シルクロードS回顧

昨日の段階では逃げ争いが激化して差しが届く展開を想定し、馬場もそれ相応に差し馬向きと思っていたが・・・先行争いはローレルベローチェがあっさりとハナへ行き、本命アースソニックは出遅れてそれっきり。馬場も行ったもん勝ちの内祭りでは外の差し馬は無理ゲー。

「最内は良くない」と調教師の泣きが入り、俺も「京王杯の再現になる」と軽視したダンスディレクターだが、最大の課題であったゲートを上手く出て好位のインに付けられた事であっさりクリア。前に馬を置いて壁を作り、直線も上手い具合に空いた最内から脚を伸ばして逃げ込みを図った2着馬を捕らえて完勝。
結果として最内枠が幸いしたと言えるが、特筆すべきは気性面の成長だろう。イレ込みが無くなったし、序盤で一瞬狭くなりかけて頭を上げかけても嫌気を出さずに折り合えた。阪急杯を挟むか直行するか未定だが、中京での実績から高松宮記念でも有力だろう。

2着ローレルベローチェは二の脚の加速力で一気にハナを奪うと、後続を3~4馬身引き離しての単騎逃げ。直線でも軽快に逃げ脚を伸ばして勝ち馬には捕まえられたが、余裕を持って2着は確保。
前半の入りは33.7とこれまでのキャリアで最も速かったが、競られるの嫌って行き切った事で自分のリズムを崩さずに逃げられた。逃げ一手の上がり馬にマイナー騎手とのコンビはアンバルブライベンを思い出させるが、この馬は中京コースに勝ち鞍があり、一概に本番の養分候補と言えない。取捨はメンバーが出揃ってから決めたい。

3着ワキノブレイブは好位に付けて道中は勝ち馬と並ぶ形。3~4コーナーのコーナリングで置かれはしたが、直線は馬場の4分どころから脚を伸ばしてゴール寸前で3着に浮上。このメンバーでは家賃が高いと思ったが、2走前に馬込みで競馬が出来たのが布石となったし、馬体が絞れてたのも好走の要因か。少々掴みどころがない馬だが、今回みたくマークが緩くなれば怖そう。

セカンドテーブルはテンの速さで同型馬に後れを取ったが、二の脚を付けて控えたアクティブミノルの内から2番手に浮上。直線でも粘り込みを図ったが、最後の最後で3着馬に交わされた。直線入り口で膨れた隙を勝ち馬に突かれたが、前走で2着馬から0.1秒差だったのはフロックではなかったか。1200m路線ならそれなりには。

ビッグアーサーは内で包まれるよりはマシと思われた大外枠が仇となった。好位を取れずに中団からの競馬となり、前に壁を作る事も出来ずに終始外を回る羽目に。直線入り口で更に外へ押しやられ、伸びない大外からでは伸びを欠くのもやむなし。
デムーロに乗り替わって賞金を加算出来ない最悪の展開だったが、だからといって藤岡康に戻すのはナンセンス。そもそも、京阪杯は勝てたレースであり、1400mを試すにしても阪急杯まで待つ余裕が出来た。
それが取りこぼした事で誤算が生じ、阪急杯で距離を試す悠長な状況ではなくなった。前倒しで阪神Cを使ったものの、本賞金を加算出来ず、そして今回も敗戦。勝てば一息入れて直行だったと思うが、結局はオーシャンSに出走予定とか。たった1戦の取りこぼしから全てが裏目裏目の状況。そんな状況を招いたのは一体誰のせいだ?と。チャンスを与えられない環境は良くないが、貰ったチャンスを悉く潰すのはもっと良くない。

追い込み勢にとっては厳しい展開と馬場だったが、その中で出色の脚を使ったのが中央転厩初戦以来の芝レースだったヒルノデイバロー。アースソニック、サトノルパンと共に出遅れたが、何も見せ場がなかったアースソニック、直線は内から脚を伸ばせたサトノルパンと違い、4角最後方の大外から最速となる32.6の上がりを使って7着。出るなら根岸Sだろうと眼中になかったが、これはちょっと化けるかもしれん。

ネロはスタートの失敗が全て。出して行って好位集団に取り付けたが、取り付くまでに脚を使い過ぎた感じで直線では前を追い掛ける余力は残ってなかった。アクティブミノルは4キロ減ったとはいえ、もうひと絞り足りなかった感じだったし、2着馬との逃げ争いに負けた時点でどうしようもなかった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(1月30日)と特別登録馬

1月30日
東京
6R3歳500万下(ダート1400m)
オーシャンビュー
1番人気1着

京都
11R北山S(ダート1800m)
トラキチシャチョウ
3番人気5着




オーシャンビューが人気に応えて勝利!向こう正面で少し力んだのもあってモタつきはしたが、キッチリ勝ち切ったのは評価出来る。何処からでも競馬が出来るし、距離もある程度こなせそう。

社長は馬場も展開もこの馬にとっては最悪の状況。最後まで脚は使ったが、前が止まらない高速決着ではキツい。せめてミツバには先着してほしかったが(´・ω・`)




特別登録馬
マヤノオントロジー・・・白嶺S




東京は着外に放馬除外と良いイメージはないが、中距離に拘るなら2月末の伊丹Sまで使えるレースはないしなぁ。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

シルクロードS・根岸S

昨年の夏競馬から一時期を除いてGⅠ以外のレースは1000円の上限を設けて買って来たが・・・旨味を求めて変則的な買い方をしたら、印は当たれどその組み合わせは持ってないという外し方が幾つかあった。
元々、こうした縛りは一度試してみたかった。負けても損害は軽度で済むし、無駄な買い目を減らすという点で役に立った。ただ、1000円でそれ相応の旨味が出るように買おうとすると、基本的には予想を上位~中位人気の数頭で組み立てる俺では無理が生じて奇をてらった買い方になってしまう。その弊害が人気サイドの決着となった日経新春杯や東海Sでの失敗である。

そこで、今週から上限を2000円に上げて買う事にする。これなら安い配当にもある程度資金を投入出来るし、1000円では買う気にならなかった単複一本という選択肢も試す気になる。本当言えば上限を取っ払ってしまいたいが、現時点ではそんな余裕はないw

シルクロードS
◎アースソニック
○ビッグアーサー
▲ネロ
△サトノルパン
△アクティブミノル
△ローレルベローチェ

アースソニックは脚質を差し追い込みに転換してからは勝ち切れないとはいえ成績が安定。ここ3戦で先着を許した面々が揃うが、今回は逃げ一手の馬が揃う事でこの馬向きの流れになると読む。それに、人気所とは1、2キロあったハンデ差が今回は同斤か1キロに詰まる。逆転とまではいかなくとも切り崩しは可能な筈。

ビッグアーサーは藤岡康からデムーロに乗り換えて勝負に出た(流石に3度取りこぼしては親父でも庇い切れなかったか)。大外枠だが、過去3度の重賞では内枠が祟って取りこぼしてたので却って好転と見做すべきか。中間、フレグモーネで1週休んだが、追い切りの動きを見た感じでは大した影響はなさそう。

ネロはレコード決着を32.9で逃げた3走前以外はここ10戦で9連対と安定。更にここ2走は従来の逃げではなくて番手からの競馬で危なげなく連勝というのも逃げ争いがありそうなここでは好都合。晴雨兼用タイプというのも今週の馬場を考えれば歓迎材料。ビッグアーサーとは斤量差がなくなるのもプラス。

サトノルパンは京阪杯ではビッグアーサーのモタつきという恩恵もあったが、1200m仕様になって馬が本格化したと言える勝利。追い切りも終いはバテたとはいえ、自己ベストをマーク。奇数枠が懸念材料だが、ペースが流れる事で折り合い面の不安は少ない。あとは57.5キロのハンデ頭がどうか。

アクティブミノルとローレルベローチェは逃げ一手で結果を残して来たタイプ。共倒れに終わる可能性もあるが、どちらかのテンが速ければあっさり決着が付いて残る可能性もある。個人的には前走の殿負けで更に気楽な立場になったアクティブミノルの方に妙味を感じるが。

馬券はアースソニック軸の馬連と◎ー○▲ー△△△の3連複フォーメーションで。


根岸S
◎タガノトネール
○モーニン
▲プロトコル
△アンズチャン
△サクラエール
△タールタン

タガノトネールは1F長いと思われた南部杯で雁行状態から2着に粘り込み、続く武蔵野Sでは勝ち馬の鬼脚が凄すぎただけで3番手からでも折り合いを付けての2着と地力強化が著しい。今回は1Fの短縮に加えてモーニン以外の人気所は差し追い込みが多い。モーニンと共に先行行ったきりという公算は高いと見る。

モーニンは連勝は止まったとはいえ、武蔵野Sではこれでもかという不利を受け続けて負けて強しの内容。タガノと同様に展開利が見込めるし、ここで勝たないとフェブラリーS出走はほぼ絶望なだけに休み明けでも仕上げて来てる。外枠からスムーズに立ち回れば崩れないと思うが、1番人気の戸崎なので対抗までにw

プロトコルは東京コースでは全5勝中4勝を上げてる得意条件。かつては逃げ先行スタイルだったが、2走前は好位でモーニンの2着、前走は中団後方からの差し比べで勝利と脚質に幅が出て来た。時計が速くなってどうかだが、勢いに乗ると怖いスクリーンヒーロー産駒。重賞初挑戦でも侮れない。

アンズチャンは全5勝全て東京1400mで挙げてるこの条件の鬼。前走は直線半ばで不利を受けて勢いを削がれながらも最後は0.2秒差まで追い上げた。展開面を考えると極端な後方一気に不安は残るが、ノリが溜める競馬をすると上がり34秒台の脚が使える。纏めて面倒見ても驚かない。

穴という人気ではないが、ファイナルSの1、2着馬サクラエールとタールタンも侮れない。サクラエールは3勝を挙げてる相性の良い池添に戻るし、タールタンは東京では出して行って末を無くした2年前の武蔵野S以外は大崩れがない。

馬券は◎○は堅いと思うので馬連は一本と◎→○の3連単流しが基本。しかし、戸崎に一抹の不安を感じるのでモーニンを外したタガノ1頭軸の3連複流しもw

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

川崎記念回顧

帝王賞でリーチ掛けてから3戦足踏み状態だったが、ホッコータルマエが川崎記念3連覇を飾って遂に日本競馬史上初のGⅠ10勝馬に。交流重賞にどれだけの価値を置くかによって評価は違ってくると思うが、約4年の長きに亘って日本のダート路線を牽引して来た偉業の証明と素直に評価したい。

外枠から好スタートを切って前半はレースを引っ張る前3頭からやや離れた好位4番手。向こう正面過ぎでサウンドトゥルーが内から早めに動いたところで同時に動いて4コーナーで前2頭に接近。直線はサウンドトゥルーとの一騎打ちとなったが、最後まで抜かせずに踏ん張った。
コパノリッキーが不在で2着馬の動きのみに注意を払う組み合わせだったとはいえ、前半は縦長のハイペース、中盤は極端に緩み、後半は乱高下と緩急の激しい展開を地力勝負で勝ち切った底力は流石。衰えつつある印象だが、それでも限られた相手以外には負けない地力は有してる。

2着サウンドトゥルーは前走に続いてメンバーの落差の大きさもあって道中は中団を追走。向こう正面過ぎで早めに動き、内から勝ち馬に並び掛けに行ったが、バテたパッションダンスをやり過ごす過程で2馬身程離され、直線でジリジリと迫ったが頭差交わし切れず。
最内から一貫してインに張り付き、相手を勝ち馬1頭に絞った作戦通りの競馬だったと思うが、勝負所で生じた一瞬の差が勝ち馬との明暗を分けた。コーナーがキツい川崎のコース形態も末脚を活かしたいこの馬にとって些か難があった。

3着アムールブリエは道中は5番手に付けて勝ち馬をマークする競馬。勝ち馬が動いたところで負けじと追い掛けたが、3~4コーナーのコーナリングで離されて1、2着馬とは事実上の勝負あり。しかし、最後までこの馬なりに伸びて粘り込みを図ったマイネルバイカはゴール寸前で捕らえた。スピードの持続力に欠けるが、長距離適性は高いこの馬の特徴が出たと言える。

マイネルバイカはサミットストーンを先に行かせての2番手に付けたが、誤算だったのはパッションダンスが予想以上に突っついて淀みないペースに付き合わされてしまった事。4コーナーで早めにサミットストーンを交わしに掛かって粘り込みを図ったが、直後に迫ってた1、2着馬に一気に交わされ、最後の最後で3着馬にも交わされた。

カゼノコはスタート一息で道中は中団後方。ペースが上がった勝負所で動こうとはしたが、思うように位置取りを上げられず。直線も逆手前のままでバテたサミットストーンと内を回ったケイアイレオーネの地方馬を交わすのがやっとという不甲斐ない競馬。

パッションダンスは前半から積極的な競馬に出たが、3~4コーナーで早々と逆噴射。ペースがキツかったのもあるが、この止まり方はダート適性が皆無だったとしか言い様がない。

地方馬は逃げたサミットストーン以外は特に見せ場なし。裏街道を連勝して地方馬の人気最上位だったグルームアイランドは全くお呼びでなかった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(1月30日)

1月30日
東京
6R3歳500万下(ダート1400m)
オーシャンビュー
嘉藤貴行(56.0)

京都
11R北山S(ダート1800m)
トラキチシャチョウ
M・デムーロ(57.0)




今週は土曜の2頭のみだが、期待値が高い2頭で力が入る。

社長は昇級戦だが、戦って来た面子からして前半で置かれすぎなければ一発ツモで勝ち上がれても。

オーシャンビューは先週帰厩して2本しか時計を出してないのが気になるが、前走はラニの2着だしいきなりでも期待したい。




バンブーキングペレが先日の川崎競馬に出走して3着。過去2戦がサッパリだったが、12キロ絞れて多少動けた感じ。

地方の産駒状況を多々掲載するようになって気付いたが、先日の笠松でヒカリノカケラが勝利して地方通算1800勝達成!

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

AJCC回顧

昨年5着に来たとはいえ、右回りの2200mなぞ明らかに守備範囲外で格好の養分だろうとバッサリ切り捨てたディサイファが直線坂上であっさり抜け出し、武豊30年連続JRA重賞勝利達成のパートナーに。
因みに、主戦の四位は暮れの落馬負傷で現在休業中(捻挫ではなく踵が折れたとか)。最近、検索サイトで【四位洋文 休業】と検索して当ブログへ来る方が増え・・・それで俺も「そういや、四位はなんで休業してるんだ?」と気になって調べたw

スタートからすぐ内に入れて道中は中団のイン。3コーナーで前のクランモンタナの手応えを見計らって1頭分外へ出し、4コーナーでルルーシュが失速するとそのスペースへ持ち出し、坂上で逃げ馬を交わすと2着争いを尻目に余裕の完封。
プラス12キロも特に問題なかったようだし、折り合いもスムーズで直線でも抑え切れない手応え。右回りと距離さえこなせば、このメンバーで負ける要素はなかったか。今後はドバイ遠征を視野に入れてるらしいが・・・まーた小島太の病気が始まったかと思ったりもするw

2着スーパームーンは出たなりの競馬で道中は中団の外目に付けて折り合い重視。4コーナーでモタついたヤマニンボワラクテの外を回る羽目になったが、坂下からグイグイ伸びて混戦となった2着争いを制した。
勝ち馬とは4コーナーでのコース取りの差で明暗を分けたが、アルゼンチン共和国杯のレベルの高さを示す2着だった。休養期間が長くて使い込めなかったが、昨年秋からは叩けば叩くだけ力を付けるブライアンズタイム産駒らしい地力強化を感じさせる。

3着ショウナンバッハは後方集団の内に入れて末脚温存。3~4コーナーで内ラチ沿いをピッタリ回って脚を溜めるだけ溜め、直線は先に抜け出した勝ち馬を追うようにして馬群を捌き、激しくなった2着争いに加わった。
条件戦上がりのJCは【枯れ木も山の何とか】と気にも留めてなかったが、何気に上がり最速だったりする。格上にも怯まないステゴ産駒の典型という感じで広いコースなら更にパフォーマンスを上げて来ても。

本命マイネルフロストは好位集団で競馬をするのかと思いきや、序盤のポジション争いで勝ち馬と接触したのもあって中団後方。道中は勝ち馬をマークする形でレースを進め、4コーナーでの捌きもスムーズ。しかし、直線では手応えの割に弾けず2着争いで切れ負け。
溜めるよりは好位からしぶとさを活かすスタイルでこその馬と思ってるので、松岡のコメントはシンガポールで何を学んできたのかと首を傾げたくなる。金杯と違ってガッカリ感満載だったのは否めない。

ヤマニンボワラクテはゲート内でガタガタし出したところでスタートが切られたものの、行き脚を付けて好位の外目。ペースが上がった3~4コーナーでモタつき、勝ち馬をブロックし切れず。立て直した直線で盛り返して5着に来たが、勝負所で勝ち馬に先んじなかったのが、豊と藤懸の差というか。馬はOPクラスでも一定の目処を付けた。

1番人気だったサトノラーゼンはポンとゲートを出てスンナリと3番手集団の真ん中と理想的な位置取りに思えたが、間に挟まれる競馬が駄目なのか、道中は力んだ感じの追走。4コーナーから動いて前を捕まえに掛かったが、外から勝ち馬に交わされると呆気なく失速。何か集中力欠いた感じで、今後に向けて不安な競馬。

ライズトゥフェイムはいつも通り後方からの競馬となったが、内回りと違って外回りは勝手が違ったか、道中は力みっ放しの追走。終始外を回らされてリズムを欠いてしまっては流石に見せ場を作る事すら出来なかった。内回りや小回りコースで見直したい。

1年半ぶりの休み明けだったショウナンマイティは途中で故障発生。幸い一命は取り止めたが、左前繋靭帯不全断裂で競走生命は断たれてしまった。気性難が災いしてクラシック路線では芽が出ず、中距離路線でその末脚に磨きを掛けてオルフェーヴルやロードカナロアに迫った実力馬だったが、2着に敗れた3年前の安田記念と完調手前で使った毎日王冠から歯車が狂ってしまった。
なかなか万全の状態に戻らず、漸く戻って3着に健闘した安田記念の直後に骨折が判明しての長期休養を強いられ、復帰初戦でこの故障・・・能力に見合ったタイトルを遂に取れなかった印象が強い。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

東海S回顧

朝起きて外の様子を見た瞬間「のんびり馬券を買ってる暇はない」と出勤前に馬券を買ったが(実際にそんな暇はなかった)1着固定にしたロワジャルダンが浜中の落馬負傷で横山ジュニアに乗り替わってるとは・・・浜中のままでも差し切れたか微妙な展開ではあったが、モヤっとした消化不良感が残る騎乗だった。

スローペースを見越してある程度の位置を取ったのは良いが、道中は少し力んだ状態。勝負所で外からインカンテーションに被せられて動くに動けず、直線入り口でどうにかこじ開けて追い出したが、スロー楽逃げだった前2頭との差を詰められず。
急遽の乗り替わりで大事に乗ったのは理解出来るが、ここ2戦が後方からの競馬だったとはいえ、本来はもう一列前で競馬が出来る馬。今後の事を考えるなら、取りこぼした感は否めない。

アスカノロマンはスタート直後は出して行ったが、外からモンドグラッセが出て行くと無理する事なく番手に付けてこれをマークする形。勝負所からジワジワと並び掛け、直線残り1Fで競り落として最後は2馬身差の快勝。
スローな流れを前々で上手く運べて折り合えたし、勝負所で窮屈な位置取りだった3着馬以外は強力な差し馬も見当たらない恩恵にも恵まれた。ただ、この馬なりに力を付けており、しぶとい先行力を活かせるようなら今後も注目すべきだろう。

2着モンドグラッセは外枠から行き脚を付けると無理する事なくハナへ。番手の勝ち馬が競らなかった事で3F目を13.2で入って上手くペースを落としての逃げ。勝ち馬には競り落とされたが、楽して逃げてた分、余裕で2着は確保。
休み明けでも太目残りだった前走から6キロ絞れたし、勝ち馬にマークされてたとはいえ、途中まではプレッシャーもキツくなかった事で自分のリズムで競馬が出来た。今後に向けて目処が付く競馬だった。

ローマンレジェンドは雪の影響で調整に苦労したのか、馬体重は過去最高。序盤のポジション争いでも前目を取れずに中団からの競馬を余儀なくされ、勝負所でもグランドシチーに被せられて最後は内を狙ったが、流れ込む程度。
重め残りで後手に回った競馬だったが、全盛期であればもう少し格好は付けられた筈。絞れればもう少し動けると思うが、前走で感じた能力の衰えは隠せなくなって来たか。

インカンテーションはスタート一息で後方からの競馬。スローペースで行きたがったところから無理に抑えずジワッと押し上げる形。勝負所で人気のロワジャルダンを被せに掛かったまでは良かったが、直線でブロックを弾かれた後は失速。
休養前の前を取る競馬が出来なかったし、最後は如何にも骨折休養明けという感じの止まり方。追い切りの動きからも判ったが、やはり完調には程遠い出来。ここを叩かれての変わり身待ちだろう。次走以降の追い切りには注目したい。

何か穴っぽいところで1頭くらい差して来るかなぁと狙ってはみたが、前半であれだけスローに落とされてのヨーイドンではどの馬も出番はなかった。

印的には▲→○→◎とほぼ完ぺきながら、ロワジャルダンを1着固定にしてる時点でアウト。日経新春杯と同じパターンで外してしまった。欲かかんと手堅く当てに行くべきだったかなぁと後悔。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2016リーディングサイアー~1月24日現在~

1キングカメハメハ
2ディープインパクト
3ダイワメジャー
4ステイゴールド
5ハーツクライ
6ネオユニヴァース
7マンハッタンカフェ
8クロフネ
9ハービンジャー
10アグネスデジタル
11ゼンノロブロイ
12キンシャサノキセキ
13ゴールドアリュール
14パイロ
15シンボリクリスエス
16メイショウサムソン
17エンパイアメーカー
18サクラバクシンオー
19ロージズインメイ
20デュランダル




7年連続JRA重賞勝利を達成したAJCCを含めた土日6勝(土曜2勝、日曜4勝)の固め打ちでディープがキンカメとの賞金差を4700万に詰めた。最初の開催だけだが、昨年の倍のペースで勝ち星を量産しており、今年は早い段階で定位置に居座るかも。

日曜京都10Rでフォーエバーモアが勝利し、JRA通算700勝を達成したネオがマンカフェを抜いてランクアップ。

通算勝利数でディープに抜き去られたクロフネだが、土日4勝(土曜3勝、日曜1勝)を挙げてトニービンをパス。すぐ上のネヴァービートまであと8勝。

アスカノロマンとモンドグラッセの東海Sワンツーでデジタルが一気にトップ10入り。一昨年にカゼノコがGⅠ馬になったとはいえ、数年間特筆すべき産駒が出なかったせいか、昨年の種付け頭数は41頭止まり。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(1月23日)と特別登録馬

1月23日
中山
6R3歳新馬戦(芝1600m)
アラマサスピード
14番人気9着

中京
4R障害未勝利戦(芝3000m)
ローレルソラン
6番人気3着
8R4歳上500万下(ダート1900m)
エムオーハンター
9番人気14着
11R中京スポニチ賞(ダート1900m)
ヤマカツティラノ
14番人気12着




ローレルソランが初障害で3着に健闘。最初は掛かってたが、途中からハナを奪った後はスムーズ。最後は久々の影響で脚が上がったけど、飛越は低い点以外は安定してた。初障害にしては上々。

ヤマカツティラノはまぁ如何にも休み明けというレース。エムオーハンターは心房細動で目でも回したのかという逆噴射でタイムオーバー。アラマサスピードは好位追走も直線は追って伸びず。




特別登録馬
トラキチシャチョウ・・・北山S




社長はデムーロ続投とはありがたい限り。相手は現級組より、ブチコと3走前に負かされたミツバが怖い気がする。

本来なら、どちらかのレース回顧も書く予定でしたが、今日は寒波到来の中で休日出勤に駆り出されて疲労困憊なので後日にm(__)m
今日は飯食って、真田丸どうでしょう観て、酒飲んで寝るだけ(´・ω・`)

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

東海S・AJCC

東海S
◎ロワジャルダン
○モンドグラッセ
▲アスカノロマン
△イッシンドウタイ
△ナリタポセイドン
△ストロングサウザー

ロワジャルダンはチャンピオンズCで大外枠に加えてスタート一息で後方からの競馬を余儀なくされたが、最後は馬群を捌いて2着争いに加わる4着。前崩れという展開利に恵まれたのは確かだが、地力強化もまた事実。最終追い切りは軽めながら軽快なフットワークで仕上がり良好。

モンドグラッセは重賞初挑戦となったみやこSでは前掛かりの展開に巻き込まれて潰されてしまったが、今回は先行馬はいても単騎逃げで行けそうな公算が高い。立て直しを図った放牧の効果もあってか、これも追い切りでの気配は目を引くものがある。三浦から田辺に乗り替わったのも個人的には買い。

アスカノロマンは3歳秋~4歳春に出走した重賞では二桁着順と歯が立たなかったが、昨年秋のみやこSでは4着と健闘し、続くベテルギウスSでも2着と持ち前のしぶとい先行力が通用するようになって来た。中京コースにも勝ち鞍があり、中間もこの馬なりに出来は良さそう。

イッシンドウタイは中央入りしてからの4勝中3勝は12~1月にマーク。昨年の川崎記念も5着と健闘してるように冬場は走る傾向。前走は出入りの激しい流れに加えて勝負所では外を回らされる厳しい競馬。勝ち味に遅いが、左回りは複勝率6割という堅実さを買ってみたい。

ナリタポセイドンは左回りで3勝を挙げてるサウスポー。距離はもう少しあった方が理想なのだろうが、中京で行われた3走前の1800m戦では表舞台に出る直前のサウンドトゥルーの2着で上がりは此方が最速。武士沢でないのが残念だが、この馬なりに仕上がってる。

ストロングサウザーはスタートから先行出来ず、ペースも乱れる中で揉まれ込んで何も出来なかったが、今回はそれなりに流れが落ち着きそうだし、揉まれない大外枠も好材料か。今年未だ未勝利の幸がアレだが、揉まれずに運べればそれなりには。

ローマンレジェンドは前崩れの流れを捲りに行って大敗した前走も負けすぎだし、ここ最近の岩田の乗れてなさも気掛かり。インカンテーションは追い切りの動きがまだまだ迫力を欠いており仕上がり途上。

ここはロワジャルダンを1着固定に据え、2着をモンドグラッセ、アスカノロマンそれぞれに据えた3連単流しを買ってみたい。


AJCC
◎マイネルフロスト
○スーパームーン
▲ステラウインド
△サトノラーゼン
△ライズトゥフェイム
△ヤマニンボワラクテ

マイネルフロストは後続を引き離したとはいえ、実質スローで逃げた中山金杯で復調を感じさせる2着。今回はスズカデヴィアスが逃げ宣言をしているが、元々は逃げ馬を先に行かせての先行粘り込みを身上とする馬で却って自分の型に持ち込める。ロスなく立ち回れる最内枠も魅力。

スーパームーンは中山では勝ち鞍がないとはいえ、5戦中4戦掲示板と詰めは甘いが苦手にしてるわけではない。前走も勝ちに行く競馬をした分、勝ち馬に差されたが内容は悪くなかった。中間も坂路でしっかり負荷を掛けられて出来は良さそう。大活躍をしてる2走前の上位馬に続けるか。

ステラウインドは中山金杯でも追い切りでの気配の良さから穴で狙ったが、間隔が詰まってる中でしっかりと時計を出してる今回の追い切りから引き続き気配の良さが窺える。前走はスローな流れで伸び負けたが、それなりに流れてくれるようなら前走以上に走れても良さそう。

サトノラーゼンは溜める競馬を試みた昨年秋2戦が物足りない競馬で成長力という点で疑問が生じたが、菊花賞後に放牧に出されてリフレッシュした効果もあってか、追い切りの動きは休み明けでも十分動ける雰囲気。溜める競馬はあまり合ってない感じなのでテン乗りのベリーが前々で運んでくれれば。

ライズトゥフェイムは大外枠と見込まれた感があったハンデ56を嫌って軽視したが、展開不利の中で後方から追い上げる競馬で4着とOPクラスに目処を付ける競馬。中山巧者とはいえ、全5勝を挙げてる内回りから外回りに替わってどうかだが、地力強化されてる昨年秋からのレースぶりから無視は出来ない。

ヤマニンボワラクテは騎手が藤懸というのが何とも渋いが、昨年秋から中長距離戦で着実に力を付けて来た。関西馬だが、中山では4戦して着外なし、同条件となった前走では早め先頭から押し切るなかなかの勝ちっぷり。この手のタイプは穴人気して飛ぶ傾向だが、今年のメンバーなら騙されて買ってみるw

馬券はマイネルフロスト1頭軸の3連複流しで。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(1月23日)

1月23日
中山
6R3歳新馬戦(芝1600m)
アラマサスピード
的場勇人(56.0)

中京
4R障害未勝利戦(芝3000m)
ローレルソラン
浜野谷憲尚(60.0)
8R4歳上500万下(ダート1900m)
エムオーハンター
丹内祐次(56.0)
11R中京スポニチ賞(ダート1900m)
ヤマカツティラノ
藤岡康太(57.0)




今週デビューのトップガン産駒
アラマサスピード
母アラマサスナイパー
母父ステイゴールド
半姉クリスマス(函館2歳S)
美浦・高橋裕厩舎




3歳世代では良血の部類に入るアラマサスピードがデビューも、調教時計を見た感じでは姉とは違って初戦からという感じではない。

ローレルソランは暫く音沙汰なかったが、障害デビューとは。ヤマカツティラノ程ではないが、半年ぶりの休み明け。息が持つかどうか。エムオーハンターはダートで変わり身を見せてほしい。

トラキチシャチョウのお陰でリーディングはボーンと36位に上がったんだけど・・・一つ上にマーベラスサンデー、もう一つ上に親父殿がいた(´・ω・`)親父殿は兎も角、マーベラスには勝ちたいねぇ(`・ω・´)

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

京成杯回顧

決め手勝負にしたくないマイネルラフレシアや好位で立ち回りたいプランスシャルマンがある程度早めに動く展開を想定してたが、スタート直後のゴチャ付きで全てご破算。4角2~4番手にいた馬が1、2、4着という典型的な前残り決着ではどうしようもない(´・ω・`)

2歳戦の実績から気にはなってたが、印が回らなかったプロフェット。内枠から急がせる感じではなくジワッと出して行き、道中は4、5番手を追走。3~4コーナーから仕掛けて行き、坂上からグイグイ伸びて2着馬との追い比べを制した。
瞬発力勝負に全く適応できず、コーナー4つの小回りや内回りを得意とする典型的なハービンジャー産駒と言えるので買い時はある程度見極めが付いた。デクノボーやコントラバスみたいなポンコツと違ってフォーリーはそこそこ適応出来てるっぽい。

2着ケルフロイデはこれも内枠から出して行って道中は内ラチ沿いの好位を追走。3~4コーナーからラチ沿いを通って仕掛け、直線入り口で2、3頭分外へ。追い比べで勝ち馬に競り負けたが、最後までしっかり脚を伸ばして2着は確保。
前走の負け方から内枠に引っ掛かりを感じて切ったが、今回は4コーナーで上手く外へ持ち出すことが出来てスムーズに走らせる事が出来た。ただ、前有利の流れに乗れた恩恵は否めず、評価を上げる程のインパクトはなかった。

3着メートルダールはスタートから行き脚が付かずに道中は後方2、3番手。3コーナー手前から動き出したが、ナムラシングンに外から被せられて思うように上がれず。何とか馬群を捌いて猛追して来たが、2着馬に迫るところが精一杯。
戸崎の騎乗も大概だが、馬込みに入れない致命的弱点を抱えて尚且つ直線は逆手前のままと課題も多い。確かに負けて強しの印象だが、毎年必ずいる(昨年だとロカか)負けて評価は上がれど、次以降も同じような負け方で養分と化すタイプの気がしないでもない。

アドマイヤモラールは二の脚を利かせて前に行って道中は番手から。勝負所で後続の動きを確認してから逃げ馬を捕まえに行き、坂下で一旦は先頭に立ちかけたが、坂上で上位馬に捕まえられた。
坂でのあの止まり方は血統面から来る距離の壁を感じさせるが、2000mでこれだけ走れたのは予想外。しかし、スタート直後にヨレて玉突き現象を引き起こしたのはいくら田辺でもいただけない。あれで過怠金1万は処分が軽すぎる。

未勝利戦での勝ちっぷりから1番人気に支持されたウムブルフだが、ペースが上がらなかった事もあって道中は中団馬群の中で力みっ放し。4コーナーでゴーサインを送ってもモタついて、エンジンが掛かったのは坂上からではどうしようもない。
内枠を引けた事で折り合えるかと思ったが、レース前からイレ込んでたように気性面の難しさは予想以上に厄介な感じ。もう少し落ち着きが出て来ないとメートルダールとは違うタイプの養分と化しそう。

ユウチェンジは道中は1、2着を見ながらの好位追走。勝負所で勝ち馬の外へ被せかけたところまでは良かったが、いざ追い出されるとモタモタし出して直線はジリジリとしか伸びず。プラス6キロだったように変則調整の難しさから幾分太目残りだったのかも。

ナムラシングンは大外枠も影響してフワッとした感じでゲートを出て最後方からの競馬。3コーナーから動いて3着馬の外へ被せに掛かったが、ここで3着馬も動いた事で外を回らされる形。直線は上がり最速で脚を使ったが、勝負に絡むまでは行かなかった。
出して行くと向きになるのが判っていたから、スタートであんな感じになるのは織り込み済み。ただ、冒頭で触れたとおり先行してレースをコントロールする筈の馬が行けなかった事でペースが遅くなったのが誤算だった。

プランスシャルマンとマイネルラフレシアはスタートの不利で実質的に終了だった。今回は参考外なので次走以降で改めて見直したい。

土日はトラキチシャチョウのお陰で損害をある程度回収出来たが、止めた筈の悪い流れに押し戻された感じ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2016リーディングサイアー~1月17日現在~

1キングカメハメハ
2ディープインパクト
3ダイワメジャー
4ステイゴールド
5ハーツクライ
6マンハッタンカフェ
7ハービンジャー
8ネオユニヴァース
9ゼンノロブロイ
10クロフネ
11キンシャサノキセキ
12ゴールドアリュール
13パイロ
14メイショウサムソン
15ロージズインメイ
16シンボリクリスエス
17カネヒキリ
18デュランダル
19サクラバクシンオー
20エンパイアメーカー




流石に3週目に入ると、大体いつものメンバーが出揃うな。はっちゃけ成分は地方リーディングで堪能するかw

レーヴミストラルの日経新春杯勝利等、土日7勝(土曜3勝、日曜4勝)の固め打ちで1億4000万強の荒稼ぎをみせたキンカメが首位固め。昨年と同様に開幕ダッシュに成功。

重賞で勝ち切れずキンカメとの差を広げられたディープだが、日曜中京5Rでナムラヘイハチローが勝利。ネヴァービートを抜いてJRA通算勝利数で歴代単独12位に浮上。なんか、駅伝でのごぼう抜きを見てる気分だなw

賞金額ではキンカメに及ばなかったが、土日7勝(土曜2勝、日曜5勝)と爆発したマンカフェが一躍トップ10入り。JRA通算849勝とし、トウショウボーイに並んだ。

順位変動はなかったが、昨年に続いて京成杯を制したハービンジャー。目立った大物は出てないが、JRA通算100勝も目前に迫って来た。

日曜中山8Rでクラシックメタルが勝利し、JRA通算1054勝目を挙げたクロフネがトニービンと並んで歴代14位タイに。

マキャヴィティのOP特別勝利でデュランダルが2014年10月以来のトップ20入り。昨年まで5年連続JRA重賞勝利中だが、記録継続の鍵を握ってたサンレイデュークは屈腱炎で戦線離脱。AJCC出走予定のフラガラッハの双肩に託された。


昨年から優駿SSで種牡馬入りしてたサダムパテックが韓国へ輸出される事が決定。昨年の種付け頭数は24頭だったし、プリサイスエンド、カレンブラックヒル、トゥザワールド等の新入厩馬が7頭いたからなぁ。ラインナップからあぶれてしまったというとこかな。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(1月16日、17日)と特別登録馬

1月16日
京都
11R雅S(ダート1800m)
マヤノオントロジー
3番人気5着

中京
6R4歳上500万下(ダート1800m)
ライフトップガン
13番人気10着


1月17日
京都
1R3歳未勝利戦(牝馬限定・ダート1200m)
タヒチアンムーン
10番人気11着
9R五条坂特別(ダート1900m)
トラキチシャチョウ
2番人気1着

中京
1R3歳未勝利戦(ダート1200m)
パイナップルキング
15番人気9着




虎吉社長の大立ち回りで今年の中央初勝利ィィィーーーッ!!!
3コーナーから追い通しという、いつも通りのスタイルだったが、今日は4角での位置と手応えから「勝ったな」と思った。負かされたトップディーヴォやサージェントバッジが準OPを勝ち上がってるし、昇級しても十分通用する。

オントロジーは3コーナー手前からジワッと位置取りを上げていったが、あの乗り方をされるとトップガン産駒の差し追い込み馬は終いの切れが鈍る。テイエムグンカンの除外も誤算だったが、悪い予感が当たってしまった。

大井のベッラフレイバーは見事に変わり身を見せて2勝目。スタートは今一つだったが、すぐに前に付けて直線も危なげなく押し切った。まだまだ上積みが見込めそうで何より。




特別登録馬
ヤマカツティラノ・・・中京スポニチ賞




昨年9月以来、久々に名前を見掛けた。この条件は2走前に5着に来てるが、この時はハンデ戦だったしなぁ。


シンガポールのデンジャーゾーンが本日久々に出走。ここ数戦の逃げから一転、今回は差す競馬だったが、バテない伸びない感じの7着。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

日経新春杯回顧

ダコールが逃げるまさかの展開となり、途中でスローペースを嫌ったメイショウウズシオがハナを奪って後続を引き離した事でスローながらロングスパートの打ち合いという特殊な展開。良い脚を長く使うレーヴミストラルにとって与し易い流れになった。

もっさりしたスタートから道中は最後方。道中はじっくりと脚を溜め、3コーナー坂の下りからジワッとエンジンをふかして集団後方に取り付き、直線で一気にエンジン全開。2着馬をあっという間に置き去りにし、混戦となった2着争いを尻目に突き抜けての完勝。
前半までは「この流れなら3着までだな」と思ったが、途中から隊列がバラける特殊な展開となってこの馬の持ち味を活かせたのが勝因だろう。展開に左右される面があるので一概に信用するわけにはいかないが、ステイヤーの差し馬として高い資質は見せた。

2着シュヴァルグランは出たなりの競馬で道中は中団の後方を追走。途中までは良い感じだったが、勝負所からプロモントーリオに被せられて4コーナーで接触。立て直してからの直線は良く追い上げて来たが、混戦となった2着争いを制するに止まった。
4コーナーでの接触で仕掛けるまでのタイムロスが生じた分、踏み遅れたのは確かだが、途中で隊列がバラけたのとプロモントーリオのプレッシャーで難しいレースを強いられたのも確か。連勝が止まってトーンダウンは否めないが、今後に向けて及第点は付けられるだろう。

3着サトノノブレスは各馬の出方を窺ってダコールが完全にハナに立ったところを見計らっての番手。途中でメイショウウズシオが動いたところでも慌てず坂の下りからジワッと仕掛け、最後までしぶとく脚を伸ばして2着争いを展開。
序盤のポジション争いでの老獪さも然る事ながら、勝負所から徐々にエンジンをふかせるタイミングはテン乗りと思えない巧さを見せた豊だが、トプハンデに不満を述べるのはなぁ。ハンデ57キロでも勝ってるGⅠ2着馬だし、仕方ないと思うけどねぇ・・・

ダコールはスタートを出たのもあって前に行ったが、逃げ馬不在もあってそのままハナを切る予想外の展開。途中でメイショウウズシオに一気に行かれたが、自分のペースを守ってゴール前まで2着争いに加わる見せ場十分の内容。
22キロ増の太目残りとハンデ58キロが影響して詰めを欠いたが、得意の京都外回りの良馬場でまだまだ健在なところをアピール。既に8歳だが、軽い馬場なら重賞で戦えるようだ。

ベルーフはスタートから気合を付けて中団に付けたが、ペースが遅かったのと出して行った事で道中は力んだ感じの追走。勝負所でも動くに動けない形となり、直線もサトノノブレスとダコールの間を割れず。最後は内からジリジリと脚を伸ばしたが、全体にチグハグな競馬。デクノボーを乗せるくらいなら、日本の若手にチャンスをやれと(ry

プロモントーリオは前半は後方3、4番手に控えて人気のシュヴァルグランをマーク。勝負所から動いて被せに掛かってプレッシャーを掛けに行ったが、4コーナーで接触。これで自身の勢いも失い、直線での追い比べでも先に根負け。負かしに行ったら、勢い余って自爆した感じ。

印的には▲→◎→△で当たりだが、プロモントーリオを過信しての3連単フォーメーションに走って失敗。いずれにしろ、レーヴミストラルの頭はないと思ってたのでこの組み合わせの3連単は買えなかったけど。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

愛知杯回顧

混戦ムードの様相から人気薄の一発があると踏んでレイヌドネージュの末脚に期待したが、大外から良く追い上げたものの5着まで。中盤にペースが流れてこの馬向きの流れになったが、4コーナーで外へ出す際にスムーズさを欠いた分、届かなかった。クラブの規定で次走がラストランになりそうだが、もう1回狙ってみたい。

大敗したマーメイドS以来の休み明けでプラス22キロのハンデ頭バウンスシャッセがここで復活。1~2コーナーで内から外へと持ち出し、道中は後方集団の外目。直線は外から馬群を割って脚を伸ばし、ゴール前で先に抜け出した2~4着馬を差し切った。
自己最高馬体重で万全の出来に思えなかったが、中盤からペースアップして淀みない流れとなって後方に付けたこの馬向きの流れになったし、1~2コーナーでの持ち出しや直線で上手く馬群を捌いた田辺の騎乗も良かった。しかしまぁ、いつ走るか読みづらい馬だw

2着リーサルウェポンはスタートから二の脚が付かずに中団後方の外目で折り合いを付けながらの追走。4コーナーから流れに乗って動いて行き、直線はマキシマムドパリと併せる形で脚を伸ばし、勝ち馬には差し切られたがゴール寸前で2着を確保。
大敗した紫苑S以外はマイル前後を中心に使われていたので距離に不安はあったが、後方で脚を溜めれたの加えて勝ち馬と同様にペースが向いた。最軽量ハンデ50キロという斤量面の恩恵も恵まれた。

3着アースライズは序盤は馬群の中で力みかけたが、ペースアップした中盤以降はスムーズに追走出来た。4コーナーで徐々に前を割れるスペースを確保し、直線で前を割って一旦は抜け出したが、ゴール前で差して来た1、2着馬に差された。
勝ちに行って早めに先頭に立った事でソラを使った分、最後に差されてしまったが、あそこで割らないとスペースが潰された可能性もあった。川須の積極性は評価すべきだろう。いずれにしろ、今後も中距離路線で注目すべき存在。

マキシマムドパリはスタートで遅れて挽回すべく出して行ったら掛かりかけ、勝負所から追っ付け通しで鞭が飛んでる時点で惨敗するかに見えたが、直線も2着馬と併せる形でしぶとく伸びて来た。
陣営のコメント通り、10キロ減って440キロ台での出走と万全ではない状態で地力だけで来た印象。あと、ヴェロンだっけか?それ程人気馬に乗ってないものの、日本競馬に適応してるとは言い難い。この程度なら、日本の若手にもっとチャンスをやれ。

シュンドルボンは16番枠からジワッと好位に取り付けたが、内に入る事が出来ずに終始馬群の外を回る形。更に4コーナーで外からマキシマムドパリが被せて来た事で早めに動かざるを得ず、後続の目標にされて残り1Fで捕まえられた。流れに乗り切れないまま目標にされる損な役回りだった。

条件戦を連勝してたハピネスダンサーは直線で前が全く開かずのどん詰まりで競馬にならず。タガノエトワールは外枠が祟って馬群の外を回らされ、勝負所ではマキシマムドパリと一緒に進出したが、末を無くして直線で逆噴射。オツウは最初は単騎で行けたが、途中から秋山に絡まれてペースを上げさせられて4コーナーで余力がなくなった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

日経新春杯・京成杯

日経新春杯
◎シュヴァルグラン
○プロモントーリオ
▲レーヴミストラル
△アドマイヤフライト
△サトノノブレス

シュヴァルグランは2歳戦からクラシック戦線に乗りかけた様に素質の一端を垣間見せていたが、昨年秋から条件戦を3連勝して本格化の兆し。このレースと相性の良いオリオンSでの勝ちっぷりも上々。ハンデ54キロも手頃で長めから追われた追い切りも時計自体は平凡だが気配良好。

プロモントーリオの前走は道悪にノメって崩れたが、良馬場なら巻き返して来れる。2400mでは未だ連対を外しておらず、本格化前とはいえラブリーデイやアドマイヤフライトと差のない競馬をして来た。追い切りは終い重点だったが、昨年暮れから坂路で乗り込まれて動ける態勢。あとは何とか天気が持てば。

レーヴミストラルは金鯱賞ではスタートで後手を踏んで流れに乗り切れなかったが、2000mという距離も少し短くなってた印象。今回は後方からになってもゆったり運べる京都外回りに加えて2勝してる2400m戦。シュヴァルグランとのハンデ差はあるが、最内からロスなく立ち回ってカバーしたい。

アドマイヤフライトはこのレースに2年連続出走して2、3着。昨年の札幌以来だが、そこで休養に入るのは予定通りでここを目標にして昨年暮れから入念に乗り込まれており、最終追い切りは正味2Fで流す程度だが、身体自体は出来てる印象。得意の冬場でいきなり走っても。

サトノノブレスはオールカマーから復帰して徐々に調子を上げて来て前走の金鯱賞で3着と久々に馬券圏内の好走。その前から装着したブリンカー効果も大きいようだ。追い切りの時計は平凡だが、有馬記念を使うつもりで調整してたので特に問題ない。あとはハンデ頭の58キロがどうか。

馬券は◎○→◎○→▲△△の3連単フォーメーション。3連複で当てに行く選択肢もあったが、ルメールとデムーロを信頼したい。


京成杯
◎ナムラシングン
○マイネルラフレシア
▲ユウチェンジ
△ウムブルフ
△プランスシャルマン

ナムラシングンはデビュー戦で逃げたドレッドノータスにクビ差迫る2着で折り返しの未勝利戦は完勝。前走は勝ち馬に千切られはしたが、前半は掛かり気味だった事を鑑みれば悪くないし、実質エリカ賞とも言えるメンバー構成。荒削りな面はあるが、落ち着いて走れるようならここでも通用する筈。

マイネルラフレシアは東スポ杯では切れ味の差で1、2着馬には完敗だったが、それでも新馬→OP勝ちがフロックでない事は示した。中山コースは初めてだが、先行して終いも速い上がりを使える器用さを武器としているので却って好都合と言えそう。人気薄を先行させて好位で立ち回りたい。

ユウチェンジは変則調整で最終追い切りは流す程度だったが、実質の追い切りだった月曜で坂路50秒を切って出来は引き続き良好。朝日杯は直線でスムーズさを欠きながらも3着馬とは僅差。中山は初だが、異なる競馬場で常に安定した成績を収めてるので気にする必要はないだろう。

ウムブルフはデビュー2戦は取りこぼした感じの2着続きだったが、前走は同日同条件の葉牡丹賞よりも速い走破時計で快勝。前半は大外から行きたがっていた点からも、今回内枠を引けた事でレース運びはしやすくなるだろう。完成するのはまだ先だろうが、素質で何とかする可能性はある。

プランスシャルマンは馬群の中で力んで脚が溜まり切らなかったホープフルSの内容が微妙な感じだが、ここで溜める競馬をした布石が活きるようなら、芙蓉Sでプロディガルサンの2着に来た実績を再評価しても。今回は先行させて上手い柴山に替わるし、好位で流れに乗れれば。

馬券はナムラ軸の馬連と3連複1頭軸流し。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

愛知杯

◎レイヌドネージュ
○アースライズ
▲マキシマムドパリ
△シュンドルボン
△タガノエトワール
△オツウ

レイヌドネージュは脚質を差し追い込みに定めてから確実に速い上がりをマークし、ここ4戦連続は最速。中京は1戦して6着という成績だが、左回りは新潟で2勝してるし、中山や函館で勝ち鞍があるように非力なタイプでもない。前が止まらない可能性もあるが、ハマれば面白い存在。

アースライズは牝馬3冠でオール二桁人気ながら8、4、5着と健闘。更に前走は馬群の狭いところを割って抜け出すという先行粘り込みの戦法を取ってた春とは違う一面を見せて本格化の兆し。ただ、今回は暮れに使った事もあってか、月曜に本追い切りを済ませる変則調整がどうか。

マキシマムドパリは格上挑戦という形式でハンデは見込まれた形だが、先行馬総崩れの中で唯一踏ん張って3着に健闘した秋華賞を鑑みれば妥当か。これもアースライズと同様に秋華賞後のレースをキッチリ勝ち上がって地力強化が窺える。しかし、440キロ台に減りそうな馬体と良く判らん外国人騎手が懸念材料。

シュンドルボンは初の重賞挑戦だったエリザベス女王杯で一旦は勝ち負けに加わろうかという見せ場を作って7着。1Fの距離短縮と8戦3勝着外1回という相性の良い左回りは条件が好転すると言える。あとはレース間隔がやや空いてるので太目が残ってないか気掛かり。

タガノエトワールはエリザベス女王杯では距離と馬場に泣かされて惨敗したが、続くチャレンジCでは久々に差す競馬を試みて牡馬のOP倍相手に5着。2000mはベストとは言えないが、一昨年の秋華賞では差す競馬で3着に健闘しており、溜める競馬なら克服可能だろう。

オツウは久々の2000mと脚質的に有利に働くとは言えないコース形態に不安は残るが、前走も不利と思われた中山マイルの外枠を克服して3着。それに追い切りは併せた相手を煽る動きで出来自体は良い。単騎マイペースで行けそうな感じだし、大穴ならこれか。


馬券はレイヌドネージュの馬連とワイド流し。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(1月16日、17日)

1月16日
京都
11R雅S(ダート1800m)
マヤノオントロジー
C・ルメール(55.0)

中京
6R4歳上500万下(ダート1800m)
ライフトップガン
小牧太(57.0)


1月17日
京都
1R3歳未勝利戦(牝馬限定・ダート1200m)
タヒチアンムーン
☆小崎綾也(53.0)
9R五条坂特別(ダート1900m)
トラキチシャチョウ
M・デムーロ(57.0)

中京
1R3歳未勝利戦(ダート1200m)
パイナップルキング
△義英真(54.0)




オントロジーはまさかのルメール鞍上。先行馬が揃ったのでやりあってくれれば流れは向くと思うが・・・年末からルメールに裏切られ続けている個人的相性の悪さが不安

社長は脚質的にもヒデノインペリアルが相手だろう。兎に角、ズブいので追って追いまくって早めに押し上げてほしい。




園田のカロッサルは残念ながら勝負所からズルズル後退して殿負け。砂を被って戦意喪失した感じだが、正直先々も厳しい気がする。

明日の大井ではベッラフレイバーが出走。一回叩かれたし、今回はデビュー戦と同じ条件。変わり身を見せてほしい。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

2016リーディングサイアー~1月11日現在~

1キングカメハメハ
2ダイワメジャー
3ディープインパクト
4ハーツクライ
5ステイゴールド
6クロフネ
7ハービンジャー
8ゴールドアリュール
9パイロ
10ネオユニヴァース
11マンハッタンカフェ
12ゼンノロブロイ
13ロージズインメイ
14キンシャサノキセキ
15エンパイアメーカー
16カネヒキリ
17サクラバクシンオー
18ブラックタイド
19シンボリクリスエス
20メイショウサムソン




数の暴力というか何というか・・・3日開催で56頭出しのキンカメ、44頭出しであっさりJRA通算500勝突破のダメジャー、重賞では不発も上位2頭を上回る6勝をマークし、ネヴァービート(1064勝)に迫るディープ(1060勝)が抜け出しつつある状況。

これに追い縋るのがロジクライのシンザン記念勝利で6年連続JRA重賞勝利を達成したハーツ。快進撃を続けるシュヴァルグランの日経新春杯で更に捲れるか。

ビービーバーレルのフェアリーS勝利でパイロが一気に躍進してトップ10入り。JRA重賞はこれが初勝利だが・・・馬券取らせて貰ってなんだが、まさか芝で勝つとは予想外w

パイロ以外でランク外からランクインしてきたのは、通算勝利数でトニービンにあと1勝差まで迫ったクロフネ、3日開催で4勝マークのキンシャサ、スーサンジョイがOP連勝したエンパイアメーカー、ビッグアーサーに続く新星となれるかローレルベローチェがOP入りしたバクシンオー、地味に細かく賞金を稼いだサムソンの5頭。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

フェアリーS回顧

騎手時代は逃げの代名詞的な存在だった中舘英二が調教師としての重賞初勝利も逃げ切り勝ち。何の因果か、鞍上の石橋脩もビートブラックでアッと言わせた天皇賞以来の重賞勝ち。軸にした時は全く意識してなかったが、決まってみればなかなか面白い取り合わせだった。

好スタートから予想通りハナを切って主導権を握ると中盤に一息入れてのマイペースに持ち込むビービーバーレル。直線での瞬発力勝負にならないように3~4コーナーでペースアップし、坂下までにセーフティリードを取って後続を完封。
出来の良さに加え、メンバーの低調さと単騎のマイペースで行けた恩恵はあるが、最後の1Fも11.9で纏めて上がり35秒を切ってきた。桜花賞でどうこう言えるレベルではないが、同じくこのレースを逃げ切ったノットフォーマルやクラウンロゼよりは上と見做して良いかも。

2着ダイワドレッサーは2コーナーでゴチャ付いた際に不利を受けたが、上手く宥めて道中は中団馬群の中で脚を溜める競馬。3~4コーナーのコーナリングで好位に上がり、直線でスムーズに外へ出すとグイグイ伸びて2着を確保。
スムーズなら面白いかもと穴で入れたが、流れに乗れたとはいえ期待通りの走りだった。距離短縮は向くと思ってたが、マイルよりも長い距離が良いというのはご愛敬wトライアルくらいならもう1回出番があっても。

3着ダイワダッチェスはスタートは勝ち馬よりも速かったが、ハナに立つのを嫌って好位で控える競馬。その過程で行きたがるの宥め、インで脚を溜めて直線は内から脚を伸ばすと、2着馬には交わされたが脚が鈍ったクードラパンを競り落として3着は確保。
1400mを連続して使われた影響か、一本調子で走ってる感じが見受けられたが、そうした面を考慮して控えたのだろう(逃げる競馬もしてないし)。もう少し抜ける走りが出来れば上積みはありそうだが。

クードラパンはスタートが良かったので外枠からでも前に取り付き2番手からの競馬。スローペースで上手く脚を溜めると、直線で逃げ込みを図る勝ち馬を捕まえに行ったが、坂で逆に脚が上がって踏ん張り切れずの4着。
外枠から小脚を使って前に行った分、最後の踏ん張りが利かなかったが、スローペースを見越して前を取りに行った田辺は流石と思う。馬の方は現時点ではややパワー不足か。

コパノマリーンは好スタートを切ったまでは良かったが、そこから半ば無理くり控えて中団からの競馬。直線は外へ出そうとしたら、その拍子にモタれ出して制御できないまま外の数頭を弾き飛ばすご乱心。
当然ながら騎乗してた勝春は騎乗停止。まあなんつーか、下世話なバラエティー番組に出た直後というタイミングも相俟って全方位から叩かれまくってるお約束の展開になってるので、ここで色々書くのは控えとく。そもそも、技術はあれど勝負師しての心を持ち合わせてないこの男を10数年前から騎手として評価してないし。

コパノに一掃された感じの差し馬勢に関しては今回は参考外なので特に取り立てて書く必要はないだろう。ただ、後方2番手から4角大外ぶん回しの武士沢レシーブと右回りに全く対応出来てないコントラバス、おめーらは駄目だ。

大勢に関係のないところで後味の悪い事が起きたが、欲かいて3連複に手を出さずに馬連オンリーにして大正解wチマチマ買ってるので大儲けとはいかないが、金杯の嫌な流れは断てて良かった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(1月10日、11日)と特別登録馬

1月10日
中山
6R3歳新馬戦(芝1600m)
シュムカネ
13番人気10着

京都
10R羅生門S(ダート1400m)
メイショウアイアン
5番人気10着


1月11日
中山
1R3歳未勝利戦(牝馬限定・ダート1200m)
シェヴェルニー
10番人気9着




アイアンはスタートから出したかと思えば、中団後方の外に下がってしまい末脚も不発。行くでもなく、外に出すにしても中途半端などっちつかず。子鮫2号の玩具にされるのはウンザリだ。

シェヴェルニーは前に行けない、途中で不利を受けて頭を上げるとまるで競馬にならず。

シュムカネは大外に加えてスタートで煽ってはどうしようもない。




特別登録馬
マヤノオントロジー・・・雅S
トラキチシャチョウ・・・五条坂特別




オントロジーは前に行ってくれそうな馬がいるのは良いが、グッドマイスターに北村友を取られたのは痛い。

社長、川原の次がデムーロとは何気に豪華な騎手リレーwズブいので追いまくれる腕っぷしの強い騎手起用はありがたい。



本日、トウケイニセイ記念にエイトプリンスが出走するも7着。展開も不向きだったし、このメンバーに入ると力不足だったか。

続いてファイブタブレットが出走したけど、またしてもというか3度目の2着。いつもあと一押しが足りないなぁ。

明後日カロッサルが園田で初出走。ダートが合えば良いんだが、A級で何処までやれるかなぁ。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

フェアリーS

◎ビービーバーレル
○ラブリーアモン
▲シーブリーズラブ
△クードラパン
△ダイワドレッサー
△レッドシルヴィ

ビービーバーレルは赤松賞では3番手から3着と好走したが、内枠を引けたのと取り立ててハナを切りそうな馬も見当たらないから、3走前みたいに主導権を取りそう。アルテミスSではリズムを崩して大敗したが、この時よりも楽なメンバー構成に加えて追い切りでの気配の良さが目立つ。

ラブリーアモンは未勝利を脱出した前走で負かした相手が京成杯でも人気になりそうなウムブルフで勝ち時計も翌週の赤松賞より速かった。キャリアを重ねる毎にレースぶりに進展が見られ、同条件の3走前よりも良い位置でレース運び出来そう。中間もまずまずの動きでこのメンバーなら。

シーブリーズラブは疲れが出て自重したが、前走は阪神JF出走を考えた程のセンスある勝ちっぷり。カジノドライヴ産駒ながら、フルーキーの半妹という母系が強く出てる感じで現段階では芝路線でも問題ないだろう。目一杯に追えない点で中身が出来るのは先っぽい印象だが、ここは素質に期待。

クードラパンは期待した阪神JFで案外な内容だったし、もう少し内枠が欲しかったところだが、メンバー中唯一の2勝馬でこの条件でも勝ち鞍がある。脚質的に流れが向くか微妙だが、阪神JF組は着外からでも普通に巻き返して来るし、鞍上田辺という点にも期待。

ダイワドレッサーの前走は直線で前が壁となってまともに追えず。今回は牝馬限定でマイルに距離短縮されるので前走よりもレースはしやすいだろう。休み明けで勝ち上がった前走の内容を見直しても、このメンバーなら通用しても。

レッドシルヴィは出遅れて惨敗した赤松賞は参考外。デビュー戦勝ちと牡馬相手に健闘したひいらぎ賞の内容からも中山マイルは合っている印象。スムーズに好位で立ち回れば穴で一考。気掛かりは鞍上の外国人がまるで乗れてない点。

馬券はビービーバーレル軸の馬連で。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

真田丸について好き勝手に書かせてもらおうか(面白いと思った方は閲覧注意)

本当はフェアリーSの予想の前にちょろっと触れるつもりだったが、予想外に長々となってしまったのでフェアリーSの予想は別枠で書くことにするw
三谷幸喜が以前に手掛けた新撰組!が割と好きだったのと昨年は最初から回避したのもあって、今年の真田丸には期待するものがあったが・・・最初から観てない近年の女が主人公の大河を別にすれば、最短で観るのを止めようかというくらい詰まらない。

新撰組!や清須会議(これも詰まらなかった)もそうだったが、三谷脚本の軽さから時代劇っぽくない時代劇なのは予想通りだったが・・・なんつーか、それが悪い方に出てる。
15歳の信繁を演じるのにリーガルハイっぽくなってる堺は兎も角、脚本自体が軽いので他の俳優の演技も地に足が付いてないというか、コントを見せられてる気分。勝頼役の平が家を滅ぼした不肖の息子っぽくない勝頼だったのが唯一の救い。

あと、配役とか過去の大河のオマージュや歴史オタが喜びそうな小ネタを盛り込むのも三谷らしいが、これがまあ【安心してください、僕はちゃんと判ってますよ】的なあざとさが前面に出てて不快。
昌幸役の草刈正雄は真田太平記で幸村役だったし、勝頼役の平岳大の父は武田信玄で信虎役を演じた平幹二郎。ぬっくん小山田に裏切られるシーンは信虎追放シーンのオマージュ。真田太平記で信之役だった渡瀬恒彦をどっかで引っ張ってきたら(後藤又兵衛とか?)、それはそれで大したものだが。
エンケンの仏頂面も相俟って寡黙感全開の景勝、高嶋弟がダメ殿感を滲み出してる汁かけ2回で飯食ってる氏政、イライラすると爪を噛む内野家康(次回予告のシーンは「そりゃアンタが山本勘助だったから」というツッコミの前フリ?)とか、【さあ、ここは泣く場面だぞ】と言わんばかりの浅田次郎の小説並みにあざとい。

これからマシになれば良いのだが、このままだと阿部謙信が死んで地に足が付かなくなった感じの天地人を上回る速さで中途脱落しそう。新撰組!は局長の大根演技以外は従来の新撰組のイメージを良い意味で覆した群像劇っぽくて好きだったのになぁ・・・

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

シンザン記念回顧

ゲートの出は速くとも、逃げずに先行集団で折り合うと思ってたピースマインドだが、出方を窺いつつキングライオンを先に行かせようとしたら、掛かりかけたのでやむなくハナへ。しかし、一度抑えようとした事で呼吸が合わなくなり、スタミナを消耗して直線を待たずしてガス欠。
傍から見れば、どの辺りが良いリズムで運べたのか甚だ疑問な藤岡のコメントは兎も角、脚を溜める間がなかったマイルはリオンディーズと違って適性皆無だったというところか。今後は中距離路線で立て直しを図るしかないが、最後追ってなかったとはいえ尾を引きそうな惨敗だった。

ロジクライはポンとゲートを出たのもあって無理する事なく好位内目のポケットに入って折り合いに専念。3コーナーでラチ沿いに入り、そのままインペタで直線に向いて逃げ馬の外へ出すと、逃げ粘る3着馬、大外から急追した2着馬との追い比べを制した。
浜中にしてみれば、好枠を利して経済コースを立ち回ってしてやったりの騎乗だろう。ここ6年でシンザン記念4勝と得意にしてるだけの事はある。ただ、脚を溜めた割には3着馬を交わすのに手こずっており、これ以上の上がり目は微妙な感じ。

2着ジュエラーはスタートでスナークスカイにぶつけられて後方から。道中は折り合いを欠いて宥めるの一苦労という状態だったが、4コーナーで膨れない様に一旦内に入れてから直線入り口で大外へ。そこから矢のように伸びて来たが、勝ち馬をクビ差捕らえ切れず。
負けはしたが、卍巴だった人気馬の中で最も将来性を感じさせる内容。道中の掛かり具合から折り合い面に関して不安は残るが、牝馬で3着以内と好走した過去の面々を見渡せば、相応の活躍は見込めるだろう。

3着シゲルノコギリザメは外枠から一旦は番手で折り合おうとしたが、途中で我慢し切れずにハナへ。しかし、ハナに立って後続を引き離した事で却って折り合いが付き、直線もラチ沿いでモタれながらも二枚腰で粘りに粘った。短距離路線からの延長で全くのノーマークだったが、2頭しかいなかった2勝馬の1頭。未勝利上がりの面々よりは地力があったと見做すべきか。

アストラエンブレムはスタートから出してポジションを取りに行き、一旦控えて折り合いを付けながら好位へ進出。出来るだけ追い出しを我慢してたが、交わせそうで交わせない内に逆に此方の脚が上がって伸び負け。
出して前を取りに行くと末を無くしてしまうタイプのようだし、輸送があったとはいえ間隔を開けた割には4キロしか馬体は戻らず。厩舎縁の血統馬で期待値は大きいのだろうが、もう少し馬体の成長を促すか、自己条件で確実に勝たせる方が良いように思える。

レオナルドは今回もゲートの出が悪かったし、挽回しようとしたところで前のメイショウシャチがフラフラしてた事もあって前を取る事が出来ず中団から。直線は馬群を捌いて内から脚を伸ばしたが、最後は少し甘くなった。8キロ減でパドックでもイレ込みが目立ってた影響だろう。もう少し落ち着きが出てくればというところか。

ノーブルマーズはゲートは出たが、二の脚が付かずに先行する事が出来ず追っ付けながらの追走で直線はバテない切れない感じの脚。そろそろ、距離を延ばした方が良さげ。ツーエムレジェンドはやはり外枠が祟ってロスの多い競馬で上手く立ち回る事が出来ず。

ラルクはゲートが開く直前で立ち上がりかけて出遅れ、途中まで前に馬を置く事が出来ずに掛かり通しで直線も全く見せ場なし。間隔は開いていたのに8キロ減と馬体を減らしていたのが堪えたのかも。

このレースの馬券は見事に外れたが、実はニューイヤーSでコスモソーンパークから総流しした馬連を仕留め、明日のフェアリーSを外したとしても今週の勝ちは確定(メイン前のメイショウアイアンに騎乗した子鮫2号に軽くキレたけどw)。フェアリーSは例年通りしょっぱい面子なので、今日の時点で買うかどうか保留。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

シンザン記念

◎ピースマインド
○レオナルド
▲ロジクライ
△アストラエンブレム
△ノーブルマーズ
△ツーエムレジェンド

俺には3歳春の重賞でキャリア1戦で出走する馬は来たら事故と思って問答無用で切るという予想スタンスがある。今回はジュエラー、ラルクという人気馬がいるが、無謀・・・もとい、スタンスに従ってバッサリと切る。

ピースマインドはデビュー戦でリオンディーズから0.2秒差の2着、返す刀の未勝利戦では6馬身差の圧勝と底を見せてない。2000mからマイルへの距離短縮と先行馬が多数いるフルゲートが課題となるが、ゲートの出が速いし、逃げに拘る必要もないだろう。年末もしっかり時計を出してるし、追い切りの気配も良い。

レオナルドはゲートの出は良いと言えないが、スッと前に行ける二の脚の速さがあり、それを活かせる内枠を引けたのは好都合。まだ、緩い面があるので目立った時計は出してないが、終い重点とはいえ反応は悪くなかった。血統的にも距離短縮は好都合。包まれて動けなる恐れはあるが、面白い存在と言える。

ロジクライは千両賞では直線で狭い最内に入って行き場を無くし、完全に勢いを殺されてから追い出されるという消化不良な競馬。今回は過去5年でシンザン記念3勝、この馬とも2度コンビを組んでる浜中に強化。追い切りは遅れたが、この馬も坂路で50秒台をマークしてる。内目で器用に立ち回れば。

アストラエンブレムは馬体減に加えてスタート一息、直線ではフラついて何度か他馬と接触する危なっかしい競馬ながら、僅差の3着と能力の一端は示した。今回は一息入れて成長を促しての調整。輸送と初の右回りにゲートと課題は多いが、纏めて面倒見れる末脚の切れは無視できない。

ノーブルマーズは既にキャリア6戦を消化してるが、相手なりに走るタイプで1度も掲示板を外してない。デイリー杯では能力差に隔たりを感じたとはいえ、ハナを叩かれたシュウジに迫る3着と善戦。番手でも結果を出したのは同型馬が多いここでは却って都合が良いかもしれない。

ツーエムレジェンドは朝日杯では内目を通って6着と健闘しており、この16番枠はあまり良いとは言えないが、それでもGⅠ6着はここでは実績上位と言えるし、先行馬が揃ってる事でしぶとい末脚を活かすには都合が良い展開となりそう。この条件に強い池添を確保出来たのも魅力。

馬券はピースマインドからの馬連流しで。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

中山金杯・京都金杯回顧

何故か1000円だけ戻って来た時点で嫌な予感はしてたが、軸にしてたベルーフが競走除外。しかも、本場場入場の際にメンコを外した拍子に頭絡も外れて興奮状態に陥って放馬。ウイナーズサークルに乱入して表彰台等を破壊するという大立ち回りを演じて負傷という、前代未聞のご乱心ぶりに開いた口が塞がらず。
しかも、ヒモ2頭の1、2着でタテ目決着。更に京都金杯はボックスで当てに行ったら1着4着とか笑うに笑えない。しかも、当初はウインプリメーラの単勝でいいかと考えてただけに余計に嫌になる(´・ω・`)

新年一発目の予想からこんな体たらくで回顧するモチベーションもクソもなく、他のコーナーを優先して先延ばしにしてたが、何とか集中力を振り絞って纏める事にする。

中山金杯は4歳馬ヤマカツエースが勝利。マイネルフロストがスローペースで逃げる中、道中は好位5番手の外目。3コーナーから徐々に位置取りを上げて行き、4コーナーでは2番手集団の外。ゴール前で逃げ粘る2着馬をキッチリと差し切って重賞2連勝。
福島記念でも認識はあったが、身体に芯が入った感じで適性距離が中距離にシフトしてる。斤量が2キロ増えて56キロを背負わされても全く苦にしなかった。ラブリーデイとまではいかなくとも、この馬なりに地力強化が成されてる。

2着マイネルフロストは各馬の出方を窺いながらジワッとハナへ。後続を引き離した大逃げの形に持ち込んだが、緩急を付けつつも実質的にはスローマイペース。4コーナーで一気にペースを上げて逃げ込みを図ったが、勝ち馬の決め手が一枚上手だった。
単騎で気分良く行けたのもあるが、前走から更に良化してシンガポール遠征前の出来に戻った感。次も楽に行かせてもらえるか未知数だが、自分のリズムで先行出来ればGⅡクラスまでなら勝負になる。

3着フルーキーは前に行こうと思えば行けたスタンド前だったが、菊花賞以外では初の2000mと57.5キロのハンデ頭を考慮して中団後方に控えて折り合いに専念。4コーナーで仕掛けて追い込んで来たが、坂下から内へモタれてしまって伸び切れず。
2000mでも折り合えたのは収穫だが、如何せん中団グループ以降にと取っては不向きな展開だったし、本質的には外回りの方が良いだろう。何故京都金杯を使わなかったのか疑問。

ライズトゥフェイムはスタートからすぐに下げて後方3番手に控えて末脚温存。1番人気だった3着馬を相手に定め、動き出した4コーナーから合わせて動いて直線は良く追い込んだが、スローペースでは4着までが精一杯。得意条件でも56キロは見込まれ過ぎと軽視したが、意外にしっかり動けてた。OPで通用する目処は付いたと言える。

ステラウインドは出脚が速くてスッと3番手に付けて道中の形は理想的。4コーナーで意図的にか不明だが、少し膨れて勝ち馬を外へ追いやって2番手をキープしたが、上がり勝負となった直線で他の上位馬に伸び負け。もう少し締まった流れとなって適度に上がりが掛かった方が良かったかも。

ブライトエンブレムは中団のインに付けて折り合いに専念したが、直線は特に見せ場もなく流れ込む程度。展開が向かなかったし、菊花賞以来の休み明けで本調子に戻ってなかったか。ネオリアリズムは道中は完全に折り合いを欠いてしまって脚を溜める以前の問題だった。


京都金杯はウインプリメーラが得意の京都で持ち味の機動力をフルに活かし切って重賞初制覇。スタートからスッと行き脚が付いて道中は好位集団の外目。坂の下りでジワッと動き出し、直線半ばで先頭に立って2着の追撃を凌ぎ切った。
坂がある阪神はやや粘りに欠けるが、平坦で坂の下りを利して動ける京都だと走りが一味違う。53キロと手頃なハンデも味方した。年内は現役続行みたいだし、今後も得意条件なら簡単に崩れないだろう。

2着テイエムタイホーは外枠から好スタートを切ったが、内枠勢の出足も速くて道中は好位集団の後方。ただ、折り合いはスムーズで流れに乗ると、直線も脚色は衰える事無くしっかり伸びて波乱を演出。
時計の掛かる阪神に良績が集中していたが、京都も勝ち切れないだけでそれなりに適性能力はあった。あと、前有利の流れに加えて能力不足だったり、マイルは微妙に長かったりと勝ち馬以外の好位組の微妙さにも恵まれた。

3着ミッキーラブソングはスタートから気合を付けて前に行き、ニンジャを先に行かせての2番手。直線では1、2着馬に抵抗出来ずに交わされはしたが、前有利の流れと手頃なハンデが味方して辛うじて3着争いは制した。本質的には1400mまでの馬だし、前述の通り展開とハンデに恵まれての好走で過信は禁物。

シベリアンスパーブは序盤は好位集団にいたが、向こう正面で外から押圧を受ける形で中団のインに位置取りを下げる形。直線は内ラチ沿いから脚を伸ばしては来たが、前も止まらない流れで3着争いに加わるのがやっと。向こう正面で押し込まれなければ2着まではあったかも。

エキストラエンドはスタートで行き脚がそれ程つかず、更に半ば押し込まれる形でインに付けた時点で最後方集団まで位置取りを下げて後手に回る競馬。直線では上がり最速で追い込んでは来たが、これだけ後手に回っての前有利な流れでは見せ場は作れず。

トーセンスターダムはスタートで思いっ切り煽って最後方から。坂の下りで少し位置取りを上げたが、思った程加速が出来ず。更に直線もマーティンボロに追いやられる形で外々へ行かされて何も出来ず。オメガヴェンデッタは元々マイルは長いと思って切ったが、道中は完全に折り合いを欠いて位置取りを下げてそれっきり。やはりマイルは長い。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2015年度JRA賞決定。年度代表馬はモーリス。

6日、2015年度JRA賞が決定し、年度代表馬(最優秀短距離馬)にモーリスが選出された。所謂短距離路線からの選出は2013年のロードカナロア以来だが、その時と同様に年度代表馬と最優秀短距離馬はモーリス、最優秀4歳以上牡馬はラブリーデイが選出というねじれ現象が起きた。

仮にラブリーデイが有馬記念を勝っていれば年度代表馬はもっと票が割れたであろう。ロードカナロアが選出された時にも書いたが、こうしたねじれ現象は王道路線が最重要視される一方でそれ以外の路線は軽視される日本競馬の風潮が根強い証であり、また日本人特有の判官贔屓気質とでも言おうか、本線は無理だけどこっちなら大丈夫感丸出しの投票だろう。
いや、何もラブリーデイの実績を否定するわけではない。むしろ、全く馬券に貢献しなかったモーリス(単に俺のセンスがないだけなんだが)と違ってありがたい存在と言える。ただ、それとこれとは話が別なだけだ。

乱発と言われればそれまでだが、最優秀○歳以上牡馬(牝馬)というザックリとした名称ではなく、最優秀短距離牡馬、最優秀中距離牡馬とか細分化した方が良いのではないかと思う。折角、その馬の実績を残した距離に応じてレーティングを付けているのだから、JRA賞もそれに応じて選出すべき時期に差し掛かっているのではないだろうか?

他の選出馬に関しては特に異論はない。ただ、やっぱりイラッとさせる該当馬なしに票を入れる記者って何なんだろうね?
そりゃどの馬に投票しても個人の自由であって、別に全会一致で選出しなくてはなりませんと言うつもりはないが、該当馬なしとか1票だけとかのマイノリティな投票した奴は明確な理由を記載してもらいたい。
例えば、最優秀障害馬部門で春秋の障害GⅠ2勝したアップトゥデイトではなくてサナシオンに入れた奴とか、該当馬なしに入れた奴は一定の理解を得られる理由を挙げてほしい。拒否すれば来年からの投票権利をはく奪するとかのペナルティーを課せば、もう少しまともな投票結果になるのではないだろうか?
他の部門はキチンと選出してるのに年度代表馬の部門に該当馬なしとか、1年間日本競馬の何を見てきたのか判らない恥ずかしい奴がマスコミの端くれとしてのうのうとしてるだけでも腹立つわ。

テーマ : 競馬コラム
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(1月10日、11日)

1月10日
中山
6R3歳新馬戦(芝1600m)
シュムカネ
△伴啓太(52.0)

京都
10R羅生門S(ダート1400m)
メイショウアイアン
鮫島克駿(57.0)


1月11日
中山
1R3歳未勝利戦(牝馬限定・ダート1200m)
シェヴェルニー
西村太一(54.0)




今週デビューのトップガン産駒
シュムカネ
母ケイズビーナス
母父タイキシャトル
叔父マイソールサウンド(JRA重賞5勝)
美浦・和田正道厩舎




アイアンは前にも書いたようにベスト条件。ヒルノデイバローを誰が突っついて流れが多少なりとも速くなれば、差し込んで来れる筈。

シュムカネは追い切りは尻上がりに良さげな感じ。減量起用の恩恵もあるし、それなりに走ってくれれば。

シェヴェルニーは初のダート戦。適性に関してはやってみないと判らんが、芝で見せた先行力を活かしたい。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

2016リーディングサイアー~1月5日現在~

1キングカメハメハ
2ステイゴールド
3ディープインパクト
4カネヒキリ
5マンハッタンカフェ
6ハーツクライ
7ネオユニヴァース
8ブライアンズタイム
9ゼンノロブロイ
10ニューイングランド
11ブラックタイド
12ハービンジャー
13ダイワメジャー
14ゴールドアリュール
15シルクフェイマス
15マイネルラヴ
17シンボリクリスエス
18リダウツチョイス
19アドマイヤドン
20ロージズインメイ




見慣れない名前もいるが、割と【いつものメンバー】も揃っててはっちゃけ成分が足りねぇぞ(´・ω・`)

中山金杯1着、京都金杯3着に加えてブチコの圧勝等で着実に賞金を加算したキンカメが今年も年明け最初の首位に。ファーストシーズンから9年連続JRA重賞勝利達成。

金杯以外の援護射撃がなくて2位に甘んじたステゴだが、2年目から11年連続JRA重賞勝利達成。

5頭出しの東西金杯は不発に終わったディープだが、3勝を加算してJRA通算1054勝とし、歴代13位のトニービンに並んだ。

テイエムタイホーの京都金杯2着でニューイングランドが2013年5月末以来のランクイン。だが、昨年2月に既に死亡しており、1歳馬7頭がラストクロップ。

フェイマスエンドの勝利でシルクフェイマスが初のランクイン。JRAでの勝利は全てこの馬。地方でも2頭が勝ち上がり、初年度産駒の4頭中3頭が勝ち上がった事になるが、種付けは種牡馬入りした2010年以外してなかったようだ。

昨年はアドマイヤデウスとアルバートが重賞を勝って昨年のリーディングにも顔を出したアドマイヤドン。依然として韓国で種牡馬生活を続けており、昨年も20頭程に種付けした模様。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
83位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR