空気とか笑えない。

馬券は素直にエアウィンザー1頭軸で行くべきだったと後悔。WIN5も2つめで終了と良いところなし。ただ、ついでに買った甲南Sはジョーダンキングから流した馬連、アネモネSはユナカイト・ルガールカルムのワイド(なんか胸騒ぎがしてワイドオンリー)が当たって丸坊主にならずに済んだ。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の特別登録馬

トラキチシャチョウ・・・千葉S




ハンデを確かめるだけで流石に1200m戦への出走はないと思うが、社長が特別戦に登録。実戦復帰までもう少しって感じかな。

シンガポールのデンジャーゾーンが8日に出走したが、後方待機のまま見せ場なく9着。この時期は動きにくくなってるが、気が付けば9歳なんだよなぁ・・・

サイモンラムセスが阪神大賞典に登録。今年はかなりの弱メンになりそうなんで同型馬との兼ね合い次第では着はあるかも。

地方ではベッラフレイバーが6日に大井で出走。好位のインから直線半ばで一旦は先頭に立ったが、最後に甘くなって4着と連勝ストップ。

ロイヤルオブアクアは8日に大井で出走。道中は中団追走も直線はジリっぽい伸びで7着。良馬場ならもう少しやれたと思うが。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

金鯱賞・フィリーズレビュー

金鯱賞
◎エアウィンザー
○ギベオン
▲アルアイン
△リスグラシュー
△ダノンプレミアム
△メートルダール

エアウィンザーはエアスピネルの全弟。完成度が高く、早くから素質の高さを見せた兄に比べて出世は遅かったが、大事に使われてた事で古馬以降に素質開花。前走では重賞馬相手に正攻法の横綱相撲で3馬身差の快勝。それ以来の休み明けだが、大阪杯に向けての叩き台ながらしっかり乗り込まれて気配良好。このメンバー相手でも即通用だろう。



ギベオンは今回と同条件の中日新聞杯で重賞初勝利。一旦は2着馬に交わされながら最後に差し返す勝負根性を見せた。NHKマイルCでも2着の実績があるように左回りの適性は高い。休み明けはセントライト記念で大敗したが、この時は距離も長かった。今回は最終追い切りで自己ベストを叩き出した。このメンバーでも見劣りはしない。

アルアインは本質的にはマイルがベストと思うが、2000mは皐月賞を勝っているし、2200mまではこなせるように中距離戦でも一定の実績を残している。左回りはダービー5着、天皇賞4着と右回りに比べて信頼性は落ちるが、中間は坂路で好時計を連発して出来の良さが目立つ。北村友から柴山に乗り替わったのどうかだが、先行脚質なので柴山とは合うタイプか。

リスグラシューは昨秋はマイル路線から再度転向してエリザベス女王杯を勝って本質的には距離が長いと思われた香港ヴァーズでも僅差の2着。海外遠征明けだが、中間は坂路でしっかり乗り込まれてるし、元々休み明けからしっかり動けるタイプ。安田記念以来の牡馬混合戦だが、時計勝負にならないようなので。

ダノンプレミアムは一頓挫あって順調さを欠いたダービーで初黒星を喫したが、弥生賞までは世代を牽引する存在だったし、本質的に中距離馬のこの馬には距離も長かった。今回は適距離とも言える条件に戻り、左回りも不問。ブランクは長くなったが、最終追い切りではほぼ力を出せる仕上がり。息さえ持てばいきなりでも勝ち負けか。

大穴ならメートルダールか。昨年のこのレースは何も出来ずに回って来ただけだが、この時は3ヶ月の休み明けも影響したか。今回は3着に好走したAJCCを挟んでの参戦。休み明けが多い有力馬に対して使われてる強みとコース適性の高さを活かせるようなら。

馬券はエアウィンザー・ギベオン、エアウィンザー・アルアインの2パターン3連複2頭軸。


フィリーズレビュー
アウィルアウェイ
メイショウメイケイ
ホウオウカトリーヌ
ジュランビル
レッドアネモス

アウィルアウェイは少頭数のレース経験しかなく、多頭数内枠で揉まれた時がどうかだが、スロー上がり勝負の中で32.8の上りをマークして勝ちに等しい2着の京王杯2歳Sを評価。追い切りはそれ程目立つ動きではなかったが、実戦では我慢が利く。

メイショウメイケイは一気の距離延長だった阪神JFでは流れにも乗れずに大敗したが、年明けの紅梅Sでは阪神JF5着のプールヴィル(今回は馬場が渋りそうなので切った)やチューリップ賞3着のノーブルスコアを下した。1400mまでなら守備範囲内。

ホウオウカトリーヌはフェアリーSのレースレベルに疑問符が付くが、それまでの先行策から一転した溜める競馬を試み、馬込みの中で我慢が利いて2着。元々、1200m主体で使われて来ただけに、内回りの1400mという条件は悪くない。

ジュランビルはききょうS、ファンタジーSと2歳時のOP・重賞で連続3着。自己条件の万両賞では地力上位を見せ付けて勝利。道悪競馬はききょうSで経験済みだし、阪神コースも経験済み。この距離までならそれなりに通用する。

レッドアネモスは一気の相手強化だった阪神JFでは経験がなかった中団からの競馬で見せ場なく終わったが、紅梅Sは4着とある程度の巻き返しが出来た。切れ味に欠けるが、稍重の中山で勝ってる様に力の要る馬場は得意。

ここは馬連ボックスで。本当はキャリー発生のWIN5も買おうと思ったが、点数が絞り切れそうにないのでパス。絞れないと思ったが、割と絞れたのでWIN5も買う事にするw

甲南S
ジョーダンキング

東風S
テオドール
ダイワキャグニー

金鯱賞
エアウィンザー

フィリーズレビュー
アウィルアウェイ
メイショウメイケイ
ホウオウカトリーヌ
キュールエサクラ
ジュランビル

アネモネS
ユナカイト
ルガールカルム

合計20点

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
85位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR