ルーラーシップ、クイーンエリザベス2世C勝利

国内外で5度GⅠに挑戦して4着が最高だった未完の良血ルーラーシップが6度目の挑戦で遂に悲願のGⅠ馬になった。

これといった逃げ馬不在で、香港ダービー馬フェイフェイが仕方なくという感じで逃げたのもあって最初からペースはスロー。まずまずのスタートを切ったルーラーシップは上手くインの3番手に取り付いて折り合いもピッタリ。
この時点で「内さえ空けば、良い勝負になる」と思っていたが、4コーナーのコーナリングでその内がぽっかり空いた。こうなれば、あとは得意の決め手を炸裂させるだけ。仕掛けられたルーラーシップは一気に抜け出し、後続を3馬身4分の3引き離す圧勝。
2着は外から追い込んで来た昨年の香港ヴァーズ2着馬サムザップ。3着は1番人気だった香港クラシックマイル馬スウィートオレンジ。カリフォルニアメモリーはスタートの出遅れが祟り5着まで。逃げたフェイフェイと愛ダービー馬トレジャービーチの両ダービー馬は直線で失速し着外に沈んだ。

この馬が最も得意とするスロー決め手勝負になり、課題であった勝負所の反応の悪さもインの3番手にいた時点でたいした不利にならずに済んだ。そして、直線に向いたところで前ががら空き。勝ってくれと言わんばかりのお膳立てが整ったと言える。
すっかり日本でもお馴染になったリスポリは香港で短期免許を取得して騎乗していたが、最終日で大仕事をやってのけた。来年に向けて良いアピールになったと言えよう。

しかしまぁ、逆に福永はつくづく運がないと思う。日本に戻ったらまた騎乗すると思うが、何故かこの馬は連勝が一度もない。次は負けるパターンだが、そこで下手打とうものならクソミソに叩かれるんだろうなぁと思ってしまう。

テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~4月29日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3クロフネ
4フジキセキ
5シンボリクリスエス
6アグネスタキオン
7ハーツクライ
8ダイワメジャー
9ステイゴールド
10マンハッタンカフェ
11ゼンノロブロイ
12サクラバクシンオー
13ゴールドアリュール
14ネオユニヴァース
15スペシャルウィーク
16ロージズインメイ
17ジャングルポケット
18タニノギムレット
19アグネスデジタル
20ダンスインザダーク



ディープは入着賞金15億、キンカメは70勝到達も、共に3勝あげて差はさほど変わらず。

ダイワズームのスイートピーS勝ち、ウインバリアシオンとギュスターヴクライの天皇賞入着でハーツが7位に浮上。

ステゴはフェノーメノの青葉賞勝ちはあったが、総大将のオルフェーヴルが醜態を晒してワンランクアップに留まった。

マヤノトップガンがJRA通算400勝達成。マーベラスサンデーにじわりじわりを差を詰められていたから、一足先に達成出来て良かった。次はマーベラスの400勝、そして3強合わせてJRA通算1000勝が待ち遠しい・・・サクラローレルはもう少し頑張ってくれ。

レイヴの勝利でタイキシャトルがJRA通算600勝達成。昨年辺りから勢いが落ちているが、何とかもう一頭くらい後継種牡馬を出せれば良いが。

ビートブラックの大金星でミスキャストが先週の180位から36位に急浮上。一度は用途変更されていたが、ビートブラックの菊花賞3着効果で種牡馬復帰し、昨年は9頭に種付け。今回の大金星で駆け込みの種付け依頼が殺到するかもな。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

本日の特別・OP予想

晩春S
◎マイネルカリバーン
○シルクウェッジ
▲サザンスターディ
△ワイズリー
△ミスクリアモン

馬体が絞れたマイネルカリバーンの先行力に期待。


鷹ケ峰特別
◎ウエストエンド
○グレナディーン
▲ミヤジエムジェイ
△クリーンエコロジー
△ビップセレブアイ
△ジョーアカリン

今の高速馬場は向きそうなウエストエンドの逃げに期待。

オアシスS
◎ナムラタイタン
○アドマイヤロイヤル
▲シルクシュナイダー
△ナニハトモアレ
△スタッドジェルラン

58キロも東京マイルは合うナムラタイタンの押し切りに期待。バーディバーディは三浦で切った。

端午S
◎イジゲン
○バンザイ
▲ラヴァンドゥー
△ハタノヴァンクール
△グッドマイスター

前走の勝ちっぷりが鮮やかなイジゲンから。内枠引いた先行勢の前残りに注意。

福島民友C
◎ミキノバンジョー
○ドリームバレンチノ
▲ブルーミンバー
△スギノエンデバー
△テイエムオオタカ

叩き2走目で距離短縮のミキノバンジョーを狙い打つ。

スイートピーS
◎ダイワズーム
○サトノジュピター
▲ココロチラリ
△サトノジョリー
△マイネルアルナイル
△ハッピーウィーク

好枠を引いたダイワズームの押し切りに期待。ここは手広く買ってみたい。

続きを読む

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

天皇賞・春

◎オルフェーヴル
○トーセンジョーダン
▲ウインバリアシオン
△ギュスターヴクライ
△ジャガーメイル
△ナムラクレセント
△クレスコグランド
△ビートブラック


前走の逸走で一抹の不安を覚えたところで今回も大外・・・正直、不安はなくもないが、前走の再現の可能性まで予想のファクターに入れていたらキリがない。素直にオルフェーヴルの能力を信じたい。逸走ばかりがクローズアップされるが、一度競馬を止めかけたところから再び馬群に取りつきあわやのシーン・・・冷静に考えれば、絶対的な能力差がなければ出来ない芸当だ。後方に下げて上手く宥められれば問題ない筈。

トーセンジョーダンは明らかに仕上がり途上だった前走を叩いて動き一変。高速決着に強いのは昨年秋に証明しており、外枠も昨年のJCみたいな積極策で前に行ければ問題ない。折り合いに不安がないタイプで距離の融通性は利く筈。

ウインバリアシオンは追い込み一辺倒で勝ち切るイメージはないが、スムーズに捌けるなら確実に上位に来れるイメージ。叩き3走目で出来は上向き。あとはかつての盾男の腕次第。

ギュスターヴクライはスタートにやや不安はあるが、どこからでも動ける自在性の高さが強み。高速決着への対応は未知数だが、長距離適性の高さを活かして。

ジャガーメイルはポリとはいえ、相変わらず良く見せる追い切り。京都替わりは間違いなくプラスに働く。JCみたいに立ち回れば再現があっても良い。

あとは3着荒れを期待して出来の良さそうな人気薄をチョイス。3連複・3連単は手広く流して上手く引っ掛かればヨシ。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

漫画家の土田世紀死去

まだ43歳という若さで亡くなったのも驚きだが、ヒット作となった【ありゃ馬こりゃ馬】は20代前半に連載していたと分かって更に驚き。良い意味で古臭さを感じさせる独特の画風は結構好きだった。

ありゃ馬は最初は現役騎手の漫画という物珍しさだけが先行してたけど、主人公の兄貴分的な騎手が登場した辺りから一気に面白くなり、いつしか従来の競馬漫画とは一線を画した存在にまでなった。

ほかには映画にもなった【同じ月を見ている】とか【編集王】とか【俺のマイボール】なんかは読んでたな・・・まだまだ面白い漫画を描けただろうに。合掌m(__)m

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

青葉賞回顧

東京替わりで一変。フェノーメノが人気に応えて快勝し、ダービー戦線に名乗りを上げた。
スタートがそれほど良くなかったので中団グループの内からの競馬になったが、勝負所で上手く外に持ち出し、坂を上がったところで食い下がる2着馬を突き離した。広々としたコースで追えば追う程伸びる馬。青葉賞の勝ち馬には騙されてばかりだが、今回も騙されてみようかという気になる勝ち方だった。

2着エタンダールは先行勢を見ながらの位置取りで流れに乗り、直線では勝ち馬と併せる形で坂上まで食い下がった。母父モンジューでディープ産駒にしては長距離志向が強く出てる感じ。とはいえ、本番でどうこう言えるレベルには足りてない。


頭は来たし、危険な人気馬は切って正解だったが、肝心の相手が不発。
ヤマニンファラオは直線で前が壁になって右往左往。やっと抜け出した時には時既に遅し。完全に脚を余した競馬で勿体ない競馬。

アドマイヤブルーは最内をロスなく立ち回って直線は一瞬伸びかけたが、そこからのひと伸びがなかった。馬体が減った影響もありそうだが、本質的には小回りの中距離馬か。

クランモンタナはハナを切る積極策に出たが、やはり決め手比べになると弱い。完全にバテたわけではないし、自己条件でなら主役を張れる・・・そこでも切れ負けする恐れありだが。

ジャングルクルーズはスタートから出して行って流れに乗れたが、現状では力不足だったようだ。ミルドリームは外枠が祟って少し行きたがっていた分、直線は余力なし。

サトノギャラントは最後方にいた時点で「ない」と思った。たまに出るノリの悪癖だが、距離は長いと思っていただけに、ある意味予想通りの騎乗。マイル路線で改めて。

カポーティスターは全く見せ場なし。最近の矢作の使い方は何から何まで空回りしている。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

青葉賞

◎フェノーメノ
○アドマイヤブルー
▲クランモンタナ
△ミルドリーム
△ジャングルクルーズ
△ヤマニンファラオ


弥生賞は下手に乗られて全く力を出せなかったフェノーメノが巻き返す。コーナー4つの中山は合わないのか、いずれも後手後手に回ってるが、東京では先行抜け出しで2戦2勝。先行有利の馬場で本来の先行策に戻れば普通に勝ち負け。

アドマイヤブルーは毎日杯の内容からやや底が見えた気がしないでもないが、馬場が合わなかった感じだし、休み明けで見た目ほど仕上がってなかったのかも。今週の坂路の動きから一変は可能。

クランモンタナは未勝利脱出に時間を要したが、昇級戦のすみれSで2着。速い上がりは使えないが、競り合いになればしぶとい。内枠を引いたし、積極策で早めに動けるなら。

ミルドリームは休み明けの福寿草特別以外は着外なし。前走も勝ち馬を別格に考えれば強い内容。2400mにも勝ち鞍があるのも強み。ガサがないので輸送減りには注意したい。

ジャングルクルーズの前走は重馬場が合わなかった。追い切りの動きもまずまずで、良馬場の今回は巻き返す余地あり。

ヤマニンファラオはゆきやなぎ賞でジャングルクルーズを完封。外枠は微妙だが、デビュー戦から強敵相手と戦い着外なし。ダイワメジャー産駒にしては長距離適性があるのも魅力。


サトノギャラントは母スティンガーという血統から、この距離では不安が残る。カポーティスターは前走の勝ちっぷりは強烈だが、連闘では買いづらい。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

My Favorite Race Vol.6 ~03年天皇賞・春~

競馬を知った頃の天皇賞・春の勝ち馬は今振り返っても錚々たるビッグネームがずらりと並んでいた。
時折、2着に妙な穴馬が飛んでくる年もあったが、実力のある人気馬や実績馬が順当に勝つというパターンは基本的に変わることはなかった。それは、本格的に馬券を買うようになった頃になっても同じだった。

しかし、近年の勝ち馬は急に聞かれてもパッと出て来ない馬が多々見受けられるようになった。
それは、勝ち馬のその後の成績がトーンダウンしたりして、一発屋的なポジに定着してしまう傾向が強くなったからではないかと思う。
そして、それと同時に馬券の方も中波乱や大波乱になりやすくなった。天春は強い馬の強さを当たり前に見るレースでなくなり、如何にして高配当を仕留めるか?というレースに変貌したと言っても過言ではない。

2003年の天春は傾向が変わる分岐点になった年と言えよう。前年までの中長距離路線を引っ張って来た馬が軒並み引退し、年度代表馬シンボリクリスエスは宝塚まで休養。確固たる本命馬が不在という状況に陥った。
押し出される形で1番人気になったのは、中距離から長距離へ路線変更して頭角を現したダイタクバートラム。鞍上が当時はまだ絶対的な地位にいた武豊だったのも、人気になった要因だろう。
2番人気は1年近く勝利はなかったが、堅実な末脚を武器としたツルマルボーイ。3番人気は3年前の菊花賞2着馬で、この年に入って復調したトーホウシデン。
それなりの実績はあったが、どれも軸にするほどの信頼性は乏しい・・・登録馬発表の段階から「今年の天春は間違いなく荒れる」と睨んで予想を組み立て始めた。

人気所で確実に来そうなのは豊鞍上のダイタク。追い込み脚質で脚を余しそうなツルマルとステップレースが気に入らないトーホウはバッサリ切る。
穴はサンライズジェガー。叩き3走目で走り頃のステイヤー。不利があってまともに追えなかった前走は参考外。

と、ここまで組み立てたが、肝心の本命が決まらない。前年の菊花賞馬ヒシミラクルか、その2着馬ファストタテヤマのどちらにするかで大いに迷った。
2頭共、菊花賞以降の着順はパッとしないが、前者はコテコテのステイヤーで叩き3走目。後者は勝った重賞2勝はいずれも京都。太めが残ってた馬体も前走で絞れた。さて、どちらを軸にするか・・・

迷いに迷った挙げ句、俺が本命に選んだのは・・・京都巧者のファストタテヤマだった。ヒシミラクルが紛れもないステイヤーなのは分かっていたが、正確な実力を量りかねていたのだ。

俺と似たような心理の人が多かったせいか、ファストタテヤマは4番人気の支持を集め、ヒシミラクルは7番人気にとどまった。
人気薄だと思っていたので、この人気はちょっと誤算だったが、相当な自信があったので単複・馬連・三連複に結構な額の金をつぎ込んだ。競馬仲間には冗談半分で「100万取りに行くわ」と宣言していたくらいだった。



・・・結果は周知の通りである。
4コーナーまでは理想的な展開で、直線に向いた時には「おっしゃー!さぁ来いっ!!」とボルテージが最高潮に達したが・・・
直線で段々と外へ外へキレて行くファストタテヤマの姿は、競馬やってて思い出したくない記憶の中でも上位に位置付けられる。レース直後は床に突っ伏して声にならない呻き声を発していたわ。
何故ヒシミラクルを軸にしなかったのか?穴はサンライズジェガーと読み切っていたなら、サンライズジェガーからの総流し馬券を買うべきだったのでは?それか、ガミる事にはならなかったから、箱買いするべきだったのでは?
色んな後悔が頭をよぎって、暫くは立ち直れなかった・・・3着まで買った馬が入ってるのに、馬券は外れなんだから。


その後、どこかでそのショックを引きずる事になった俺は続くNHKマイルCも土壇場でウインクリューガーを買い目から外して轟沈する等、暫くの間馬券の収支は直滑降で赤字街道をひた走ることになる。

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

フローラS・福島牝馬S回顧

フローラSはクイーンCでは出遅れて力を出し切れなかったミッドサマーフェアが人気に応えて完勝。モハメド殿下はこれがJRA重賞初勝利となった。
それ程良いスタートではなかったが、今回は内枠だったのもあってすぐにリカバリー。やや行きたがる場面もあったが、好位で流れに乗って4コーナーでは外目に出していつでも抜け出せる態勢。仕掛けられると、反応良く抜け出して残り1Fで決着を付けた。
ここでは力が違っていた印象だが・・・ゲートに課題がある感じだし、折り合い面で若干の不安を残した。派手な勝ちっぷりではあったが、オークスに向けてという意味では見た目ほどの高評価は与えられない。

2着アイスフォーリスはスローに落として逃げたヘレナモルフォをマークする積極策。直線はこれをあっさり交わして押し切れるかに見えたが、勝ち馬の決め手が一枚上手だった。今回は完敗だったが、番手でも折り合いがついており、こちらの面では勝ち馬より信頼出来そう。勢いに乗るステゴ産駒だけに、一応の押さえはいるかもしれない。

ダイワデッセーは殿人気ながら、3番手からしぶとく脚を伸ばして優先権利を手にした。先行有利の展開に恵まれた感で、本番でどうこう言える存在ではなさそうだが、地味にしぶとい脚を使える。牡馬相手に揉まれたキャリアが活きたか。


福島牝馬Sは中山牝馬S2着馬オールザットジャズが正攻法の好位抜け出しで快勝。中山牝馬Sは出遅れたが、今回は五分に出て好位グループのインを追走。勝負所から徐々にポジションを上げて外に持ち出し、直線半ばで先頭に立ってそのまま押し切った。マイルは忙しいという印象に変わりはないが、完全に軌道に乗った印象。

2着コスモネモシンはゲート内で何度か立ち上がったが、スタート自体は普通に出れた。意外だったのはその後。道中は後方グループまで下がる競馬だったが、勝負所から徐々に外に回して位置取りを上げ、直線は鋭く伸びて2着争いにケリをつけた。前走の反省を踏まえたのか定かではないが、今回に関しては丹内は上手く乗ったと思う。

3着アカンサスはスタート一息で後方からの競馬。前を取ろうとしたら掛かるので、後方で折り合いに専念。勝負所から捲り気味に進出して伸びて来たが、捲るのに脚を使った分、最後に2着馬に交わされてしまった。追い込みでもそれなりに来れるが、もう一つか二つ前の位置取りで競馬をしないと勝つまでには至らないか。

アスカトップレディもスタート一息で後方からの競馬になったが、結果オーライの展開。OP入りしてからはマイルで良積を残していたが、この距離でもやれたのは収穫。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マイラーズC回顧

開幕週は先行内有利のというセオリーの典型的なレース。好スタートからあっさりハナを切り、自分のペースに持ち込んだ時点でシルポートの連覇は決まったと言える。
小牧はスロー溜め逃げでシルポートの持ち味を殺した毎日王冠以来の騎乗だったが、今回は3F~7Fを11秒台で纏めて後続にも脚を使わせる絶妙な逃げ。流石に最後は12.7秒掛かったが、なし崩し気味に脚を使わされた後続も既にアップアップ。最後はおいでおいでの状態だった。
自分のペースで走れないと脆いが、ハマれば滅法強い。東京コースは一昨年のエプソムC以来着外が続くが、今回みたいに与しやすいメンバーなら安田記念は面白い存在になりそう。

2着ダノンシャークは前走は失敗した課題のスタートを上手く出て中団グループのインで脚を溜めれたのが大きかった。枠も枠だったが、一貫してインを立ち回り、直線もスルスルと最内から伸びて来た。京都は着外なしというコース適性の高さもあったが、先行有利の流れでも差して来た辺り、能力の高さは見せた。スタートさえ決まれば、重賞の一つや二つは楽に勝てそうなんだが・・・

3着コスモセンサーは勝ち馬と同厩舎というのもあってか、勝ち馬にハナを譲って4番手に控える競馬。形としては理想的な展開だったが、最後は地力では勝ち馬、決め手では2着馬劣った分の差が出た。昨年暮れから力をつけているのは間違いないが、そろそろ旬が終わる時期か。

ブービー人気ヤマカツハクリュウが4着に健闘。内に潜り込んで2着馬の後から良い脚を使った。上位馬とは位置取りの差が出たが、メンバー次第では重賞でも馬券になりそうなところは見せた。先日引退した田嶋の婿殿はチャンスを与えられてるうちにこの馬で結果を出していればねぇ・・・

レッドデイヴィスはスタートで出遅れたが、他の上位馬と同じように内を突いて上がり最速の脚で差を詰めた。調教は芳しいものではなかったが、叩き2走目で一定の変わり身は見せた。もう少し調教も動いて来るようなら、次以降はもっと変わって来る余地はある。

シルポート以外の人気馬は総じてだらしない結果。トーセンレーヴは意識的に出して行ったが、これが裏目に出て直線は伸び切れず。馬場も合わなかったが、上位馬と同じく内を回っていての失速はだらしない内容。

エイシンアポロンは道悪後者だが、プラス10キロが示すように今回は仕上がり途上。内有利の馬場で外枠だったのも堪えた形。安田記念は馬体が絞れての馬場悪化待ち。

1番人気リアルインパクトはこれといった見せ場もなくまさかの殿負け。輸送で絞れなかったのも誤算だったが、関西圏はマイルCSの5着以外は二桁着順・・・全くと言っていいほど合わないようだ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

今年度の顕彰馬は選定されず

昨年はウオッカが3年振りに顕彰馬に選定されたが、残念ながら今年は選定されず。エルコンドルパサーは僅か2票足りずに涙を飲んだ。

こうした顕彰馬の選定や年度代表馬の選定は競馬に携わってるマスコミの投票によって選ばれるわけだが・・・毎年、首を傾げたくなるような投票がなされている。今回の投票でも御多分に漏れず投票されてた。

今年度の選定対象馬は平成3年4月1日から昨年3月31日の間に競走馬登録を抹消された馬という条件にも拘らず、ニホンピロウイナー・・・( ゚д゚)ポカーン
いや、ニホンピロウイナーは対象外なんですが。相変わらずいるんだよな、こういう説明を見ない、人の話を聞かないような馬鹿は。子供の頃に親から注意されなかったのかねぇ・・・

あと、毎年見かける該当馬なし。いないのなら、投票する権利を辞退しろよ。何の為の記者投票だよ。

一番の問題は、選定した記者がどの馬に投票したのか全く分からないことだ。年度代表馬は分かるようになったが、何故これは記入がされてないのだろうか?厚顔無恥のマスコミのくせに、他人の目を気にするようなタマかよ。
別に期待してるわけではないが、素人目にもおかしいと感じるような今の記者投票制度はいい加減改正しろよって思うわな。競馬に限った話ではないが、そんなんだから、日本のマスコミは提灯記事しか書けないんだよ。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~4月22日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3クロフネ
4フジキセキ
5シンボリクリスエス
6アグネスタキオン
7マンハッタンカフェ
8ダイワメジャー
9ハーツクライ
10ステイゴールド
11ゼンノロブロイ
12サクラバクシンオー
13ネオユニヴァース
14ゴールドアリュール
15スペシャルウィーク
16タニノギムレット
17ロージズインメイ
18アグネスデジタル
19ジャングルポケット
20ダンスインザダーク



速射砲が途切れたキンカメに対し、土日6勝、ダノンシャークのマイラーズC2着等の猛攻でディープが首位奪取。2頭のデットヒートはいよいよ熾烈になってきたな。

リュンヌの勝利でクロフネがJRA通算700勝達成。一昨年にはJRAに於ける年間ダート最多勝記録(115勝)を更新する等、勝ち星の7割はダートながら、重賞は全て芝という不思議なデータを持つ。

土日重賞制覇を決めたギムがファーストシーズンから7年連続重賞勝利&JRA重賞通算20勝利達成。

シルポートの逃走が決まったホワイトマズルが25位に浮上。GⅠ馬を輩出しながらも、安定してリーディング20位台をキープし続けるのは一つの個性か。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

今更ながら・・・三国志12のやり過ぎで土日の競馬はお休み(笑)

本当今更だが、この時間に書く記事ではない(苦笑)

いやはや、三国志や信長シリーズといった歴史シミュレーションは小中学生の頃に猿と化してやり込んだものだが、この年になって猿になるとは思わなかったわ(笑)

三国志シリーズは5以降は全然手を出さなかったのに、今更ながら何となくやりたくなってポチってみたが・・・ここ数年、ゲームらしいゲームをしてなかった反動からか、思いっ切り猿になった(笑)

ブランクが長かったせいか、戦闘シーンで部隊の動かし方に戸惑ったけど、あとはノスタルジックな気分に浸れる出来映え。でも一騎打ちが壊滅的に詰まらなくなったのは残念。とりあえず、全君主全シナリオ制覇を目指して頑張るか(笑)


というわけで・・・回顧は後日書きますが、競馬の重賞予想は1週お休みします。リピーターの方々、いい年して猿になったオッサンを許して下さい(^_^;)天皇賞はちゃんと予想しますので・・・多分(オイ)

My Favorite Horse Vol.9 ハロースピード~08年福島牝馬S2着~

マヤノトップガンは種牡馬として一定の成功を収めたが、活躍した産駒は何故か牡馬に集中している。ハロースピードはトップガン産駒の牝馬で唯一と言っていいくらい可能性を感じさせた馬だった(マヤノクレナイにも一瞬期待したが、直後に故障引退)

ハロースピードはデビュー戦を8馬身差で圧勝し、続くマリーゴールド賞も勝利。トップガン産駒の牝馬で新馬、OPと連勝した馬はおらず、牝馬初の大物候補として期待が高まった。
だが、一方で不安もあった。マリーゴールド賞は勝つには勝ったが、無駄の多い競馬に見えた。コンビを組んだ吉田隼人で大丈夫なのか?という思いを何となく抱いていた。

果たせるかな、ファンタジーSはその不安が現実のものになる内容の3着。これで吉田隼人は降板となるも、岩田に乗り替わった阪神JFは出遅れて6着。これでこの馬の勝ち味に遅い脚質が固定されてしまったような気がする。
一度狂った歯車は3歳になって更に狂い続けた。クイーンCはまたしても出遅れが響いて3着。ここで本賞金を加算出来なかったのが祟り、クラシックで最も上位に来れたであろう桜花賞に出走出来ず。
オークスは出走出来たものの、距離が長すぎて直線で失速。秋になってローズS、秋華賞も見せ場なく着外。2歳牝馬にありがちな早熟だったのかと思われた。

らしさが戻ったのは自己条件に戻ったユートピアSだった。二の脚が付かず後方からの競馬になったが、上がり最速の末脚を繰り出して3着。
追い込み脚質は既にどうしようもなくなっていたが「末脚を活かせる広々としたコースでならまだまだやれる」と思わせるに十分な内容だった。
不得手な中山のターコイズSでも4着に入り、1番人気で迎えた初音Sは末脚の追い比べになったが、僅かにハナ差残しての勝利。マリーゴールド賞以来、1年半振りの勝利となった。

再びOP入りしたハロースピードは久々の重賞挑戦となった中山牝馬S5着を経て、福島牝馬Sに出走する。
ここで本賞金を加算すれば、ヴィクトリアマイル出走の可能性が高くなるだけに、ここは何としても2着以内に入ってほしかった。
VMにはウオッカという不動の本命がいたが、ダイワスカーレットの回避で2番手以下は横一線の下馬評。東京なら持ち味の末脚を活かせたし、復調したこの馬がGⅠで走る姿をもう一度見たいと強く思っていた。

小回りの福島はベスト条件とは言えず、レース当日は輸送でマイナス10キロ。グリチャのパドックでも腹が巻き上がり気味に見えて、万全の出来とは言えなかった。それでも、外差し馬場を味方に末脚がハマる事を期待して軸で馬券を買った。
レースが始まり、前半はいつものように後方に待機したハロースピードは勝負所から猛然と捲り気味に進出。直線は大外から一気に伸びると、内のマイネカンナと鼻面を合わせてゴール。
ゴールした瞬間は「勝った!!」と思ったが・・・写真判定の結果、惜しくも2着。それでも、本賞金を加算出来た事でVM出走に大きな前進となる一戦だった。

余談だが、この日はトップガン産駒が大挙出走しており(ブルーフランカー、シャローム、ホッコーパドゥシャ、キングトップガン等)、大トリとなったオーシャンエイプスがイン突き強襲を決めてOP勝利を飾っている。
ハナ差に泣いた後でハナ差で笑う・・・最後は心臓に悪かったが、トップガン産駒を応援してる人にとっては劇的な1日だっただろう。

VM出走が確実となったハロースピードは主戦の松岡が海外出張で川田とのコンビが内定。追える騎手で差す競馬なら松岡より信頼出来たし、本番での一発を否が応にも期待したが・・・無情にも本番10日前に骨折が判明。思わず天を仰がずにはいられなかった。

ハロースピードの競走生活はこの骨折で終わったと言える。その後は慢性的な脚部不安に悩まされ、満足な状態で使われた事は一度もなかった。
繁殖入りしたハロースピードは先月初仔となる牝馬を産んだ。父トップガンのライバルだったマーベラスサンデーが相手である。果たせなかった重賞制覇の夢は、この夢のある配合の牝馬に託したい。

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

アンタレスS回顧

ゴルトブリッツが従来の先行押し切りではなく、好位差しから差し切る競馬で快勝。完全に復調したとみて良いだろう。慣れない好位からの競馬に戸惑ったか、勝負所での反応は今一つ。先にスパートしたニホンピロアワーズに手応えで見劣ったが、直線は力強い伸び脚であっさり突き抜けた。好位差しに慣れて来るようなら、勝負所の反応も変わって来るだろう。トップクラスとどれだけやれるか楽しみ。

2着アイファーソングは前走逃げられなくて惨敗した反省からか、外枠から何が何でもハナへという川須の意思を感じさせる逃げ。2コーナーでトーセンアドミラルを振り切り、淀みのないペースを刻んで後続の脚もなし崩し気味に使わせて逃げ粘った。強引にでも逃げた方が良さそうだが、あの展開で逃げ粘るのは無しだわ。

3着シルクシュナイダーはいつも通り後方からレースを進め、勝負所からスパートを開始。直線半ばでは2着まで来そうな感じだったが、2着馬の二枚腰を交わし切れず。阪神に替わってこの馬本来の息の長い末脚を使えたが、他力本願の脚質だけによほど展開が向かないと勝ち切るのに時間が掛かりそう。

ニホンピロアワーズはスタート一息も直ぐに挽回して道中は勝ち馬をマークする位置取り。勝負所では勝ち馬より先に動いて、4コーナーでの手応えは楽勝っぽい感じに見えたが、そこからの伸びが案外過ぎた。外から勝ち馬に来られた際に気の悪さを見せたらしいが、それにしても不甲斐ない内容。

デスぺラードはポツンと離れた最後方から最速の脚を使ったが、この勝ちタイムでは勝負圏内に加わるのは無理。平坦コース向きだし、条件戦とは違って前も簡単には止まらない。もう少し力をつければ、いずれは通用しそうだが・・・

ダイシンオレンジは4番手からレースを進めたが、勝負所で手応えが怪しくなった。本来は京都向きではあるが、全盛期ならもう少し粘れた筈。そろそろ中央の重賞では家賃が高くなってきたか。

トーセンアドミラルは前走とは違って逃げ争いで日和ってしまい、番手からの競馬。これでリズムを崩したのか、直線は見せ場なく失速。前走とは正反対の展開だったが、あれ以上競り合うと共倒れになる可能性もあり、判断の難しい競馬ではあった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

中山グランドジャンプ回顧

ドロドロの不良馬場で行われたのもあって、勝ちタイムが5分オーバーという消耗戦になったが、全馬無事に完走。大竹柵を全馬無事に飛び終えた時に拍手が起きるいつもの光景はホッとした気分にさせられる。

勝ったマジェスティバイオは強いの一言。前半は出たなりの競馬で中団グループの一角を追走し、外回りコースに入ったところで徐々に進出を開始。9号障害で2番手グループをを交わし、4コーナーでは先頭のバアゼルリバーを射程内に捉え、最後の障害で交わした後は独走。
狙いすましたように差し切った昨年の中山大障害は山本康志の騎乗だったが、柴田大知とのコンビに戻って強さに磨きが掛かった感。まだ5歳でこの強さ・・・怪我さえなければ長期政権を樹立しそう。
柴田大知は昨年に続いて連覇達成。涙のインタビューだった昨年とは打って変わって、今年の落ち着き払ったインタビューから騎手としての成長が窺えた。本当、干されてフェードアウト寸前の底辺から良くここまで這い上がって来たと思う。

2着バアゼルリバーは最後は力の違いを見せつけられたが、正攻法の積極策で見せ場を作り、初物尽くしの中山を難なくこなした。まだ障害転向して5戦目の6歳馬。勝ち馬の良いライバルになりそうな予感。人気になって豪快に沈んだ「スターパス級のヘッポコだな」と思った青葉賞が懐かしい・・・

人気薄で3着に来たコスモソユーズは2走前に未勝利を勝ったばかりだったが、道中はロスなくインを立ち回り、勝負所でスルスルと進出。1、2着馬には離されたが、大健闘の内容。まだ4歳と若く、道悪でこのしぶとさ・・・これも今後が楽しみな1頭。


若い世代の台頭が著しかった一方、実績馬は不甲斐ない内容。道悪適性で大きく見劣ったのもあるが、年齢的な衰えが目立つ馬もチラホラ。世代交代の波が到来した印象を強く受けた。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~4月15日現在~

1キングカメハメハ
2ディープインパクト
3クロフネ
4フジキセキ
5シンボリクリスエス
6アグネスタキオン
7マンハッタンカフェ
8ダイワメジャー
9ハーツクライ
10ステイゴールド
11ゼンノロブロイ
12サクラバクシンオー
13ゴールドアリュール
14ネオニユヴァース
15スペシャルウィーク
16ロージズインメイ
17アグネスデジタル
18ジャングルポケット
19タニノギムレット
20フレンチデピュティ



5頭出しの皐月賞を勝てなかったディープに対し、土日8勝(土曜1勝、日曜7勝)と2週連続で速射砲が炸裂したキンカメが4000万弱差でリーディング死守。

ゴールドシップの皐月賞制覇でステゴが一気にトップ10入り。これで4年連続GⅠ勝利。少数精鋭は今年も健在。

ランク変動はなかったが、ゴルトブリッツのアンタレスS制覇でスペがJRA重賞30勝。暫くはこの馬が屋台骨を支える事になりそうだ。

ラトルスネークの復活でギムがJRA通算300勝達成。現エース格のクレスコグランド、オールザットジャズに続く第三の矢になれるか。

マジェスティバイオの中山グランドジャンプ制覇でオペラハウスが27位に浮上。これで8年連続重賞勝利。最近は障害馬の活躍でランク維持してるが、忘れた頃の大物を期待してる自分がいる(笑)

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

皐月賞回顧・・・の前にお詫び

馬場が乾けば内有利と見越して予想を組み立てたけど、蓋を開けたら全く正反対の外差し天国。
競馬仲間の「中山は外有利」のメールでブログの予想ではマズいと思ってトリップを切り、軸をゴールドシップに変更し、ぶった切った筈のワールドエースを買い目に入れちゃった^_^;
というわけで、馬券は一応当たりだけど・・・このブログを読んでくれてる方を騙くらかすような形になってしまい(予防線は一応張ってたけど)、なんとなく申し訳なく思ってますm(__)m時間的余裕があれば修正した印でも書けたが、今日は馬券を買うので一杯一杯でした。


勝ったゴールドシップはスタートは割と出た方だが、行く素振りを見せず1コーナーを曲がる時点で最後方。道中も大して変わらなかった位置取りから変化があったのは3~4コーナー。内ラチに張り付いて逃げるゼロス以外ではただ1頭内を突いて直線に向く段階ではコーナーワークの関係で3番手まで浮上。直線でバテたゼロスを交わして先頭に立つと、熾烈な2着争いを尻目に危なげない勝利。
最大のファインプレーとなったウチパクのイン突きはお見事だが、荒れ馬場を苦にしなかった馬自身の能力も相当高い。スタートは悪いものの乱戦に強いタイプと評していたが、パワー比べでここまで強いとは予想外。長くいい脚を使うタイプで、距離が延びるダービーは引き続き有力。

2着ワールドエースはスタート直後に横のスノードンと接触。更にマイネルロブストが前に入って来た際に脚を引っ掛けて落馬寸前の躓き。そこから体勢を立て直して道中はリラックスして走れたが、最後方グループからの競馬を強いられる羽目になった。こうなってしまうと、今日の馬場では必要以上に大外を回らざるを得ない。良くも悪くも自分からは動かないタイプで、ウチパクのような博打を打てない福永では尚更だ。
あれだけ外を回って2着争いを制すのだから、持って生まれた能力は世代でもトップクラスなのは疑いようがない。危惧していた馬体減はなかったし、今回のような特殊な馬場にならなければダービーでは逆転出来ると思うが・・・最大のネックは福永のツキのなさだろう。肝心な場面で勝てないリーディングなど、所詮は砂上の楼閣のような虚像の栄光に過ぎない事をこの男はいつになったら理解するのだろうか。

3着ディープブリランテはゼロスとメイショウカドマツがガチでやり合う展開でも掛かり気味。向こう正面でなんとか折り合ったが、前が引っ張る展開でも折り合えないのは致命的(ブログでは、この展開になると折り合えると読んで本命にしたが)。仕掛けるタイミングは合っていたが、あれだけ力んでは前を捕まえるだけの余力はない。マイル路線なら折り合えそうだが、現状ではダービーは厳しいと言わざるを得ない。

コスモオオゾラは好位で流れに乗り、直線も当面の目標であったディープブリランテを見ながら仕掛ける理想的な展開だったが、如何せんスピードの持続力で上位馬に劣ってたのが痛い。もう少し土曜の雨が残っていれば2着まであったかもしれないが、現状ではこれが限界か。ダービーは馬場悪化待ち。それにしても、近年の柴田大知の巻き返しぶりは目を見張るものがあるなぁ。単純な勝利数では及ぶべくもないが、なにかやってくれそうな雰囲気は福永より持ってる。

グランデッツァは大外が響いた形。終始後方から外を回らされては流石に前を捕らえるだけの余力は残ってないし、根本的に後ろから行くタイプではない。それに、前走はこなしたが、今回は馬場にノメってどうしようもなかった。あと、馬体が減ったのも誤算。ワールドエース以上に馬体維持が鍵になりそう。

他では、このメンツでも食い下がったサトノギャラントとまたしても天候に見放されたマイネルロブストを覚えておいた方がいいかもしれん。前者はマイル路線、後者はパンパンの良馬場であっと言わせる可能性がある。基本的には、ダービーは今回の1、2着馬と別路線組の争いになりそう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

皐月賞

◎ディープブリランテ
○トリップ
▲ゴールドシップ
△コスモオオゾラ
△グランデッツァ
△サトノギャラント


本当ならもう少し検討してから書きたかったが、今日は仕事で時間がないので見切り発車。俺の予想を参考にしてる奇特な方は今日はやめといた方が良いかも(笑)

馬場がどこまで回復するか読み切れないが、内が有利になる程度まで馬場が回復したと想定。各馬の寸評は時間がないので割愛するが、ワールドエースは外を回る大味な競馬では厳しいと思って切った事だけは書いておく。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

中山グランドジャンプ

◎マジェスティバイオ
○アグネスラナップ
▲バアゼルリバー
△バシケーン


暮れの中山大障害に比べて、相手関係で恵まれたマジェスティバイオの優位は動かない。休み明けの前走は道悪でも完勝。普通に回れば連は外さないだろう。

相手は連勝中だが最初の飛越に不安があるバアゼルリバーより、飛越センスが高いアグネスラナップを上位に取る。

ひと叩きされた実績馬ではバシケーンが変わり身ありそうだが、他はそれ程変わって来ないように思える。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

アンタレスS

◎ゴルトブリッツ
○ニホンピロアワーズ
▲トーセンアドミラル
△ダイシンオレンジ
△グリッターウイング
△シルクシュナイダー


ゴルトブリッツは心房細動で目を回した2走前から完全復活。阪神ダートでは2戦2勝で相手も恵まれた。連覇に向けて態勢は整った。

ニホンピロアワーズは相手に恵まれたとはいえ、交流重賞で2勝の実績はここでは上位。58キロも克服済みで、流れに乗ればゴルトブリッツとの一騎打ちの公算が高い。

トーセンアドミラルは見せ場を作った前走と同じ内枠で先手を取る公算が高い。脚抜きの良い馬場を味方にマイペースで逃げれば。

ダイシンオレンジは前走でニホンピロアワーズに千切られたとはいえ、それなりに復調してきた。ベストは京都も、阪神コースでも2勝。好位で流れに乗れれば。

グリッターウイングは昇級戦だが、前走は強い勝ち方。3歳時には重賞2着の実績があり、2強以外ならそれ程差は感じない。

シルクシュナイダーは展開的に頭は厳しそうだが、中山からのコース替わりは良い。自分の競馬に徹してどこまで。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

My Favorite Race Vol.5 ~07年皐月賞~

以前、主だった過去のPO馬を挙げたが、参加したPOG期間内で一番最初にGⅠを勝ったのが2007年の皐月賞馬ヴィクトリーである。
ヴィクトリー以外のこの年の主だったPO馬は・・・
スリープレスナイト(スプリンターズS)
アーバニティ(オーシャンS)
ニシノプライド(船橋S)
ミンティエアー(フローラS2着、オークス4着)

ミンティエアー以外の3頭は古馬になってOP入りしたが、期間内に活躍らしい活躍をしたのはヴィクトリーとミンティエアーだけである。ヴィクトリーがいなかったら「やっぱりPOGは難しいわ」と、あっさり止めていた確率が高い。そういう意味では功労馬と言えなくもない。

ヴィクトリーはフサイチコンコルドの妹グレースアドマイヤの5番仔で、半兄にリンカーン(菊花賞2着)、半姉にグローリアスデイズ(フローラS2着、ローズS2着)がいる。
父ブライアンズタイムは既に自身の高齢による活力の低下で芝の大物が出にくくなっていたが、この血統ならば・・・という思いと、馬格の雄大さが指名の決め手になった。

武豊を鞍上に迎えたヴィクトリーはデビュー戦を快勝し、2戦目のラジオNIKKEI杯2歳Sは折り合いに苦労しながらも断然人気のフサイチホウオーのクビ差2着。血統馬らしい上々の滑り出しである。
リフレッシュ放牧に出されたヴィクトリーはトライアルの若葉Sで復帰。前半から掛かり通しだったが、3コーナー過ぎで早々と先頭に立ち、そのまま押し切ってしまう大立ち回りを演じてしまう。
掛かり癖は相変わらずだったが、それを補うだけの能力を見せたわけだが・・・皐月賞に向けて不安が一つあった。確固たる鞍上を確保してなかったのだ。

豊はアドマイヤオーラに騎乗し、若葉Sで騎乗した岩田も先約があって乗れず。他の有力騎手もお手馬がおり、皐月賞10日前に漸く決まったのが田中勝春である。
これには心底萎えた。当時、カツハルは中央のGⅠ100連敗以上しており、半ばネタ騎手と化していたが、俺が一番許せなかったのはゴール前で競り合ってても早々とケツを上げるような敢闘精神の無さである。技術は一流、されど勝負師としては三流以下というカツハル評は今でも変わっていない。

PO馬がクラシックに出走しても今一つ気分的に盛り上がれないまま皐月賞を迎えたが、ここでヴィクトリーは一世一代の走りを見せる。
いつものように掛かり癖を出したヴィクトリーは1コーナーを回ったところでサンツェッペリンを交わして先頭。これが功を奏したか、そこから折り合ったヴィクトリーはマイペースを刻み、直線では一旦は交わされかけたサンツェッペリンを差し返し、フサイチホウオーの追い込みも凌ぎ切ってしまったのだ。

ゴールシーンはかなり際どく何が勝ったか判らない状態だったが・・・俺は嬉しさの余り、部屋の中をグリズリーの如く歩き回っていた。着順がどうあれ、ド高めの配当であろう三連複が的中していたからである。
馬券はフサイチホウオー軸で流していたが、ヴィクトリーは兎も角、15番人気のサンツェッペリンを拾っていたのだ。スプリングSは惨敗してたが、熱発明けで本調子になかったし、同コースの京成杯を勝っていた点から「大穴ならコレ」と定めていたのだ。

PO馬のGⅠ初勝利より、高配当の馬券的中の嬉しさが優るという、何とも俗物根性丸出しな俺の07年皐月賞はこうして終わったが・・・上位3頭はそこから別馬のように走らなくなるとは夢にも思わなかった。
サンツェッペリンはダービーこそ4着に粘ったが、その後は先行しては逆噴射というレースを繰り返して引退。フサイチホウオーはイレ込んでダービーを惨敗した後は、腰の不安と鬱病に悩まされて惨敗を繰り返して引退。
ヴィクトリーはまさかの出遅れでダービーを惨敗。皐月賞で見直しかけたカツハル評も「やっぱり皐月賞は狂い咲きだったな」と元通り。
その後は掛かり癖がどうしようもなくなり、出ては惨敗の繰り返し。金鯱賞はノリが乗って「もしかしたら」と思ったが、スタートで思いっ切り出遅れて終わり。5歳の京都記念で3着に逃げ粘ったが、その後は逃げては潰れるレースが続いて引退。近年の皐月賞馬では下から数えた方が早いヘッポコ馬のイメージが定着してしまった。


【人を呪わば穴二つ】という言葉があるが・・・あの3頭の、特にヴィクトリーのその後を見てると、意味合いは違うがこの言葉を思い出してしまう。
あの時、馬券の的中よりヴィクトリーのGⅠ勝利を喜んでいれば・・・勿論、その後が変わるわけもないのだが、ふっとそういう思いに駆られる事が何度かある。

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

土日の特別・OP回顧

湾岸S
◎がゴール寸前で3着に浮上して最低限のプラスにはなったが、機動力がないので動きたい時に動けない弱点が出た。勝ち馬はここに来て軌道に乗った印象。OP特別くらいなら即通用してもよさそうだ。

忘れな草賞
勝ち馬は消化不良に終わったフラワーCとは打って変わった本来の先行策で快勝。距離は延びても問題なさそうなタイプで、馬体を維持出来ればオークスは怖い存在になりそう。
馬券は2着馬の強襲で1着3着orzセシリアは馬体が戻りきらず、直線でガス欠。

福島民報杯
先行有利の筈が、よりにもよって前崩れの展開に・・・箱買いしておけば良かったと猛烈に後悔。とりわけ、軸で買うのを止めた途端に来た2着馬の差し脚には目の前が真っ暗になったorz

隅田川特別
1、 2着馬に関しては読み通りの展開で大いに満足だが、最近は1日1回炸裂してる穴の大惑星には苦笑いしか出ない。ネコパンチの一撃より堪えたわ・・・

大阪―ハンブルクC
まともに回れば連は外さないと思ってたスマートロビンだが、スタートで出遅れ道中は行きたがり、直線は伸び切れず4着。得意の持久力勝負にはなったが、前半があまりにもお粗末すぎた。
勝ち馬は馬体も回復して良馬場でやれれば、これくらいは走れて不思議ではない。2着馬はいきなりはどうかと思って軽視したが、意外に味がある。長距離戦では面白い穴馬になりそう。

吾妻小富士賞
これも箱買いするべきだったと後悔。必要以上に本命馬を過信し過ぎてた。折角、フルキチがメインで良い仕事したのに・・・

春雷S
殆ど読み通りの展開だったが、思いっきり出遅れたエーシンホワイティがまさかの殿一気。そりゃ、実況もエーシンリジルと間違えるわ。勝った6頭が7着以内に全部入っているのに外れって、どんな罰ゲームだよorz


桜花賞でどうにか帳尻を合わせたが、結構堪える外し方で精神的マイナスもデカかった。今週末は重賞だけで大人しくしとこうか・・・

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

桜花賞回顧

手前味噌で申し訳ないが、ジェンティルドンナがPO馬としてブエナビスタ、マルセリーナに続く3頭目の桜花賞馬に輝いた。POG的にも馬券的にも勝ってくれて本当に助かった。PO馬がクラシックを勝つ時の満足感は何度経験しても良いものだとつくづく。

スタートを決めて中団グループで流れに乗り、ジョワドヴィーヴル以外の有力馬を前に見ながらレースを進める理想的な展開。追い出しのタイミングもバッチリで、先に抜け出した2、3着馬をきっちり捕らえて快勝。一度叩いての変わり身を見事に見せつけた。
全姉ドナウブルーと違って気性面で難しいところがない分、確実に決め手を活かせるのがセールスポイントだろう。ただ、今回は全てが上手く行き過ぎたきらいがあるし、オークスはどんと来いというタイプではない。有力候補ではあるが、今回ほど自信を持って推せないだろう。

オークスでジェンティルドンナを逆転出来る最右翼なのが、2着ヴィルシーナだろう。意識的に前に出して行く傾向が強いウチパクの騎乗スタイルが予想通り速くならなかった今回のレースにマッチ。クイーンCと同様に先行グループで流れに乗り、直線はアイムユアーズと併せる形でグイとひと伸び。外から来た勝ち馬の決め手に屈したが、負けて強の内容。元々、オークス向きと言われていたが、改めて再確認したと言える。レッドアゲートの借りを返す時がやって来たぞ。

3着アイムユアーズはヴィルシーナを前にやってレースを進め、直線もヴィルシーナの仕掛けに合わせて追い出す余裕。この時は「やられた!」と思ったが、先に競り落とされてホッと一息。やはり、本質的にマイルはぎりぎりの印象。ピンナだから切っていたが、何故かこの馬では不思議と上手く乗れる。

サウンドオブハートは直前輸送で4キロ減ったが、パドックの気配は及第点。道中は中団で折り合いもスムーズだったが、直線はジリジリとしか伸びず。この辺りは輸送、若しくは久々の影響か。これも3着馬と同様に距離はマイルまでのイメージ。NHKマイルなら穴で狙えそうだが・・・

メイショウスザンナは道中は勝ち馬の横でレースを進めたが、勝負所で4着馬に被せられ、更に勝ち馬に先を越されて追い出しのタイミングが遅れた。ただ、最後はジリジリと伸びており、距離が延びてもしかしたら・・・の印象。馬場が悪化すれば更に怖そう。オークスは大穴中の大穴候補。

1番人気ジョワドヴィーヴルは外枠だった事もあってか、前半は無理せず内に入れて後方グループで脚を溜め、直線で外に持ち出して追い出された時は「よしっ」と思ったが、そこからの伸びが案外。前走から更に4キロ減った馬体重では良馬場発表ではあるが力を要する馬場に対応出来る馬力が足りなかったと言うべきか。輸送が絡むオークスで如何に体重を戻すかが鍵になりそう。

穴で期待したサンシャインとイチオクノホシだが、前者は勝負所でゴチャついて動くに動けず、後者は外に出そうとしたら4着馬に先に入られて伸びない内を通る羽目に。やや消化不良の内容ではあったが、上位馬との力量差も感じられた。


今回はジョワドヴィーヴル以外の人気馬が上位を独占して比較的順当に決まったが、オークスは別路線組が来る余地は思った以上にある印象。トライアルの内容次第ではあるが、今回ほど順当には決まらないかもしれない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

NZT回顧

予想段階で人馬諸共クソミソな評価を下したカレンブラックヒル@秋山に勝たれて2着3着4着5着・・・とんだ赤っ恥予想になってしまったorz
スタートで行く構えを見せた時、内外から同型馬がやって来て3番手に下げた時には「はい一丁上がり」とほくそ笑んだが・・・直線で内からあっさり抜け出して後続を突き放す競馬を見せられて放心状態。控える競馬を問題なくこなされては「申し訳ありませんでした」としか言い様がない。但し、上がり35秒を切れなかった辺り、終いの切れ味比べになりやすい東京のマイルを勝ち切るイメージは浮かばなかった。本番は切れ負けして3着前後というパターンになりそう。

2着セイクリットレーヴは前半は少し行きたがったが、勝ち馬の後ろのグループで何とか折り合った。直線は狭いところからしぶとく脚を伸ばしたが、勝ち馬を脅かすまでには至らず。今の力を要する馬場に切れ味を削がれた感じで、軽い馬場ならもう少し切れると思うが、力が足りてるかどうかは別問題。

3着ブライトラインは前半から行きたがって全く折り合えず。4コーナーで外に持ち出そうとしたが持ち出し切れず、スペースの空いた内に突っ込んで2着馬に急追。終いの切れは流石だが、道中の競馬は全く褒められたものではない。もう少し速く流れればマシになるかもしれんが、最早マイルで折り合うのは無理かも。

オリービンはそれなりの競馬は出来たが、やはり大外枠が堪えた感じ。内枠でスムーズに立ち回っていれば2着争いに加われただろう。それとは別に、大幅に体重が減ったのも誤算。京王杯でも大幅に減ったし、輸送が絡むと馬体重を維持出来ないのは痛い。

サドンストームは朝日杯と同じ失敗を繰り返して掲示板がやっと。年間40~50勝しながら、勝浦がゴスホークケンの朝日杯以来重賞勝ちから遠ざかってる理由が判る気がする。違う枠を引けば一発がありそうな気配はあるが、その背に勝浦はいない気がする。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

阪神牝馬S回顧

好スタートからすんなりとハナを切り、マイペースの逃げを打った11番人気の伏兵クィーンズバーンがまんまと逃げ切り。
前走準OPからの格上挑戦で全くのノーマークだったが、2走前の京都牝馬Sは5着に逃げ粘っており、一応の下地はあったといえるが・・・藤岡佑がこんな思い切って逃げるとは読めないわ。今回は道中も絡まれない楽な展開でハマった感が強い。次はそう上手く行かないだろう。

2着マルセリーナは内回りがどうかと思ったが、スタート後にカトルズリップスに寄られて位置取りを少し下げた以外は流れに乗れた。直線でゴーサインを出された時に外に膨れて体勢を立て直したロスがあった分、勝ち馬を捕らえ切れなかったが、中間の動きの良さが実戦に結び付いた。昨年の今時分の出来に大分戻って来た印象。

3着フミノイマージンは直線でマルセリーナが膨れた影響を受けた不利が痛かったが、この距離にもしっかり対応出来てた。但し、馬券的には思わぬ誤算。ここは大勢決した後で飛んで来て、本番は適度に穴人気したところで買いと思っていただけに・・・

エーシンリターンズは前半行く構えを見せなかったが、直線は大外からすっ飛んで来て2着争いに加わった。位置取りが悪すぎたのは事実だが、先行粘り込みで勝ち切れない競馬をしてきただけに、もしかしたら転換点になるかもしれん。もう2つ前の位置で競馬が出来れば・・・

1番人気スプリングサンダーは条件が揃い過ぎてる事に一抹の不安はあったが、今回は内枠から外へ出せなかった分、伸び切れなかった感じ。勝ち馬は兎も角、2~4着馬は馬場の良い外から伸びて来た。

アパパネは貫録の伝統芸と言えるいつものアパパネらしい前哨戦。休み明けの太め残りでタイプ的に全く合わない岩田・・・ここで来る要素が何一つない。本番は絞れて蛯名に戻れば巻き返す可能性は十分にあるが。

レディアルバローザは少し太かった感じで好位からさっぱり伸びず。もう少し動けると思ってたが、この距離は少し短い印象。

アンシェルブルーは二の脚が付かず、位置取りが後手に回って終わり。力を出し切れない勿体ない競馬。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー4月8日現在

1キングカメハメハ
2ディープインパクト
3クロフネ
4フジキセキ
5シンボリクリスエス
6マンハッタンカフェ
7アグネスタキオン
8ダイワメジャー
9ハーツクライ
10ゼンノロブロイ
11サクラバクシンオー
12ゴールドアリュール
13ネオユニヴァース
14ステイゴールド
15スペシャルウィーク
16ロージズインメイ
17アグネスデジタル
18ジャングルポケット
19フレンチデピュティ
20タニノギムレット



キンカメが土日9勝(土曜7勝、日曜2勝)のつるべ打ちを決めれば、ディープは桜花賞ワンツーを決めて賞金差を6300万弱まで詰めて来た。皐月賞で一気に逆転なるか注目。

クリスエスがクリーンメタボの勝利でJRA通産500勝達成。POGでは敬遠され、重賞では用無し扱いされる等、散々な評価をされているが、昨年まで4年連続年間100勝超え。継続中としてはタキオンの5年連続に次ぐ記録。

カレンブラックヒルのNZT勝利でダメジャーが8位に浮上。最近の新種牡馬は初年度産駒が2歳リーディングを取るかGⅠ馬を輩出しているが、今年度はダメジャーの双肩に掛かってきたな。

クィーンズバーンの逃走劇でスペが9年連続JRA重賞勝利達成。ブエナビスタの引退で苦戦が予想されるが、とりあえず今年は記録継続出来た。

日曜阪神で2勝したギムがランクイン。ウオッカの引退以降、すっかり鳴りを潜めてしまった感だが、初年度から6年連続で継続しているJRA重賞勝利を継続出来るか気掛かり。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

メジロパーマー、心臓麻痺で死亡

首の高い独特の走法と山田泰誠とのコンビでターフを沸かせた個性的な逃げ馬だった。
トウカイテイオー好きとしては、パーマーが逃げ切ったあの有馬は忘れたいレースだが、道中の大逃げから直線での二の脚でナイスネイチャを翻弄した阪神大賞典と、マックイーンを差し返しに行った天皇賞で評価を改めたっけ・・・続く宝塚ではニシノフラワーに潰されて4コーナー待たずにアラアラ一杯になった時は目が点になったけど。

種牡馬としては京都ハイジャンプを勝ったメジロライデン(山田泰誠とのコンビで逃げ切った平地のレースの方が印象深い)がいる程度で、いつの間にやら引退。功労馬として余生を送っていたが・・・合掌m(__)m


これで、メジロ三羽烏で生きているのはライアンだけになってしまったなぁ・・・昨年は牧場自体解散になってしまったし、日本競馬からメジロの名が少しずつ消えていくのは寂しいものだね。あの愚直なまでの自主血統に拘った生産スタイルは理屈抜きに好感を抱いてたが・・・

テーマ : メジロ
ジャンル : ギャンブル

隅田川特別・大阪―ハンブルクC・吾妻小富士賞・春雷S

隅田川特別
◎ラインジェシカ
○マイネルゴラッソ
▲オメガブレイン
△ザクリエイション
△トップキングダム


ラインジェシカは前走は位置取りが悪すぎた。左回りベストも、中山マイルはこなせる。



大阪―ハンブルクC
◎スマートロビン
○トパンガ
▲ユニバーサルバンク
△エーシンミラージュ
△キングトップガン


前走は後ろを待ちすぎたスマートロビンが早めに同型馬を掃除するなら、相手は中団グループの馬を中心。



吾妻小富士賞
◎サンデージョウ
○ルアーズストリート
▲イトククリ
△アフォード
△ダンシングロイヤル


サンデージョウはこの距離で安定。昇級も53キロなら魅力。



春雷S
◎ブルーミンバー
○パドトロワ
▲スギノエンデバー
△アウトクラトール
△キョウワマグナム
△ベイリングボーイ


ブルーミンバーは前走は不利を受けて力を出せず。同条件のOP勝ちがあり、まともなら巻き返せる。

パドトロワは久々で58キロがどうかだが、昨年の実績と戸崎起用では無視出来ない。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

桜花賞

◎ジェンティルドンナ
○ジョワドヴィーヴル
▲エピセアローム
△ヴィルシーナ
△イチオクノホシ
△サンシャイン


重賞&GⅠ馬であり、PO馬でもあるチューリップ賞組の2頭を信頼。直前で回避したハナズゴールはそれ程高い評価をしていなかったが、トライアルで最もレースレベルが高かったのはチューリップ賞に思える。

チューリップ賞組では一番着順が下のジェンティルドンナを最上位に見る。チューリップ賞は熱発で調整に一頓挫あったし、この時の岩田は駄目な時の岩田だった。幸い、レース後の反動もなく順調な調整過程。最終追いも坂路で一番時計と攻めに攻めたし、追われての反応も抜群。ここでの逆転は十分にあり得る。

2歳女王ジョワドヴィーヴルは馬込みに入れてどういう競馬をするかを試した文字通りのトライアル試走で3着。一応こなせはしたが、外枠を引いた以上は圧倒的なパフォーマンスを披露した大味な競馬に戻りそうな気もする。調整は順調ではあるが、調教後の馬体重で減っていたように体が増える気配が全くないのが気掛かり。

エピセアロームは出るレースでことごとく外枠を引いてたが、今回は待望の内枠。折り合いに不安があり前に馬を置いて競馬をしたい同馬にとっては好枠。但し、この馬はスタートで出遅れる可能性が常にあり、そうなった時はお手上げなのを覚悟しとく必要あり。

ヴィルシーナはクイーンC終了時は「ペースが速くなりそうな本番は危険な人気馬になる」と思っていたが、メンバー的にあまり速くならなさそうで、すんなり流れに乗れると見る。トライアルを経由しないローテで順調な調整が出来たのも良い。

イチオクノホシは重賞戦線に顔を出して大崩れが一度もない。勝ち切れないのが難点だが、確実に伸びてくる末脚は一定の評価をしたい。前走後は栗東滞在で調整され、順調そのもの。頭までは厳しそうだが、無視はできない。

サンシャインは昨年のマルセリーナと同じローテーション。シンザン記念の大敗が気掛かりだが、騎乗停止明けでも絶好調のデムーロが乗るだけに押さえなくてはならない。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR