FC2ブログ

オークス回顧

抜けた1番人気に支持された桜花賞馬デアリングタクトがミスオンワード以来、63年ぶりの無敗での牝馬二冠達成。直線半ばで進路を探してた時は【松山、やっちまったか!?】と思ったが、馬群を割ってからが圧巻のパフォーマンス。馬に助けられた感はあるが、今年の松山は完全に覚醒モードに入った感じ。

スタートは出たが、1~2コーナーから何度か前が狭くなってエキサイトしかけたのもあって中団後方で折り合わせる事に専念。向こう正面から落ち着かせて脚を溜め、4コーナーでジワッと集団の外へ。直線入り口では外へ持ち出すだけに見えたが、その外が開かずに内に進路を切り替えて馬群を割ると一気の伸び脚。ゴール寸前で内を掬った2着馬を差し切った。
初の輸送競馬だったが、増減なしで発汗こそしてたがテンションは抑えられており、余程の事がない限りは多分勝つだろうと思っていたが、厳しいマークを受ける競馬でスムーズに立ち回って来た2着馬相手を差し切るのだから、着差以上に能力差があったと言える。順調に夏を越せれば牝馬3冠は濃厚だろう。
しかしまぁ、ノルマンディーからこんな名牝が出て来るとはねぇ。そして、2、3着馬はウインで岡田ファミリーがクラシック上位独占するという、昨今の競馬界からすればあり得ない結果。ノーザンの運動会に慣れた側からすれば新鮮でイイw

2着ウインマリリンは外枠からジワッと行き脚を付けて1コーナー手前で2番手集団。2コーナーで首尾よく逃げるスマイルカナの後ろに入り、前を放っておいてのマイペース。後続が差を詰めて来た4コーナーでは動かずに脚を溜め、直線坂下で最内に突っ込み、先に抜け出した3着馬を捕らえたが、ゴール寸前で差し切られた。
外枠になった事で手が回らなかったが、内に入れる明確な意図を持って入り切った時点で外枠の不利を掻き消す事が出来た。勝負所でも上手く一息入れていたし、騎乗停止となった息子の代役騎乗だったノリを褒めるしかない。ただ、これだけ完璧な騎乗をしていても全部ひっくり返した勝ち馬が強すぎたのが不運。

3着ウインマイティ―はスタートを決め、1コーナー手前で勝ち馬の前に入って内に封じ込めて好位のイン。道中もスムーズに折り合って流れに乗り、4コーナーで2着馬の外へ出してジワッと進出。直線半ばで先頭に立ってあわやの場面を作ったが、最後は内外から交わされた。
少し早めに動いた分、最後に詰めが少し甘くなったが、好位からロスなく立ち回ってゴールドシップ産駒らしいしぶとい脚を見せた。出来の良さもあったが、正攻法の立ち回りでなかなか強い競馬。人気はなかったが、まぐれ一発とも思えない。

リアアメリアはスタートは甘かったが、リカバリーが利き、道中は中団で折り合いに専念。序盤はやや力んでいたが、1~2コーナーで折り合いが付いてじっくり構え、直線で大外へ。内の上位馬には届かなかったが、最後までしっかり伸びて来た。
無観客開催でテンションが上がらず平常心で出走出来たのと良馬場で溜めが利いたので久々にこの馬らしい末脚を使えたが、中内田厩舎ではこれが精一杯。とはいえ、ワンターンのマイル路線でなら再びチャンスは巡って来そう。

ミヤマザクラは出たなりのスタートから道中は中団のインに付けたが、やや力むのを宥めつつの追走。勝負所はインペタで距離を稼ぎ、直線は上手く馬群を捌いて来たが、坂上で甘くなって伸び負け。
デビューから中距離路線を使われ、早くからオークスが本線というローテ、勝負所でノメりながら最低限の格好を付けた桜花賞の内容から巻き返せると思ったが、肝心の本番で力んでしまったのが惜しまれる。

デゼルはスタートが少し甘かったし、スタンド前で勝ち馬に前に入られた事で中団後方からの競馬を余儀なくされたし、向こう正面で少しゴチャ付いてリズムを欠いた追走。3~4コーナーで集団の外へ持ち出して直線勝負に懸けたが、一瞬伸びかけたものの坂上で脚色が同じになった。
輸送競馬でもかなり意欲的な調整で【これが裏目に出なければ良いが】と思ったが、見事に裏目に出てのマイナス体重。道中もスムーズさを欠いたのは確かだが、このガレ気味の馬体ではガス欠になるのは必然。

クラヴァシュドールはスタートを決めてチューリップ賞と同様に積極的に出して行っての3、4番手から。3~4コーナーで2着馬をパスして2番手に上がったが、直線の坂で余力がなくなって失速。450キロで出走していれば余力はあったのかもだが、桜花賞から更に馬体を減らしてしまっては流石に残れない。

デアリングタクトが馬群を割って伸びて来た時は3着馬が抜け出し、ミヤマザクラも伸びかかっていたから一瞬やったかと思ったが、2着馬がスルスル最内から抜け出して来て馬券はご破算。折角、ウインマイティ―は拾えていたのに取れなかったのは痛恨。流れを掴めそうで掴み切れていない感じ。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

ヴィクトリアマイル回顧

名より実を取った感は否めなかったとはいえ、アーモンドアイがノーステッキのままで昨年のレースレコードに0.1秒差に迫る走破時計で2着以下に4馬身差の圧勝で復活。アーモンドアイが取りこぼす可能性を考慮して3連単では2、3着に据えたフォーメーションも買っていたが(1着固定のパターンも買ってたけど)、完全に蛇足だった。

昨年の安田記念みたく、位置取りが後ろになるのだけが不安だったが、スタートを決めて楽に好位の外目を取った時点で実質上の勝負アリ状態。逃げたトロワゼトワルが良いペースメーカーになった事で折り合いもスムーズ。直線で楽に2着馬の外へ持ち出し、軽く追い出した程度で楽々と先頭で最後は完全に流して公開調教終了。
高速時計のトラックバイアスへの適性はジャパンCや天皇賞で折り紙付きで好位から運びさえすれば、同性で負かせる馬など存在しない事を証明。香港熱発回避から狂った歯車が元に戻ったのはキャリア的に良かったと思うが・・・馬券を取らせてもらっておいてなんだが、語弊はあるが弱い者苛めをする必要が何処にあったのだろうか?
安田記念で統一マイル王・インディチャンプとの頂上決戦を見たかったわけであって、忖度ローテでガチに喜んでいるのはシルクとノーザン位だろう。レース直後は馬券が当たって良かった良かっただったが、時間が経てば経つ程、あのパフォーマンスに何処か虚しさを感じてしまう。

2着サウンドキアラは大外枠からスタートを決めてジワッと位置を取りに行って3番手の外目という積極策。コーナリングでは逆手前になっていたが、直線入り口では後ろの勝ち馬の追い出しを待つ構え。スピードのノリが全く違っていたのでアッサリ突き放されたが、この馬なりに脚を伸ばして2着を確保。
本質的には右回りの方がより良いパフォーマンスを見せられたと思うが、今年の充実一途を証明した2着。先行前有利の流れを見越したとはいえ、勝ち馬より前の位置を取りに行った松山の騎乗には勝ち馬を負かそうとする明確な意思が感じられた。

3着ノームコアはスタート一息だったが、そこから行き脚を付けてリカバリーして中団の外目に取り付き、道中は勝ち馬を見ながらの競馬。4コーナーからジワッと加速を付け、直線はしぶとく脚を伸ばして2着馬にクビ差まで接近。
出負けが痛恨ではあったが、ジリ下がりに終わったとはいえ、序盤は中団に付けられた高松宮記念が布石となって挽回する事が出来たのが好走の要因。何だかんだでこのレースはリピーターが来やすい。

トロワゼトワルは二の脚の速さでコントラチェックの機先を制してハナへ。息を入れるところは入れつつも、変にペースを落とさない逃げでレースを組み立て、直線も勝ち馬にはパスされたが、肝を潰しかけるしぶとい二枚腰。
ここ2戦の惨敗ですっかり人気を落としていたが、京王杯AHでは日本レコードで逃げ切った高速馬場に適したタイプ。逃げ先行馬で何かは残るだろうと思っていたが、コントラチェックではなくてこの馬だったか。

ダノンファンタジーはスタートが決まって好位を取れそうな感じだったが、前のメジェールスーにスペースを潰されて勝ち馬より後ろの位置取りに。4コーナーでメジェールスーの外へ持ち出して直線は3着馬と併せる様に伸びて来たが、最後は切れ負け。
この馬が馬券圏内に来る為には勝ち馬より前にいる事が必須と思っていたが、メジェールスーの行き脚が少し中途半端になった事で理想より一列後ろになった時点で勝負あった。馬体は絞れて良い感じだったが・・・

ラヴズオンリーユーはマズマズのスタートから位置を取りに行ったが、内枠が災いして蓋をされる形になったし、ダノンファンタジーがやや下がった過程からの流れで何度か手綱を引っ張る不利。直線も外のシゲルピンクダイヤに蓋をされてスムーズさを欠いた。
スムーズさを欠いて消化不良な競馬だったが、マイル戦で位置を取れるだけの初速がなかったのも事実。外枠でスムーズであればもう少しやれたかもだが、それでも馬券圏内にまで来れたかは微妙に思う。

ビーチサンバやプリモシーンは課題のスタートの悪さが出てしまって位置取りが後ろになった時点で勝負あった。最後はそれなりに脚を使ってはいるが、このトラックバイアスで後手に回っては厳しい。スカーレットカラーはこの馬なりに出た方だが、マイルの忙しい流れが合わなかった。コントラチェックはハナを叩けなかった時点で出番なし。

馬券は3連複・3連単双方で的中してそれなりのプラス収支。今年は本当にルメールと相性が悪くて(来ない時は来ないし、来てもヒモ抜け)マイナス収支の多くはルメール絡みだったが、これで回収率は大分改善された。後は・・・レーンだな。ここまで三浦→レーン流しの3連単の平場しか当たっていない。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(5月16日)

5月16日
東京
12R4歳上2勝クラス(ダート1600m)
オーシャンビュー
8番人気9着

スタート五分も、二の脚が付かずに後方待機。直線は大外へ持ち出してそれなりの脚。今後は相手と展開次第でそれなりに走れそう。

盛岡で移籍初戦となったシェヴェルニーはハナを奪って最後は持ったままの圧勝。グリグリのド鉄板だったし、一時期C級で無双してたデサフィナード路線まっしぐらだなw

金曜に川崎でインスタイルが出走して4着。2月以降は今一つの成績が続いていたが、これは復調気配かな。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

NHKマイルC回顧

本格的な予想に取り掛かる前、職場で「NHK(マイルC)は何から買う?」と聞かれた際に「外国人+武のボックスw」とかなり適当に答えていたのだが、まさかまさかのデムルメ馬券。明日は確実に「取っただろ?」と言われるのが目に見える。過去に何度か失敗しているが、予想に関して適当に答えるものではないと再確認。

1400mを連続して使ってる時点で俺の中では【ない】筈だったラウダシオン。スタートは速くなかったが、そこから挽回してハナを切った2着馬に並び掛ける場面も。そこで一旦控えて番手で上手く折り合いを付け、直線の坂で満を持してゴーサイン。坂上で2着馬を交わして先頭に立ち、そのまま後続を寄せ付けず。
テン乗りだったが、ルメールがレースをコントロールする事を見越してすかさず番手を取って流れに乗れたデムーロの作戦勝ち。極端なトラックバイアスが合うタイプで【近年の東京は向きそう】とファルコンS時に思っていたが、前述の通りローテで切って失敗。朝日杯FS時はマイルは長いと思っていたが、成長して融通性も出て来たか。

2着レシステンシアはスタートを決めてスッとハナへ。位置を取りに来て並び掛けて来た勝ち馬が控えた後はマイペースの逃げ。物見をした分、3~4コーナーで息が入る形となって直線に向いたところで徐々にスパート。後続の柘植木は完封したが、番手でマークしていた勝ち馬には坂上で競り落とされた。
ダメージ回復が優先に見えた中間の調整、マイナス6キロの自己最低体重で【やはり、これは飛ぶだろうな】と思っていたから、こちらの想像以上に馬自体の能力が高かった。ただ、物見をして息が入ったというものの、1、2着馬に付いて来られて切れ負けしたチューリップ賞と同じ負け方。勝ち切るにはピンかパーの可能性もあったが、もう少し締まったペースで引っ張るべきだったと思う。

3着ギルデッドミラーはスタートが決まって楽な形で好位。内の馬が掛かってゴチャ付いた際にこの馬も多少不利を受けたが、馬込みの中で我慢。各馬が動き出した3~4コーナーで位置取りを下げたが、内でジッとしてた分、直線でも余力十分。1、2着馬には追い付けなかったが、馬群を割って末脚を伸ばして3着争いを制した。
行った行ったの流れとなって前を捕らえ切れなかったが、好枠を活かしたソツのない立ち回りで好走。この世代のオルフェーヴル産駒は当たりが多いが、この馬もその1頭。いずれは重賞に手が届きそう。

タイセイビジョンは内枠から出して行って好位を取りに行く積極策。ただ、出負けしたプリンスリターンが挽回して来た際に引っ掛かって折り合いを欠いた際に接触してこちらも力んでしまう。何とか宥めて直線でも坂下からタイミング良く追い出したが、3着争いに僅かに競り負け。
従来の差すスタイルではなく、位置を取りに行った判断は今の馬場傾向を鑑みれば正しかったと思うが、プリンスリターンと接触して力んでしまったのが誤算。ここでリズムが崩れて脚を上手く溜め切れなかった。

ルフトシュトロームはスタートで出遅れて後方からの競馬。道中のペースも落ち着いて馬群もそれ程バラけず、こうなってしまうと後ろで折り合いに専念せざるを得ず。直線も前が壁となって追い出せたのは坂上。流石に最後は伸びて来たが、脚を余した内容。昨年は旋風を巻き起こしたレーンだが、今年は重賞では波に乗れ切れていない。

シャインガーネットはマズマズのスタートだったが、他馬の行き脚が速くて中団のインに控える形。ペースは落ち着いたが、内々で折り合って脚を溜め、直線もスムーズに前が開いたが、いざ追い出されると手応えの割に伸び切れず。もう一列前で運んでほしかったが、運べたとしても前は捕らえられなかったと思う。

サトノインプレッサはこの馬なりにゲートは出たのだが、17番枠もあって結局は後方に控える競馬。直線は坂下でサクセッションに前をカットされ、更に坂でウイングレイテストにスペースを潰されて末脚不発。不利もあったが、マトモでもこの馬が来れる展開ではなかった。

サクセッションはペースが想像より落ち着いてしまって折り合いに苦労。馬込みの中にいた時はまだ我慢していたが、外に出された途端にガーッと行ってしまって直線半ばで脚が上がった。どうやら、ゲート入り前に上がってしまったようで気性面の成長が今後の課題。

プリンスリターンはスタートで出負けした時点から歯車が狂ってしまった。挽回すべく出して行ったら折り合いを欠いてタイセイビジョンと何度か接触して更に力む始末。直線半ばで3着馬とシャインガーネットにスペースを潰されて万事休すだったが、既に余力も残っていなかった。
勝ち馬がやった競馬をこの馬にやってほしかったが、何も出来ずに終わった。原田には第二の柴田大知を期待したのだが、現実はそう甘くなかったか。レース後に下馬したようだが、大事なければ良いのだが。

中央の重賞はまるで良いところなかったが、交流重賞3連勝からスイッチが入ってしまい、昨日はOP特別、今日は特別戦全買い。田辺から流した緑風Sで馬連と3連複を仕留めた他、ちょこちょこ当たってトータルではプラス収支。
【久々にブログに特別戦の予想でも掲載しようかなぁ】と調子に乗りかかったが、買うつもりなかった最終レースに手を出して外した事で賢者モードに。昨日今日は手を出しまくっても当たってプラスになったから良いが、下手すれば大火傷していた。欲求も満たした事だし、暫くは重賞オンリーで。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

かしわ記念回顧

実質中央勢6頭立ての船橋版フェブラリーSと言えるメンバー構成だったが、中央勢で最も人気薄だったワイドファラオが後続に影も踏ませぬ逃走劇で交流GⅠ初勝利。最近ではヘニーヒューズタイマーなんて言葉もあるようだが、この馬にはそれが当てはまってなかったようで。

ゲートが開いた時点で他馬よりリードを取る好スタートを切ってそのままハナへ。1コーナー手前でルヴァンスレーヴが競り掛けて来た時は一瞬焦ったが、1~2コーナーで振り切った後はマイペースの逃げ。3コーナー過ぎから一気にペースを上げてスパートに入り、直線はおいでおいで状態。
最内枠を引いて逃げた時の重賞はこれで3戦3勝。ここ数戦は距離が長かったり展開がキツかったりと自分の型に持ち込めていなかったが、今回は必勝パターンに持ち込んでの完勝。今後も条件が噛み合えば大きな仕事をやってくれるだろう。いやはや、福永に感謝するのっていつ以来だろうかw今年はJRA2300勝達成時が初的中だったしな(ガチ)

2着ケイティブレイブはマズマズのスタートから馬のリズムに任せて中団のインから。そのままインペタでロスなく立ち回り、4コーナーのコーナリングで一気に2番手集団へ。勝ち馬には追い付けなかったが、直線もこの馬なりにしっかり脚を伸ばした。
少頭数もあって楽に位置が取れたし、交流重賞の常連だけあってインペタでも実にスムーズなコーナリングで勝負所から上手く位置を上げられた。長岡は上手く乗ったと思うが、勝ち馬に楽逃げされては仕方ない。ただ、この内容なら完全復調と言える。

3着サンライズノヴァはスタートで躓いて後方からの競馬。道中は外目を回らされたが、3コーナーから内目に入る事が出来、直線で外へ持ち出すとゴール寸前でアルクトスを交わした。
最後は地力で追い込んで来たが、課題のスタートで失敗してしまい、道中もコーナー4つのコース形態に慣れてない感じで思うように位置を上げる事が出来なかった。南部杯みたいに早めに捲っていければ良かったのだが、今回はこの馬向きのペースでもなかった。

アルクトスは戦前に示唆してた通り、ワイドファラオに競りかけに行かずに道中は3番手から。3~4コーナーでルヴァンスレーヴを交わして2番手に上がったが、直線はインペタの2着馬に伸び負けし、ゴール寸前で3着馬にも交わされた。
ルヴァンスレーヴの外から勝ち馬を捕まえに動いたタイミングが勝ち馬がペースを引き上げたのと合致してしまったのとプラス10キロで自己最高体重だったのも誤算。とはいえ、あの形で3着に残らないのは色んな意味でガッカリ。

ルヴァンスレーヴはスタンド前で行き脚を付けて一旦は勝ち馬に並び掛けに行く積極策。その後は2番手で流れに乗れたが、勝ち馬が一気にペースを上げたところで苦しくなって直線は完全に息切れ。勝ち馬に競り掛けて行った時はガチの化け物かと思ったが、流石にブランクが長すぎた。ただ、これで変わって来そうな雰囲気はあった。

モズアスコットは3着馬と同様にスタートで躓いたが、こちらはすぐにリカバリー出来て道中は4番手から。ただ、久々のコーナー4つのコース形態と深い砂質に苦しんで3~4コーナーでは既にアップアップ。懸念していた通り、この条件は全く合っていない。軽い砂質の中央専用機なのがハッキリした。

アルクトスが3着ならワイド総取りの3連単550倍的中の大勝利だったが、まぁそれでも1、2着馬の馬連・ワイドに保険でも高めの3連複を取って日曜3場全買いの負けはほぼ取り返した。35レーストータルの負けを僅か2レースで取り返す。これだから競馬は面白いw

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
85位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR