FC2ブログ

平安S回顧

休み明けの59キロも何のその。右回りのダート中長距離戦では抜群の安定感を誇るオメガパフュームが既成勢力も新興勢力も纏めて捻じ伏せての完勝。史上初の帝王賞連覇に向けて上々のスタートを切った。

スタートから行き脚が付いて中団前目のインという、この馬としては前目の位置取り。向こう正面まで前の好位集団を見ながら折り合いを付け、3~4コーナーで集団の外へ。直線入り口で先団を射程内に捉え、直線半ばで2着馬を競り落として押し切った。
崩れないとは思っても馬連で買うのは少し怖かったので3連系の軸での本命だったが、予想以上に前目の位置を取れた事で余裕を持って捕まえに行く事が出来た。4コーナーを回った時点で【勝ったわ】と判る力の違いを見せ付けた。帝王賞はかなりの豪華メンバーになりそうだが、この馬が頭一つ抜け出した感がある。

2着ヴェンジェンスはスタートが決まったし、行き脚も付いた事で3番手の外目という、予想外に前に付けた勝ち馬よりも更に前というこれまた予想外の位置。4コーナーでも楽な手応えで先頭に並び掛け、直線半ばで先頭に立ったが、外から来た勝ち馬に捻じ伏せられての2着。
キックバックを受けない外目を回れたにせよ、こうした早目の競馬でしぶとく残るのは予想外。勝ち馬程ではないが、右回りでは本当に崩れなくなっている。揉まれ込むと脆いが、脚質に幅を持たせたのは収穫だろう。

3着ゴールドドリームはこの馬としてはスタートが決まり、楽に好位を取って流れに乗る事が出来た。ただ、勝負所でマグナレガーロに被せられて馬群に包まれた事で勝ち馬に踏み遅れた分、追い付く事が出来ず。
本質的にこの距離はベストと思えなかったし、ドバイ帰りの休み明けでやや割り引いた評価だったが、スタートを決めて流れに乗れれば確実に上位に来れる。てっきり、昨年限りで引退と思っていたが、中央地方問わずに実に安定している。

スワーヴアラミスはスタートの出が今一つで先団に取り付くのに少し脚を使う形。番手に付けた後は流れに乗れてリズム良く走れたし、勝負所で2着馬に早めに来られてもしぶとく抵抗したが、残り1Fで脱落。このメンバーに混ざっても簡単に止まらなかったように地力強化は示したが、それ故に序盤で脚を使ったのが惜しまれる。

マグナレガーロはこれもスタートが幾分甘かったが、そこから行き脚を付けて中団に取り付いて道中は勝ち馬より一つ前からの競馬。勝負所で3着馬の外から被せに掛かったが、直線の追い比べで上位馬に伸び負け。昨年秋から連勝して来た上がり馬だったが、休み明けでこのメンバー相手で即通用とは行かなかった。

ロードレガリスは考えられる最悪の展開となってしまった。スタートが甘くて二の脚も付かず、外目へ持ち出す事が出来ず。道中は揉まれる競馬となって向こう正面からは内にモタれ通しで全く競馬にならず。こうなる危険性はある程度考えていたが、ここまで集中力を欠いてしまうとは思わなかった。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

京王杯SC回顧

予報通りに雨が降りしきっての稍重馬場に変わった時は「ヨシヨシ、これで宮記念惨敗組の人気馬は全部養分になるぞw」とほくそ笑んでいたが、終わってみればその高松宮記念惨敗組のワンツー。俺は養分にすらなってないポンコツ予想を晒しただけになってしまった。

実績がない左回りに加えて久々の1400m戦の大外枠なら折り合い欠いて終わりと思ってたダノンスマッシュ。スタートは速くなかったが、内の馬の出方を見極めて思い切ってハナへ。2番手以降のプレッシャーも甘く、前半3F35.2というドスローの逃げ。ラスト3Fを10.9‐10.9‐11.3で纏められては後続は手も足も出ない。
逃げると思われたセイウンコウセイが借りて来た猫みたく番手に控えやがったお陰でクッソ詰まらない展開となってしまったが、それでもテン乗りで先入観のなさを逆手に取ったレーンの作戦は見事。ちょっと前は8枠のヒューイットソンがトレンドだったが、今は8枠のレーンらしい。まぁ、流石に安田記念は距離が長いと思うが。

2着ステルヴィオはこの馬としてはゲートは出た方で二の脚も付いた事でジワッと好位の外目。前に壁は作れなかったが、緩い流れに乗って直線も余力十分の手応え。勝ち馬には追い付けなかったが、単独2着は確保。
洋芝巧者の勝ち馬と違い、【良馬場でやりたい】と戦前から陣営の泣きが入っていたが、稍重でも1分19秒台の決着となる高速馬場を前目で運べたのが好走の要因。課題のスタートをそれなりに出られたのも大きかった。

3着グルーヴィットは好スタートを決めて楽に好位3番手のイン。そのまま内目でロスなく立ち回り、直線も最内から脚を伸ばしたが、最後まで逆手前で走ってた事でモタれて前を捕らえ切れず。
左回りは中京で実績があったから問題ないと思っていたが、あれだけモタれてしまって修正が利かなかければ流石に道悪が得意でも伸び切れない。

ストーミーシーはスタート五分も、二の脚が速いスプリンター寄りの面子が揃っていてはマイル寄りのこの馬には取りたい位置を取れずに中団後方から。直線も止まっているわけではないが、緩い流れの前残り決着では流石に上位は窺えない。

タワーオブロンドンはスタートが幾分甘かったが、2着馬と同様に行き脚が付いて好位集団の中に取り付いたが、道中はやや力んだ感じ。それでも直線に向いた当初は余力十分に見えたが、いざ追い出されてもサッパリ伸びずに失速。この馬に関しては予想通り道悪は空っ下手。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

京都新聞杯回顧

切れ味鋭い末脚で差し切った若葉Sでのパフォーマンス、対抗格はある程度底が見えてるメンバー構成もあって6億円馬アドマイヤビルゴがグリグリのド本命に支持されていたが、まさかの馬券圏内すら入らない4着。何というか、オーシャンエイプスのきさらぎ賞を思い出す負け方だった。

スタートからジワッと位置を取りに行っての好位4番手。1コーナーまでやや行きたがっていたが、その後は折り合って前3頭から離れた位置の絶好位。4コーナーで前3頭との差を詰めに掛かり、直線入り口で先頭。このまま押し切るかに見えたが、そこからの伸びがなくて後続に呆気なく交わされた。
離れた4番手にいたとはいえ、ある程度締まった流れに引っ張られたのもあるが、直線に向くまで3番手で溜めに徹した若葉Sと違ってコーナリングの惰性から前を捕まえに行った分、脚を使い切ってしまった感じ。藤岡康の早仕掛けと言えなくもないが、期待された程の能力はなかったって事だろう。あと、意外と距離の融通性は乏しいのかもしれない。

皐月賞惨敗から変わり身一変したディープボンド。出たなりのスタートから中団前目に付け、道中は人気のアドマイヤビルゴをマークする形。坂の下りでは手応え劣勢に見えたが、直線はしぶとく脚を伸ばして2着馬との追い比べをクビ差制した。
渋った馬場に苦しんだ皐月賞と違って天気が持った事が幸いしたし、アザレア賞でフライライクバードの2着と一定の距離適性があったのも巻き返しに繋がった。ただ、皐月賞では上位馬と明確な力量差があった。走破時計はダービー好走の基準を満たしているとはいえ、入着が精一杯とみる。

2着マンオブスピリットはスタートから無理せずに後方に控えて前半の流れを受け流す形。3~4コーナーでは早々と鞭が入って手応えは今一つに見えたが、直線で外に出されてからは実にしぶとい伸び脚。
勝ち馬には最後で競り負けたが、息の長い末脚は如何にもルーラーシップ産駒らしく長距離適性の資質を垣間見せた。坂の下りでも加速し切るのに時間を要しており、現時点ではダービーでどうこう言える感じはしないが、菊花賞辺りで面白くなっているかもしれない。

3着ファルコニアはこの馬なりにスタートは出て道中は中団。向こう正面で若干力みかけたが、暴発するのは何とか我慢出来た。坂の上りでアドマイヤビルゴの内に入り、4コーナーでは馬群の中で一旦息が入る形。直線は内から馬群を割って脚を伸ばしたが、最後は外の1、2着馬に伸び負け。
どんな競馬でも崩れてはいないが、スプリングSのレースぶりから道中の我慢が効きにくくなっているのが気掛かり。いずれはマイル~1800m位がベスト条件となっていそう。

何故か穴人気してたプレシオーソは根本的にダート専用機っぽい。シルヴェリオは太目残りもあったが、ブリンカーが逆効果となって暴走して逆噴射。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

青葉賞回顧

独特の騎乗フォームと来日初日のイメージの悪さから、弥生賞で蹴飛ばして外した事で更に敬遠するようになったヒューイットソン。その後もフローラSとかで痛い目に遭わされたが、ここも普通に考えれば軸候補のオーソリティを軸で買わずに外れ。食わず嫌いだったとはいえ、買い時のタイミングがサッパリ判らなかった。フロンデルみたいなポンコツと違って来る時は来るから余計に始末が悪かった。

権利を取った皐月賞をパスしてある意味で必勝が絶対条件だったオーソリティ。好スタートから楽に好位のインを確保、2コーナーでダノンセレスタと何度か接触して少し力んだが、我慢させた後は内目で流れに乗れた。直線は前が開かずに馬群の外へ持ち出し、そこから鋭く伸びて2着馬との追い比べに競り勝った。
中山主体のローテで高速時計の対応は未知数だったが、レースレコードで勝ち切るとは驚き。尤も、3~4コーナーはインペタ、直線も外へ持ち出すロスがあったからこそラスト2Fの脚に繋がったと思う。乗り替わり確定だし、この厩舎の場合は反動云々で回避という選択肢もありそう。出るなら内枠を引ければ押さえで。

2着ヴァルコスは出して行ったが、あまり行き脚が付かずに中団後方から。向こう正面で外へ持ち出して好位に進出。ここで一旦息を入れて脚を溜め、直線はしぶとく伸びて先頭を窺う脚色だったが、最後は勝ち馬に競り落とされた。
4コーナーで少しズブさを出したが、良い脚を長く使って持ち時計を5秒更新。タイプとしてはオーナー繋がりだとシュヴァルグランに近い。やや切れに欠けているのでダービーは善戦止まりっぽいが、菊花賞なら面白そうな印象。

3着フィリオアレグロは出たなりのスタートで道中は中団のイン。ペースが落ち着いたところでやや力んだが、その後は折り合って足を温存。直線は馬群をスンナリ割れず、最内に突っ込んで一旦は抜け出したが、最後に甘くなって1、2着馬に交わされた。
直線で進路を切り替えるロスがあったとはいえ、それまでは内で脚を溜めていたあの競馬で差された辺り、現状では2400mは少し長いと言える。本賞金を加算出来なかったのは痛いが、いずれはOPクラスに上がれるだろう。

ブルーミングスカイはスタートから位置を取りに行って道中は2、3番手のイン。そのままじっくり構えてペースが上がった3~4コーナーでもじっと我慢。直線でスムーズに馬群を捌いてあわやの場面を作った。
最後は切れ負けした形だが、内枠の利を活かしたロスのない立ち回りで善戦。スタミナタイプの切れないディープ産駒でレース運びが上手い。中長距離戦ならそれなりのクラスまで行けるだろう。

メイショウボサツは立ち上がるようにゲートを出てしまい、序盤は後方から。挽回すべく差を詰めに掛かった影響もあって向こう正面では幾分掛かり気味。4コーナーで外へ持ち出し、直線はじわじわと伸びて来たが、勝ち負けには絡めず。
上位馬とは内外のコース取りの差もあったし、何よりスタートで後手を踏んだ事で十分に溜めを利かせる事が出来なかった。スムーズに立ち回っていれば勝ち負けに絡めたかもしれないだけに残念。

フライライクバードは外枠からジワッと出して好位集団の一角。馬込みの中で折り合いを付けて流れに乗り、直線でスムーズに馬群の外へ持ち出せたが、いざ追われるとサッパリ。2キロ減で自己最低の馬体重、初の左回りが影響したとも言える。

ディアスティマは中団外目からの競馬となって途中までは問題なく見えたが、3コーナー手前から手応えが怪しくなってズルズル後退して大差の殿負け。何か異常があったのかもしれない。

青葉賞と日曜全買いで大幅マイナスとなったが、かきつばた記念とかしわ記念、またまた後出しとなるが、兵庫CSの3連単(流石に前の2レース程儲かっていないが)も当たってすっかりチャラ。【どうせ外れるなら】と半分ヤケクソで買い出したが、珍しくプラスに出た。暇を持て余してたとはいえ、交流重賞も悪くないと味を占めつつある・・・困ったw

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

福島牝馬S回顧

ランドネの蹄鉄4つ全て打ち直しによる大幅なスタートの遅延に始まり、道中は何頭かがゴチャ付いて自滅。最後は人気薄が2、3着に入って3連単227万というカオスな展開。こんな馬券はどう頑張っても取れないわw

中山牝馬Sに続いての重賞連勝となったフェアリーポルカ。スタートが甘くて後方からの競馬となったが、2コーナーで内目に入って脚を溜める事に成功。勝負所では馬群を縫うように位置取りを上げ、直線でポッカリ開いたスペースから一気に抜け出した。
内枠を引けた中山牝馬Sと違い、外枠では愛知杯と同じ展開になると思って敢えて切ったのだが、スタートの甘さが逆に内に潜り込める手助けとなった。上手い具合に前が開いたのもあるが、直線でスパッと抜け出した瞬発力の成長も窺えた。ヴィクトリアマイルには行かないようだが、今後も中距離路線で活躍が見込めそう。

2着リープフラウミルヒは内枠から促して位置を取りに行って道中は中団馬群の中。道中の行きっぷりも上々で3~4コーナーからスムーズに集団の外へ持ち出し、勝ち馬とは決め手の差が出たが、しっかり脚を伸ばしてゴール前で2着に浮上。
準OPで大崩れなく走ってたとはいえ、別定戦の重賞では家賃が高いと思っていたが、今は出来が良かったのだろうがスムーズに立ち回れての激走。相手なりに走れて人気になりにくいタイプ。またどこかで穴をあけそう。

3着ランドネは大外から気合いを付けて出して行って道中は逃げ馬の外目2番手。3コーナーで逃げ馬がバテて早め先頭に立ったが、直線はラチ沿いに張り付いて粘り込んでの3着。
昨年のこのレースで不利を被り、その精神的ダメージが抜け切れずに惨敗を重ねていたが、ここに来て漸く復活。良馬場でスムーズに先行させるとやはりしぶとい。

カリビアンゴールドはスタンド前で寄られて力みかけたのもあって控えて中団後方。1~2コーナーでやや外へ振られる不利を受けたが、道中の折り合いはスムーズ。勝負所から外を回って追い上げを図り、最後は3着馬にハナ差まで詰め寄った。良馬場ならこれ位は走れて当然。コーナー4つのコース形態も合ってた。

サラキアは内枠から出たなりの競馬で中団。これもカリビアンゴールド同様に1コーナーで振られたが、その後は内目で折り合いに専念。ただ、勝負所ではバテた馬をやり過ごす形で追い出しを待たされ、最後は少し脚を余す形に。これも前走は馬場に泣かされたが、良馬場ならこれ位は走れる。

レッドアネモスは出して位置を取りに行ったが、1コーナーでゴチャ付いてバランスを崩して位置取りを下げ、3~4コーナーで手応えはが怪しくなって後退したが、直線はそこからある程度盛り返した。リズムが崩れなければ勝ち負けに持ち込めたかも。

フィリアプーラはスタートからすぐに控えて後方待機で末脚勝負に懸けるいつも通りの競馬だったが、直線でいざ追い出しに入ったところでマルシュロレーヌと接触して勢いがなくなった。エスポワールはスタートで後手を踏み、スタンド前で前をカットされて行きたがり、4コーナーで早々と手応えが怪しくなって失速。デンコウアンジュは3コーナーからダノングレースと何度か接触してる内に集中力が切れた感じで末脚不発。

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
85位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR