FC2ブログ

2017地方リーディングサイアー1~10位

10位シンボリクリスエス
勝ち馬頭数128
勝利数259
交流重賞1
勝ち馬率0.584
EI0.92

一昨年は中央に続いて地方でも活気がなかったクリスエスだが、全日本2歳優駿でルヴァンスレーヴが勝利し、サクセスブロッケン(2009年東京大賞典)以来となる交流GⅠ勝利でキングヘイローを逆転。
年間勝利数でも自己最多記録を更新し、5年連続地方年間200勝オーバー。出走頭数も増加傾向だし、ルヴァンスレーヴの動向次第では今年もランクインしてるかも。


9位メイショウボーラー
勝ち馬頭数114
勝利数242
交流重賞2
勝ち馬率0.556
EI1.03

一昨年の躍進の立役者となったニシケンモノノフがJBCスプリントを勝利するまで成長。出走回数はサウスヴィグラス、クリスエスに次ぐ3位という物量作戦も効いて初のトップ10入り。
ただ、ニシケンモノノフ以外の長距離砲は不在。ニシケンモノノフも次走はシルクロードSを予定。このまま芝路線を歩むようだと、ランク維持は微妙になって来るが。


8位フレンチデピュティ
勝ち馬頭数59
勝利数123
交流重賞1
勝ち馬率0.656
EI2.36

地方のエースだったリンダリンダが屈腱炎で引退というアクシデントがあったが、総大将のサウンドトゥルーが帝王賞(4着)以外の出走した交流重賞で全て連対とフル回転。
8歳となったサウンドトゥルーは今年も現役続行。年齢的な衰えさえ出なければ、少なくともトップ20にはランクインするだろう。


7位ロージズインメイ
勝ち馬頭数106
勝利数232
交流重賞0
勝ち馬率0.544
EI1.11

一昨年から順位は変わらずも、若きエース候補だったローズジュレップは調教中の故障で早世。ドリームバレンチノも年齢的衰えが顕著になって来た(年明け早々に引退)。
3年連続地方年間200勝オーバー、出走回数の多さで踏みとどまりはしたが、これ以上のランクアップは微妙か。


6位クロフネ
勝ち馬頭数113
勝利数251
交流重賞2
勝ち馬率0.543
EI1.10

上半期は総大将ホワイトフーガと上がり馬ショコラブランが交流重賞で賞金を加算してトップ3にいたが、秋に入ると息切れ状態に入って失速し、6年連続維持してたトップ5から陥落。
6年連続地方年間200勝オーバーと豊富な物量作戦は健在なのでトップ10から落ちる事はないだろうが・・・返り咲くかどうかはテイエムジンソクの動向次第。


5位シニスターミニスター
勝ち馬頭数69
勝利数156
交流重賞3
勝ち馬率0.639
EI2.12

遂に交流重賞に顔を出して来たインカンテーションを中心に交流重賞3勝。特に10、11月は一気の捲りを見せてトップ5に食い込んだ。
出走回数と勝利数の少なさを長距離砲でカバーしてるが、弾倉を複数備えてる点でフレンチデピュティの上位互換と言える。これにハヤブサマカオーが力を付ければ、来年も食い込めるかも。


4位パイロ
勝ち馬頭数102
勝利数179
交流重賞0
勝ち馬率0.570
EI1.31

一昨年から出走回数5割増し、2年連続地方年間200勝オーバーと量は揃ったが、7割弱あった勝ち馬率は6割弱に減り、質がやや伴っておらず。長距離砲を持たなかった事も堪えてトップ3から陥落。
ただ、ハイセイコー記念を勝ち、全日本2歳優駿でも3着と中央勢に割って入ったハセノパイロが3歳時のタービランスくらいに力を付ければある程度質はカバー出来る。これまでが順調に行きすぎた。


3位カネヒキリ
勝ち馬頭数102
勝利数160
交流重賞2
勝ち馬率0.563
EI1.49

一昨年は長距離砲不在でトップ10入りを逃したが、昨年はロンドンタウンとミツバで駒を揃え、南関のトロヴァオと道営のスーパーステションの援護射撃もあってトップ3に躍進。
スーパーステションは南関に移籍したし、重賞までぶっこ抜いたディオスコリダーが第3の男として交流重賞に顔を出せば、今年もトップ3に食い込めるかも。

2位ゴールドアリュール
勝ち馬頭数137
勝利数263
交流重賞9
勝ち馬率0.609
EI2.52

コパノリッキーが最後の置き土産とばかりに交流重賞でフル回転。他にも牝馬路線のワンミリオンスにララベル、中長距離のクリソライト、短距離のグレイスフルリープと多方面軍を展開して自己最多となる交流重賞9勝。
コパノリッキーとワンミリオンスは引退、ララベルもラスト1戦で引退と穴は小さくないが、ゴールドドリーム、サンライズノヴァ、アスターソードと予備軍は豊富。流石に1位奪還は厳しいだろうが、それ以外の追随は許さないだろう。


1位サウスヴィグラス
勝ち馬頭数185
勝利数411
交流重賞3
勝ち馬率0.603
EI2.17

ゴールドアリュールの斉射三連で一昨年に比べて賞金差を2億詰められたが、年明けから圧倒的な物量作戦で優位に展開。出走頭数300オーバーで勝ち馬率6割という鬼畜モードなら2年連続地方年間400勝オーバーも頷ける。
年間400勝の凄まじさもさることながら、交流重賞3勝を含めて地方重賞27勝と質も備えてる。3年連続地方リーディング1位も至極当然と言えるし、アジュディケーティングの8年連続も塗り替えるのは確実だろう。




3強体制が崩壊してあっという間に1強へ。中央でも芝路線皆無でリーディングトップ20に入れるサウスヴィグラスのダート適性の特化ぶりは今までのダート系種牡馬とは一線を画してると言える。再来年にはアジュディケーティングの地方最多勝(昨年末で3373勝)を抜くのは確実だろうし、最終的には石崎隆之の通算勝利数(6000勝くらい?)並みに伸ばすんじゃなかろうか。

ゴールドアリュールは重賞の入着賞金ではエスポワールシチーとスマートファルコンの二枚看板を揃えた頃よりも上回った。流石にサウスヴィグラスを逆転出来るだけのオーバーキルは持ち合わせてないが、中央のディープ・キンカメの構図よりは勝負になってる。

3位以下は大混戦。パイロは量に質が追い付かず暫し待ちの状態。これに一発攻勢のカネヒキリにシニスターミニスター、安定株のクロフネ等群雄割拠。

これに食い込んで来るとするならフリオーソだろう。勝負出来るようになるには大物候補待ちだが、勝ち馬率6割オーバーというクズを出さない利点はサウスヴィグラスと共通する。

これに追随しそうなのがスマートファルコン(34位)とヘニーヒューズ(38位)か。前者もフリオーソと同じく僅か2世代で好位置を確保。後者はモーニン、ケイアイレオーネ、アジアエクスプレス等、輸入前の産駒実績に加え、これから産駒が本格的に走り出す。トップ20には顔を出して来るだろう。

これで2017リーディングサイアーは全て終了。どうもありがとうございましたm(__)m引き続き2018リーディングサイアーも宜しくお願いしますm(__)m

最後に・・・明けましておめでとうございますm(__)m今年も生暖かく当ブログに目を通して頂ければ幸いですm(__)m

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

2017地方リーディングサイアー11~20位

11キングヘイロー
12タイムパラドックス
13キングカメハメハ
14ネオユニヴァース
15ヴァーミリアン
16エンパイアメーカー
17ダイワメジャー
18フリオーソ
19ディープスカイ
20アドマイヤマックス




昨年はアウォーディーの無双でトップ10入りしたジャングルポケットが一気に圏外(29位)へ去ったのを初め、トップ10の常連だったワイルドラッシュ(33位)、トップ20の常連だったアグネスデジタル(44位)、長距離砲(ストロングサウザー)が交流重賞に出なくなったハーツクライ(35位)等が陥落。トップ10の入れ替わり組も合わせて昨年から8頭入れ替わるという、半ば定番のはっちゃけた状況は地味に好きだったりするw

惜しくもトップ10返り咲きはならなかったキングヘイローだが、南関へ移籍したキタサンミカヅキの活躍等で入着賞金を大幅に加算。メモリージルバが東海ゴールドCを勝ち、タイパラの追撃を振り切った。

タイパラは東京2歳優駿牝馬(シングンレガシイ)次第でトップ10入りの可能性があったが不発(4着)。浦和のゴールドCで復活したとはいえ、総大将のソルテがシーズンの大半を棒に振ったのが堪えてトップ10から陥落。

かつての3強の一角キンカメは年間200勝、交流重賞勝利が共にストップしてトップ5から一気に陥落。サトノタイガーは年齢的衰えが顕著。中央のOP馬が交流重賞に顔を出さないと返り咲きは厳しいか。

ネオはヴィータアレグリアが引退した穴をピオネロの交流重賞2着と南関のコスモフットライト、タマモネイヴィーでカバー。年間勝利数も増加し、昨年よりもランクアップ。

ヴァーミリアンは年間勝利数が昨年より5割増で200勝オーバー。昨年の34位から一気に躍進したのだが、中央リーディング掲載時に触れたように種牡馬引退。この路線でエルコンドルパサーの血脈を残せられるか?

エンパイアメーカーは中央では重賞の壁に跳ね返されだが、交流重賞では2勝。年間勝利数は200勝割れ(190勝)したが、昨年の32位から一気にランクイン。

ダメジャーは南関へ移籍したブルドッグボスが交流重賞で活躍し、入着賞金の4分の1稼いだ。初の年間200勝オーバーもあって昨年の37位から一気にランクイン。

フリオーソは高知最強馬となったフリビオンを筆頭に各地で地方重賞馬を輩出。サウスヴィグラスですら果たせなかった2世代でトップ20入りする快挙。ブライアンズタイム最後の砦となりそうだ。

ディープスカイは昨年トップ10入りの立役者だったタマノブリュネットが低迷、キョウエイギアは休養から戻らずと沈黙。中堅部隊の奮闘で何とかトップ20に踏みとどまった。

アドマイヤマックスは昨年に続いてケイティブレイブが1頭で入着賞金の半数以上を稼ぐ大車輪の活躍。一旦はキンシャサノキセキに抜かれたが、東京大賞典3着で再逆転してランク。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

2017リーディングサイアー1~10位

10位ブラックタイド
勝ち馬頭数33
勝利数44
JRA重賞5勝(GⅠ4勝、GⅢ1勝)
勝ち馬率0.208
EI1.54

勝ち馬頭数や勝利数は昨年より減ったものの、キタサンブラック1頭だけで入着賞金の半数以上を稼ぐ力技で2年連続トップ10入り。
とはいえ、3年間の大黒柱だったキタサンブラックは引退。来年はトップ20から陥落してる確率は高そう。


9位ゴールドアリュール
勝ち馬頭数65
勝利数80
JRA重賞4勝(GⅠ2勝、GⅢ2勝)
勝ち馬率0.271
EI1.03

勝ち馬頭数や勝利数は昨年より減ったが、ゴールドドリームの春秋のダートGⅠダブル制覇が効いて2年ぶりに返り咲き。
ダート種牡馬はエース格が交流重賞路線を歩み出すと中央の層が手薄になるジレンマを抱えているが、果たして来年は?


8位マンハッタンカフェ
勝ち馬頭数57
勝利数75
JRA重賞5勝(GⅡ4勝、GⅢ1勝)
勝ち馬率0.278
EI1.46

JRA1000勝を達成したマンカフェだが、出走頭数・出走回数・勝利数は昨年より減少したのもあってランクダウン。
まがりなりにも屋台骨を支えたルージュバックとクイーンズリングは引退。シャケトラはGⅠでは頭打ちになっており、ランク維持はプラチナムバレットやアメリカズカップ等の新興勢力の成長次第か 。


7位クロフネ
勝ち馬頭数71
勝利数97
JRA重賞5勝(GⅠ1勝、GⅢ4勝)
勝ち馬率0.284
EI1.25

昨年はアップトゥデイト等の障害路線以外は層が薄かったクロフネだが、今年は2年ぶりに平地GⅠを勝利。ダート路線もテイエムジンソクが急成長。
春の活躍馬アエロリットとジューヌエコールが秋に失速したのは気掛かりだが、JRAダートレース最多勝記録(1位アフリートの861勝にあと4勝)更新目前のダート路線の物量作戦にモノを言わせれば。


6位ハービンジャー
勝ち馬頭数55
勝利数77
JRA重賞6勝(GⅠ3勝、GⅡ1勝、GⅢ2勝)
勝ち馬率0.250
EI1.46

勝ち馬頭数・勝利数は昨年より減ったが、モズカッチャン、ディアドラ、ペルシアンナイトを中心とした3歳馬の大活躍で一気にトップ10入り。
主戦力となる3歳世代がごっそり残るし、上の世代ではトーセンバジルが覚醒しつつある。ややトーンダウンしてた2歳世代が成長すれば、来年もランク維持出来そうだが。


5位ダイワメジャー
勝ち馬頭数109
勝利数134
JRA重賞4勝(GⅠ1勝、GⅢ3勝)
勝ち馬率0.340
EI1.40

昨年はトップ3入りを果たしたダメジャーだが、大将格のメジャーエンブレムは引退し、ソルヴェイグも思うように賞金を稼げず。3歳世代も壁に当たり、2歳世代はブレーキを起こして秋はやや失速。
ただ、距離の壁に当たってたレーヌミノルは息を吹き返しつつあるし、何だかんだでスプリント~マイル路線は層が揃ってる。あとはブレーキを起こした2歳世代が巻き返せれば。


4位ハーツクライ
勝ち馬頭数93
勝利数120
JRA重賞8勝(GⅠ2勝、GⅡ2勝、GⅢ4勝)
勝ち馬0.274
EI1.52

トップ3奪還はならなかったハーツだが、クラシックや王道路線の層が充実。4年ぶりにGⅠ勝利を挙げる等、キャリアハイだった2014年に匹敵する成績。
アドマイヤミヤビ以外の主戦力は軒並み現役続行。これにタイムフライヤー、グレイルを中心とした2歳世代が噛み合えば、今度こそトップ3返り咲きも可能だろう。


3位ステイゴールド
勝ち馬頭数107
勝利数144
JRA重賞13勝(GⅠ3勝、GⅡ4勝、GⅢ6勝)
勝ち馬率0.359
EI1.79

オジュウチョウサンが障害路線の絶対王者として君臨し、平地路線も大物不在ながら層の厚さで重賞勝利を量産。オルフェーヴルとゴールドシップが飛車角としてけん引してた2012年以来のトップ3入り。
とはいえ、2歳世代が実質的なラストクロップ。来年は2歳戦の賞金が全く期待出来ない状況であり、あとは残存勢力で何処までランク維持出来るか。


2位キングカメハメハ
勝ち馬頭数104
勝利数148
JRA重賞13勝(GⅠ1勝、GⅡ4勝、GⅢ8勝)
勝ち馬率0.337
EI2.17

3歳世代の少なさがそのまま出走回数・勝利数の少なさ(リーディング1位となった2010年以降では最少)となったが、レイデオロのダービー勝利を筆頭に重賞勝利数では一時はディープを上回る健闘を見せた。
ただ、秋はやや失速気味だったし、産駒数が増えた2歳世代が目立った活躍馬を出しておらず、決して楽観視出来る状況ではないかも。


1位ディープインパクト
勝ち馬頭数194
勝利数251
JRA重賞16勝(GⅠ3勝、GⅡ7勝、GⅢ6勝)
勝ち馬率0.420
EI2.02

6年連続リーディング1位、サンデーサイレンス以来となる年間250勝達成、史上最速で通算勝利数を更新し続けるディープだが、昨年に比べて重賞勝利数は半数以下、入着賞金は2割減。それでも他の種牡馬を圧倒してるとはいえ、この目減りは少し気になる。
尤も、ワグネリアンとダノンプレミアムを筆頭にいきなりエンジン全開だった2歳世代がいるので杞憂に終わるかもだが。恐らく、来年末にはノーザンテーストを抜いてJRA通算勝利数歴代2位になってるだろう。


・・・半ば予想してたが、28日開催というのは俺のブログ的に非常に宜しくないな。東京大賞典の回顧とマヤノトップガン産駒の総括もしなければならず、すぐさま地方リーディングと来年の展望も書かなくてはならない。正月は休日出勤がないのが救いだが、のんびりする暇があまりないのは少々しんどい。
最後に愚痴って申し訳なかったけど、来年早々に地方リーディングを掲載して2017リーディングサイアーは終了です。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

2017リーディングサイアー11~20位

11アドマイヤムーン
12ルーラーシップ
13ネオユニヴァース
14キンシャサノキセキ
15エンパイアメーカー
16シンボリクリスエス
17ゼンノロブロイ
18サウスヴィグラス
19メイショウボーラー
20シニスターミニスター




アドマイヤムーンは土壇場で捲られたが、セイウンコウセイが悲願のGⅠ初勝利。ハクサンムーン・オースミムーン頼みだった頃と違い、ファインニードル、ルペールノエル、ワンスインナムーン等、層が充実しつつある。

ルーラーシップはキセキが菊花賞を勝利し、勝利数も大幅に増やして順当にランクインしたが、ダンビュライトに代表されるようにクラスが上がると詰めが甘くなるのは少々気掛かり。

ネオはサウンズオブアースが劣化、グレンツェントは低迷、ネオリアリズムは順調さを欠き、ヴォルシェーブとサンデーウィザードは秋は戻らず。主戦力が半壊状態に陥れば、4年連続ランクインしてたトップ10から陥落するのはやむなし。

キンシャサは勝利数は自己最多を更新したものの、エース格のシュウジとモンドキャンノが揃って劣化。重賞馬もカシアスは早熟っぽく、ベルーガは故障で離脱。芝でも勝てるサウスヴィグラス化しつつある感じ。

エンパイアメーカーはダートで勝ち星を量産、上のクラスに上がれば上がるほど勝負弱くなるキャラクター性は昨年と変わらず。こういう特徴を把握しておきながら、ロングランメーカー(また2着)をPOGで指名した俺はなんて間抜けなのだ。

クリスエスは勝利数は昨年と同じも、重賞ではますます障害路線にシフトチェンジ。一方、オジュウチョウサンとレイデオロの活躍もあってブルードメアでは3位に躍進。

ロブロイは2歳戦から大ブレーキだった3歳馬が完全に沈黙。勝利数は約半減、重賞出走回数は3分の一に激減。頼みの綱だったリアファルは戦線離脱、レッドエルディストは引退。メートルダールとタンタアレグリアのお陰でトップ20に踏みとどまった感じ。

サウスヴィグラスは実質ダートのみで4年連続トップ20入り。ダートのみで年間50勝オーバー、OPクラスは交流重賞路線へ行くか地方に移籍と、この4年間キャラクター性が全くブレてない。

メイショウボーラーは出走頭数と回数は昨年より減ったが、特別レースの出走馬は4割増。地味ながら中堅部隊の層が厚くなった事で初のトップ20入り。

シニスターミニスターは出走回数と勝利数は自己最多。更にキングズガードと息を吹き返したインカンテーションの活躍で一気に躍進。これは意外な伏兵だった。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

2017リーディングサイアー21~50位

例年通り、まずは21~50位から掲載

21ヴィクトワールピサ
22カネヒキリ
23マツリダゴッホ
24メイショウサムソン
25ジャングルポケット
26アグネスデジタル
27ロージズインメイ
28パイロ
29ディープブリランテ
30ワークフォース
31ヨハネスブルグ
32プリサイスエンド
33ヴァーミリアン
34ダノンシャンティ
35タニノギムレット
36スウェプトオーヴァーボード
37タイキシャトル
38アイルハヴアナザー
39ローエングリン
40ロードカナロア
41スクリーンヒーロー
42カジノドライヴ
43ベーカバド
44ディープスカイ
45キングヘイロー
46ストリートセンス
47スズカマンボ
48バゴ
49フジキセキ
50ドリームジャーニー




シニスターミニスターと20位争いを演じたヴィクトワールピサだが、オーラスで賞金加算出来ず。ジュエラー引退を初め、期待された産駒が伸び悩んだのが響いた。来年からはブリーダーズSSに異動。

マツリダゴッホは昨年より1つ順位を上げたが、JRA重賞勝利は3年で途切れ、勝利数と入着賞金は昨年よりダウン。ただ、ディバインコードやアペルトゥーラがOPクラスに育ってるのは収穫。

ジャングルポケットは2年目以降で過去最低だった昨年を下回る成績。ファーストシーズンから11年継続してたJRA重賞勝利記録もストップし、9年連続ランクインしてたトップ20からも陥落。

じわじわランクを上げて来てたパイロだが、今年は勝利数を減らしたのもあって微妙にランクダウン。

ディープインパクト最初の後継種牡馬ディープブリランテは同じ後継種牡馬でも苦戦中のトーセンホマレボシ(63位)とは対照的にまずまずの滑り出し。リカビトスとセダブリランテスがGⅠクラスとも戦えれば更にランクアップしそうだが。

年齢的に種牡馬引退はやむなしだったタイキシャトルは兎も角、ヴァーミリアンの引退は少なからず驚いた。期待された程ではなかったとはいえ、失敗レベルでもなかったのだが、あまり良くなかった受胎率が更に低下したのが致命傷となったらしい。

ローエングリンは自己最多勝を更新して4年ぶりにランクイン。しかし、大黒柱だったロゴタイプの引退で来年はランクダウンが避けられそうにないのが。

スクリーンヒーローはトラストの化けの皮が剥がれ、ゴールドアクターが下半期を棒に振れば、ここまでランクダウンするのはやむなし。ランク維持はルーカスが何処まで成長するかに懸かってる。

イスラボニータが有終の美を飾り、種牡馬生活最後の意地を見せたフジキセキはトップ50に踏みとどまった。ビッグアーサーが順調さを欠いたのが堪え、トップ20から66位に沈んだサクラバクシンオーとは明暗を分ける事になろうとは。

今日はここまで。続きは明日になりますが、明日は休日出勤なので掲載は今くらいか未明になると思います。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
85位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR