天皇賞・秋

◎ラブリーデイ
○ディサイファ
▲アンビシャス
△イスラボニータ
△ショウナンパンドラ

ラブリーデイは宝塚記念を筆頭に今年重賞5勝と地力強化が目覚ましい。2400mに加え、得意と思われなかった上がり勝負を中団待機から差し切った前走が圧巻。左回りは右回りに比べて実績が見劣るが、嫌うまでの成績ではないし、いずれも本格化前。中2週だが、負荷が掛けられている。今回は正攻法になると思うが、十分押し切れる。

ディサイファは内で脚を溜めたいタイプなだけに最内枠は絶好枠。昨年はGⅠでは全く歯が立たなかったが、今年は微妙に距離が長かったAJCC以外は3着以内。ラブリーデイ程ではないが、地力強化が目立つ。前走もあと1Fあれば差し切っていただろう。追い切りでも気配良好でもう一丁があっても。

アンビシャスは出遅れて6着に敗れた前走が何とも言えないが、展開も向かなかったし、良馬場に回復したとはいえ、雨の影響が微妙に残ってた馬場も堪えた。今回は偶数枠を引けたし、パンパンの良馬場。休み明けを使われての変わり身は見込める追い切り。出遅れなければ巻き返せる条件が整った。

イスラボニータは距離が長かったジャパンC以外は3着以内という東京巧者。前走も半年以上の休み明けで完調手前ながら僅差の3着と好走。そこを叩いての上積みの大きさを感じさせる追い切りで出来は明らかに前走以上。しかし、今回は16番枠と不利な外枠。3着に負けた昨年みたいな展開になりそうなので4番手まで。

ショウナンパンドラも外枠を引いたのは内で脚を溜めたいこの馬にとってマイナス材料。ただ、この馬の場合は差してくるタイプなのでどこかで内に潜り込めれば。内回りの秋華賞を勝っているが、本質的には広々としたコースの方が良いタイプ。追い切りは軽めだったが、フットワークが軽快で出来は良さそう。


エイシンヒカリはBコース使用で逃げ一手のこの馬にとっては有りがたい馬場。途中で緩急を付けさえすればある程度流れが速くなっても残れるだけに、無視するのは危険と思うが、今回は突いて来そうなラブリーデイとカレンミロティックが厄介な存在。更に前走から1F延びるのはプラスには思えない。


馬券はラブリーデイ軸の馬連と3連複流し。それとラブリーデイ1着、ヒモ4頭2着、3着はヒモにカレンミロティック、ラストインパクト、ステファノスを加えた3連単フォーメーション24点で。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

スワンS・アルテミスS回顧

当ブログで最も多忙な一週間がやって来た(´・ω・`)

天皇賞の予想&レース回顧、JBCシリーズのレース回顧、中央・地方・2歳リーディンサイア―の更新・・・このブログの定期コーナーだけで過密状態。フェイムゲームとホッコーブレーヴのメルボルンCは書いてる暇がないかも・・・定期コーナー以外で何か書くのは結構な無理ゲーw
出来るだけ纏めれるとこは纏めて対処しなくては追い付かないので、今日の2重賞は本日中に纏めて回顧する事にする。

まずはスワンS。逃げずとも先行集団に付けるだろうと思ってたアルビアーノがまさかの中団待機から差し切るとは完全に予想外。出たなりの競馬で前を取りに行かずリズム重視の結果、中団馬群の中。4コーナーで外へ持ち出し、追い出されると一気の伸び脚で先行集団をまとめて飲み込み、2、3着馬の追い込みも完封。
京都は初だったが、輸送もクリアして坂の下りも問題なく対応して休み明けを叩いた変わり身を見せた。上手くハマった部分は確かにあるが、3歳牝馬で斤量面の有利も見込めるマイルCSは栗東滞在で調整されるので軽く扱えない。

2着フィエロはスタートの甘さから後方3番手に下がって脚を溜める競馬。4コーナーで内に入って距離損を減らしたが、直線入り口で外へ出そうとしたところで3着馬に蓋をされて追い出すのが遅れるロス。最後は伸びて来たが、勝ち馬には追い付けず。
結果論になるが、一旦内に入れた4コーナーでの判断が直線入り口でブロックされるロスに繋がった。尤も、3着馬の外を回るのはかなりの距離損なので一概に判断ミスとは言えない。安定はしてるが、肝心の運に見放されてる感じ。本番ではもう少し動けそうだが・・・

3着オメガヴェンデッタはこれもややスタートが甘く、出たなりの競馬で後方4番手から。直線入り口で外へ出そうとした2着馬をガッチリ蓋をして自身は大外から脚を伸ばしたが、先に抜け出した勝ち馬と馬群を割った2着馬に切れ負け。
現時点では1、2着馬とは差がある印象だし、距離適性に関しては1400mまでが上限っぽいが、軽い京都の馬場にも対応。極端な上がり勝負になると分が悪そうだが、この馬なりに地力強化が見込める。順調なら重賞に手が届くだろう。

昨年の2着馬で京都巧者のサンライズメジャーだったが、10キロ増で太目残り。道中は後方に控えたが、終始外へ張り気味で直線も外へ出してそれなりに伸びてはいたが、大勢を脅かすまでには至らず。叩き良化型で人気が落ちる本番は大穴候補だが、賞金的にボーダーラインっぽい気が・・・

サトノルパンは内枠からある程度出して中団に付けたが、出して行った事で少し力んだ感じ。直線は内の狭いところから抜け出しかけたが、残り1Fで甘くなって伸び切れず。前走で1200mを使ったのが悪い方向に出てしまった。じっくり溜めた方が良さそうだし、これからは1200mを主戦場にした方が良さげ。

得意条件で穴人気してたベルルミエールだが、好位のインに付けたところまでは良かったが、直線ではスペースのない位置に入って追い出しを待たされ、前が空いてからもピリッとした脚を使えずじまい。追い切りで予定外に速い時計を出した事から馬体回復させようとして逆に8キロ増。陣営が浮足立ってグダグダに終わった感。

ローブティサージュが落馬して福永が右肩関節脱臼と鎖骨剥離骨折。明日の天皇賞、JBCクラシックも乗り替わりで年内絶望っぽい。嫌いではあるが、落馬シーンは結構衝撃的だったし箇所が箇所だけに心配。ヘタに早期復帰してもそれで低迷すれば元も子もないので、完全に治してから復帰してほしい。


アルテミスSはデビュー戦でなかなか強い勝ち方をしたPO馬カイザーバルに大いに期待してたが、外枠から前に壁を作れずにペースが緩んだところで掛かり気味となり、4コーナーでも気難しさを出して直線は末脚不発。
母ダンスインザムードも桜花賞以降はその傾向が出てたが、この兄姉は押しなべて気性面に難しさがあって大成を阻まれてる。初戦は上手く我慢出来てたし、パドックでもイレ込んでなかったのだが・・・関西圏での仕切り直しに期待したい。

それは兎も角、12番人気の伏兵デンコウアンジュの大外強襲はただただ唖然。スタート一息で道中は後方集団。中盤にペースが緩んだところを見計らって早めに動き、直線は大外から良く伸びて押し切りを図った2着馬をゴール寸前で差し切った。
マイナー血統、未勝利戦では若さが目立ち、輸送で今回は18キロ減と馬体を減らして完全にノーマークだったが、早めに動いて上がり最速をマーク。反動がなければフロックでは片付けられないかも。

2着メジャーエンブレムは大外から好位に付けたが、抑えが利かなくなったところで行く気に任せて一気にハナへ。先頭に立ったところで落ち着いたのか、中盤はペースを緩めて一息入れ、直線も追い出しを遅らせて押し切りを図ったが、最後の最後で捕まえられた。
本賞金を加算出来たのは良かったが、大外から抑えが利かなくなった点は今後の課題。最初は結果を出したとはいえ、そのツケを支払わされているレッツゴードンキの例もある。次走は内枠を引いて我慢させる競馬が出来れば。

クロコスミアはスタートは速かったが、中団馬群の中に控えて折り合いに専念。4コーナーで外へ持ち出し、勝ち馬には及ばなかったとはいえ、直線はこの馬なりに良い伸び脚で単独3番手を確保。切れ負けするのは仕方ないが、中位人気で穴をあけるのは良くも悪くもステイゴールド産駒らしい。

ウインファビラスは二の脚が幾分鈍くて中団のインから。前に馬を置いて折り合いを付け、直線も坂上で外へ持ち出せたが、そこからがダラッとした伸び脚で掲示板に載るのがやっと。休み明けで伸び切れなかったか。

エスティタートはパドックからイレ込みがキツかった事もあってか、スタートが決まると迷わずハナへ。しかし、途中で2着馬にハナを奪われペースを落とされた事で行きたがり、直線もギアが入らないまま流れ込んだだけ。

ビービーバーレルはハナを切ろうとしたが、外からエスティタートが主張して控えた事でリズムを崩して直線は余力無し。マシェリガールは前半から掛かり気味に加え、外から2着馬に交わされた事で余計にリズムを乱して終了。


馬券はスワンSの3連複が的中。あとサンライズメジャーが太目残りだったので余った資金をフィエロ2着軸の馬単流し(2着というのがミソ)に回して更に儲けを上乗せ。天皇賞でも追い風に乗りたいねぇ・・・

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

スワンS・アルテミスS

以前にもあったが、文章書き終える直前でまたしても操作ミスで丸々消去・・・
再度書き上げるだけの集中力が切れてしまったので印と買い目のみ

スワンS
◎フィエロ
○アルビアーノ
▲オメガヴェンデッタ
△サンライズメジャー
△サトノルパン

フィエロ1頭軸の3連複流し。


アルテミスS
◎カイザーバル
○メジャーエンブレム
▲エスティタート
△ビービーバーレル
△クロコスミア
△ウインファビラス
△マシェリガール

◎○を1、2着固定にした3連単フォーメーション。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(10月31日、11月1日)

10月31日
東京
6R3歳上500万下(牝馬限定・ダート1600m)
テイア
江田照男(53.0)

福島
11R河北新聞杯(芝1200m)
カロッサル
丹内祐次(55.0)


11月1日
東京
2R2歳未勝利戦(芝1400m)
シェヴェルニー
△石川裕紀人(52.0)
京都
9R北國新聞杯(ダート1800m)
マヤノカデンツァ
吉井友彦(53.0)
10R渡月橋S(ダート1400m)
メイショウアイアン
秋山真一郎(57.0)

福島
6R3歳上500万下(ダート1150m)
フィンデルムンド
▲伴啓太(54.0)




アイアンは全4勝を挙げてる得意条件。週末は天候が崩れて脚抜きが良くなりそうなのもプラス。久々でも仕上がっていれば。

カデンツァはアイアンとは逆に馬場が湿るのは良くない。ハンデは手頃だが、まずは叩いてからか。

フィンデルムンドは何気に相性の良い条件。テン乗りだが、減量の恩恵があれば。

シェヴェルニーは前走も見せ場ある内容。石川とは手が合うし、ここも展開一つで。




チャクラ産駒サイクルヒッターが先月末で登録抹消になってた・・・勝った後もずっと掲示板に載っていたんだけどなぁ。

明日のシンガポール競馬でデンジャーゾーンが出走。前走は逃げて見せ場を作った。これを切っ掛けに替われば良いが。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

富士S回顧

そろそろ勝たないと記録が途切れるのではないかと思われた蛯名正義がダノンプラチナで勝利し、24年連続JRA重賞勝利達成。ここ数年、こうした記録が次々と途切れていたからどうなるかと思っていたが、記録継続となって何となくホッとした気持ちw

スタートで内外から寄られて後方2番手の外目。当面の相手サトノアラジンを前に見る形で脚を溜め、直線入り口で外へ。サトノアラジンと共に末脚を伸ばしてゴール寸前で僅かに抜け出して2歳王者復活の勝利。
実績のあるマイル戦で54キロという斤量面の有利はあれど、大敗した皐月賞以来の休み明けで半信半疑な部分があったが、オーバーホールでの立て直しが上手く行ったようだ。斤量が増えてどうかだが、落ち着いてさえいえば今後も活躍が見込めるだろう。少なくとも早熟タイプではない。

2着サトノアラジンはスタートからすぐに控え、予想通り後方で溜める競馬。折り合いも付いて流れに乗り、直線入り口もスムーズに外へ。坂下から追い出しに入り、一旦は勝ち馬より頭一つ抜け出したが、最後は僅かに競り負けての2着。
僅かな決め手の差が出て負けはしたが、今回はマークする側とされる側の差が出た形で勝ち馬との力量差はほぼないだろう。ディープ産駒らしい瞬発力を武器とし、マイル戦に於ける性能の高さは改めて示した。2走ボケがなければ次走も。

3着ロゴタイプは外枠からスッと出て2番手の外目。ペースは遅かったが、上手く折り合いを付けての大名マーク。直線坂下で楽な手応えで先頭に並び掛けて押し切りを図ったが、上位2頭の瞬発力が一枚上手で差し込まれた。
久々のマイル戦で58キロを背負っていたが、正攻法の競馬で見せ場十分の内容。懐疑的に見られていた左回りも特に問題なくこなしていた。折り合って自分のリズムで競馬が出来ればこれくらいはやれて当然。マイルCSでも楽しみな存在。

人気薄でシェルビーが健闘。序盤のポジション争いで後方に下がる不利はあったが、その後はリズムよく追走し、直線ではジワッと外へ持ち出して1、2着馬の後を追うようにして末脚を伸ばして3着馬に迫った。内へササるところもあったが、休み明けを叩いての変わり身は見せた。右回りならもう少し動けても良い。

フルーキーは大外枠なので枠なりに脚を溜めると思っていたが、スタートから気合を付けて出して行って好位の外目。4コーナーで3番手に上がったが、直線は思った程脚を使えず、1、2着馬にあっさり交わされ3着馬も捕まえられず。
ペースを考えれば悪い位置取りではなかったが、前を取りに行くのに脚を使った分、直線での一伸びに影響した模様。2年前に一度騎乗してるとはいえ、この馬の適性をウチパクは理解してなかった感じ。落馬負傷の影響もあるが、今のウチパクに以前ほどの怖さを感じない。

グランシルクは枠なりの競馬で前半中団の外目。最初は行きたがる素振りも見られたが、やがて折り合ってスムーズに流れに乗れた。直線もロスなく外へ出してこの馬なりに伸びたが、やはりディープ産駒相手に瞬発力勝負は厳しかったようで切れ負け。もう少し締まった流れの方が良いタイプ。

カレンブラックヒルは注文通りハナを切ってマイペースの逃げを打ったが、如何せん中盤でペースを落とし過ぎた。58キロの斤量も堪えたかもだが、スロー瞬発力にしてしまっては切れ味に勝る上位馬の台頭を許してもやむなし。

勝ち馬以外の3歳勢はほぼ壊滅。ヤングマンパワーは向こう正面で不利を受けてからリズムを崩し、ヤマカツエースは直線で行くとこ行くとこが壁でまともに追えず。クラリティスカイは休み明けで行きたがったし、直線では途中から諦めて流していた。


ロゴ2着なら馬連まで取れていたが、サトノとの2頭軸の3連複は取れた。しかし・・・的中率は悪くないが、回収率が勝負レースでコケてるので結構アレな状態。天皇賞はバシッと当てたいところだね。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2015リーディングサイアー~10月25日現在~・・・と競馬雑感出張版

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ハーツクライ
4ステイゴールド
5ダイワメジャー
6マンハッタンカフェ
7ゼンノロブロイ
8クロフネ
9ネオユニヴァース
10ゴールドアリュール
11シンボリクリスエス
12ジャングルポケット
13アドマイヤムーン
14ハービンジャー
15フジキセキ
16ブラックタイド
17サクラバクシンオー
18サウスヴィグラス
19メイショウサムソン
20フレンチデピュティ




日曜京都4Rでアップザシーサイドが勝利し、キンカメ産駒がJRA通算1259勝目。ヒンドスタンを抜いて歴代単独8位に浮上。

キタサンブラックの菊花賞勝利でブラックタイドがランクアップ。当然ながらGⅠ初勝利。今年の種付け頭数は日高地区最多となる194頭に種付け。キタサンブラックの活躍で来年は繁殖牝馬の質の向上が見込めそう。



このコーナーで語るネタではないんだが、わざわざ単独で記事にする気にならないので出張版という形で・・・

望来(みらい)
温心(はーと)
天南(かな)

競馬界にも本格的なDQNネームが到来か・・・俺がこんな名前付けられたら改名して親と絶縁するな。ジジイになっても「はーと」とか呼ばれたくない。
あと、岩田は自分の息子を一発で「みらい」と読めたのかね?

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

菊花賞回顧

今年は乱菊になると踏んで人気薄から組み立て、リアルスティールは3000m持たないとぶった切ったわけだが・・・結果は上位人気が掲示板を占め、リアルスティールは勝ち馬に肉薄しての2着と言い訳の余地なしの惨敗。自分の予想を改めて眺めても「これは酷いw」とまるで他人事のような言葉しか出ず(´・ω・`)

セントライト記念の回顧でバッサリ切り捨て「見解書くだけ時間の無駄」とハナから眼中になかったキタサンブラック。前半は外の同型馬のポジション争いに付き合わずに控えて好位5、6番手のイン。少し行きたがるのを宥めながらの追走だったが、ペースが一気に緩んで動きが慌ただしくなった中盤で我慢出来たのが最大の勝因。
先団グループが団子状態となり、中団グループからも位置取りを上げる馬がいる中で必要最小限にしか動かず脚を溜め、直線はミュゼエイリアンのコース取りを見極めてこれとリアファルの間を割って抜け出し、リアルスティールの追撃をギリギリで凌ぎ切った。
流れが乱れる中、動かずに内を立ち回る勝ち方はヒルノダムールの天皇賞を思い出させる漁夫の利の勝利と言えるが、内を器用に立ち回ってソツなく抜け出す騎乗は岡部イズムの流れを受け継いでいる北村宏らしい好騎乗。
オーナーのサブちゃんはどのタイミングで【祭り】を歌うのかと思ってたが、勝利騎手インタビューで歌うとはw発送時間が遅れたのはご愛敬だが(GⅠの後は大体遅れるけど)、公言通りの生歌披露は大御所らしいサービス精神w

2着リアルスティールはパドックでイレ込み気味に見えたから「やはりないな」と思ってたが、勝ち馬より一つ後ろの位置に付けて最初の坂の下りを暴発せずに我慢。動きが慌ただしくなった向こう正面でゴチャついた際に少し行きたがったが、どうにか宥めて我慢。直線も上手く馬群を割って脚を伸ばして勝ち馬に詰め寄ったが、あと一歩及ばず。
勝ち馬もそうだが、中盤に1F13秒台が3つ続いて極端にペースが緩んで長距離適性があまり問われない流れと多少ゴチャつきがあったとはいえ、内で距離損なく立ち回った事が好走に繋がった。勝てなかったとはいえ、道中を我慢し切っての正攻法の競馬をした福永は上手く乗ったと思う。ただ、それ以上に北村宏が神懸ってた。

3着リアファルはハナを奪いに来たスピリッツミノルを先に行かせての2番手。1コーナーまでは上手く行っていたが、ペースが緩んで先行集団が団子状態~ペースが一気に上がるという流れが乱れた中盤に折り合いを欠いてスタミナを消耗。3コーナーで内ラチ沿いに入って溜めを作ったが、最後の追い比べで競り負け。
パドックの段階からイレ込みがキツく「何とか落ち着いてくれれば」と思っていたが、乱ペースになった中盤でリズムが崩れてしまったのが堪えた。ルメールも3コーナーで内に潜り込み、最小限のコース取りで何とかスタミナを温存させたのだが・・・

タンタアレグリアは中団馬群の中で上手く折り合っていたが、向こう正面で控えて下がって来たレッドソロモンを避けるのに外へ持ち出し、坂越えの前で動く羽目に。下りは我慢して脚を残し、直線も外から脚を伸ばしたが、先に抜け出した上位馬には追い付けず。
流れが乱れても折り合いは付いたし、長く良い脚を使うステイヤーの資質は垣間見せたが、予想外に早く動かなくてはならなかったのと直線での内外のコース取りの差が出てしまった。

サトノラーゼンはセントライト記念と同様に控える競馬。最初の直線入り口でバランスを崩しかけたが、それ以外は内に張り付いた省エネ騎乗で折り合いに専念。流れが慌ただしくなった中盤も動かずに我慢し、直線では岩田らしくイン突きを試みたが、勝ち馬に先にスペースに入られて追い出しを待たされるロスが堪えた。
それは兎も角、2度目の3コーナーで内を掬おうとした田辺の前を強引に閉めてバランスを崩す不利を与えたアレは何だ?明らかに確認してから露骨に進路を潰してる。何故審議にならないのか甚だ疑問だし、また後藤の時みたいな落馬事故が起きても不思議ではない悪質さ。

ベルーフは最初の坂の下りから力んでしまって掛かり気味の追走。馬群の中にいた事で暴発は免れたが、勝負所でも包まれた状態で動くに動けず、直線も前が開かずに追い出しを待たされるロス。先週は上手く乗った浜中だが、今回はスムーズさを欠いた消化不良な騎乗だった。

ブライトエンブレムは後方グループのインに付けて道中は死んだふり。向こう正面でも動かずにジッとしてたが、3コーナー手前でスペースの空いた内を上がろうとしたところで岩田に前を潰され立ち上がる不利。そこから立て直して7着まで追い込んで来たのだから、スムーズであれば上位に食い込めたかもしれない。

スティーグリッツはゲート内で立ち上がり、数馬身くらい差が付く大出遅れで全てが終わった。ペースが緩んだところで何とか集団の後ろに追い付いたが、3コーナーでも外へ振られる不利を受け、坂の下りで一気に好位まで押し上げたところで余力を使い果たした。出遅れは仕方ないにしても、その後も酷い騎乗。土日続けてウチパクの劣化の酷さを目の当たりにする羽目に。

乱菊の立役者を期待して本命にしたアルバートドックだが・・・単にレースの流れを滅茶苦茶にしただけ。序盤の隊列が出来る過程で前に壁を作れず。それでも最初のスタンド前では何とか我慢してたが、ペースが緩んだところで暴発。そのまま行き切るかと思えば急に減速。何をしたかったのか判らない糞騎乗に怒りすら湧いてこなかった。もう待ったなしで乗り替われ。

ワンダーアツレッタはこれといった見せ場もなく後方のまま回って来ただけ。アラムシャーやキャプテンスティーヴなら兎も角、エンパイアメーカーでは長丁場を乗り切るスタミナはなかったようだ。


これで秋のGⅠ3連敗。上限掛けてるレースはちょくちょく当てるが、肝心の勝負レースがサッパリという絶望的なまでの勝負運のなさ(´;ω;`)ブワッ

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒(10月24日、25日)の成績と特別登録馬

10月24日
東京
2R2歳未勝利戦(ダート1400m)
オーシャンビュー
6番人気1着
10R秋嶺S(ダート1600m)
マヤノオントロジー
競走除外

京都
7R3歳上500万下(芝2200m)
エリタージュゲラン
8番人気8着


10月25日
京都
7R3歳上500万下(ダート1800m)
ピエナトップガン
12番人気11着




オントロジーは放馬による競走除外。何やってんだとしか言い様がないが、展開的に出走してても届かずだったな。

オーシャンビューが2歳勢の中央初勝利。直線半ばまで完全に前が壁状態だったが、外に出してから良く伸びた。現状ではこれくらいの距離が合ってそう。




特別登録馬
メイショウアイアン・・・渡月橋S
カロッサル・・・河北新聞杯
マヤノカデンツァ・・・北國新聞杯




メイショウアイアンは秋山か。今度は本馬場入場で落ちないでくれよな。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

菊花賞

◎アルバートドック
○スティーグリッツ
▲ブライトエンブレム
△リアファル
△サトノラーゼン
△タンタアレグリア
△ベルーフ
△ワンダーアツレッタ

まずはバッサリぶった切ったリアルスティールの見解。神戸新聞杯の回顧でも触れたが、折り合い面に課題があるこの馬は3000mの長丁場は適してる条件と言えない。それに追い切りの映像を見る限り、追われてからの反応は出来の良さを窺わせるが、それまでが掛かり気味。エピファネイアの時ほど他馬との絶対的な能力差もない。来たら素直に諦める。

前走は藤岡康の糞騎乗にブチ切れたが、あまりの人気の急落から再度アルバートドックを本命視する。前走は休み明けで力んで後手後手に回ったが、それ程折り合いには苦労しないタイプでディープ産駒にしては長距離向きの持続力ある末脚を武器とする。京都コースでは3着以下を外していない。今年は乱菊と思うが、その主役を担える可能性に賭ける。

スティーグリッツは菊花賞でありがちな長丁場の条件戦を勝ち上がった上がり馬。ある意味でベタな存在と言えるが、勝負所から仕掛けて位置取りを押し上げてそのまま押し切る勝ちっぷりはステイヤー血統のハービンジャーの血が色濃く出てると言える。高速馬場への対応力に不安は残るが、坂の下りで押し上げて行ければ。

ブライトエンブレムはトライアルでは先行前残りの流れに全く対応出来ずに惨敗したが、休み明けを叩かれての上積みは栗東滞在で3週連続併せ馬を敢行してる調整から大きいと思われる。田辺は色気を持って強気に乗って失敗した後の修正がキチンと出来る騎手。死んだふりからの強襲に期待したい。

リアファルは隣のスピリッツミノルが逃げ宣言をしているが、ダッシュ力とスピードの差で何だかんだで先手を取りそうな気がする。京都の高速馬場は何とも言えないが、一気にペースを釣り上げての持続力を活かす競馬に坂の下りはプラスに働きそう。ただ、今回は逃げまではいかずとも先行馬が多い。早めに動かれた場合にどうか。

サトノラーゼンは意外に人気が落ちてないが、やはり内枠を引いた岩田の存在が大きいと言えるし、俺もその手のクチwダービー回顧では菊花賞は距離適性で微妙の見解だったが、トライアルでは負けたとはいえ長手綱で折り合う点では上手く行った。立ち回りの巧さを活かせる内で我慢が利けば。

タンタアレグリアは国枝得意の栗東滞在。一杯に追ってない点がどうかだが、長めに追われてマッサビエル相手に余裕残しの手応えで先着した動きは着実に良化してる印象。切れる印象はないが、良い脚を長く使えるタイプで長距離戦の適性は高く感じる。能力的には一枚落ちる印象だが、乱戦になれば。

ベルーフはハービンジャーより母系が色濃く出てる印象で乱戦向きのしぶとさを感じる。長丁場で集中力が最後まで維持出来るかが最大の課題だが、内枠を引けた事で馬込みの中で上手く我慢させれば。追い切りは半マイル調整の終い重点だったが、軽快な動きを披露。出来の良さが目立つ1頭。

ワンダーアツレッタはエンパイアメーカー×キンググローリアスだけだと血統的には長丁場は合わないが、ワンダームシャ等の兄は先行してのしぶとさを活かすスタイルで2400mでも一定の実績を残した。この馬も同様に先行してのしぶとさが持ち味で距離延長にも対応出来そう。上手く立ち回れば。


馬券は結構付くのでアルバートドックの単複。それから馬連・ワイド・3連複。超大穴狙いの3連単フォーメーション。買い目は多くなるが、オッズが高めなので薄く散らしてもかすれば勝ち確定。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

富士S

◎ロゴタイプ
○サトノアラジン
▲ヤマカツエース
△フルーキー
△ダノンプラチナ
△ヤングマンパワー

しつこくロゴタイプを狙う。持ち前の機動力が中山向きなのは確かだし、東京コースはあまり相性が良くない印象もあるが、ダービーは距離が長かったし、昨年の毎日王冠は途中で折り合いを欠いた。一方でレコード勝ちしたベゴニア賞はこの条件と同じ。淀みなく流れるならマイルは持続力を活かしたいこの馬に合ってる筈。

サトノアラジンはマイル~1800mに路線を定めて終いの切れを活かす競馬に徹した今年から連対を外してない。前走は内で包まれるのを嫌って好位を取りに行ったが、この枠なら本来の溜める競馬になるだろう。その時の1、3着馬の活躍を鑑みれば無理に逆らうのは禁物だろう。

ヤマカツエースはNHKマイルCでは大きく崩れたが、ベストとは思えない2000mの重賞では洋芝適性を味方に付けたとはいえ、折り合いに進展を見せて3、4着と連続して好走。実績のあるマイルに戻るのはプラス材料だろう。中間の時計も良いし、斤量は微妙でも出来の良さで。

フルーキーは有力馬に休み明けが多い中で1回使われてる強みがある。大外枠を引いた以上、無理に前を取りに行く競馬はしないと思うが、脚を溜めての終いの決め手を活タイプだけさほど問題はなさそう。距離不向きだった菊花賞以外は全て掲示板という堅実さからも大きく崩れないだろう。

ダノンプラチナは皐月賞の大敗で早々とオーバーホールに入ったが、帰厩してからは入念に乗り込まれており、いきなりでも動ける態勢か。東京マイルで2戦2勝、折り合いに課題があるだけに内枠を引けたのも歓迎、そして54キロという他の3歳馬より軽い斤量も魅力。メンタル面さえ立ち直っていれば。

ヤングマンパワーはアーリントンCのレース内容とメンバーから全く評価してなかったが、古馬混合戦でのマイル重賞で連続3着。その時よりも今回は相手が揃ってるのは確かだが、一定の目処は付けてるし、順調に使われてる強みを活かせるようなら。


馬券はロゴ軸の馬連とロゴ・サトノ2頭軸の3連複流しで。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(10月24日、25日)と20年という節目を思い返して

10月24日
東京
2R2歳未勝利戦(ダート1400m)
オーシャンビュー
内田博幸(55.0)
10R秋嶺S(ダート1600m)
マヤノオントロジー
秋山真一郎(55.0)

京都
7R3歳上500万下(芝2200m)
エリタージュゲラン
武幸四郎(57.0)


10月25日
京都
7R3歳上500万下(ダート1800m)
ピエナトップガン
幸英明(57.0)




オントロジーは過去3戦騎乗してる秋山。展開不向きだったり、不利があったりと結果は出てないのでまずはスムーズなレース運びを。

ピエナトップガンとエリタージュゲランは少しでも前進あれば。オーシャンビューは出して行くウチパクは合ってそう。あとは馬場次第。



グリチャ開局20周年のCMを見ててふと思ったが、俺がトップガンに心底惚れ込んだのが20年前の菊花賞だった。パドックで歩く姿を見て惚れたのは未だにトップガンとトウカイテイオーだけ。
テイオーは素人目にも判る格好良さに惚れたが、トップガンは格好良さと同時に「コイツは絶対強くなる」という上手く表現出来ない直感めいたものを感じた。そして、菊花賞での首をグッと沈めた重心の低い独特な走法、4角先頭から押し切った勝ちっぷりがまた堪らなく格好良かった。
あれから20年。琴線に触れて肩入れした馬は何頭も出たし、客観的な見解からトップガンより強い馬も何頭も出た。でも、トップガンほど俺の心を揺さぶり、惚れ込んで良かったと心底思える馬はいない。自分の競馬に対する価値観を決定付けたトップガンに対する感謝の気持ちは、20年経って改めて思い返しても変わっていなかった。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

何覗いてやがるんだ、ちくしょうてめーッ!

可愛い事をやってくれるじゃあねーかよ、ええ?

そういや、亀田興毅のヤツ引退しちまったらしいが、最後の最後まで粋がるだけの口だけ野郎だったよな?
弱い相手としかマッチメイクしなかったりよ、TBSと組んでの八百試合で思わず3階級制覇されちまったが、気ィ張って面と向かえば・・・あんな3兄弟なんざ化けの皮が剥がれるのはそんな難しい事じゃあない。

ところで、巨人の高橋由伸、監督就任要請受けたよな?ええ?おい?今季、代打での打率4割弱だろ?そこらの主力よりよっぽど頼りになるだろ?巨人で現役全うした生え抜きのOBに拘るから丁度良い監督候補いねーんだろ?だよな?もう江川と川相くらいしかいねーよな?


実を言うとな・・・お前らがこの記事を覗きに来てくれた事は嬉しい事だぜ。
競馬ブログなのに、拍手数が一番多い記事がYAWARA!のレビュー紛いという事なんか忘れてやってもいいほどな・・・
だってよ、画像も動画も貼らない俺のブログが本当に50000HITしたのか半信半疑じゃねーか。ただの長文だらけのブログだもんな・・・・・・
だが、お前らが覗きに来たって事はマジに到達したって事だ。

ええ!希望とやる気がムンムンわいてくるじゃねーかッ!おいッ!


つーわけで、4月中頃に40000HITに到達してから(触れるの忘れてたw)半年ほどで50000HITに到達した事を情熱を持ってお知らせしますw

ブログ開設時から最初の10000HITに到達するのに約1年。今は半年で10000HITを上乗せ出来たという事はザックリ計算でこの3年で閲覧者が倍増したという事になります。
凄いデータや血統理論を持ってるわけでもない自分の主観に基づいただけの予想や反省だらけのレース回顧、その他取りとめのない事を書くだけのシンプルなようで無駄に長い長文ブログを読んで下さる皆様には感謝ですm(__)m

【継続は力なり】ではありませんが、今後も自分のペースで自分の書きたい事を書き続けるつもりですのでリピーターの方々は今後とも宜しくお願いしますm(__)m初見の方も暇つぶしがてらでも構いませんので再度の訪問をお待ちしてますm(__)m


ちょっとずつアクセス数を増やすんだ、SOSのモールス信号を打つみてーにな・・・

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

府中牝馬S回顧

一長一短ある上位人気馬を軸にするには心許なかったので、人気の盲点になってたパワースポットを狙ってみたが、直線では不発に終わったイン突きの見本みたいなどん詰まりとなり、進路を探して右往左往しただけで終了。まともでも1、2着馬抜けなので外れなのは変わらないが、消化不良も良いところだった。

京都専用機、同型馬が揃った事で最初から眼中になかったノボリディアーナ。しかし、蓋を開けると中団後方に控えて脚を溜める競馬。前のカレンケカリーナを見ながらレースを進め、直線は大外からグイグイ伸びて抜け出した。
外枠を引いた事で最初から行くつもりがなかったのか、ルメールにしてみればしてやったりの好騎乗だろう。ただ、武豊騎乗でエリ女へ向かうようだが、京都巧者と言えど流石に2200mは長い気がする。

2着スマートレイアーは中団のインに付け、前の馬を見ながら折り合いを付けて流れに乗り、4コーナーから外へ出そうとしたが、外からの押圧を受けて前を捌けず。最後は何とか馬群から抜け出し、ゴール寸前で2着に浮上。
安定感を欠く左回りと馬場が渋ると切れが殺されると思って軽視したが、ゴチャついた直線以外は内目の良いポジションで脚を溜められた事で混戦から抜け出す余力があった。まぁこの馬も2200mのエリ女は長いクチ。

3着カフェブリリアントは大外と距離を考慮してスタートから後方に下げて末脚を温存。直線もゆっくりと外へ持ち出して坂下からゴーサイン。一旦は先に抜けた勝ち馬を捕らえそうな勢いだったが、最後は少し甘くなった。
内枠を引いていれば違っていたかもしれないが、ギリギリまで追い出しを遅らせても最後は甘くなった辺り、1800mは微妙に長い。マイル以下に戻れば人気を背負うだろうが、普通に勝ち負けだろう。

最低人気フレイムコードが4着に健闘。逃げたケイアイエレガントからやや距離を置いた2番手からレースを進め、直線は坂下まで追い出しを我慢して二の脚を使い、2着争いに食い下がった。渋った馬場はこなせるし、3走前に勝たせてた菱田とも手が合ってた。

カレンケカリーナは中団外目で流れに乗り、直線は一瞬抜け出そうかという脚を使ったが、坂上から甘くなって脚色が同じになった。とはいえ、重賞初挑戦で内容は悪くなかった。GⅢくらいならチャンスはありそう。

ケイアイエレガントは注文通り、最内枠からハナを叩いて先頭。ミナレットがスタートで後手を踏み、2番手以下も競り掛けなかった事で一旦は後続をやや離してのマイペースに見えたが、直線半ばで甘くなって追い込み勢に吸収された。久々の分もあったか。

シャトーブランシュは4キロ増は許容範囲内に思えたし、道中も中団のインでじっくり構えて直線は内からスルスルと脚を伸ばしかけたが、坂の途中で勢いが止まった。こちらも久々の分、息が持たなかったか。

レッドリヴェールは好位のインに付けて脚を溜めていたが、直線で外へ出す前にスペース潰されてしまい、更には外からの押圧をまともに受けてサンドイッチされて終了。全く力を出せない勿体ない競馬だった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2015リーディングサイアー~10月18日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ハーツクライ
4ステイゴールド
5ダイワメジャー
6マンハッタンカフェ
7ゼンノロブロイ
8クロフネ
9ネオユニヴァース
10ゴールドアリュール
11シンボリクリスエス
12ジャングルポケット
13アドマイヤムーン
14ハービンジャー
15フジキセキ
16サウスヴィグラス
17サクラバクシンオー
18ブラックタイド
19メイショウサムソン
20フレンチデピュティ




ミッキークイーンの秋華賞勝利でディープがヒンドスタン、サンデーサイレンスに続いて史上3頭目となるJRA重賞100勝達成。5年3ヶ月と29日はサンデーサイレンスの記録を7ヶ月程上回る史上最速記録。

土日4勝をマークしたダメジャーが4年連続年間100勝達成。2年目からの記録継続はサンデーサイレンス、シンボリクリスエス、キングカメハメハに続いて史上4頭目。

サナシオンの東京HJ勝利でクリスエスが8年連続JRA重賞勝達成。障害重賞勝利は2011年新潟JS(クリーバレン)以来4年ぶり2勝目。

土曜京都12Rでスマートアヴァロンが勝利し、サウスヴィグラスがJRA通算300勝達成。依然として芝は今年未勝利のままw

ノボリディアーナの府中牝馬S勝利でフレンチデピュティがランクイン。重賞勝利は2013年京王杯2歳S(カラダレジェンド)以来。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

秋華賞回顧

出来は絶好調でも過去20年で2着1回以外は全て着外という死に目の大外枠を引いた事で取りこぼすんじゃないかと思われたミッキークイーンがディープ産駒JRA重賞100勝&レースレコードのおまけ付きで2冠達成。

キーポイントは2つ。1つ目はスタートは決して良くなかったが、そこから出して行って前を取りに行った事。予想外にペースは速くなったが、馬場や内回りを意識して中団に付けて流れに乗る事が出来た。
そして2つ目は3~4コーナーでのコース取り。直線で馬群を割る厳しい競馬にはなったが、外々ではなく馬群の中に入る事でコースロスを最小限に抑えられた。デビュー戦から手綱を取り続けて力量を信じ切ってた浜中の判断の勝利だったと言える。
消耗戦となった事で反動が気掛かりだが、距離は守備範囲で外回りに替わるエリ女は条件的には好転するので当然軽くは扱えない。世代混合戦に於いても引けは取らないだろう。

2着クイーンズリングは出たなりの競馬で中団後方から。1コーナー前まではやや力んでたが、ペースが流れた事でその後の折り合いはスムーズ。3~4コーナーで包まれ、4コーナーの捌きもスムーズではなかったが、直線は最速の上がりをマークして勝ち馬に急追。
前を取りに行って伸び脚を欠いたローズSが良い布石となったし、輸送の短かかった事で馬体を8キロ増やした(戻した?)のも幸いだった。距離に関してはこれ以上延びるのは微妙だが、今後に向けて目処が付く2着だった。

3着マキシマムドパリはスタートから出して好位からの競馬。4コーナーから前を捕まえに掛かり、決め手の差で1、2着馬には交わされたものの、後続の追い込みを凌いで3連系の波乱を演出。
先行馬総崩れのハイペースで唯一踏ん張るという、ある意味で最も強い競馬。馬体を大幅に増やして地力強化は認めていたが、500万からというローテが気に入らずに切ったのは痛恨の失敗だった(理由は最後に書く)。

アンドリエッテはスタートから気合を付けていたが、二の脚が鈍くて結局は後方からの競馬。3コーナー手前で外に出して追っ付け気味に捲って中団まで進出。直線入り口でスペースが狭くなって勢いを失ったが、残り100mから再度勢いが付いて盛り返した。
何だかんだで上位には来ているんだが、全体のレース運びが雑というか・・・条件戦を使って勝ち癖を付けさせた方が良い気がするが、弱い相手でもこんな感じのレースになりそう。

アースライズはスタートは普通に出たが、外枠もあって外を回らされてる間に位置取りを下げて後方からの競馬。その後も終始外々を回らされたが、直線でもしぶとく脚を伸ばして掲示板。
瞬発力勝負だったら厳しかったと思うが、消耗戦となった事で浮上して来た。3冠全て二桁人気で8、4、5着は立派。とはいえ、この馬もアンドリエッテと同様に弱い相手でも取りこぼすタイプ。条件戦でも必要以上に信頼するのは危険だろう。

本命タッチングスピーチはある程度の位置を取りに行ってくれると思っていたが、スタート今一つに加えて内外からスペースを潰されて後方から。それでも前半のペースが速かった事で末脚勝負でも間に合うと思ったが、動いた4コーナーで外に膨れる不利。直線も狭いところに入って伸び切れず。
ローズSと違って今回は何もかも上手く行かなかったが、序盤の位置取り争いで後手に回ったのが致命傷になってしまったと言える。外回りに替わるエリ女では巻き返してくれると思うが、ルメールはラキシス騎乗だから鞍上が宙に浮く。果たして誰が乗ってくれるやら・・・

トーセンビクトリーはスタンド前で内に入れて中団に付けたが、道中ずっと力んだ状態で折り合いを欠いてしまってはどうしようもない。勝負所でもゴチャゴチャした位置に入ってしまって窮屈な競馬を強いられた。2着馬とは対照的にトライアルで打った布石が全く機能しない消化不良な競馬だった。

レッツゴードンキはスタートで飛び上がるように出てしまってスンナリと先行出来ず。更に道中は全く抑えが利かずに掛かり気味に2番手に上がった時点で終了。直線を待たずして馬群に沈んでブービー負け。
桜花賞では上手く行ったとはいえ、この馬の逃げに関してはチューリップ賞から危険性を指摘して来たが、オークスよりも更にデカい代償を支払う惨敗。返し馬からテンションが上がりすぎてた様だが、今後はスタートを決めて逃げる競馬しか出来ないだろう。尤も、マイルまでしか持たなくなっていそうだが。


印は兎も角、馬券の方はアスカビレンではなくてマキシマムドパリを入れていれば3連単取れていたレースだった。ミッキー1着、クイーンズリング2着に持っていたんだけど・・・この856倍を取り損ねたショックがジワジワ来てる(´;ω;`)ブワッ

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(10月17日、18日)と特別登録馬

10月17日
東京
7R3歳上500万下(ダート1400m)
テイア
12番人気8着
インスタイル
3番人気9着

京都
6R3歳上500万下(ダート1800m)
テイエムテツジン
2番人気3着
マヤノパーチェム
9番人気5着


10月18日
京都
4R3歳上500万下(ダート1900m)
フミノスナイパー
5番人気5着
8R3歳上1000万下(ダート1800m)
トラキチシャチョウ
9番人気2着




社長2着に健闘。逃げ馬に引っ張られて好位組までパタッと止まる展開に恵まれたが、いやはや惜しかった。

フミノスナイパーは前走より捲るタイミングを遅らせたが、直線で甘くなるのは変わらず。噛み合えば突き抜けると思うのだが。

鉄人はスタートはまだまともだったが、二の脚が付かないのが慢性化してるのが気掛かり。むしろ、如何にも休み明けという体付きで頑張ったパーチェムに驚いた。

インスタイルは好位でレースを進めたが、直線は伸びそうで伸びず。休み明けの影響があった感じだが、まさかテイアに先着されるとは思わなかった。




特別登録馬
マヤノオントロジー・・・秋嶺S




中1週となるが、太かった馬体が輸送で絞れる計算込みの登録か?想定は未定。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

秋華賞

◎タッチングスピーチ
○トーセンビクトリー
▲ミッキークイーン
△クイーンズリング
△レッツゴードンキ
△アスカビレン

昨年は勝ち馬を出したとはいえ新潟開催という例外扱いになる紫苑S組、ぶっつけに加えてローズS組との力関係を比べると見劣りするオークス直行組はバッサリ切る。極端な波乱の芽は薄いだろう。

残る別路線組だが、休み明けで大幅に馬体を増やして成長を窺わせたオークス出走馬マキシマムドパリが穴人気してるが、如何せん休み明けが500万特別というのが引っ掛かる。それなら、牝馬限定とはいえ1000万特別(3着馬は今日のレースで勝った)を秋華賞を意識したかのような先行抜け出しで勝ったアスカビレンを大穴候補として挙げたい。

本命はタッチングスピーチ。札幌では出遅れ、ローズSは二の脚が付かずと前半で良い位置を取れないのはマイナスだが、今回はある程度出して行って極端な後方待機は取らないようだ。それに小回りコースにも対応出来る決め手の鋭さは軽い馬場の京都では大きな武器となる。追い切りも格下相手とはいえ、余裕の手応えで先着。まともなら崩れない。

トーセンビクトリーはローズSでは1、2着馬に決め手比べで切れ負けしたが、トライアルと割り切って溜める競馬で使える脚を推し量った武豊の騎乗に不気味さを感じた。好枠を引けた事で今回は2走前のような正攻法の位置取りからレースを進めるだろう。追い切りは長めから軽めだったが、気配は良好。

ミッキークイーンは終い重点の半マイル調教の動きが抜群に良い。実績もさながら、追い切りだけならこの馬が断トツの出来栄えと言えるが、如何せん京都内回りの2000mで死に目の大外枠。前走は後手に回って最後方となったが、元々後方から差し脚を伸ばすタイプ。ローズSより評価を下げての3番手とする。

クイーンズリングは休み明けで思った程馬体が増えなかったのは不満だが、調教後の馬体重から今回はもう少し馬体重が増えて来て良さそう。ローズSでは先行策を取って持ち味を殺した結果を踏まえ、ある程度溜める競馬に戻るだろう。あとは上位人気馬にその決め手がどこまで通用するか。

レッツゴードンキはノットフォーマルが外へ行ってハナに拘らないらしいので今回も逃げる競馬になる公算が強い。内回りで条件的には向くと思うし、同型馬に脅威となりそうな馬も見当たらない展開利は見込めるが、前々から感じてる距離の融通性に不安が残る。出来自体は良化してるが、あくまでも押さえで。

ここはタッチングスピーチを信頼しての馬連と3連複1頭軸で手堅く。あとは上乗せ期待でアスカビレンを3着に固定した3連単フォーメーション。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

府中牝馬S

◎パワースポット
○シャトーブランシュ
▲ケイアイエレガント
△カフェブリリアント
△レッドリヴェール
△カレンケカリーナ

パワースポットは昨年暮れから牝馬同士では輸送で大幅に馬体を減らした福島牝馬S以外では全て掲示板に載ってる。にも拘らず、14、8、5、10番人気と常に人気薄。今回も人気はないが、全5勝全て東京コースに加え渋った馬場もこなせる。先行馬が揃った今回は持ち味の差し脚が活かせる筈。久々でも仕上がりは良い。

シャトーブランシュは前走に引き続いて相性の良い藤岡康とのコンビ。内枠を引けてロスなく立ち回れそうだし、先行馬が揃っただけに溜めるスタイルを取る藤岡康の騎乗が再度ハマってもおかしくはない。道悪もこなせる。追い切りの動きは幾分重めが残る感じだが、輸送である程度絞れてくるなら。

ケイアイエレガントは他の同型馬が押しなべて外に行った中での最内枠。労せずに先手は取れるだろう。道悪適性は何とも言えないが、血統的にはこなしても良さそうな感じ。同型馬に競られる可能性はあるが、自分のリズムで行き切ってしまえば粘り込めるのは春の実績で証明済み。

カフェブリリアントは初の1800mがどうかだが、昨年暮れの中京や阪神牝馬Sでのレースぶりから渋った馬場は全く苦にしないし、東京コースにも実績がある。前走は福永が悠長に構えすぎてどん詰まっただけに、岩田に替わったのはプラス材料とみる。あとは大外枠がどうか。

レッドリヴェールはクイーンSの内容から、この距離辺りが限界点と言えるが、馬場が渋った方が良いタイプで相殺してくれそうな気がする。手の内に入れつつあったルメールから戸崎に乗り替わるのは謎だが、2歳時に結果を出したのは戸崎。あとは輸送で極端に馬体減りしなければ。

カレンケカリーナは準OPを勝ったばかりだが、その前走の3、4着馬は重賞でも好走実績があってレベルは低くなかった。左回りで4勝をマークしており、渋った馬場でも結果を出している。休み明けの馬が多い中で一回使われてる強みもある。ここでもあまり差はないとみる。


ここはパワースポットからの馬連とワイドで。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(10月17日、18日)

10月17日
東京
7R3歳上500万下(ダート1400m)
インスタイル
岩田康誠(57.0)
テイア
江田照男(53.0)

京都
6R3歳上500万下(ダート1800m)
テイエムテツジン
浜中俊(55.0)
マヤノパーチェム
幸英明(55.0)


10月18日
京都
4R3歳上500万下(ダート1900m)
フミノスナイパー
松山弘平(57.0)
8R3歳上1000万下(ダート1800m)
トラキチシャチョウ
和田竜二(57.0)




虎吉社長は和田とのコンビ。調教は悪くなさそうだし、頭数も手頃。入着は期待出来そう。

フミノスナイパーも頭数は手頃だし、抜けた相手もいない。集中力さえ維持出来ればチャンスはありそう。

土曜は2レースで2頭出し。インスタイルは3走前と同じ条件で岩田とのコンビ。息さえ持てば。テイアは前半で流れに乗りたいところ。

鉄人は1番人気になりそうな面子。スタートさえ上手く出れば普通に勝ち負け。マヤノパーチェムは休み明けで調教も一息なんで。




中央抹消されたバルタンセージは大井へ移籍。川崎のキングペレ共々、力を付けて勝ち上がってくれ。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

南部杯回顧

元PO馬で南部杯4度目の出走となるアドマイヤロイヤル、昨年と違ってひと叩きして挑むナムラタイタンのどちらがベストウォーリアの壁は厚くとも、ワンダーアキュート・ハッピースプリントのどちらかは崩せないものかと淡い期待を抱いていたが、結果は無残にも10、13着と惨敗。

アドマイヤロイヤルは二の脚が付かずに中団からの追走となったが、内で砂を被って嫌気が差したか、途中から首が高くなりかけた走法となって追走するだけで手一杯。盛岡へ輸送すると必ず馬体減りするが、今回も8キロ減。状態面も今一つだったか。

ナムラタイタンはスタートこそまともに出て好位を取ろうとしたが、中央勢のペースに全く付いて行けず、次第に位置取りを下げてそれっきり。とはいえ、他の岩手勢にまで先着を許すとはショック。2走ボケであってほしいところだが・・・

左回りのマイル戦でホッコータルマエもコパノリッキーも不在とくれば、昨年に続いてボーナスステージだったベストウォーリア。道中は内の先行馬を見ながら4、5番手を追走。4コーナーで先頭に並び掛け、直線で粘る2着馬を競り落として最後は流す完勝。
まずは順当勝ちだったが、次走はJBCスプリントを予定とか。1200m戦はデビュー戦(1着)しか走ってないが、1400mでも危なげなく勝っているし、前々に行ける脚質からも流れに戸惑う可能性は低いとみる。

2着タガノトネールは最内枠もあってか、スタートから気合を付けて前を取りに行って3頭雁行状態の先頭。4コーナーで並び掛けた勝ち馬に唯一抵抗して直線半ばまで踏ん張り、3着馬の追撃を凌ぎ切った。
重賞初挑戦のプロキオンSで4着と健闘した後は交流重賞で1、3着と好走しての参戦。マイルでも自分のリズムで先行してしぶとさを活かす持ち味を出せた。次走は武蔵野Sを予定だが、そこでも好走出来れば今後が楽しみ。

3着ワンダーアキュートはペースが流れた事で道中はやや追走に忙しい感じで好位からの競馬。3~4コーナーでは鞭が入ったが、直線はジリジリと脚を伸ばして最後は2着争いまでこぎ着けた。
勝ち馬に競り落とされた馬を抜いて行く様はまるで入賞ラインに差し掛かった日本のマラソンランナーを見てるような粘りだったが、時計勝負になると勝ち切るのは難しいだろう。時計を要すればもう少しパフォーマンスを上げそうだが。

地方の大将格となったハッピースプリントはスタートで落馬寸前とも言える躓きが全て。何とか立て直して出ムチを入れて挽回しようとしたが、前半からペースが速くなって早々と脚を使ってしまい、直線も特に見せ場なく6着に流れ込む程度。どうやら休み明けで万全の状態ではなかったらしい。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2015リーディングサイアー~10月12日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ハーツクライ
4ステイゴールド
5ダイワメジャー
6マンハッタンカフェ
7ゼンノロブロイ
8クロフネ
9ネオユニヴァース
10ゴールドアリュール
11シンボリクリスエス
12ジャングルポケット
13アドマイヤムーン
14ハービンジャー
15フジキセキ
16サウスヴィグラス
17サクラバクシンオー
18ブラックタイド
19メイショウサムソン
20タニノギムレット




月曜東京5Rでラベンダーヴァレイ(PO馬だったりする)が勝利し、ディープ産駒が史上17頭目となるJRA通算1000勝達成。5年3ヶ月23日はキンカメの6年1ヶ月6日を短縮しての史上最速。次はリーチが掛かった史上最速でのJRA重賞100勝。

抜かれてしまったキンカメだが、ラブリーデイの京都大賞典勝利でJRA重賞通算72勝とし、テスコボーイに並んで歴代8位タイ。あと1勝でフジキセキに並ぶ。JRA通算勝利数も1250勝とし、あと8勝でヒンドスタンに並ぶ。

今年は重賞戦線では鳴りを潜めてるハーツだが、日曜京都12Rでネヴァーハーツが勝利し、JRA通算500勝達成。

ブレイブスマッシュのサウジアラビアRC勝利でトーセンファントムが81位に浮上。初年度産駒は中央で僅か1勝だが、2世代目の2歳勢は既に5勝。中間発表でもランクインしてた2歳リーディングは12位に浮上。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

京都大賞典回顧

軸としたサウンズオブアースが2着、粘り込むも最後は切れ負けするとみたカレンミロティックが3着、京都での上がり勝負は向かないと軽視したワンアンドオンリー不発までは読み切れたが、ラブリーデイが2400mをこなすまでは読めず。

距離を意識してか、前半はそれ程前を主張せずに好位4、5番手で脚を溜める競馬。中盤にペースは緩んだが、スムーズに折り合って流れに乗り、直線は狭いスペースを割って脚を伸ばして追い比べにケリを付けた。
2400mを克服したのもそうだが、スロー瞬発力勝負で最速となる32.3という脚を使えたのも驚き。こうした上がり勝負では一枚落ちると思っていただけに、またもう一段強くなってる印象。天皇賞は脆さがチラつくエイシンヒカリより遥かに信頼できそう。

2着サウンズオブアースは自然な形で好位4、5番手からの競馬。折り合いもスムーズで坂の下りを利してジワジワとスパート。追い比べで一旦は交わしかけたが、残り1Fで離されて4度目の重賞2着。
オーバーホールが功を奏し、体にもう一本芯が入った感じで出して行かずとも好位に付けれたし、内外の差があったとはいえ、乗り方としては完璧に近かったと思う。今後も中長距離戦線で目が離せない存在になるだろう。

3着カレンミロティックはニューダイナスティを先に行かせての番手と大方の予想通りの位置取り。4コーナー手前で先頭に並び掛け、直線の追い比べでも1、2着馬に食い下がったが、残り150m程で競り落とされた。
坂の下りでメイショウカンパクが捲って来た誤算があってやや早めに動かざるを得なかったが、これだけ速くなった上がり勝負にもしっかりと対応出来てた。中京での実績から左回りは問題ないし、天皇賞でも注意が必要かも。

ラキシスはソロッと出して後方のインに入って前に馬を置いて折り合おうとしたが、道中は力んだ走りで折り合いに一苦労。直線に向くまで追い出しを我慢して内を狙ったがピリッとした脚は使えずじまい。
敗因を挙げるなら16キロ減と予想以上に減った馬体重か。数字的には昨年の体重に戻したが、道中の力み具合からイレ込みがキツくて減りすぎたと捉えるべきか。

フーラブライドはスタートが決まり、ジワッと出して3番手からの競馬。上がり勝負となって直線は切れ負けしたが、内外から1、2着馬に交わされても怯まずに最後までしっかり脚を伸ばした。買わなかったが、やはりこの条件は合う。久々にこの馬らしいしぶとさが見られた。

ワンアンドオンリーは中団から当面の相手である1、2着馬を見ながらの競馬だったが、ペースが上がった4コーナーで付いて行けなくなり、直線も追い付けずじまい。やはりというか、軽い馬場での上がり勝負に対応出来ない弱点を露呈。

レコンダイトは予想通りというか出遅れて後方からの競馬。元々後方から行く馬なのでこれは想定内だったが、直線もこれといった見せ場はなかった。あわよくばという淡い期待はあったが、このメンバーでは通用する力はなかったようだ。


印としては△→◎→▲で通常なら的中だが、3連単フォーメーションでこの目は買っておらず。上限を守った故に買えなかったとも言えるが、買い方(例えばカレンの3着固定3連単とか)を工夫すれば取れたレースだった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(10月10日、11日、12日)と特別登録馬

10月10日
京都
11R平城京S(ダート1800m)
マヤノオントロジー
10番人気6着


10月11日
東京
3R2歳未勝利戦(芝1400m)
シェヴェルニー
11番人気5着

10月12日
東京
8R3歳上500万下(ダート1400m)
フィンデルムンド
5番人気8着




オントロジーは4角では馬券圏内までありそうな手応え。伸び切れなかったのは久々の分か。とはいえ、1800mでも普通に折り合えたのは収穫。

フィンデルムンドは後方で溜めてはいたが、直線は思った程伸びず。太目残りも堪えたか。

シェヴェルニーは内々を回って見せ場十分の内容。開幕週の馬場も合ってたが、坂をこなせたのは収穫。




特別登録馬
メイショウアイアン・・・藤森S




シンガポールのデンジャーゾーンは7着。今回もスタートは今一つだったが、気合いを付けて途中からハナを切る積極策。逃げ切ってしまうかに見えたが、残り1Rで踏ん張り切れず。でも、次走以降に期待を持たせるレースだった。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

京都大賞典

◎サウンズオブアース
○ラキシス
▲カレンミロティック
△ラブリーデイ
△レコンダイト

サウンズオブアースは天皇賞では散水の影響で自慢の末脚を発揮出来ずに大敗したが、坂の下りを利して持続性の高い末脚を駆使出来る京都外回りはベストと言える条件。リフレッシュ放牧で態勢を立て直した効果は追い切りの動きで明らか。折り合いにやや不安は残るが、上手く我慢させれば普通に勝ち負け出来る

ラキシスは小回りコースを見越して積極策に出た札幌記念は息が入らない展開もあって伸び切れなかったが、ゆったり運べる京都外回りに替われば当然巻き返して良い存在。最終追い切りは併入だったが、1週前はフルーキー相手に豪快に先着して気配良好。予想される決め手勝負になれば崩れない。

カレンミロティックは体調を崩してた宝塚記念こそ大敗したが、守備範囲外と思われた天皇賞での健闘から7歳にして地力強化が窺える。上がり勝負になった場合に切れ負けする公算はあるが、開幕週で先行有利の馬場を味方に付ければ残れる可能性は大いにある。距離適性の差でラブリーデイより上とみる。

ラブリーデイは今年に入ってからの充実ぶりが目を引く1頭。先を見据えた仕上げとはいえ、3週連続でCWから長めに追われてある程度格好は付けられる状態。ただ、2200mまでなら問題ないが、2400mは微妙に不安が残る。ましてや、今回は58キロの斤量。最後に甘くなってしまう可能性を考慮して4番手に。

レコンダイトは七夕賞では出遅れた上に外々を回らされて早々と余力を無くして惨敗。最近のデムーロは出遅れが一時期の蛯名以上に慢性化しており、不安材料がないわけではないが、この条件なら出遅れても極端な不利にはならない。京都2勝と目黒記念2着の距離適性を見直せる。


ワンアンドオンリーは内枠は歓迎材料だが、上がり34秒を切った事がないこの馬にとって軽い馬場で上がりが速くなりそうな京都適性に不安が残る。坂路で格下相手に煽られるのは良くも悪くもこの馬らしいが、今回はマイナスと思う事にする。


買い目はサウンズオブアース・ラキシスを1、2着に据えた3連単フォーメーションで・・・毎日王冠は上限を取っ払ったが、このレースは上限を守って買うw

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

毎日王冠回顧

アイルランドTでの逸走が強烈な逃げ馬、それに武豊とのコンビが加味されてサイレンススズカの幻影を背負ったエイシンヒカリがマイペースの逃げ切り勝ち。これで天皇賞でも上位人気を背負う事になりそうだが、果たしてトウケイヘイローとなるか、サイレンススズカの夢の続きを見せられるか・・・

勝因は好スタートから楽に先手を取れた事だろう。リアルインパクトのダッシュが鈍く、グランデッツァが早々と控え、鈴を付けに行ったヴァンセンヌも宥めるのに手一杯。番手集団が誰も突きに来なければ、緩急以前に1000m59.9のスロー楽逃げになるのもやむなし。上がりも34秒フラットに纏めれば流石に押し切れる。
イレ込みは見られたが、直線で外へモタれる悪癖を最小限にとどめたのは収穫。ただ、展開利に加えて雨の影響で内有利のトラックバイアスとこの馬有利の条件が揃いすぎた。流石に天皇賞はこうも楽には逃げられないだろう。ハマれば残ると思うが、軸とするだけの信頼性は乏しい。

2着ディサイファはまずまずのスタートから好位の内に付けて脚を溜める競馬。直線ではビュッと抜け出せる脚がなかったのでイスラボニータに先に前に入られたが、坂上から外へ持ち出してからグイグイ伸びてゴール寸前で2着に浮上。
最後に力尽きて4着だった昨年と違い、今年は最後までしっかり伸びて2着。今年に入っての地力強化を示す内容だったと思う。トライアルホースの印象を覆すまではいかなかったが、GⅠで歯が立たなかった昨年よりは通用しても。

3着イスラボニータは好位を取れたが、久々で気負ったせいかスタートを伸び上がるように出て、道中も行きたがるのを宥めながらの追走。それでも直線は2番手集団の外に出して追い出しを待ち、最後は甘くなったが、一旦は勝ち馬を捕まえかける見せ場十分の内容。
追い切りもどうにか間に合ったという感じでパドックでも決して良く見せなかったが、万全と言えない状態でこれだけ走ったのは大したものだろう。反動がなければ天皇賞では1、2着馬よりも怖い存在になりそう。

ダノンシャークは8キロ減ってパドックでも少しうるさかったが、許容範囲内の状態。道中は中団で折り合いを付けるのに専念し、直線は3着馬の後を追うようにして末脚を伸ばしてGⅠ馬の意地は見せた。
ちょっと半信半疑な部分はあったが、完全ではなかったとはいえ折り合いさえ付けばまだまだ一線級で戦える能力があるのは判った。流れが速くなるであろうマイルCSへ向けて及第点は付けられる。

トーセンスターダムはスタート一息だったのもあって中団後方でジッとして末脚を温存。直線は内から外へと持ち出してステファノスやアンビシャスに伸び勝って掲示板を確保。流石に手は回らなかったが、10キロ絞って動ける体に戻っていた。今日は展開不向きだったが、これなら今後も重賞戦線で戦える。

アンビシャスはゲート内で躓き、痛恨の大出遅れ。こうなってしまうと最後方からの直線勝負に賭けるしかなかったが、道中のペースが遅すぎた時点でノーチャンスだった。以前から兆候はあったが、デムーロのスタートの悪さが顕著になって来て取捨に困る。あと、良馬場に回復したとはいえ、パンパンの馬場の方が良さげ。

ステファノスも外枠で無理せずに後方に控えた時点で勝負あった。それなりにペースが上がっていれば話は違ったであろうが、外枠の差し馬には厳しい展開だったし、過剰に期待しすぎた部分もあった。ここからの変わり身に期待したい。

ヴァンセンヌは番手に付けた時点で「おおっ!?豊を突きに行くのか?」と思ったが、そこから行きたがるのを宥めるの手一杯でエイシンの逃げをアシストする役回り。京王杯では32秒台の上がりを使えたが、基本的に上がり勝負は向かない。あと、1800mは微妙に長くなってる。

それなりに脚を使ったアンビシャスやステファノスと違って全くの空気だったのはスピルバーグ。見た目には仕上がってるように見えたが、全くこの馬らしさが見られず後方のまま。東京巧者だけに無視はしづらいが、ここまで空気だと積極的に買うのは躊躇われる。


イスラボニータの地力に肝を潰し掛けたが、何とか馬連的中で最低限の格好は付けられた。尤も、レースそのものはエイシンの楽逃げで天皇賞に向けての前哨戦として迫力を欠いたのは否めない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

毎日王冠

◎ディサイファ
○スピルバーグ
▲ステファノス
△エイシンヒカリ
△アンビシャス
△ヴァンセンヌ
△ダノンシャーク

ディサイファは昨年のレースでは調教は良く見せなかったが4着に健闘。今年は地力強化が著しく重賞2勝。特に前走の札幌記念では前傾ラップで差し有利の流れを正攻法で押し切った。内枠を引けたのでロスのない立ち回りが出来るし、渋った馬場にも実績がある。天皇賞よりもここが狙い目。

スピルバーグはイギリス遠征で結果を出せなかったせいで人気を落としているが、勝ち星の全てが東京。昨年も天皇賞を制して距離が微妙に長かったジャパンCでも3着に好走。休み明けだが、夏場に休ませるのはいつも通りだし、9月から乗り込まれてる。いきなりでも格好は付けられる。

ステファノスは4月の香港遠征以来だが、こちらも十分に乗り込まれて仕上がり状態は良好。戸崎とのコンビで富士Sを勝っているし、皐月賞や中山記念のレースぶりからディープ産駒の中では道悪巧者。実績では見劣りするが、潜在能力ではこのメンバーに入ってもやれると思う。

エイシンヒカリは単騎逃げが濃厚。緩急を付けたペース配分を刻めれば逃げ残れる可能性は十分にあるだろう。鉄砲実績もあるし、賞金的にここを勝たないと天皇賞に出られないので仕上げて来ている。しかし、左回りだと外へ外へモタれる悪癖を完全に制御出来るかどうか気掛かり。

アンビシャスは小回りのラジオNIKKEI賞を勝っているが、本質的には広々としたコースで力を発揮するタイプなのはそれまでの実績が証明してる。ドゥラメンテやリアルスティールに善戦した能力がどこまで通用するか楽しみだが、道悪適性に関しては未知数な部分が多いので。

ヴァンセンヌは昨年秋以来の1800m戦で上手く折り合えるかがカギとなるが、雨の影響で従来の開幕週よりも時計が掛かりそうな馬場は合う。左回りもこれまでの実績から問題ないし、結果は兎も角上手く乗れてたとは言えない福永からノリに替わるのは良いと思う。極端な後方ポツンは勘弁だが。

ダノンシャークは安田記念の大敗ですっかり人気を落としているが、左回りで掲示板を外したのは前半から力んだ富士Sと流れが向かなかった前走のみ。陣営は良馬場希望だが、クラレントと違って道悪は前を取りに行けばこなせるレベル。能力の峠は過ぎた気もするが、もう1回買ってみる。


ここはもう1回縛りを取っ払って普通に買う。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

サウジアラビアロイヤルC回顧

たまに結果オーライとして当たる事はあるが、大して買うつもりもなかったレースを買うとロクな事にならない。買わずにエア予想で済ましてしまえば良いのだが、それが出来ないんだよなぁ。

重賞実績と配当妙味からマコトルーメンの差し脚に期待したが、全くの末脚不発。出遅れて後方に置かれるのは想定内だったが、4コーナーでも前に上がれなかったのは想定外。直線もサッパリ伸びず、負けるにしてもここまで何も出来ないとは思わなかった。

ブレイブスマッシュは前半は中団のインを追走。前が引っ張ってバラける中、4コーナーまでインペタで回って来て末脚を温存。直線でジワッと外へ持ち出し、後ろの馬の手応えを見極めつつ追い出しを待ち、人気2頭の追い込みを最後まで凌ぎ切った。
先頭に立ったところでソラを使ってゴール前で詰められはしたが、坂下でも追い出しを待てる余裕があった。戸崎のチョンボも味方したし、道中は内々に拘っての省エネ騎乗に徹したノリの好プレーもあったが、能力は決して低くない。

2着イモータルは大外枠もあってか、道中は勝ち馬の斜め後ろに付けてじっくりと構える競馬。4コーナーまで問題はなかったが、直線で外へ出そうとしたら、前のリセエンヌが先に外へ出したので内へ。しかし、内へモタれ出したので外へと切り替えしてリセエンヌとアポロジョージアの間を割ろうとして失敗。
更に外へと切り替えてリセエンヌと3着馬の間を突き、内へモタれながらも追い込んで来たが、首の上げ下げで僅かに届かず。リセエンヌの動きが発端だったが、その後の加速と減速を繰り返した戸崎の騎乗は全く擁護出来ない。馬は負けて強しだったが、乗り替わってやむなしだろう。

3着アストラエンブレムはゲート内の駐立が悪く、二の脚が付かずに後方から。直線は途中で2着馬と接触しながらもメンバー最速の上がりで追い込んで来たが、最後は伸び負けて後れを取った。
輸送の影響か、10キロ減って発汗も目立っていたように万全とは言えない状態で僅差の3着は能力の証。しかし、本賞金を加算出来なかったし、ダメージが残る競馬。この反動が出ないか気掛かり。

リセエンヌは前4頭からやや離れて5番手からの競馬。直線で外へ持ち出し(この動きが戸崎を右往左往させる原因となったが)、外の2、3着馬と共に追い込んだが、最後は蛯名の馬上ダンスが始まって伸び負け。
馬格が全くない牝馬で牡馬相手に正攻法の競馬で良く善戦したと言える。それ故に最後100mからの蛯名の馬上ダンスが気になった。重賞勝利記録継続も黄信号が灯りかけてる気がするんだけど・・・

ハレルヤボーイは好スタートを切ったが、そこから後方に下げて人気所をマークする競馬。ただ、前半は行きたがるのを宥めながらの追走で直線は勝ち馬を目標に追い出したが、なかなか詰められない内に外の馬にも伸び負け。ちょっとチグハグに乗られたのは否めないが、左回りでの決め手勝負では分が悪い感じ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

サウジアラビアロイヤルC

いちょうSはどうなったのだ?と思っていたら、今年から名称変更されたのね・・・重賞のいちょうSは僅か1回で終了、更にレースそのものも無くなってしまったのか。芙蓉Sも今年から2000mに変更されたし、昔から馴染みがあるレースの施行条件が変わったり、無くなったりするのに物悲しくなるのはオッサン故の性だろうか(´・ω・`)

で、何故買わない筈のレースについて触れているのかというと・・・

「このサウジ何ちゃらがいちょうSの替わりなのか」と何気に出馬表を見渡してる内に何となく予想してしまったからwもうやだ、このエア予想が出来ない性分(´・ω・`)

新潟の新馬戦を圧勝し、急逝したマンハッタンカフェの大物候補と評されたイモータル(半兄に元PO馬エックスマーク)、ブライトエンブレムの半弟で未勝利戦を圧勝したアストラエンブレム、そのレースの2着馬で続く未勝利戦を勝ち上がったブレイブスマッシュ、中山マイルの大外枠から5馬身差の圧勝で勝ち上がったハレルヤボーイが人気を集めてるが、個人的には重賞で連続して掲示板に載ってるマコトルーメンが気になる。

函館2歳Sは距離不足ながら上がり最速をマークして5着。続く新潟2歳Sも勝ち馬のロードクエストは別格としても、それに続く2番目の上がりをマークして3着。追い込み一手で器用さに欠けるのは否めないが、重賞で揉まれたキャリアは実質500万と呼べるこのメンバーなら大きな武器となる。

まぁアストラエンブレム以外の好位抜け出し組の上位人気馬が順当に走れば、連に絡むのは難しそうなのでここは3連複1頭軸で上位人気馬へ流す。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(10月10日、11日、12日)

10月10日
京都
11R平城京S(ダート1800m)
マヤノオントロジー
小牧太(55.0)


10月11日
東京
3R2歳未勝利戦(芝1400m)
シェヴェルニー
△石川裕紀人(52.0)

10月12日
東京
8R3歳上500万下(ダート1400m)
フィンデルムンド
内田博幸(57.0)




オントロジーは師範代とのコンビ。時計は目立たないが、坂路で3週連続一杯に追われてる。折り合って脚さえ溜め切れれば。

フィンデルムンドはウチパクとの初コンビ。掴みどころが判らない馬だが、この条件は合う。



白山大賞典に出走したマヤノクレドは地方馬最先着を果たしただけでなく、中央馬のソロルにも先着しての4着!
前半は中央勢のペースに付き合わずに脚を溜め、4コーナーから動いて脚を伸ばした。グレイシーを超えたし、これは胸を張れる4着。

シンガポールのデンジャーゾーンが明日出走。3戦連続出遅れての殿負けを喫してるだけに、ここらで巻き返してほしいが・・・

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

シリウスS回顧

アウォーディーに騎乗した武豊が前人未到となるJRA重賞通算300勝達成。昔に比べて重賞レースの数が増えたとはいえ、年間10勝する騎手など2、3人に限られてる。足掛け28年で大記録に到達した豊が如何に凄まじい実績を積み上げたかが如実に判る数字と言えよう。

前走でダート適性を見せたとはいえ、内枠で砂を被ったらどうかと思って敢えて切ったアウォーディーだが、中団で砂を被っても全く怯む様子無し。3~4コーナーで外目に出して先団に取り付き、直線であっさり先頭に立つと3馬身差の完勝。
ポケ×サンデーという血統から芝路線を使われていたが、ダート適性がこれほど高いとは驚きである。同じく芝からの転身組で一足先に新星と目された2着馬を子供扱い。本当のトップクラス相手に通用するか未知数だが、ちょっと面白い存在になって来た。

2着ダノンリバティは好位4、5番手で砂を被る事には慣れたようだが、道中はずっと力んだ状態。3コーナー過ぎから抑えるのを止めて前との差を詰めに掛かり、直線入り口では2番手に上がったが、勝ち馬に一気に交わされた後は3着馬の猛追を凌ぐのがやっと。
1番人気として最低限の責務は果たしたが、勝ち馬には完敗。3着馬に詰められた時は止まりかけてたし、危惧してた通りこの距離は少し長いようだ。勝ち馬とは対照的に底を見せてしまった感がある。

3着ナムラビクターはゲート入りを嫌がり、更にスタートで大きく出遅れて離れた最後方。道中は急がせずにじっくり構え、直線で外へ持ち出して追い上げたが、最後まで逆手前のままで2着馬には僅かに届かず。
スタートの出遅れと斤量を背負ってた点を鑑みれば地力を示したと言えるが、どんどん出遅れが酷くなっており、今回は調教再審査のペナルティ。こうなってしまうと、ちょっと軸では買えなくなった感じ。

ニホンピロアワーズは18キロ増も戻したという見方が正しいか。前半は番手を追走。動きが慌ただしくなった3コーナーで追っ付け気味の追走となったが、直線も止まらずにこの馬なりに脚を伸ばした。年齢的に多くは望めないが、あと1回くらいは馬券圏内があっても。

ランウェイワルツは前半は中団に付けたが、向こう正面半ばで先に捲っていったグランドシチーの後を追うように一気に捲って先団に進出。ただ、3~4コーナーで外へモタれたところで位置取りを下げて盛り返せず。ここを叩いての変わり身待ちというところか。

マルカプレジオとキクノソルはそれぞれ後方待機、先行策と自分のスタイルを取ったが、ペースが上がった勝負所から付いて行けなくなった。OP大将臭がしたマルカは兎も角、大崩れがなかったキクノソルが殿負けを喫するとは予想外だった。

アウォーディーが来た時点でどうにもならなかったが、穴っぽいところでチョイスした2頭が逆ワンツー。割と調子が良かったダートレースもちょっと怪しくなって来たか(´・ω・`)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
83位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR