鳴尾記念

◎パッションダンス
○ダノンバラード
▲ダイワファルコン
△エアソミュール


パッションダンスはこの条件で3戦3勝。速い上がりを使えないこの馬にとって、上がりが掛かりやすい傾向の阪神内回りはベストと言える。開幕週の馬場でとりあえず前に行くウィリアムズに替わるのは良い。モズとトウケイヘイロー(この距離では多分掛かる)の逃げ争いを見ながらレースを運べる展開になれば.。速い流れの我慢比べは合う。

ダノンバラードのここ2戦は精彩を欠いたが、昨年秋からの連戦による疲労も多分にあっただろう。リフレッシュして立て直した今なら巻き返しがあってもおかしくない。調教の動きも出来の良い頃に戻って来た。距離はベストだし、阪神コースもパッションダンスと同じ理由で合う筈。調教でもモタれる面を見せなかった。

ダイワファルコンは阪神コースでは1戦して着外だが、本格化前で相手も揃った大阪杯ではやむなし。阪神の内回りは中山巧者であるこの馬にとって悪い条件ではない。先週の段階で仕上がっていたので今週は終い重点だったが、反応は問題なかった。ただ、外枠の実績が乏しいだけに枠が外過ぎたのが気掛かり。

エアソミュールは折り合いに課題があるので大外枠は歓迎材料ではないが、2戦して1、3着のC・デムーロが引き続き乗るのは心強い。中間は気の悪さを見せる事なく落ち着いており、レースでも早い段階で内に入れば折り合えるとみる。良馬場で折り合えるようなら、ここでも十分勝ち負けになる。


トランスワープは条件は合っていると思うが、ダノンバラードやダイワファルコンに比べると仕上がり面で見劣る印象。ここは割り引いて考えたい。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(6月1日、2日)

6月1日
東京
7R3歳上500万下(牝馬限定・ダート1400m)
ビーキュート
▲横山和生(52.0)
12R3歳上500万下(芝1400m)
シルクオフィサー
横山典弘(57.0)

阪神
12R3歳上500万下(ダート1400m)
メイショウヨシミツ
大野拓弥(57.0)


6月2日
東京
5R2歳新馬戦(芝1600m)
デサフィナード
松岡正海(54.0)

阪神
3R3歳未勝利戦(ダート1800m)
カシノビッグベン
▲岩崎翼(53.0)
10R箕面特別(ダート1400m)
ピエナトップガン
松山弘平(54.0)




今週デビューのトップガン産駒
デサフィナード
母コスモメルベーユ
母父ファスリエフ
美浦・高橋祥泰厩舎



ピエナトップガンはここ2戦結果は出てないが、展開が向けば・・・という期待感はある。とはいえ、世代混合戦でどこまでやれるか。

シルクオフィサーは芝を使うって事は脚元がしっかりしてきたのかな?叩き3戦目のここで巻き返したい。

中央の2歳戦が始まってトップガン産駒もデビュー。年々、POG関連の本で扱いが少なくなっているが、多少なりとも期待感を持たせる産駒の出現を待ちたい。


目黒記念を勝ったムスカテールは放牧。秋は毎日王冠辺りを視野に。内回りの宝塚は大佐に合うと言い難かっただけに、この休養はプラスになると思う。あとは何事もなく夏を乗り切ってほしい。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

ジョワドヴィーヴル安楽死・・・

ブエナビスタの半妹で一昨年の阪神JFを勝ったジョワドヴィーヴルが鳴尾記念に向けた調教中、左下腿骨開放骨折を発症して予後不良になった。

ブエナビスタの半妹というベタな良血だったが、全兄のトーセンレーヴがPOG期間内でそこそこの活躍をしたのもあってPOGで指名。新馬戦を勝って抽選で出走し、大外一気の差し切り勝ちを決めた阪神JFの回顧で「怪物の妹はやはり怪物か?」と書いた。ディープ産駒らしく馬格はないが、コンパクトな体型から繰り出す切れ味は秀逸なものがあった。順調ならクラシックの主役を張れると思ってたが・・・

ただ、姉にはあった力強さが馬体面の成長がなかった事もあってこの馬には欠けていた。桜花賞で伸び切れなかったのは、馬力不足もあって力を要する馬場に対応出来なかったからだろう。レースから数日後、骨折が判明して年内を棒に振る事になった。

今年の京都記念で復帰し、復帰3戦目のヴィクトリアマイルでは出遅れながらも大外からこの馬らしい伸び脚を見せて4着と復調気配を見せてた矢先の悲劇となった。その良血故に、繁殖入りしても大いなる活躍が見込めていたが・・・合掌m(__)m

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

2013リーディングサイアー~5月26日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3マンハッタンカフェ
4シンボリクリスエス
5ダイワメジャー
6クロフネ
7ステイゴールド
8アグネスタキオン
9ハーツクライ
10フジキセキ
11ネオユニヴァース
12ゴールドアリュール
13ジャングルポケット
14サクラバクシンオー
15ダンスインザダーク
16タニノギムレット
17スズカマンボ
18ブライアンズタイム
19スペシャルウィーク
20ゼンノロブロイ




今週もディープ無双が止まらない。キズナの大外一気で2年連続ダービー制覇。これを含む土日7勝(土曜2勝、日曜5勝)で80勝に到達。キンカメとの差を7億4500万に拡大。

2代続けてあと一歩で勝ち馬の強襲に屈したものの、エピファネイアのダービー2着でクリスエスが4位に浮上。マンカフェとの差を大分詰めてきたな。

ムスカテールの目黒記念勝利でトップガンが28位に浮上。3年連続JRA重賞勝利。平地重賞は一昨年の函館記念(キングトップガン)以来。

テイエムハリアーの京都HJ勝利でニューイングランドが51位に浮上。こちらも3年連続JRA重賞勝利。今年の2歳馬は19頭、1歳馬は11頭が血統登録。昨年は14頭に種付け。




ダービー終了時点での2012年度新種牡馬ランキング(リーディング100位以内)

48スズカフェニックス
55メイショウサムソン
68チチカステナンゴ
69ブラックタイド
87フサイチリシャール
93アルデバラン




2歳戦の状況から、2012年度新種牡馬は楽観視出来ないと思っていたが、ここまでスベるとは予想外。せめてチチカスは50位以内には入ると思っていたが・・・地方では100位以内0頭という有り様。

最高順位はマイネルホウオウがNHKマイルCを勝ったスズカフェニックスも、それ以外で今年勝ち上がったのは1頭だけ。

昨年は中央2歳戦未勝利という不名誉な記録を作ったメイショウサムソンは3連勝でダービーに駒を進めたサムソンズプライドを出したが、繁殖牝馬の質を考えれば大失敗と言わざるを得ない。

繁殖牝馬の質という点でサムソン以上に大失敗だったのがチチカス。勝ち上がったのは全て未勝利戦でダイワスカーレットの初仔ダイワレーヌも未勝利で引退。社台の輸入種牡馬でこれだけコケたのも珍しい。

2歳戦はテイエムイナズマが重賞勝って健闘したブラックタイドだが、先日500万特別を勝ったサイモンラムセス以外に目立った馬はいない。

地方で何とかなるかと思ったアルデバランは地方でも今一つ。ジャイアントレッカーは更に悲惨な状態。

フサイチホウオーに至っては早くも種牡馬引退。東スポ杯2歳S4着のケンブリッジサンを出したが、見切りをつけられてしまった。

夏を越して上がり馬がいるかもしれないし、もしくは今年の2歳馬に当たりがいない可能性はゼロでないが、現時点ではGⅠ馬を出したスズカフェニックス以外は失敗種牡馬の烙印やむなしか。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

目黒記念回顧

ムスカテールの2戦目を見て「コイツはいずれ重賞に手が届く」と思って(勢いで大佐と呼ぶようになったのもこの時からw)2年余り・・・この時が来るのを待っていた!!!

( ´,_ゝ`)クックック・・・( ´∀`)フハハハハ・・・(  ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!!

(  ゚∀゚)スバラシイ!サイコーノショーダトオモワンカネ?


とまぁ、最高にハイな気分になるのはこれ位にしておこうw

ややスタートが甘くて予想してたより後ろの位置取りになったが、前走で見せた口向きの悪さを見せる事もなくスムーズに追走。4コーナーから動き出して直線はスペースの空いた外へ。横一線に広がる中、馬場の五分どころから溜めに溜めた末脚爆発。坂でカフナに来られたところで更に再加速し、最後はレコードのオマケ付きで突き抜けた。
これまでは左回りだと道中はスムーズでも直線で逆手前に替わる癖があったが、今回は最後に少しヨレて立て直すまで手前を替えなかった。こうなると、豪快に突き抜けるのも必然だろう。秋のGⅠ戦線が楽しみになる完璧なレースだった。

2着ルルーシュは馬体も絞れて好仕上がり。外枠もあって、内に入りながら少しずつ前に上がって行き1~2コーナーで好位グループの一角(ウィリアムズのこのポジション取りは流石である)。4コーナーで先団グループの外に出し、直線坂下で前を捕まえに行く勝ちパターン。大佐の決め手が鋭かったのは誤算だが、カフナの追撃は最後まで寄せ付けなかった。正攻法で自分の力は出せた。

3着カフナは出たなりの競馬で中団の後ろから1番人気アドマイヤラクティを見る形。4コーナーで動いたアドマイヤラクティに合わせて動き、直線は大外へ出してこれを置き去りに。一旦は勝ち馬に並び掛けたが、坂上で突き放されて2着馬にも届かず。落鉄の影響もあったが、決め手の差で見劣った。ただ、レコード決着にも対応出来たし、久々の重賞でも力を発揮出来た。いずれは重賞に手が届く。

ヒットザターゲットはスタートしてすぐに内ラチ沿いに張り付き、道中はずっと経済コースを立ち回るいつものパターン。いつもと違ったのは4コーナーでラチから離れて外へ回した事だが、そこからでもしぶとく伸びて来た。立ち回りの巧さを活かして小回りコース中心に走っていたが、この距離でこれだけ走れたのは収穫。

タッチミーノットは道中は勝ち馬と同じような位置にいたが、勝負所で瞬時に反応出来ずモタついたところで勝ち馬に先に進路に入られ、外で出そうとしたところで3着馬に入られたのが響いた。年齢的なものなのか、金杯以降は勝負所でモタついてるのが気掛かり。

デスペラードは指定席の最後方からの大外一気に出たが、持ち時計がない馬だけにレコード決着では流石に苦しい。前半はハミを取らないので極端な競馬しか出来ないのは判っていたが、時計の掛かる消耗戦でないと厳しいのもハッキリした。

アドマイヤラクティやノーステア、カポーティスターは消耗戦で力を発揮するタイプだけに、予想外の高速決着に対応出来なかった節がある。持久力が問われる展開で改めて。


宣言通り、大佐の単複を仕留めたのでダービーの負けをノシ付けて取り返した。禍福は何とやら、最後の最後で良い思いが出来て良かった。これで安田記念も戦えるw

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(5月25日、26日)と特別登録馬

5月25日
東京
7R4歳上500万下(ダート1400m)
フィンデルムンド
10番人気9着
10R薫風S(ダート1600m)
セニョリータ
15番人気競走中止
12R4歳上1000万下(ダート1600m)
エイトプリンス
9番人気8着

京都
8R京都HJ(芝3930m)
シャローム
12番人気競走中止


5月26日
東京
11RワカタカC(ダート1400m)
レオアドミラル
16番人気10着
12R目黒記念(芝2500m)
ムスカテール
4番人気1着

京都
7R4歳上500万下(ダート1800m)
マヤノカデンツァ
10番人気6着
12R4歳上1000万下(ダート1200m)
ジャパンプライド
6番人気9着




土曜は競走中止で予後不良が2頭・・・1日でトップガン産駒が2頭逝くなんて、俺の記憶にない。

シャロームは後方から追い上げに入ったところで着地に失敗。環軸関節脱臼って事は即死だろうね・・・チャクラの弟で息長く走ってくれたがなぁ。

セニョリータは最初から行きっぷりが悪かった。中央ではキツかったが、ローカルの小回りで先行させればしぶとかった。

一喜一憂させてくれた2頭の死に合掌m(__)m


他の産駒もほろ苦い結果。ジャパンプライドとマヤノカデンツァは出遅れ、エイトプリンスは小回り専用がはっきりした。このまま終われば最悪な週末だったが・・・


文字通り、最後の砦となった大佐が色んな意味で鬱憤晴らしをしてくれたぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!!!
ちゃんとしたレース回顧は後で書く予定だが(今はこれ書いたら寝る)、思ったより後ろの位置取りから直線で前が
開くと豪快な末脚炸裂。嬉しい嬉しい重賞初勝利はレコードのオマケ付きだった。
しかしまぁ・・・大佐がチャクラ、キングトップガンに続き目黒記念3勝目。トップガン産駒の重賞成績は改修前の中日新聞杯が一種の庭だったが(プリが連覇し、ユーベ、雷神、パドゥシャが好走)、新たな庭レースの誕生だなこりゃwww



特別登録馬
ピエナトップガン・・・箕面特別
シルクオフィサー・・・国分寺特別


シルクオフィサーは芝のレースに登録って事は、脚元は大分良くなったとみて良いのか?

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

ダービー回顧

80回を数える節目とあって色々な企画があった今年のダービーだが、大トリを飾ったのは日本競馬の一時代を築いた武豊とディープインパクト産駒のキズナ。落ち着くところに落ち着いた結果とも言えるが、何とも絵になる大外一気の強襲だった。単勝買って1番人気に押し上げたファンにしてみれば大団円のハッピーエンドだろう。

スタートして直ぐ後方に下がり、前半は受け流して脚を溜めに溜め、4コーナー手前で動き出して直線は外に出すという、ここ2戦で確立したいつものスタイル。ここで前のタマモベストプレイが外に、キズナの外にいたマイネルホウオウが内にヨレた事で1度、更に残り300mでもう1度内外にヨラれて2度前が塞がりかけたが、間一髪で割って抜け出し、ゴール寸前で先に抜け出したエピファネイアを差し切った。
近年の豊は社台に干された影響と自身の年齢的な衰えもあって以前ほど活躍の場は減ったが、そんな状況でも頻繁に乗せてくれるノースヒルズ&前田オーナーに最高の形で恩返しが出来たと言える。
そして、キズナを語る上で外せないのが今はリハビリ中の元主戦ジョッキー佐藤哲三だろう。「この馬でダービーへ」と、素質に惚れ込んで一から競馬を教え込んだのが哲三だった。残念ながら共にダービーの舞台に立てなかったが、この勝利が復帰を目指す哲三の励みになればと思う。あと、インタビューで哲三の事をコメントしてた佐々木師は本当に漢だわ。

2着エピファネイアはマイナス8キロで細く見えたし、中団馬群の中で折り合いに苦労してる時点で「ハイ、一丁上がり」と思っていた。内ラチに張り付いてなんとか宥めようとしてたが、3コーナー手前でバランスを崩して落馬寸前のアクシデント。
そのまま馬群に沈んでもおかしくない展開だったが、直線は上手く馬群を捌いてコディーノを振り切り、ロゴタイプを捕らえたところまでは良かったが、最後の最後で勝ち馬の切れ味に屈した。
レース後の福永のコメントは珍しく自分を責めていたが、ちょっと一皮剥けたかな。個人的に騎手としての技量は高く評価してない福永だが、こうしたコメントを目にすると頑張れと思ってしまう。

3着はしぶとく逃げ粘ったアポロソニック。二の脚はサムソンズプライドが速かったが、内から何が何でも行く構えを見せて1コーナーで先頭。途中で暴発したメイケイペガスターに絡まれたが、それ以外は後続を引き離しつつもマイペースの逃げ。最後は捕まったが、3~4コーナーでペースアップして後続に脚を使わせてあわやのシーンを作ったのは立派。

ペプチドアマゾンは追っ付けて行って先行4番手。直線では決め手では見劣ったものの、ジリジリと伸びて最後まで止まらなかった。前走は人気の盲点だったが流石に今回は厳しいと思っていたが、粘っこい先行力で今回も崩れなかった。菊花賞では面白い存在になってるかも。

我が本命ロゴタイプはサッと先行したところまでは良かったが、ここでリズムが崩れたのが最大の誤算。完全に掛かったわけではないが、道中は向こう正面までずっと力んだ走りになってしまった。それでも、直線では一旦先頭を窺う位置まで押し上げたが、いつもの力強い伸び脚は見られず。最後は苦しくなって3着争いにも敗れた。
実質スローになっての決め手勝負になったのも不運だったが、人気所で一番安定してると思ってた折り合いが乱れたのが痛かった。こうなってしまうと、最後に伸び負けするのは必然。あと、距離もやや長かった印象。血統的にこなせる下地はあると思っていたんだが・・・

コディーノはスタートで躓き、挽回すべく出して行ったら掛かって折り合いを欠く最悪の展開。一旦は直線でエピファネイアに併せに行ったが、あっという間に振り切られてそれっきり。距離も長かったが、ノリを切ってウィリアムズに切り替えた事が完全に裏目に出た格好。

メイケイペガスターは途中で暴発して終了。調教で良い動きを披露していたが、やっぱりというかテン乗りでいきなり乗りこなすのは無理があったか。

ヒラボクディープやサムソンズプライドは相手が揃えばこんなものだろう。マイネルホウオウはテンプレ通り距離が長くて途中で消耗した感じ。


陳腐ではあるが、今回のキズナの勝利はノースヒルズ、佐々木師と厩舎スタッフ、哲三、豊・・・それぞれが持つ絆がもたらした勝利だった。馬券は外したが、良いもの見せてもらったわ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

目黒記念

◎ムスカテール
○カフナ
▲アドマイヤラクティ
△ルルーシュ
△タッチミーノット
△カポーティスター
△ノーステア


ムスカテールは天皇賞では口向きの悪さから全くレースにならなかったが、得意の左回りに戻ればその心配はない。この条件ではAR共和国杯で2着があるし、鞍上も現時点では最も手が合っているウチパクに戻った。追い切りの動きも時計は目立たないが、気配そのものは天皇賞より格段に良い。内枠を引けた事で労せず経済コースを立ち回れるし、反撃態勢は整った。

カフナは3歳時から素質の片鱗を見せていたが、今年に入ってそれが開花してきた印象。前走はハンデ頭でありながら着差以上の強さを見せた。抜け出してからソラを使う癖はあるが、相手のレベルが上がった事で最後まで集中して走れる環境にあるとみる。ハンデは見込まれたが、今の出来ならこなせる範囲内。

アドマイヤラクティは良くも悪くも相手なりに走るタイプだが、唯一後続を突き放しての解消を見せたのが東京コースで行われたダイヤモンドS。今回も出走するネコパンチが大逃げを打って馬群がバラける展開になった事で持続性の高い末脚をフルに発揮出来た。今回は天皇賞よりもう一列前で競馬をするだろう。ここも大崩れはないとみる。

ルルーシュは東京コースでは5戦4勝2着1回と連対率100%。前走は体調も万全ではなかったし、デクノボーに乗られて後手に回って本来の競馬が出来なかった。その時より体調は良いし、ウィリアムズに替わった事で状況は正反対。外枠だけに、前に取り付くのにどれだけ脚を使うかが鍵だが、スムーズであれば。

タッチミーノットは何度も書くが、今の東京みたいな馬場を最も得意とする。ここ2戦は外枠だったり、外を回らされたりして(馬場を考慮したのが裏目)チグハグな競馬が続いたが、良馬場で内枠を引けた今回は違う。鉄砲に強いタイプで追い切りの動きもシャープ。あとは距離が持つかどうかだろう。

カポーティスターは天皇賞のダメージからシンガポール遠征を回避したが、その後は順調に回復。内枠から先行して経済コースを立ち回って粘り込むのがこの馬の好走パターンで、今回はその条件を満たしている。個人的にも大佐にとっても目の上のたんこぶだが、日経新春杯も日経賞も切っていたからという事に漸く気付いたw

ノーステアは東京で全5勝を挙げている東京巧者。2走前はスタートで後手に回ってスムーズな競馬が出来ず、前走は間隔が開いた事で勝負所での反応が鈍かった。OPに昇格しても力負けしておらず、ハンデ戦のここなら通用しても不思議ではない。2戦2勝と相性の良い蛯名に替わるのもプラス。


正直、買える要素のある馬が多くて印が回らなかった。馬連は印を打った馬へ手広く流すが抜けがあるかもしれないので、基本線は大佐の単複で厚く勝負したい。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

ダービー

◎ロゴタイプ
○キズナ
▲コディーノ
△メイケイペガスター


前売り段階ではあるが、なんでロゴタイプが2番人気止まりなのか分からない。皐月賞回顧でも書いたが、父ローエングリンの父系自体はコテコテの欧州血統。母系も中距離に活躍馬が多いものの、不安視する要素になりにくい。追い切りも皐月賞と変わらないソフトな仕上げだが、逆に順調そのものと言える。
サッと好位に付けられるレースセンスの高さ、折り合いに全く不安がなく、厳しい流れになっても押し切れる持久力の高さは世代屈指のレベル。極端なスロー上がり勝負になった時だけ不安だが、アポロソニックが逃げ宣言しているし、外にサムソンズプライドもいるのである程度は流れる筈。レコード勝ちの反動がない限り、二冠確実と見る。

2戦連続で後方一気というインパクトある勝ち方で1番人気に支持されてるキズナだが、京都新聞杯回顧で触れたように時計面で京都新聞杯組のダービー好走の条件を満たしている。先週の馬場なら危険な人気馬だったが、土曜の段階では後方組でも十分間に合うフラットな状態。最内でも外に回して差す競馬になるだろうが、スムーズに捌けるなら間に合うとみる。中間の調整も意欲的。
ただ、弥生賞で12キロ減った前例があるので輸送による極端な馬体減りには注意したい。10キロ近く減ってるようなら疑った方が良いかもしれない。

コディーノはノリからウィリアムズへのスイッチと異例の東京芝コースでの追い切りがどう出るかだが、個人的には良い方に出るんじゃないかと思う。終い重点とはいえ、ルルーシュと併せて軽快な動きを披露。体調に関しては万全の状態だろう。位置取りはウィリアムズでこの枠なら間違いなく逃げ馬を見ながらの3、4番手辺りかと思われる。ここで上手く折り合えるようなら怖い。

出来の良さで目立つのはメイケイペガスター。ウッドコースで長めに追われる意欲的な調整で、先週は藤田を乗せて好時計をマークし、最終追い切りでも追われてから併せた相手を突き放した。折り合いに難があるので信頼性は全くないが、一角崩しがあるならこの馬ではないかと読む。


エピファネイアに関しては、ソエの影響で追い切りコースをウッドから坂路に変更したのが引っ掛かる。坂路では馬なりで併せて先着はしたが、特に強調する動きではない。あと気掛かりなのは、どうしても道中で行きたがってしまう点だろう。今回は9番枠で前に壁を作り易いが、2400mを最後まで我慢し切れるかと不安は拭い切れない。4強で一番崩れる確率が高いのはこの馬と見る。

キズナ以外の別路線組は正直インパクトに欠ける内容で4強を脅かすような馬は存在しない気がする。マイネルホウオウは距離適性を考慮して皐月賞に向かわなかっただけに、今回はいつもの総帥の思い出作りと見做す。タマモベストプレイは流石に2400mは長いとしつこく繰り返しておくw



馬券はロゴ・キズナの馬連が基本線でキズナが脚を余した事を考慮してロゴ軸の3連複が押さえ。キズナが大幅マイナス体重の場合はロゴの単複で勝負したい。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(5月25日、26日)

5月25日
東京
7R4歳上500万下(ダート1400m)
フィンデルムンド
吉田隼人(57.0)
10R薫風S(ダート1600m)
セニョリータ
松岡正海(55.0)
12R4歳上1000万下(ダート1600m)
エイトプリンス
△杉原誠人(55.0)

京都
8R京都HJ(芝3930m)
シャローム
植野貴也(60.0)


5月26日
東京
11RワカタカC(ダート1400m)
レオアドミラル
江田照男(57.0)
12R目黒記念(芝2500m)
ムスカテール
内田博幸(56.0)

京都
7R4歳上500万下(ダート1800m)
マヤノカデンツァ
国分優作(57.0)
12R4歳上1000万下(ダート1200m)
ジャパンプライド
丸山元気(57.0)




今週は何といっても総大将の大佐に期待。得意の左回りに戻って、鞍上も相性の良いウチパク。追い切りも良さげな感じ。チャクラとキングトップガンに続いてほしいところ。

シャロームは連闘。前走は落馬を上手く捌けたのもあるが、前に行く事が出来たのが大きい。今回も前々で運べれば。

ジャパンプライドは京都の平場に回ってきた。一時のスランプから抜け出してるが、ここ2戦はスタートで失敗してる。まずはスタートを互角に出てほしい。

エイトプリンスはセニョリータもそうだがローカル専用機っぽい気がするので、久々の東京がどうか。

マヤノカデンツァは連闘だが、前走で現級に目処を付けた。もう少し前で運べれば勝ち負けまで。フィンデルムンドは今回も相手なりかな。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

ダッシャーゴーゴー、KF国際スプリント大敗。クロフネサプライズ骨折判明。

オークスと同日にシンガポールで行われたクリスフライヤー国際スプリントに出走したダッシャーゴーゴーは11頭中10着と大敗した(1頭は直線で競走中止)。
ダッシャーゴーゴーは重賞戦線での堅実な成績が評価されて4番人気に支持されたが、一度ゲートに入った後に暴れて外に出されたアクシデントもあってか、道中は好位の外目を追走するも直線で呆気なく失速。落鉄もあったが、レース前からテンションが上がり過ぎてしまったのが敗因だろう。

勝ったのは日本でもお馴染みの香港馬ラッキーナイン。ここ2戦は4、7着と敗れていたせいか3番人気に評価を下げていたが、レースではインの4番手で脚を溜め、直線で空いた外へ持ち出すと一気に先頭。追い縋ったスーパーイージーを突き放して3馬身差の圧勝。実力健在をアピール。
2着はスタートで出遅れて後方2番手から追い込んで来たオーストラリアのGⅠ馬ベルスプリンター(2番人気)。3着は休養中のロケットマンに代わる地元の総大将で1番人気に支持されたスーパーイージー。一旦は勝ち馬に並び掛けたが、残り150mで突き放されて最後に2着馬に差された。


その後に行われたシンガポール航空国際Cはクイーンエリザベス2世Cでエイシンフラッシュを下したミリタリーアタックが3馬身以上の差を付ける圧勝。その他の上位馬は人気薄が占め、天皇賞で3着に入ったレッドカドーは距離が短かったか中団追走からサッパリ伸びず7着。1番人気に支持された今年のガネー賞馬でドイツのパストリアスは最後方から全く見せ場なくブービーの12着に沈んだ。
ミリタリーアタックは香港に移籍してから初の遠征競馬だったが、全く危なげない強さを見せた。今年のシンガポールは香港勢の草刈り場となった感じだったが、ラッキーナインは兎も角、ミリタリーアタックは2000mまでなら日本に来ても良い勝負出来るんじゃないか?



オークスで玉砕的な逃げで大敗したクロフネサプライズが左ひざを骨折してたことが判明。全治は未定だが、年内は休養に入る事が決まった。先々週はインパルスヒーローが骨折、先週もサウンドオブハートが故障引退に追い込まれ、今回のクロフネサプライズ・・・因果関係は何とも言えないが、ダービーは故障馬が出る事なく終わって欲しいものだと思う。

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

2013リーディングサイアー~5月19日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3マンハッタンカフェ
4ダイワメジャー
5クロフネ
6シンボリクリスエス
7ステイゴールド
8アグネスタキオン
9フジキセキ
10ハーツクライ
11ネオユニヴァース
12ジャングルポケット
13ゴールドアリュール
14サクラバクシンオー
15スズカマンボ
16タニノギムレット
17ダンスインザダーク
18ブライアンズタイム
19スペシャルウィーク
20ゼンノロブロイ




今週もディープ無双が止まらない。オークス制覇はならなかったが4頭中3頭2、3、4着。それに加え、土日6勝(土曜3勝、日曜3勝)の固め打ちで早々と入着賞金20億突破。

土日4勝を挙げたクリスエス、タキオン、フジキセキがランクアップ。クリスエスとステゴ、タキオンとフジキセキとハーツは賞金差が競っているので、暫くはこの範囲内で変動が激しくなりそう。

メイショウマンボの金星でスズカマンボが躍進。現在はアロースタッドで繋養され、昨年は41頭に種付け。今年の2歳馬は60頭。

ニホンピロアワーズのアンタレスS勝利でホワイトマズルが32位に浮上。これで5年連続JRA重賞勝利。受胎率は4割台と良くないが、昨年まで8年連続で100頭以上に種付け。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン&チャクラ産駒の成績(5月18日、19日)と特別登録馬

5月18日
東京
4R障害OP(芝→ダート3100m)
シャローム
13番人気2着

京都
4R3歳未勝利戦(ダート1900m)
メイショウメテオ(父チャクラ)
9番人気15着
8R4歳上500万下(ダート1800m)
マヤノカデンツァ
11番人気4着

新潟
1R3歳未勝利戦(ダート1800m)
ライフトップガン
1番人気2着
タカラクルーズ
12番人気14着


5月19日
東京
5R3歳未勝利戦(芝2000m)
カシノオパール
13番人気2着
8R芍薬賞(ダート1400m)
メイショウアイアン
3番人気2着

京都
2R3歳未勝利戦(芝1200m)
シュンケイリ
6番人気7着

新潟
1R3歳未勝利戦(牝馬限定・ダート1800m)
ケージーアメジスト
14番人気14着
2R3歳未勝利戦(芝2000m)
カシノビッグベン
15番人気11着
6R4歳上500万下(ダート1800m)
マヤノクレド
3番人気8着
8R4歳上500万下(芝2200m)
ローリングストーン
5番人気3着




カシノオパールの思わぬ激走もあったが、残念ながら今週も勝利。良くも悪くも、いつも通りの小銭稼ぎだったと言える。

シャロームはレコード勝ちした勝ち馬に千切られたが、久々に前に行けたし、前の落馬を上手く捌けた。首の皮一枚繋がったかな。

メイショウアイアンはある意味テンプレと化したいつもの追い込み。能力があるのは確かだが、こういう極端な競馬しか出来ないと、勝ち上がりたい時に勝ち上がれず旬を逃す危険性がある。

そういう意味ではローリングストーンも同様。今回は際どい勝負に持ち込めたが、相変わらず前半は付いて行けてない。

ライフトップガンはソツなく乗ってはいるんだが、どうにも勝ち切れない。ここらでもう一回芝を使っても良いんじゃないかと思う。

カデンツァはダートで一変。もう少し前に付いて行けるようならチャンスあるかも。クレドは太め残りもあったが、最内で揉まれてる内に戦意喪失した感じ。

メイショウメテオは内心ちょっと期待してたが、終始ポツンと最後方では寸評以前の問題。タイムオーバーは免れたが、前途多難だなぁ(^_^;)


特別登録馬
ムスカテール・・・目黒記念
シャローム・・・京都HJ
セニョリータ・・・薫風S
ジャパンプライド、レオアドミラル・・・ワカタカC


真打ちの大佐登場。天皇賞は口向きが悪すぎて力を出し切れたとは言い難い。得意の左回りとウチパクに戻って巻き返したいところ。つーか、とりあえずカポーティスターには先着してほしいw

ジャパンプライドは登録馬が多くて出走出来るか分からんが、これも得意条件だけに出走すれば勝ち負けを期待。

シャロームは植野で想定されてるし、まさかの連闘?そういや植野って、チャクラにも乗っていたっけ。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

オークス回顧

大穴を開けるのはメイショウマンボ、エバーブロッサムがデニムアンドルビーを逆転、レッドオーヴァルが飛ぶところまで読み切りながら、馬券は当たってない・・・狙った穴馬が来てるのに、タテ目食らうのは金銭的にも精神的にも堪えるわ(My Favorite Race Vol.6 ~03年天皇賞・春~参照)

メイショウマンボは予想通りプラス10キロと完全に馬体を戻しての出走。スタートして直ぐ内ラチに張り付いて中団からの競馬。4コーナーで馬場の良い外目に持ち出し、馬場の五分どころから豪快に突き抜けた。体調、コース取り全てが上手くいっての勝利と言える。ただ、恵まれたのもあるが、この馬の地力自体はこの世代では高いレベルにある。レース直後は微妙な空気になったようだが、まぐれ一発と軽視するのは危険だろう。
武幸四郎は7年振りのGⅠ制覇。重賞勝利も5年振りとここ数年は全くの空気だったが、久々の大仕事。元々、人気薄で仕事をする傾向があった騎手だが、意外性の高さは依然として健在だったか・・・直線でフォームがグダグダになったのは御愛嬌かw

2着エバーブロッサムは道中は勝ち馬の一つ前の外目の位置取り。4コーナー手前から動き出し、直線でも持続性の高い末脚を繰り出したが、枠を利してのコース取りの差で勝ち馬には追い付けず。持久力が要求される展開でのパフォーマンスの高さはフラワーCで見せていたが、今回は力を発揮出来る展開だった。成長力がある血統で秋以降も楽しみ。

3着デニムアンドルビーは今週のトラックバイアスからして、二の脚が付かず最後方に下がった時点で勝負圏内から去ったと言える。前走同様に少しずつ位置取りを上げて行こうとしたが、隊列が縦長にバラけた事で追い上げるのに手間取ったのが致命傷。直線は大外から追い上げたが、なんとか3着に上がるので精一杯。負けて強しだが、粗も目立つ競馬だった。ちょっとベッラレイアみたいになる危険性がある。

アユサンはスタートも決まって道中は勝ち馬と並んでの追走。明暗を分けたのは、直線で外に出さずに内に固執した事だろうか。通った馬場も伸びない馬場ではないが、外の方がより伸びていた。とはいえ、最後に止まったのは距離適性もあっただろう。負けた事に変わりはないが、丸山は良く乗ったと思う・・・ただ、やっぱり3着に残って欲しかったわorz

ブービー人気フロアクラフトが5着に健闘。前々で競馬をするタイプとはいえ、トラックバイアスを味方にして粘り込んだ。松山も良い経験になっただろう。小回りの中距離戦なら条件戦くらいはすぐにでも勝てる。

クロフネサプライズは注文通りハナに立ったが、前走同様に力んでしまって自滅。息を入れないままあれだけ飛ばして逃げては最後は歩くのも当然。判ってはいたが、将来は短距離路線に向かいそうだ。

サクラプレジールは好スタートからサッと好位をキープしたが、結果的にはオーバーペースを追い掛ける損な役回り。坂で交わされた後はいつもの安全運航でいつの間にか消え去った。

レッドオーヴァルは更に馬体が減っては力の出し様がない。距離適性も怪しかったが、レース前から終わっていたと言える。尤も、今日のトラックバイアスではガサのない馬にはキツい(リラコサージュやトーセンソレイユも同様)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

オークス

◎アユサン
○サクラプレジール
▲エバーブロッサム
△デニムアンドルビー
△メイショウマンボ
△クロフネサプライズ


昨日の結果を見る限り、今の東京は前が止まらない極端なトラックバイアス。今回の有力馬に向いてるとは言い難い馬場だが、先行馬に怖さを感じさせる馬が見当たらない。スイートピーSを勝ったリサコサージュは馬格がなさ過ぎ。輸送が絡む東京で2戦続けて好走するイメージはない。

この馬場に一番向いてそうなクロフネサプライズは前向き過ぎる気性で2400mは正直持たないと思うが、無理に抑えるより行き切った方が良いタイプ。小細工なしの逃げに出れば、この馬場なら2、3着はあるとみて押さえたい。

本命はチューリップ賞から「狙うならオークス」と決めていたアユサン。丸山の乗り方は品がなくて好きではないが、オーナーサイドの粋な計らいに応えて欲しい心情も加味して。桜花賞を勝ったのは誤算だったが、左回りの方が明らかに良いタイプ。距離適性にやや不安はあるが、過去に距離不安が囁かれた桜花賞馬でも差し馬は上位に食い込む傾向。スタートの悪さもここ2戦で解消されて来たし、出遅れずに中団に付けられるようなら。

サクラプレジールはフラワーCでの馬体細化で桜花賞を回避。オークス一本に絞ったが、調教後の馬体重は18キロ増。輸送を考慮してもほぼ戻して来るのは間違いない。前走はキャリア1戦で軽視したが、サッと好位に行けるレースセンスの高さとソエを考慮して外を回しながら押し切った地力はこの世代でも上位。

エバーブロッサムはそのフラワーCではサクラより更に外を回って急追しての2着。前走も2コーナーと直線で2度の不利を受けながらも2着。持続性の高い末脚とこの時期に調子を上げて来る血統に加え、距離適性では姉エイジアンウインズより融通性がある。この条件なら、前走で負けたデニムアンドルビーを逆転することも可能。

デニムアンドルビーは前走の勝ちっぷりの良さと距離が延びて良さを増して来た事で1番人気に支持されてるが、クロフネサプライズが締まったペースで逃げた場合に落とし穴がありそうな気がするし、この馬場が合うか微妙な気がする。あっさり勝っても不思議でないが、その逆もありそうなので4番手にとどめた。

メイショウマンボは桜花賞の大敗で人気急落だが、減り続けた馬体重の影響も多分にあっただろう。調教後の馬体重は24キロ増と大幅に増やしており、輸送を加味すれば丁度良い感じに戻るとみる。元々、フィリーズレビューの勝ち方は距離が延びても問題なさそうな感じだった。大穴ならこの馬だろう。


極端な枠に入ったレッドオーヴァルやトーセンソレイユはガサがない体型に加え、調教後の馬体重もそれ程増えてなかった。リラコサージュと同様、この体重では今の東京はキツい気がする。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

平安S回顧

最内で揉まれるとどうかと思ってたニホンピロアワーズだが、スタートでサッと3番手に付けた段階でナムラの2着に期待を切り替えた。向こう正面で外に持ち出して外から被せられない位置を取り、3~4コーナーで前2頭に並び掛け(この時の手応えは相変わらずヤバいw)、直線は余裕を持って抜け出した。最後はソラを使ったので着差は僅かだったが、着差以上の完勝と言えよう。
このクラスに敵はいない事を改めて証明。期待通りの変わり身を見せ、ホッコータルマエ、ローマンレジェンド、ワンダーアキュートとの帝王賞での頂上決戦が楽しみになった。

2着ナイスミーチューはスタートから出ムチを入れて出して行き、集団から置かれないよう動いたのが功を奏した。道中は集団の内を立ち回り、直線では勝ち馬を追い掛けた組が潰れた間隙を突いて末脚を伸ばし、ゴール寸前で2着に浮上。阪神専用機と思って軽視したが、展開と小牧の立ち回りの巧さがハマった。

3着ナムラタイタンは珍しくスタートが決まって労せず2番手。勝負所で逃げたトウショウフリークに並び掛け、直線では勝ち馬がソラを使ったとはいえ、しぶとく食い下がった。斤量差があってこの内容では完敗と言わざるを得ないが、チークピーシズの効果はあったようだ・・・あそこまで粘ったなら、2着に残ってくれよorz

アメリカンウィナーは追っ付けて行っても行き脚が付かずに後方に置かれる競馬になったが、内ラチ沿いを回って自然と位置取りを上げて行き、直線は2着馬と同じように末脚を伸ばした。思わぬ形で展開が向いたが、昇級初戦でこれだけ走れば上々だろう。

ハタノヴァンクールは前半の速いペースに付いて行く事が出来て好位に付けられた時は「こりゃマズいかな?」と思ったが、結果的には馬群の中で揉まれる競馬となって掲示板確保がやっと。初めての揉まれる競馬で消耗したのもあるが、既に地方専用機と化した公算が高そう。長距離の交流重賞で改めて。

マルカプレジオは好位でソツなく流れに乗れたが、勝ち馬が早々と前を潰しに行く展開だと厳しい。もう少し相手が弱くなってくればチャンスありそう。

トウショウフリークはナムラタイタンが好スタートを切って前に行ったのが誤算。ハナに行くまでに時間が掛かり、その間のペースも速かった。勝負所で早めにナムラとニホンピロが潰しに来たのもあって、直線では為す術なく失速。今回は展開がキツかった。

ソリタリーキングは馬群の外を回らされる展開となって馬込みに入れず。こうなってしまうと先ず届かないし、パサついた馬場も合わない感じ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

平安S

◎ナムラタイタン
○ニホンピロアワーズ
▲トウショウフリーク
△ハタノヴァンクール
△マルカプレジオ
△ソリタリーキング


人気所が斤量を背負う中、56キロで出走出来るナムラタイタンから入る。前走からの距離短縮に加え、今回はチークピーシズを着用。スタートからの行きっぷりも変わって来るだろう。京都で崩れたのは太目残りだった2年前のプロキオンSのみ。3キロ差なら同厩のニホンピロアワーズと勝負出来る。

実績断然のニホンピロアワーズは59キロでも問題ないのはホッコータルマエとの一騎打ちになった前走で証明済み。京都コースでは着外なしという抜群の安定感。ただ、外から被せられると気の悪さを出すタイプだけに最内枠は気になる材料。

トウショウフリークは長期休養明けだった前走を逃げ粘って3着。能力落ちはないし、今回は叩いた上積みも見込める。アントニオピサという同型馬はいるが、向こうは大外でこちらが先手を取れる公算大。行き切ってしまえば粘りが増す。

ハタノヴァンクールは3歳秋の2戦は惨敗したが、ゆったり運べる長丁場の交流重賞で2、1、2着と復調。調教内容も良く、仕上がりに不安はなさそう。ただ、久々の中央で前半のペースに付いて行けるかという不安が残る。

マルカプレジオは昇級初戦の前走こそ外枠もあって流れに乗り損ねて崩れたが、それ以外は堅実な成績。今回は内枠を引けた事でスンナリと流れに乗れるだろう。頭は難しそうだが、流れに乗れれば食い込める。

ソリタリーキングは中央ではテンに付いて行けなくなっているが、前走は一時期の不振から抜け出しつつあるところを印象付けた。距離が少しでも延びるのも好材料だし、馬込みが平気なのも良い。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

シャドウゲイトの種牡馬入りで欧州に帰還出来る可能性が生まれたダンシングブレ―ヴの血

先ずは簡潔にこの話題から。
ヴィクトリアマイルで14着に敗れ、左前脚に異常がみられて経過観察中だったサウンドオブハートは左前浅屈腱不全断裂(競走能力喪失)と判明し、今日付けで競走馬登録を抹消した。今後は生まれ故郷の青森で繁殖生活に入る予定。
個人的には終いが甘くなるマイル適性に疑問があったので、1度スプリント戦を走らせてみても良かったような気がする。いずれにせよ、順調さを欠かなければもっと活躍が見込めた素質馬だった。


2007年シンガポール航空国際Cを勝利した国際GⅠ馬でありながら、すっかり忘れ去られた存在になってたシャドウゲイトがアイルランドで種牡馬入りする事が決まった。
このニュースでシャドウゲイトがアイルランドに移籍して現役生活を続けていた事を思い出したが、この種牡馬入りは日本が根こそぎ掻っ攫っていったダンシングブレ―ヴの貴重な血を欧州に返せた画期的なニュースだと思う。

コマンダーインチーフのラインは殆ど消滅しかけてるし(ラスカルスズカから出たサンレイレーザーの活躍次第で僅かな可能性が残されてるが)、ホワイトマズルはイングランディーレは韓国に送られ、アサクサキングスは今年初年度産駒が誕生したばかり。ニホンピロアワーズは兎も角、シルポートやシンゲンは引退して種牡馬入りしても頭数が集まるか微妙。
日本での生産馬としては唯一キングヘイローが後継種牡馬として頑張っているが、その後継馬のローレルレゲイロも産駒デビューは来年。キングヘイロー自身も大分活力が低下しているし(今年はメーデイアが頑張っているが)、もう1頭後継馬を残せるか微妙な状況。

アサクサキングスやローレルレゲイロにしても100頭以上種付けしてる人気種牡馬ではなく、日本でのダンシングブレ―ヴ系の存続は楽観視出来るような状況ではない。
それ故にシャドウゲイトにどれだけの牝馬が集まるか全く判らないが、20数年前は欧州最強馬と称されたダンシングブレ―ヴの血が欧州に戻って継続出来るよう願いたい。

テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン&チャクラ産駒(5月18日、19日)

5月18日
東京
4R障害OP(芝→ダート3100m)
シャローム
▲森一馬(57.0)

京都
4R3歳未勝利戦(ダート1900m)
メイショウメテオ(父チャクラ)
岩田康誠(56.0)
8R4歳上500万下(ダート1800m)
マヤノカデンツァ
国分優作(57.0)

新潟
1R3歳未勝利戦(ダート1800m)
タカラクルーズ
柴山雄一(56.0)
ライフトップガン
△菱田裕二(54.0)

5月19日
東京
5R3歳未勝利戦(芝2000m)
カシノオパール
梶晃啓(54.0)
8R芍薬賞(ダート1400m)
メイショウアイアン
福永祐一(56.0)

京都
2R3歳未勝利戦(芝1200m)
シュンケイリ
太宰啓介(56.0)

新潟
1R3歳未勝利戦(牝馬限定・ダート1800m)
ケージーアメジスト
平野優(54.0)
2R3歳未勝利戦(芝2000m)
カシノビッグベン
小野寺祐太(56.0)
6R4歳上500万下(ダート1800m)
マヤノクレド
柴山雄一(57.0)
8R4歳上500万下(芝2200m)
ローリングストーン
木幡初広(57.0)



今週デビューのチャクラ産駒
メイショウメテオ
母メイショウハゴロモ
母父ダイナガリバー
半姉メイショウバトラー(プロキオンS、かきつばた記念等重賞10勝)
栗東・高橋義忠厩舎



バトラー姐さんの弟にして、チャクラ産駒随一の血統馬メイショウメテオがデビュー。経験馬相手だし、調教も最終追いでどうにか纏めた感じだが、岩田を乗せるって事はそれなりに期待してもいいのか?
因みに、バトラー姐さんの妹メイショウタイムの2011と2012(共に牝馬)はチャクラ産駒・・・松本オーナーには感謝だな。

メイショウアイアンは砂を被ると良くないので、揉まれない位置取りがほしい。あとは流れが向くかどうか。

ローリングストーンは怒りの連闘。これがカンフル剤になれば良いが。兎に角、前半さえ集団に付いて行ければ勝つ力はある筈。

マヤノクレドはここ2戦に比べて相手が揃った印象。ここでも好走すれば、クラス卒業に目処が付くが。

ライフトップガンはそろそろ何とかしてほしい。シャロームは平地が駄目だった以上、今回がラストチャンスかな。マヤノカデンツァはダートで変わり身を期待。


サイキョウイシヤマが登録抹消。ゴッドインチーフの半弟という、トップガン産駒では良血の部類で期待してたんだが。脚元の弱さで順調に使えなかったのが痛かった。お疲れ様m(__)m

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

2013リーディングサイアー~5月12日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3マンハッタンカフェ
4ダイワメジャー
5クロフネ
6ステイゴールド
7シンボリクリスエス
8ハーツクライ
9アグネスタキオン
10フジキセキ
11ネオユニヴァース
12ジャングルポケット
13ゴールドアリュール
14サクラバクシンオー
15タニノギムレット
16ダンスインザダーク
17スペシャルウィーク
18ブライアンズタイム
19ゼンノロブロイ
20キングヘイロー




勝利数では土日6勝(土曜3勝、日曜3勝)のキンカメに抜かれたディープだが、ヴィルシーナのヴィクトリアマイル勝利で差を4億2000万強に拡大。あと、牝馬限定GⅠはエリ女を勝てば完全制覇。

ダイワマッジョーレの京王杯SC制覇でダメジャーがマンカフェに1200万差まで急接近。トップ3の入れ替わりあるかも。

日曜新潟メインでシャドウバンガードが勝利し、ハーツがJRA通算200勝達成。ディープやダメジャーと同様に、芝でこその種牡馬だが、3頭の中では最も中長距離志向が強い。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(5月11日、12日)と特別登録馬

5月11日
京都
4R3歳未勝利戦(芝1400m)
クイニーアマン
17番人気11着
8R4歳上500万下(ダート1800m)
マヤノオントロジー
6番人気7着
11R都大路S(芝1800m)
タガノエルシコ
12番人気9着

新潟
6R4歳上500万下(ダート1200m)
アラマサスチール
13番人気12着
7R4歳上500万下(芝2400m)
ローリングストーン
5番人気6着
12R湯沢特別(芝1200m)
マコトヴィルッキオ
15番人気12着

5月12日
東京
5R3歳未勝利戦(芝1800m)
カネトシエスプリ
8番人気7着

京都
9RパールS(芝1800m)
セニョリータ
14番人気14着

新潟
8R4歳上500万下(ダート1200m)
フィンデルムンド
8番人気4着




内心、1勝くらい出来るかと期待したが・・・

エルシコは馬場を意識したのもありそうだが、内から外へ回し過ぎたな。上位馬は内を回って来た馬だけに、そのままイン突きした方が良かったかも。

セニョリータは好スタートから先行して自分の競馬は出来たが、根本的に芝適性は全くないのが判った。ローカルのダートで改めて。

ローリングストーンは前半付いて行けず、捲り気味に脚を使って流れ込むいつもの競馬。もう誰が乗ってもこんな競馬しか出来ないっぽい。

マヤノオントロジーはスタートで出遅れ、集団に取り付くのに脚を使って直線では余力なし。チグハグな競馬だった。

フィンデルムンドは久々にこの馬らしい脚を使ったが、前有利の展開ではこれが精一杯。



特別登録馬
エイトプリンス・・・白馬岳特別
ローリングストーン・・・荒川峡特別
メイショウアイアン・・・芍薬賞


エイトプリンスは前走の惨敗が気掛かりだが、流れが向けば巻き返せると信じたい。

メイショウアイアンは出走出来るか何とも言えないが、秋山とオサラバ出来そうで何より。前走のアレは酷かったし。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

ヴィクトリアマイル回顧

まずは、直線でどん詰まって「何やってんだ、この(自主規制)が!!」と思わず叫んだハナズゴールについて振り返ろうか。

出たなりの競馬で枠が枠だけに内でじっくり構えて直線へ。既に前が壁となっており、進路を探して外に出したのは良いとしよう。内でジッとしていれば、アイムユアーズとマイネイサベルの間が開いた所を突けたかもしれんが、これは結果論でしかないし、この時点では「前が開けばまだ間に合う」と思ってた。
ドナウブルーとメーデイアの間に出来たスペースを突いて伸びて来た時は「ヨシっ!」と思ったが、前のヴィルシーナを気にしてか進路の取り方が右往左往となり、最後は苦しくなって内にササって終了。ササった辺り、馬自体が平坦向きかもしれんが・・・エーシントップを切って選んだ経緯が経緯だけに、浜中はもう少しうまく乗れんかったか。正直、今回の騎乗は大いに失望した。

5度目の正直で遂にGⅠを制したヴィルシーナに関しては「マイル向きの切れはないので4、5着には来ても突き抜けられない」と軽視したが、アイムユアーズを先に行かせてレースをコントロールしたのが勝因だろう。極端に速くも遅くもない淀みないペースで、苦手の瞬発力勝負にならずに済んだ。
直線では一旦はマイネイサベルに交わされたが、そこから驚異的な二枚腰で差し返し、最後は追い込んで来たホエールキャプチャに併せに行って僅かにハナ差で競り勝った。ジェンティルドンナと好勝負を演じてた総合力の高さを信頼すれば良かった。

2着ホエールキャプチャはスタートで躓き集団の後方からの競馬。直線ではサウンドオブハートとアドマイヤセプターの間を突いて末脚を伸ばして勝ち馬に急追したが、首の上げ下げで僅かに競り負けた。格下馬とはいえ追い切りで煽る動きを見せて復調の伏線はあったが、このレース以降は不振続きで終わった馬と認識してたので手を出せなかった。

3着マイネイサベルは中団で溜める競馬に徹するかと思ってたが、最内枠もあって労せず好位の一角から。それでも直線の坂下まで仕掛けを我慢してアイムユアーズとヴィルシーナの間にスペースが出来てからスパート。一旦は勝ち馬を交わして先頭に立ったが、残り30mで差し返された。負けはしたが、先週に続いて柴田大知の好騎乗が光った。

ジョワドヴィーヴルはスタートからすぐ後ろに下げて後方から。直線では外へ回したが、横にエーシンメンフィス、前にアドマイヤセプターとイチオクノホシがいて前が開かず。残り1Fでやっと前が開いて猛追したが、大勢は既に決した後。とはいえ、漸く本来の出来に戻ってきた感。この馬も復調の足掛かりは掴んだか。

ドナウブルーは2、3番手辺りに付けるかと思ったが、それほど行けず好位集団の真ん中を追走。この馬も直線では前が詰まって窮屈な競馬になったクチだが、馬込みで怯む所を見せて戦意喪失したここ2戦とは違って今回は最後まで怯む事なかった。牝馬限定ならまだやれそう。

アイムユアーズは中途半端に控えるのを嫌って途中からハナへ行ったが、結果的に勝ち馬のペースメーカーをやらされた感。エーシンメンフィスは2戦連続の大外は厳しかったか。ダラッとした脚で流れ込んだだけ。

イチオクノホシは坂下までは実に理想的な立ち回りだったが、残り1Fでパタッと止まってしまった。もう少し相手が楽になればこなせそうだが、GⅠ級相手ではマイルは長いのかもしれない。

レインボーダリアやオールザットジャズは予想通りマイル適性の乏しさを露呈。小回り、或いは2000mで改めて。

サウンドオブハートは途中まで良い手応えだったが、イチオクノホシ同様に途中で手応えがなくなって失速。尤も、こちらは途中で左前脚に異常があった模様。現時点では経過観察中らしい。

フミノイマージンは直線入り口で故障発生して予後不良・・・脚質転換が板に付いてからはローカルの小回りで滅法強かった。何より、太宰に初の重賞勝利をもたらし、その後も要所要所で重賞タイトルを取った名コンビだった。詮無い話だが、昨年のヴィクトリアマイルでこのコンビの走りを見たかった。合掌m(__)m


今週はWIN5もダメダメ・・・一週休んでも調子が上がらんのう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

WIN5に挑戦3

キャリーオーバー発生で久方ぶりに挑戦してみるwとはいえ、極力点数を絞って無駄を省く主義は貫きたい。

葵S
ティーハーフ

内回りが鍵だが、先行馬が揃った事で頭まで突き抜けると読む。ある意味で一番のヤマ場。

立夏S
タイセイファントム
ヴィンテージイヤー

この条件では安定してる2頭をチョイス。休み明けではキョウワより、連勝中のナリタが怖い。

赤倉特別
ブライトボーイ
トウシンヤマト
ロックンロール

ハナに行きたい馬が揃ってるので、一列後ろの組に展開が向きそう。

栗東S
マルカバッケン
スリーボストン

ここは条件ベストの6枠2頭で。もう京都は豊頼みだなw

ヴィクトリアマイル
ハナズゴール
イチオクノホシ

良馬場のマイル戦なら、決め手に優るこの2頭で。


合計24点。人気所を中心にチョイスしたが、キャリー発生の上積みでそれなりに旨味はあるだろう。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

ヴィクトリアマイル

◎ハナズゴール
○イチオクノホシ
▲ジョワドヴィーヴル
△マイネイサベル
△アイムユアーズ
△エーシンメンフィス


昨日の雨がどこまで影響するか気掛かりだったが、今日の天候だと大して影響はなさそう。これといった逃げ馬が不在とはいえ、馬場はフラットな状態。決め手ある差し追い込み馬なら十分間に合う。

という事で、前走は道悪で切れ味を殺されたハナズゴールをもう一度見直したい。調教後の馬体重は大幅に増えているが、乗り込み量は豊富な上に、元々ガサのない体付き。これは身が入って来たと解釈したい。外を回らされて力む場面もあっただけに内枠は好都合。内が先に乾く馬場を味方にしての直線一気を期待したい。

イチオクノホシはスタートで不安は残るが、相手なりに走る堅実な末脚は左回りで切れ味を増す。デムーロ弟も3度目の騎乗でそろそろ手の内に入れたであろう。使われつつの馬体増加も身が入って来た感じ。追い切りで仕掛けられてから併走馬を置き去りにした反応の良さはピークをここに合わせた感じ。

ジョワドヴィーヴルは前々走が骨折明け、前走があまり適性のない小回りに加え、2戦とも牡馬混合戦。叩き3戦目の牝馬限定戦で広い東京ならば巻き返す余地は十分にある。追い切りの動きはまだ2歳時の迫力こそないが、大分シャープさが戻って来た。

マイネイサベルは溜める競馬が板に付いてきて成績が安定してきた。右回りでも結果を出しているのがその証だろう。ベスト条件の左回りなら、極端に速い決着にならない限りは大崩れはないとみる。

アイムユアーズは雨にノメって力を出せなかった前走でも調教内容は良かったが、今回は更に上向き。日本競馬に対応出来なかったシュタルケから戸崎に替わるのも明らかにプラス。壁を作って溜められるようなら桜花賞3着並みには動ける。

エーシンメンフィスは前走に引き続いて大外を引いたが、追い切りの動きはメリハリのない競馬になった前走より体調アップをアピールした感じ。京都牝馬Sではハナズゴールの2着。人気程の力量差はない。


ヴィルシーナは最早決め手が要求されるマイルで来るイメージはないし、ちょっと良化に手間取ってる感じ。サウンドオブハートはこの枠で溜めが作れるか疑問。マイル適性にも一抹の不安がある。ドナウブルーは追い切りこそ良かったが、今年2戦の内容があまりにも不甲斐ない。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

京王杯SC回顧

堅実ではあったが、あと一息で重賞に手が届かなかったダイワマッジョーレが待望の重賞初勝利。個人的は丸田とのコンビで勝って欲しかったが、まぁ今更書いても詮無い事だ。

これまではスタートで立ち遅れて後手に回る事が多かったが、今回はまともにゲートを出てスンナリと中団の前に付けれたのが大きい。4コーナーから動いて行き、長い直線をフルに活かして差し切った。初の1400mであったが、スタートで後手を踏まなかった事もあって最初から流れに乗る事が出来た。ベスト条件に戻る安田記念も出遅れなければ勝ち負けまでか。

2着トライアンフマーチはやや二の脚が付かずに中団からの競馬になったが、距離短縮でペースが速かったのもあって折り合いはスムーズ。4コーナーでの捌きもスムーズで直線はガルボと併せる形で伸びて来たが、勝ち馬の決め手が一枚上だった。折り合いという課題ははあるが、内枠を引いて壁を作れるようなら安田記念でも上位に来れる力はある。

ガルボは外の行きたい馬を先に行かせて一列後ろの位置取り。内枠スタートもあって経済コースを立ち回り、直線も空いたスペースを上手く突いて抜け出しを図ったが、1、2着馬より決め手比べで劣る分、ゴール前で競り負けた。内枠を引けば安定してるが、持続力に限界があるので安田記念は連下までか。

レオアクティブは後方4、5番手で脚を溜めて折り合いもスムーズ。ただ、直線入り口で前が開かずに大外へ回したのと、シルクフォーチュンとオセアニアボスとの間で怯むところを見せた分、あと少しで馬券圏内を逃した。とはいえ、精彩を欠いていた昨年秋から復調してきた。

シルクフォーチュンは芝でも指定席の最後方に控えて直線勝負。ペースが速かったのと適度に雨が降ったのも味方したが、メンバー最速の上がりをマーク。GⅠクラスでは厳しいが、芝でも展開一つでやれるところは見せた。

サダムパテックは雨が降った時点で勝負圏内から去ったと言える。この馬は道悪だと全く能力を発揮出来ない。今回の負けは参考外と捉えたい。これで人気が落ちるようなら、安田記念は逆に狙い目か。

トウケイヘイローはパドトロワのハナを叩いて逃げたのが失敗。前走もハイペースから押し切ったが、今回の前半3Fはそれよりも速く入った。ましてや、今回は中山ではなくて直線の長い東京。最後に甘くなるのは必然だろう。

サンカルロは基本的に阪神と中京以外では空気扱いで問題ない。シャイニーホークはそもそも何で4番人気だったのか謎。シルポートは最早この距離で逃げられるダッシュ力はなくなってる。


先週は買わずに正解だったが、今日は買うべきだったかなぁ・・・上位3頭は過去の予想を見てもらえば判るが、出てくれば何らかの印を打ってた馬。この3頭で決まった3連複万馬券は逃がした魚だった気がする。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

ローズキングダム引退、池添フランス遠征を切り上げて帰国etc.

現段階では種牡馬入りするかどうかも未定だが、ローズキングダムの引退は少し遅かったように感じる。先日のレースもそうだったが、馬が勝手にレースを止めてしまってる感じで誰が乗ってもどうしようもない状態だった。
キンカメ産駒のGⅠ2勝馬とはいえ、尻すぼみになった戦績に母父サンデーという飽和状態の血統では種牡馬入りしても微妙な立ち位置なんだろうが、遅きに失したのは否めない。昨年の有馬で引退が妥当ではなかっただろうか?
不器用な面がある薔薇一族にしては何処からでも動ける器用さを備えて朝日杯まで無傷の3連勝を飾り、クラシック路線の主役の一角を担った3歳時までがこの馬のピークであった。ケチの付き始めは3歳有馬の出走取消か、豊で大敗した4歳天皇賞・春か、メンディザバルが乗って大敗した天皇賞・秋か?気が付けばめっきり弱くなってた印象。


元々、ヴィクトリアマイルはサウンドオブハートに騎乗する予定だったが、池添謙一が凱旋門賞でオルフェーヴルに乗れない事が決まったからか、当初の予定を早めて帰国。結局、フランスでは5戦全て着外という実りがあったかどうか怪しい結果だった。
オルフェーヴルの鞍上問題に関しては、どちらかと言えば池添擁護の姿勢を取って来たが・・・この途中帰国は流石にどうかと思う。まぁ、凱旋門賞でオルフェーヴルに乗れない事が決まり、フランスでの騎乗馬もロクに集まらないでは(今回の遠征に際してバックアップがあったかどうかも判らんが)、モチベーションがなくなるのも理解出来るが、これでは今回の一件は「結局は中途半端なスタンドプレー」という印象を競馬ファンの間に植え付けただけに過ぎない。
元々、池添はドン引きレベルの派手なガッツポーズと、ゴシップ系のネタ話で色々と目にする人間性からあまり好印象を持たれない騎手であったが、今回の一件で心象は更にマイナスになっただろう。俺もオルフェーヴルの件では同情したが、あまり良い印象は持てない。


田島良保調教師が秋で勇退する事が決まった。定年まで4年残してるが、健康上の問題が理由らしい。
騎手時代はリアルタイムでは最晩年の頃しか知らないが(プリンスシンとかヤマニンミラクルとか)、未だ破られてない戦後では史上最年少ダービージョッキーであり、人気薄で本命馬をバッサリ切り捨てる騎乗ぶりから【必殺仕事人(村本善之でその系譜が途絶えたのが残念)】と称された名騎手だったのは知っている。あと、田原成貴の兄弟子というものあって、何となく好感を持っていたっけw
テイエムオペラオーの連勝を止めたトーホウドリームやメジロマイヤー、最近ではある意味でネタ路線だがシャアが代表管理馬。個人的にはバンブーユベントスやインカム、ロッチラヴウインク(ファレノプシスが勝った桜花賞では対抗にした)が印象深い。


またかというか、コディーノ降板が切っ掛けで藤沢~ノリのラインが断絶したみたい。今週出走のレッドスパーダやマンインザムーンも乗り替わりとなったし、数年前に復縁してからの蜜月関係が呆気なく終わってしまった感。
まぁ、コディーノ降板はやむなしとは思うが、どちらが三行半を突き付けたのだろうか?両方とも、一旦関係がこじれたら結構面倒臭い性格なのと、ノリの年齢からして復縁はなさそうな感じ。
まぁ、今は復縁してるがリーディング取れなかった戦犯として北村宏司をクビにする等、元から騎手の起用法に良いイメージを持たない藤沢にあまり良い印象を持ってないので、一時的には苦しいかもだが、これがノリにとってプラスに転じてくれればと思う。


あと、最後にマイネルホウオウはダービー出走へ・・・うーん、予想出来たとはいえ、岡田総帥の悪い癖がまた出たかw

テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(5月11日、12日)

5月11日
京都
4R3歳未勝利戦(芝1400m)
クイニーアマン
水口優也(54.0)
8R4歳上500万下(ダート1800m)
マヤノオントロジー
太宰啓介(57.0)
11R都大路S(芝1800m)
タガノエルシコ
古川吉洋(56.0)

新潟
6R4歳上500万下(ダート1200m)
アラマサスチール
的場勇人(55.0)
7R4歳上500万下(芝2400m)
ローリングストーン
木幡初広(57.0)
12R湯沢特別(芝1200m)
マコトヴィルッキオ
大野拓弥(55.0)

5月12日
東京
5R3歳未勝利戦(芝1800m)
カネトシエスプリ
川須栄彦(56.0)

京都
9RパールS(芝1800m)
セニョリータ
上村洋行(55.0)

新潟
8R4歳上500万下(ダート1200m)
フィンデルムンド
吉田隼人(57.0)




エルシコは出走出来て何より。前走はトップクラス相手に歯が立たなかったが、ここなら展開一つで上位に食い込めるかも。

セニョリータは芝に回ったか。昨年一回芝を使った時は、雨にノメって適性以前の問題だったが、今回は定量戦だし強気になれない。

ローリングストーンは一年前に未勝利勝った時と同じ条件で騎手も同じ。テンに全くついて行けないが、流れが向くようなら。

マヤノオントロジーは少しずつクラス慣れしてきた。前が止まるようなら、もう少し前進しても良さそう。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

ボクシングダブル世界戦、井岡一翔と宮崎亮は共にKOで初防衛に成功!

昨日のダブル世界戦は地元で放送されなかったが、今日はしっかり見る事が出来た。二人の試合は対照的な展開だったが、最後は共にKOで相手を沈めて初防衛に成功した。

まずはミニマム級の宮崎。同級7位のカルロス・ベラルデと1ラウンドから足を止めて肩をつけあう激しい打ち合い。お互いにパンチをもらえば必ず打ち返すスリリングな展開に。
宮崎は左ジャブを中心に組み立て、それに対してベラルデは前に出てフックや左ボディを繰り出してプレッシャーをかける。接近された宮崎は左アッパーやボディを多用して主導権を渡さない。3ラウンドと4ラウンドではベラルデのフックに宮崎がグラつくシーンもあったが、宮崎も負けじとボディを打ってベラルデの動きが止まるシーンを作り、全くの互角。

そして、5ラウンド。ベラルデのプレッシャーに手を焼いた宮崎は距離を取ってから懐に飛び込むスタイルで立て直しを図り、再び接近戦となった2分20秒付近で宮崎の左フックがベラルデの顔面を捉え、ベラルデは大の字でダウンしレフリーが試合を止めて試合終了。鮮やかな一発KO勝ちを決めた。ただ、今回も減量に苦労したようで、次の試合はライトフライ級に階級を上げるかもしれない。


そしてライトフライ級の井岡。こちらは同級2位のウィサム・ゴーキャットジム相手に危なげない試合運び。序盤はウィサムの左ストレートをもらった井岡だったが、徐々に距離感を掴んで相手のパンチを見切って行くと、その後は殆どもらわずじまい。

その一方でウィサムに細かいまとまったパンチを浴びせてダメージを蓄積させていく井岡。5ラウンド中盤には強烈なアッパーでウィサムの体を宙に浮かせるシーンも。その後も井岡優勢で試合は進み、9ラウンド終盤に井岡のボディが決まるとウィサムは苦悶の表情を浮かべてダウン。そのまま起き上がる事なく、井岡のKO勝ちとなった。



どちらが面白かったかと言われれば終始派手な打ち合いとなった宮崎の方だが、上手い試合をしたのは今回も冷静に試合をコントロールした井岡の方だろう。一気に仕留める事も可能であったが、焦らずに少しずつ相手の力を削いでいって倒す。今回も実に井岡らしい試合だった。
いずれにせよ、先日の山中戦に続いて見てて飽きが来ない良い試合だった。2人共、次は階級を上げてきそうだが、良い試合をして勝ってくれたらいいなと思う。

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

かしわ記念回顧

ホッコータルマエがGⅠ馬3頭を相手に堂々たる横綱相撲で重賞4連勝&GⅠ初制覇。「コイツさえいなければ3連複は拾えたのに」とボヤいた昨年の端午Sが遠い出来事に思えるww

久々のマイル戦だったが、スタートから出して行って4番手に付けるいつも通りの先行策。3コーナーで気合いを付けて2番手に上がり、4コーナーで当面の相手であるエスポワールシチーを捕まえに掛かる。直線は一騎打ちになったが、残り200mを切ったところで捕らえてそのまま押し切った。
昨年から持ち前の粘っこい先行力は評価していたが、今年に入ってから地力強化が著しい。とりわけ目立つのはスピードの持続力の強化だろう。昨年は先行して粘り込むも決め手の差で惜敗する事が多かったが、今年に入ってからは最後まで持続力が落ちなくなっている。充実期からいよいよ完成期に入って来た印象。

2着エスポワールシチーは鼻出血を発症したフェブラリーS以来だったが、最内枠から注文通りの逃げ。持ち前のスピードを活かして淀みのないラップを刻み、4コーナーで勝ち馬が迫って来ても直線入り口で二の脚を使って抵抗。残り200mで苦しくなって勝ち馬に交わされたが、余裕を持って2着は確保。これ以上距離が延びると厳しいが、マイルまでならまだまだ健在な所をアピール。

3着ローマンレジェンドは暮れの東京大賞典以来だったが、数字的にはまずまずの仕上がり。スタートで少し立ち遅れたが、すぐに挽回して中団の一角を追走。向こう正面で勝ち馬を追う形で動いて行ったが、小回りと2着馬の作ったペースに戸惑ったか、ズブさを見せて追走に一苦労。内々で脚を溜めてたテスタマッタに迫られたが、馬体が合ったところでひと伸びして3着は確保。
最後に勝負根性を見せたが、最早マイルは忙しくなってる感じ。ただ、今回は休み明けで本線は帝王賞。直線の長い大井で巻き返す可能性は大いにある。

テスタマッタは例によって1コーナーで掛かる仕草を見せたが、ペースが速かった事もあってジェットスキーにならずに済んだ。そのまま内で脚を溜めて直線では外に出して3着馬を交わしに掛かったが、最後の最後で競り負け。一線級相手で突き抜ける力はないが、ハマれば上位に食い込める所は見せた。

セイクリムズンはスタートでつんのめるように出てしまって後方に置かれたのが全て。向こう正面から追っ付けて行って中団に取り付いたが、ペースが速かった事もあって脚を使い切った感じで最後は流れ込むので精一杯。


ホッコータルマエが急成長を見せた事で、ここの上位馬にニホンピロアワーズとワンダーアキュートが加わる帝王賞は俄然楽しみなレースになりそう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

新潟大賞典回顧

直線に入ってコスモファントムが強引に外へ進路変更した結果、6頭の進路を妨害(実際には10頭くらい何らかの不利を被った)。これでは、いち早く抜け出したパッションダンスとアドマイヤタイシが後続を引き離して1、2着になるのは必然。
伊藤工は16日間の騎乗停止を食らったが、1月に続いて2回目。昨年は一昨年の5勝から少し持ち直して15勝挙げたのに、こんな騎乗を繰り返してては干されてしまうぞ。

勝ったパッションダンスは前半は好位4番手を追走。3コーナー手前から動いて3番手に上がり、4コーナーでは2番手。残り400mで逃げバテたダンツホウテイを交わして先頭に立つと、追い縋って来たアドマイヤタイシとの一騎打ちに。最後は少し苦しくなって脚が上がりかけたが、ギリギリ一杯で押し切った。後続のゴチャつきもあったが、全くペースが緩まなかった持久力勝負になったのも味方した。

2着アドマイヤタイシは道中は内々の6番手を追走。終始勝ち馬を見る形でレースを進めたが、3~4コーナーで動いた勝ち馬とは対照的にこちらは直線に向くまで仕掛けを我慢。完全に勝ちパターンに見えたが、内にモタれて立て直した分、僅かに届かなかった。これで5戦連続重賞2着。中距離重賞の安定株とも言えるが、こんだけ2着続きなのも珍しいw

3着ダコールは久々でプラス10キロだったが、許容範囲で仕上がり良好。道中は後方4、5番手の内目を回り、直線では馬群の間を縫うようにして上がって行ったが、ここでコスモに寄られて前をカットされる不利。そこから立て直して内に切れ込んで脚を伸ばしたが、3着に上がるのが精一杯。今後も雨が降らなければ押さえたい存在。

サトノアポロは大外枠もあって道中は中団の外目を追走。直線に入って追い出しを図ったところで不利を受けて馬群の中で押しくら饅頭状態。普通なら戦意喪失してもおかしくなかったが、そこから立て直してしぶとく追い上げた。地力強化を印象付けたが、見た目には最も酷い不利を被った様な気がする。精神的ダメージが心配。

1番人気ナカヤマナイトはあまり良いスタートではなく後方からの競馬。それでも馬群の中から徐々に位置取りを上げて行き、直線では馬場の真ん中を通って中団。ここから追い上げ態勢に入った所で一連の玉突き事故に巻き込まれた。それでも一旦は3番手に上がりかけたが、最後に甘くなった。不利も痛かったが、どうも中山以外では後手に回る傾向。

ローズキングダムは中団追走から直線では進路を外に。この段階では手応えに余裕があって、結果的に一連のゴチャつきの被害も小さかったが、そこからサッパリ伸びず。完全に集中力が切れてしまってる感じ。昨年はGⅡクラスまでなら勝ち負けしてた筈なのにどうしてこうなった?

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
83位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR