ドバイワールドカップデー展望

間もなく、ドバイワールドカップデー開催される。昨年はドバイWCでヴィクトワールピサとトランセンドの日本馬ワンツーという日本競馬史上に残る快挙が達成されたが、今年はどうだろうか?


メインのドバイWCにはスマートファルコン、トランセンド、エイシンフラッシュの3頭が出走。
スマートファルコンは「どのタイミングで疲労を理由にダイオライト記念に目標を変えるのか?」と思ってたから、まさか本当に遠征するとは思ってなかった。シラけさせる事に関しては右に出る者がいない鳥なき里の蝙蝠が海外遠征で自分のレースが出来るかどうか。ぶっちゃけ、この馬の陣営には好印象を何ら抱いてないので、勝とうが負けようがどうでもいい。

トランセンドは壮行戦になる筈だったフェブラリーSでまさかの惨敗。自分の型に持ち込めないと脆い弱点を露呈したわけだが、今年はスマートファルコンの他にも先行したい馬がおり、マイペースで行けた昨年より苦戦が予想される。但し、自分のリズムで走れるようなら昨年の再現も期待できる。

エイシンフラッシュは内枠でどれだけ脚を溜められるかがポイントになるだろう。ただ、この馬は消耗戦になりやすいハイペースよりスローペースの方が得意。ペースが速くなりそうなここは果たしてどうだろうか。あと、スマートファルコンにも言えるが、タペタが合うかどうか。

海外勢では欧州のソーユーシンクとアメリカのゲームオンデュードという大将格2頭が強敵。どちらかと言えばBCクラシックで先着した後者が上か。この2頭は逃げ先行脚質だけに、日本馬にとっては厄介な存在と言える。他では前哨戦を勝って勢いに乗るカッポーニが怖い。


デューティーフリーにはダークシャドウが出走。左回りの1800mはこの馬にとってはベスト条件。一度使われた上積みも見込めるし、今回遠征した日本馬では最も勝つ確率が高いと思う。

海外勢は香港の中距離王アンビシャスドラゴン、それを香港Cで下したカリフォルニアメモリー、チャンピオンズマイルの勝ち馬エクステンションの香港勢が怖いが、左回りへの対応が課題。昨年の勝ち馬プレスヴィスは近走は精彩を欠いて今年は厳しそう。欧州勢は距離短縮で巻き返しがありそうなアウェイトザドーンとマイル路線で堅実に走るシティスケイプが有力。


アルクオーツスプリントにはエーシンヴァーゴウが出走。昨年のアイビスSDを勝っており、直線競馬の適性はあるが・・・ハイレベルな香港勢を筆頭にしたトップクラスのスプリンター相手をするのは酷か。

海外勢は昨年の香港スプリント2着馬ジョイアンドファンと1000mでは連対率100%のイーグルレジメントの香港の二枚看板が強力。香港勢はゴールデンシャヒーンと使い分けた感じだが、ブラックキャビアを別格に考えれば、スプリンターの層が厚い香港勢の優位は動かない。オーストラリアのオルテンシア、シンガポールのベタービーザワンがその次くらいか。

ドバイゴールドカップにはマカニビスティー、UAEダービーにはゲンテンの矢作勢2頭が出走するが、海外勢も良く分からないので何とも言えない。マカニビスティーは向こうで爪に不安が出たらしいし、無事に回ればよいが・・・最近の矢作は全盛期の森を彷彿とさせる使い方が鼻に付いてあまり好きになれない。


日本馬が出走しないゴールデンシャヒーンは香港スプリント界の総大将になったラッキーナインと復活をかける元世界ナンバー2スプリンター・ロケットマンの対決が楽しみ。シーマクラシックはセントニコラスアビーとシリュスデゼーグルの対決か。

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

My Favorite Horse Vol.8 メイショウオウドウ~2000年産経大阪杯~

リアルタイムで知らなくとも、競馬ファンなら一度くらいは聞いたであろう98世代は日本競馬史上屈指のハイレベルな世代の一つである。
その世代を牽引した俗に言う98世代3強と言えばエルコンドルパサー、グラスワンダー、スペシャルウィークを思い浮かべる人が多数だろう。人気・実力共に抜きん出ていたのは異論がない。
だが、俺の心を掴んだのはこの3頭ではない。セイウンセカイ、ツルマルツヨシ、そして今回取り上げるメイショウオウドウが個人的な98世代3強である。

この馬の存在を知ったのは京都4歳特別だった。骨折休養明けの出走で全く人気はなかったが、第3のマル外と呼ばれたミラクルタイム(休養後は別馬みたいに走らなかった)、PO馬エリモソルジャーに次ぐ3着に健闘。
その後、条件戦を2戦して迎えたラジオたんぱ賞は上がり最速の末脚を繰り出してビワタケヒデのクビ差2着。ここで、この馬の切れ味鋭い末脚にすっかりハマってしまった(笑)中距離では相当大きいところを狙える器だと・・・

だが、秋初戦の神戸新聞杯は2番人気に支持されたが、勝負所で掛かり気味に進出して伸び切れず6着に敗れた後、またしても長期休養を強いられる。期待させて順調に行かないもどかしさの片鱗を既に見せていたと言える(苦笑)
復帰戦を快勝後、朝日CCは掛かり気味に先行しながらツルマルツヨシ(ここで見せた鬼脚に魂を抜かれた 笑)の2着。そして、毎日王冠はグラスワンダーをあわやのところまで追い詰めるハナ差の2着。

この一戦からグラスワンダーの左回り苦手説が浮上してくるが、あと一歩まで追い詰めたメイショウオウドウも天皇賞の穴馬として評価が急浮上することになった。セイウンセカイ、ツルマルツヨシとの3頭揃い踏みとなった天皇賞は辛抱堪らんレースになる筈だった。
だが、大いに期待した天皇賞はスペシャルウィークの復活に終わり、メイショウオウドウは見せ場なく14着に惨敗。その後、重賞を2戦走るが3、11着。

メイショウオウドウが待望の重賞制覇を飾ったのは、OP特別を勝って迎えた産経大阪杯だった。
前半はいつものように中団後方に待機。勝負所から一捲りを見せて先団グループに取り付き、直線で自慢の末脚炸裂。9回目の挑戦での重賞初制覇だった。
今一つレベルが低いメンバーだったのは否めないが、今度こそはこれで一皮剥けるだろうと思っていた。

しかし、その後もメイショウオウドウは好走と凡走を繰り返すもどかしい馬に終始した。
大阪杯後、苦手の道悪に祟られて3戦続けて凡走。12番人気まで評価を落としたマイルCSは後方2、3番手から上がり最速の末脚で3着に健闘。
翌年春はマイル路線を走り、マイラーズC2着、安田記念3着の実績を残したが、秋はまたまた凡走。終わったかと思わせた鳴尾記念はまさかの逃げの手に出て、そのまま逃げ切り。次走の有馬記念で8着に敗れた後、引退種牡馬入り。

期待したら結果を出せず。もう駄目なのか?と思わせて突然走る。やっぱりまだまだと思わせて・・・
メイショウオウドウに対しては、こうしたエンドレスな思いを持ち続けて振り回され続けたような気がする。
馬券の相性も極めて良くなく、まともに取れたのはグラスワンダーの2着だった毎日王冠が最後だった。3着に来たマイルCSや安田記念は複勝だけだし、大阪杯や鳴尾記念は何故か買っておらず、惨敗した時に限って厚めに買ってたりする。


GⅠ馬になれず、馬券の相性も悪かったが、いつかどこかで・・・の思いを抱かせる魅力がメイショウオウドウにはあった。万人が認める名馬ではないが、名脇役であった。
98世代が未だに高い人気を誇るのは、世代を牽引したGⅠ馬もさることながら、こうした脇役達の層も厚かった事も一因にあるんじゃないかと思う。

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

常総S・名古屋城S・六甲S回顧

常総Sはタムロスカイがこちらが思い描いていた番手抜け出しで勝利。2着も逃げたサトノがしぶとく粘って本線で馬連的中。レインボーダリアは予想外に動いた。2走ボケがなければOP入りは時間の問題。マコトギャラクシーとカルドブレッサは馬場が渋ると切れ味が落ちる。良馬場で見直し。

名古屋城Sはジェントルマンが押し切るかと思ったが、トウカイパラダイスが内からこれを掬う形で勝利。馬連は取れたが、内有利の馬場を味方に粘ったウォークラウンのお陰で3連複は取れず。ダコールは通ったコースと馬場に泣いた形。

六甲Sはそれまで9戦連続連対のJRAタイ記録に並び、新記録が掛かった岩田に注目が集まったが・・・直線で前が壁となり、完全に脚を余す4着で新記録ならず。勝ったマイネルクラリティは阪神マイルは4勝目。絞れたのも大きいが、このコースは合う。ゴールスキーは徐々にマシになってるが完全復調には至ってない。ヒットジャポットとラインブラッドはパンパンの良馬場でないと駄目なのか、一旦伸びかけたところからパタッと止まってしまった。


最初の2レースを取ったが、阪神と中山メインで外してプラマイ0。どうなるかと思ったが、宮記念で久々に勝ちらしい勝ちを決めた。絶不調から漸く脱出出来たかな・・・

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マーチS回顧

元PO馬サイレントメロディが得意の脚抜きの良い馬場を味方につけて重賞初制覇。前半は後方4、5番手に控えて脚を溜めることに専念。4コーナーから満を持す形でスパートを開始し、脚抜きの良い馬場を活かした持ち味の一瞬の脚で一気の差し切り勝ち。これで重・不良では4戦3勝。ハンデも手頃だったが、脚抜きの良い馬場では常にマークしておきたい。

2着は最低人気のメイショウタメトモが飛び込んで大波乱。交流重賞で2着3着の実績はあるものの、中央では2戦連続二桁着順で今回は休み明け。全く眼中になかったが・・・終わってから気付いたが、この馬は休み明けの成績が良い。とは言っても、この人気ではどう捻っても買えないわ(苦笑)

3着バーディバーディは休み明けのハンデ頭で成績も頭打ち気味だったから予想段階の早いうちに切り捨てたが、ブリンカー装着で良い頃の行きっぷりが戻っていた。道中は3番手につけ、4コーナーでは先頭に並びかけてじわじわと脚を伸ばした。1、2着馬とは切れ味の差が出たが、最後に3着を確保。本当、この馬の3着率は異常。

トーセンアドミラルはロケットスタートからそのままハナへ。外からアイファーソングが押して競りかけて来たが、譲らずコーナーワークで単騎先頭。マイペースに持ち込み、4コーナーでバーディバーディが並びかけても一旦は突き放す余力があったが、坂上で甘くなった。結構ついてたので複勝買ってたから、このハナ差は痛かったorz

ナムラタイタンは一頓挫あった後の休み明けだったが、意外にも仕上がっていた。スタートはそれほど良くなかったが出して行って好位に付け、4コーナーでは先団グループを射程内に入れたが、久々とトップハンデが堪える形で最後は甘くなった。ただ、色々な条件を鑑みれば、地力の高さは見せた。次走は間違いなく変わって来る。

1番人気シルクシュナイダーはスタートがあまり良くなかったし、勝負所の反応も今一つ。坂上でやっとエンジンが掛かったが時既に遅し。中山は初めてで、この辺りがコーナーで置かれる要因だったのだろう。昨年秋からの連戦の疲れがあるのかもしれない。

トーセンアレスは課題のスタートで終了。勝負所から動いたが、最後は完全に脚が上がった。流れに乗れなかったのが全て。タガノロックオンは数字こそ絞れていたが、中身が伴わず。追い切り段階から要らないと思ってたが、明らかに本調子の出来にない。そろそろ休養させた方が・・・

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

高松宮記念回顧

一番崩れる可能性が低そうという理由で本命にしたが、予想以上の強さを見せたカレンチャン。これで国内スプリントGⅠ2連勝となった。
この日の馬場はそれまでの外差し有利ではなく、内の乾きが早くて内有利。それを見越してか、好スタートを決めると早め2番手に付ける積極策。直線に向いて逃げたエーシンダックマンを交わすと、後ろにいたロードカナロアとダッシャーゴーゴー、追いこんで来たサンカルロの追撃を最後まで凌ぎ切った。
勝ちタイムは時計を要する馬場に変貌した事もあって最も遅いタイムであったが、上がりが掛かる消耗戦を正攻法の先行抜け出しで押し切った強さは本物だろう。これなら海外でも良い勝負になるんじゃないかと思う。

2着サンカルロはこれ以上ないくらい完璧な競馬。いつになくスタートが決まり、この馬にしては前目の位置取りである中団グループを追走。4コーナーでの外への持ち出しもスムーズで、坂を上ってからの伸び脚は一番目立っていたが・・・先週までの馬場なら捕らえていただろう。ビービーガルダンもそうだったが、この馬には大きいところを勝ち切るだけの運が足りないような気がする。

3着ロードカナロアは好スタートからすんなり好位をキープ。最内というのもあって一貫して内を回り、直線はエーシンとカレンチャンの間から末脚を伸ばしたが・・・連勝時の爆発力はなく、残り1馬身から差を詰められなかった。左回りは問題なかったが、トップクラスを相手にしての消耗戦を経験してなかったキャリアの差が出たと言える。一気に世代交代とはいかなかったが、この経験を活かして強くなる可能性は十二分にある。

4着ダッシャーゴーゴーは前半は3番手グループの外目。4コーナーでの手応えは勝ち馬より良く見えたが、ロードカナロアと同様にあと1馬身から差を詰められず。サンカルロは兎も角、内を回った1、3着馬とは通ったコースの差が出たのかもしれない。内枠を引いていたらもっと際どい勝負が出来たかも。

5着マジンプロスパーは予想外に追走がスムーズで道中は3番手で勝ち馬を見ながらの競馬。直線半ばまで1200mのスペシャリスト相手に食い下がったが、最後は流れ込む形でゴール。力を付けているのは間違いないが、やはり本質的には1400mのスペシャリスト。

グランプリエンゼルとアグネスウイッシュは先週までの馬場なら掲示板はあったかもしれないが、完全に力負け。とはいえ、後者は馬群を捌くのに手間取りながら最速の上がり。穴馬で一番面白いと思っていたが、上手く育てれば秋は穴以上の評価をしてるかもしれない。

復活を期待したジョーカプチーノは中途半端な位置取りに終始して見せ場なし。ここまで走らんとなると、藤岡康に戻して逃げさせた方が良いんじゃないかと思ってしまう。

ジョーカプチーノは崩れたが、他の上位人気馬はそれぞれの持ち味を出した良いレースではなかったかと思う。あと、マサラッキが勝った99年以来、13年振りに当てる事が出来た。安目で人に威張れるものではないが、とりあえず当たってホッとしたわ(苦笑)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~3月25日現在~

1キングカメハメハ
2ディープインパクト
3クロフネ
4フジキセキ
5シンボリクリスエス
6アグネスタキオン
7ハーツクライ
8ダイワメジャー
9マンハッタンカフェ
10ゼンノロブロイ
11ゴールドアリュール
12サクラバクシンオー
13ステイゴールド
14ネオユニヴァース
15ロージズインメイ
16ジャングルポケット
17スペシャルウィーク
18アグネスデジタル
19ダンスインザダーク
20フレンチデピュティ



カレンチャンの高松宮記念制覇でクロフネが3位争いで一歩リード。8年連続JRA重賞勝利達成。

ハーツクライがJRA通算100勝達成で更にランクアップ。デュランダルもJRA通算100勝達成。

ネコパンチの一撃でニューイングランドが39位に浮上。平地重賞はレオマイスターのラジオNIKKEI賞以来4年振りの勝利。

マイネルクラリティのOP勝ちでグラスワンダーが漸く50位以内に入ってきた。アーネストリーとか何頭かOP馬はいるが、昨年から中堅以下の層が一気に勝てなくなったのが気掛かり。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

常総S・名古屋城S・六甲S

常総S
◎タムロスカイ
○サトノシュレン
▲ニシノメイゲツ
△エナージバイオ


ハンデ頭だが、乗り慣れた哲三に戻るタムロスカイから。レインボーダリアは様子見で。



名古屋城S
◎ジェントルマン
○サトノパンサー
▲ダコール
△トウカイパラダイス
△シャイニーブラウン


成長放牧から軌道に乗ったジェントルマンから。ダコールは詰めの甘さが気掛かり。



六甲S
◎ヒットジャポット
○ゴールスキー
▲トウショウフリーク
△ラインブラッド
△マイネルクラリティ


パンパンの良馬場ではないが、ベストのマイル戦に戻ったヒットジャポットに期待。トウショウフリークは岩田祭りに乗って買ってみる。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

マーチS

◎トーセンアドミラル
○トーセンアレス
▲サイレントメロディ
△ナムラタイタン
△タカオノボル
△ブルロック


同型馬との兼ね合いがあるが、枠的にハナに行けそうなトーセンアドミラルの逃げ残りを期待。脚抜きの良い馬場が良いタイプで、鞍上の高倉とは逃げられなかった時以外は全て勝利という相性の良さ。昨日に続いて逃げ馬が波乱を演出する。

トーセンアレスは全5勝中4勝をこの条件で挙げている。脚抜きの良い馬場も問題ないし、ハンデ55キロも手頃。スタートに不安はあるが、まともに出ればこのメンバーでもやれる筈。

サイレントメロディはベストは東京だが、道悪は得意。前走も前残り決着で良く追い上げた。最近は後方からの競馬が多いのが気掛かりだが、あまり置かれなければ逆転まで。

ナムラタイタンはトップハンデと故障明けがどうかだが、脚抜きの良い馬場は合う。この距離は初だが、ズブくなって適性距離が1400mではなくなってるのでこなせると思う。今回は地力に期待。

あとは内の先行馬を押さえて箱買いで手広く。タガノロックオンはいくら動かないとは言っても、あの追い切りでは買えないし兎に角太すぎる。シルクシュナイダーとマイネルオベリスクは鞍上で切った。来たら事故と思って諦める。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

高松宮記念

◎カレンチャン
○ジョーカプチーノ
▲サンカルロ
△ロードカナロア
△アグネスウイッシュ
△グランプリエンゼル


このレース、肩入れし続けたマサラッキが勝った年しか的中していない極めて相性の悪いレース。今年もある程度までは絞れたが、軸がなかなか決まらんかった。

迷った末に本命はカレンチャン。明らかな叩き台だった前走を叩いて良いガス抜きが出来たのは追い切りの動きでも明らか。時計が掛かる馬場への適性は昨年の北海道シリーズで証明済み。本格化してから馬券圏内を外したのは叩き台の前走と不利があった香港だけ。大きく崩れる可能性は低いとみる。

ジョーカプチーノはテンに飛ばして終いバテる追い切りは好調時のソレ。前走の内容は評価が難しいところだが、差しが決まりやすい今の中京ならかえって良いかもしれん。手前の関係上、左回りの方が良いタイプ。今回は変わる余地ありか。

サンカルロはまたしても外枠だが、前走もそれなりの脚を使えた。ましてや前走は太め残り。絞れれば、当然巻き返してこれる。条件が一番向きそうなのはこの馬(ただ、このパターンだと阪神1400mでしか勝てないのが難点)

ロードカナロアは最終追いで一番時計を叩きだしたが、中間が前走時程やってないのが気になる。あと、外差し有利の馬場で最内というのが・・・左回りとハイペース未経験の死角もあり、人気程の信頼性はない。

アグネスウイッシュは外枠が欲しかったが、脚質的に今の中京は合う。昨年暮れからの地力強化が著しく、穴で買うならこれが一番面白い。

グランプリエンゼルは時計が掛かる外差し馬場に強く、条件的にはベスト。デムーロなら重い印を打てたが・・・藤岡佑では連下候補までが精一杯。


ダッシャーゴーゴーは前に壁を作って脚を溜めたいタイプで、この枠はマイナス。追い切りもそれ程強調出来る動きではなかった。

マジンプロスパーは1400mがベスト条件で本質的にこの距離は忙しい。パンパンの時計が出る馬場向きで今の中京は合うとは思えない。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

毎日杯回顧

ヒストリカルは馬場が渋るとどうかと思って評価を下げたが、終わってみれば全くの杞憂。道中はかなりのスローペースで折り合いに苦労する馬が続出したが、中団後方で上手く折り合った。直線はなかなか外に出せなかったが、大外に出してからの伸び脚の勢いは他馬と比べて歴然だった。今後は皐月賞をパスしてダービー一本で行くらしい。また取捨が難しいローテだけに、追い切りとかの仕上げを注意して見る必要ありだろう。

2着マウントシャスタはスタートで出遅れたが、その後の追走はスムーズ。直線は馬場の良い外を通って先行勢を一気に飲み込んだが、勝ち馬の切れ味がそれ以上だったのが運の尽き。勝ちに行く競馬でここまで走れば十分だが、最後にヨレた点が気掛かり。強行軍の疲れがぼちぼちあるかもしれない。

3着スピルバーグは道悪は決して得意ではないが、出来の良さと馬場の良い外目を回った分、上位争いに加われたが・・・3着では本賞金を加算出来ないので500万クラスのまま。能力があるのは間違いないが、ちょっと運に見放されてる感じ。

フジマサエンペラーは不良馬場の東スポ杯で2着に来た実績通り、道悪適性の高さは見せた。ただ、復帰するまでの調整の遅れが響いた感じ。今後も重馬場では一定の注意が必要か。

期待のアドマイヤブルーは積極的に先行したが、上位馬とは通った馬場と道悪適性の差がモロに出た。こうした馬場はダメみたい。良馬場での巻き返しを期待したいが、ちょっと底が見えてしまったかな。

エアソミュールはずっと掛かり通しで直線では余力なし。こうした競馬を見せられると、デビュー戦から教育していた和田のままで良かったような気がする。これではますます折り合いに苦労する馬になりそなうな予感・・・


馬券は箱買いしたお陰で、このレースに関してはプラスだが・・・やはりネコパンチの一撃が痛すぎるorz

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

日経賞回顧

ミッキー・ロークのネコパンチは忘れ去られた黒歴史だが、穴の大惑星・江田照男が放ったネコパンチは大方の馬券購入者を沈めるには十分な一撃だっただろう。
スタート直後はケイアイドウソジンが行く構えを見せたが、それを内から押しながら交わしてハナへ。前半は重馬場にしては速い流れで逃げて後続との差を大きく開き、中盤は1F13秒前後に落として一息入れ、後続が追い上げ態勢に入ったところでペースアップ。直線は内ラチ沿いを通ってまんまと逃げ切った。長距離戦で人気薄の逃げ馬が逃げ切ることが暫しあるが、今回もその典型例だったと言える。

2着ウインバリアシオンは前半は全く行く素振りを見せず道中最後方。勝負所でルーラーシップに仕掛けに合わせる形で動き、ゴール前でルーラーシップを交わしたが・・・試合に勝って勝負に負けた感じか。前走のダメージとか、コース適性云々で評価を下げたが、杞憂だったようだ。青葉賞以降勝ててないのが引っかかるが、天皇賞も大崩れはないだろう。

3着ルーラーシップは中団で折り合いに専念。3~4コーナーから進出を開始したが、ここでの反応の悪さは相変わらず。それでも勝てるときは勝てるが、今回は展開のアヤにハマり、更には先に動いた分ウインバリアシオンにも差されてしまった。大トビの割に道悪で結果を出していたが、基本的には良馬場でこその馬だろう。

コスモロビンは道中はルーラーシップをマークする形だったが、勝負所での反応の悪さはルーラーシップ以上。それでも最後は追い上げており、ある程度の地力強化はみせた。ただ、勝負圏内に絡むにはもう少し力を付ける必要ありか。

フェイトフルウォーは陣営の不安が図らずも的中。デビュー戦は重馬場で勝ったが、こうした馬場は合わない事がはっきりした。良馬場で改めて見直したい。

トーセンラーやヤングアットハートも重馬場でスタート前から終了。今回は参考外。マイネルキッツは良化がスローと言うか、年齢的な衰えか。劇的な良化でもない限り、天皇賞はかなり苦しい勝負になるだろう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

毎日杯

◎アドマイヤブルー
○マウントシャスタ
▲エアソミュール
△ヒストリカル


道悪適性が未知数だが、追い切りが抜群に良かったPO馬アドマイヤブルーを信頼。他の有力どころが後ろから行くタイプで、正攻法のスタイルで先に抜け出せれば押し切れそう。デビュー戦で乗ってる川田に戻るのも良さそう。

マウントシャスタは本質的には良馬場で良さを発揮しそうだが、前走で渋った馬場をこなしてるだけに、道悪競馬への適応力はありそう。追い切りで併走馬を千切っており、状態は好調子をキープ。

エアソミュールは正直和田とのコンビで出てほしかったが、素質という点では上位人気に劣らない。中間の動きも活発で、人気馬に割って入るならこの馬か。

ヒストリカルは末脚が切れるタイプだけに、馬場が渋るとどうか。極端な決め打ち策を取るなら、一抹の不安があるので連下までの評価。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

日経賞

◎ルーラーシップ
○フェイトフルウォー
▲コスモロビン
△ウインバリアシオン
△ネヴァブション


断然人気で捻りはないが、ここはルーラーシップ中心だろう。GⅡまでなら軸で信頼出来るし、道悪も苦にしない。先週から外差しが決まりだした馬場状態も歓迎のくち。乗り込み入念で力を出せる仕上がり。メンバー的に前走程楽ではなさそうだが、それでも普通に回れば問題なしだろう。

フェイトフルウォーは休み明けだが鉄砲が利くタイプで、追い切りも力強い動きで併走馬を置き去り。中山コースは重賞2勝で残りも3着1回、いきなりでも問題ないだろう。あとは道悪をこなせるかどうか。

コスモロビンは同条件で2連勝。柴田大とのコンビで3戦3勝。不良馬場でも勝ち鞍があり、実績では劣るが穴としての魅力は十分。

ウインバリアシオンは前走の負け方が負け方だし、本番はまだ先という陣営の勝負気配の薄さが気掛かり。中山のコース適性も微妙なところで、人気程の信頼はない。

大穴なら、なかなか陣営のトーンが上がらないマイネルよりネヴァブションか。叩き3戦目で重賞2勝してるノリへの乗り替わりも魅力。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

My Favorite Horse Vol.7 マサラッキ~99年高松宮記念~

96年のスワンSはサクラバクシンオーの日本レコードが大幅に更新されたが、追い込んで勝ったスギノハヤカゼよりも、3着のマサラッキに心惹かれた。

「日本レコードが出るスピード決着の中、道中3番手からゴール寸前まで粘るなんて並の馬ではない」という思い、マル外全盛の当時の短距離界でマグニテュード×カジュンというレトロな血統、本来ならマサラッキーであろう馬名を縮めた切れの良さ(?)に加えて一番の重要ポイントである栗毛(笑)
自分でも説明不能だが、あの当時の俺の心の琴線に触れまくった。コイツはいつか絶対GⅠを取れると思い、とことん追い掛けようと決めた。

これが山あり谷ありの競走生活を送った個性的なスプリンター・マサラッキとの出会いだった。
先ずマイルCSを賞金不足で除外、CBC賞は1番人気だったが3着に終わり、賞金加算に失敗。登録しても除外されるだろうとスプリンターズSの登録を見送ると、フルゲート割れで普通に出走出来たでござるの巻。
翌年の高松宮杯は出走出来たが、休み明けで勝てる程甘くなく5着。続く安田記念は直線半ばまで見せ場を作るも7着。
準OP降格直後の函館スプリントSで重賞初勝利を飾り、これで賞金面の不安はなくなったと思ったら、スワンSはまさかの除外となり、実を取りに行った福島民友Cは時計が掛かる馬場に苦しみ、断然人気を裏切る3着。CBC賞は雨に祟られ10着に惨敗。なんともまぁ、歯痒い競走生活である。

翌年の阪急杯で重賞2勝目を挙げ、続くシルクロードSで2着に入り、やっと賞金面での不安が解消。そして、2度目の高松宮記念(この年から名称変更)へ向かう。
前日の中京は快晴。500万クラスで1分8秒前半の時計が出るマサラッキが得意とするスピード決着の馬場。日曜はどうしても外せないバイトがあったので、前売りでマサラッキの単勝をしこたま買った。
そしたら、日曜はまさかの土砂降り・・・マサラッキが道悪苦手なのは既に知っていたから、この時の絶望感は半端なかった。バイト先の店長に「相当顔色悪いけど大丈夫か?」と心配されたくらいだ。結果は全く勝負に絡めず10着・・・

秋初戦のスワンS5着後、それまでの主戦だった河内から藤田にスイッチしたCBC賞でマサラッキは脚質転換を図る。
それまでの先行粘り込みから差しに回ったマサラッキは勝ちパターンに持ち込んだエーシンバーリンを差し切る芸当を見せる。
この脚質転換は従来の先行粘り込みに限界が見えてただけに、居酒屋トークで「待っとれよタイキシャトル!」と怪気炎をぶち上げるに十分だったが・・・スプリンターズSは末脚不発で8着。

翌年はシルクロードS(6着)から叩いて3度目の高松宮記念へ。新興勢力の台頭もあって、マサラッキは8番人気の低評価。
レースは8枠のキョウエイマーチとトキオパーフェクトが外から激しい逃げ争いを演じ、マサラッキは人気のシーキングザパールと並んで好位の一角。
前半3Fが32.6というオーバーペースで、バラけた後続もなし崩し気味に脚を使う展開。この時点で「シーキングザパールさえ振り切れば何とかなるか!?」と思ったが・・・果たせるかな、直線でシーキングザパールを振り切ったマサラッキは逃げ粘るキョウエイマーチを捕らえて1着でゴール。
単複買っていたので「よしっ!」と声が出た後、ふ~っと息を吐いて「長かったなぁ~」と呟いた。肩入れし続けた馬がやっとこさ報われてホッとした瞬間だった。

その後、マサラッキは2001年まで走るが・・・2000年以降は脚部不安に悩まされて満足なローテーションを組めず、二度と勝利を挙げることなく引退。引退後の用途は乗馬と発表された。
同じ父を持つミホノブルボン等が種牡馬として失敗した事等から、マサラッキが種牡馬での需要がないのは何となく判っていたが・・・今も昔も大抵のGⅠ馬は種牡馬になれるだけに、これには少なからずショックを受けた。
結局、生まれ故郷の牧場で種牡馬入りしたが、種付け頭数の少なさに加えて受胎率の悪さもあって、これといった産駒は残せなかった。現在は生まれ故郷で余生を送っている。

どうでもいい話だが、今年の高松宮記念のTVCMの呟きMCを聴いていると、キングヘイローよりマサラッキの方がしっくりくると思うのは俺だけか?

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

阪神大賞典回顧

・・・とりあえず、オルフェーヴル以外の馬から取り上げようか。

ギュスターヴクライはスタートから意識的に出して行きインの好位をキープ。出入りの激しい前半の流れにも動じず、一貫してインで我慢。4コーナーで外に出すスペースが出来、直線でナムラクレセントを交わして外のオルフェーヴルの追撃を何とか抑えた。オルフェーヴルの暴走も味方したが、最内を利しての立ち回りの巧さを活かした大金星。

ナムラクレセントは最初は行かない素振りだったが、スローペースに我慢し切れず1週目の4コーナーでハナへ。1コーナーでオルフェーヴルが上がって来ても自分のペースを維持。3コーナーでビートブラックとジャガーメイルが競りかけたところでペースアップせざるを得なかったが、最後までしぶとく食い下がって3着を確保。最近は良いところがなかったが、これでまた分からなくなった。

ヒルノダムールは馬体も絞れ、待望の内枠。どのような競馬をするかと思ったが・・・いつもの長距離戦では並以下になり下がる藤田だった。藤田は長距離戦での駆け引きのスキルが乏しいので、他人の仕掛けに合わせて動く。後から動くので入りたいポジションに先に入られる。そして前をカットされる挟まれる等の不利を受ける。ジャガーメイルの直後にいれば、楽に3着はあっただろう。ムッシュシェクルやシルクジャスティスの頃から何ら進歩がない。断わっておくが、藤田は現役の中では好きな騎手である。ただ、長距離戦では信頼出来ないだけで。
尤も、ヒルノダムールのベスト距離は2400m前後と思っているので「不利がなければ3着はあった」という残念な言い訳は兎も角、手応えの割に伸びないのは仕方がない。昨年の天皇賞は出入りが激しい特殊な流れに巻き込まれずインで我慢してたのが功を奏しただけ。

ジャガーメイルは3コーナー過ぎから積極的に動いたが、直線で末が甘くなった。昔は鉄砲が利いた馬で今回も調教が良かったから期待したが、この辺りは年齢的なものか。この馬の場合、調教でびっしり追えて時計を出した時が買い時なんで(昨年のJCは絶妙の買い時だった)天皇賞は追い切りに注目したい。

オウケンブルースリやビートブラックは馬場が渋ると全く動かないのはいつも通り。尤も、前者は競走馬として終わってる可能性が高い。後者はパンパンの良馬場なら巻き返す余地がある。


さて、これらの馬そっちのけで話題を全部掻っ攫ったオルフェーヴル。最初は好位の外目で折り合おうとしてたが、1週目の4コーナーでナムラクレセントが外から上がって行った際に馬が怒ってしまった。次第に我慢が出来なくなり、1コーナーでは内外に離れてはいたがナムラに並んで先頭。その後も人馬の折り合いが取れないまま、しかも逆手前で走ってた為に次第に外へ外へ向かい、問題の3コーナーへ。手前を替えてないのでコーナーを曲がり切れなくなり、池添が慌てて手綱を引くと馬が「レースは終わった」と勘違いしたのか、スピードダウンしながら外へ。
この瞬間、最悪の展開が頭をよぎったが・・・なんとオルフェーヴルはレースがまだ続いていると分かるや、集団を追いかけ4コーナーで馬群の外に取りつき直線に向いた時には外目の3番手。急激に内に切れ込んでヒルノダムールの前をカットしながら先頭に立ちかけたが、あれだけ無茶苦茶な走りで勝つまでの余力はなかった。
古くは競走中止の理由が競走拒否と書かれそうなロマネコンティの弥生賞とか、外ラチめがけて突っ走り「今、テレビ画面の下を何か通ったよな?」と、目が点になったサクラホクトオーの菊花賞とか、史上最強のキ○ガイ馬サクラエイコウオーのデビュー戦とか、こうした暴走劇を色々見て来たが・・・衝撃度(笑劇度)ではこれが一番だろう。
昨年春以降はかなり改善されたが、元々気性面でヤバい馬ではあった。菊花賞でも折り合い面を危惧する声があったし、今回の大外も歓迎材料ではなかったが・・・あのような暴走は誰も予測出来ないわ。追い切りで猛時計を出して必要以上に戦闘モードに入ったところへ、レースでは外からナムラに行かれてスイッチが入り我慢が利かなくなった・・・というのが、今回の御乱心の要因ではないかと思う。

やってしまったものは後から何を言ってもどうにもならない。池添と池江は天皇賞までにオルフェーヴルの気性をコントロール出来るよう、細心の注意を払って調整してほしい。今回は前哨戦だし、2着に来たから最低限の格好は付けたが、これを天皇賞、或いは凱旋門賞でやっていたら物笑いの種と言うレベルでは済まないのだから。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

スプリングS回顧

5Rで騎乗停止を食らったが、メインできっちり仕事をする辺り、流石はデムーロと言うべきか。グランデッツァが鮮やかな差し切り勝ちを決めて皐月賞に名乗りを上げた。
同じ休み明けでも一頓挫あった前走とは違い、順調な調整で無駄のない仕上がり。道中は内のディープブリランテをマークする形でレースを進め、直線は外目に回したディープに振られたが、坂を上っても脚色が衰える事無く差し切った。この馬場でこれだけのパフォーマンス・・・皐月賞はワールドエースの強敵となるだろう。

ディープブリランテは自身の好スタートと内の逃げ馬が併走する形で引っ張った為、すんなりと内ラチ沿いに入れることに成功。1コーナー手前では頭を上げるシーンもあったが、なんとか我慢させて離れた4番手をキープ。4コーナーで馬場の良い外目に出してグランデッツァを外に振り、内に入って押し切りを図ったが、坂を上って捕らえられた。前走に比べれば進展はあったが、行きたがる気性は相変わらず。本番は枠と展開次第。

3着に入って皐月賞出走権を手にしたのは10番人気の伏兵ロジメジャー。道中は中団の内を追走し、直線はポッカリ空いたスペースから脚を伸ばしてサトノギャラントの追い込みを凌いだ。父のパワーを程良く受け継いでいるが、前2頭には大きく離されており、本番でどうこう言うレベルではなさそう。

サトノギャラントは中団後方の外で脚を溜め、直線も馬場の良い外を通って脚を伸ばしたが僅かに届かず。思い描いてた展開だったが・・・こちらの馬券的にも大きなハナ差だったorz

マイネルロブストは馬場にノメってどうしようもなかったが、道悪が駄目なのは東スポ杯で証明されていただけに、全然悲観する内容ではない。皐月賞が良馬場でやれれば巻き返しがあってもおかしくはない。

ゼロスはスタート直後に躓いて先手を取れず。なんとか3番手に追い上げて雁行状態で引っ張ったが、直線で1、2着馬に捕まり抵抗出来ず。逃げられない逃げ馬の脆さが出たが、単騎で行けばしぶといのは証明済みであり、これも巻き返しが怖い存在。

アルフレードは見た目的には一応仕上がってはいたが・・・こうした道悪は駄目なのか、直線を待たずしてギプアップ。朝日杯勝ち馬の伝統を図らずも継承したか。マイル路線で見直したい。


まだ毎日杯が残ってるが、牝馬と違って3歳牡馬の大よその力関係は把握出来た。あとは良馬場での穴馬、道悪での穴馬を臨機応変に拾い上げて予想を組み立てるのみ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~3月18日現在~

1キングカメハメハ
2ディープインパクト
3フジキセキ
4クロフネ
5シンボリクリスエス
6アグネスタキオン
7マンハッタンカフェ
8ダイワメジャー
9ハーツクライ
10ゼンノロブロイ
11ゴールドアリュール
12ネオユニヴァース
13ステイゴールド
14サクラバクシンオー
15ロージズインメイ
16ジャングルポケット
17アグネスデジタル
18スペシャルウィーク
19ダンスインザダーク
20フレンチデピュティ



ブライトラインの勝利でフジキセキが3位に浮上。初年度から14世代連続で重賞制覇達成。

土日の中山重賞ジャックでタキオンが6位に。これでJRA重賞は8年連続、初年度から7世代連続で重賞制覇達成。

ギュスターヴクライの金星でハーツがトップ10入り。続くマリアビスティーの勝利でJRA通算100勝にリーチ。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

ファルコンS回顧

予想の段階でこのコースはサンデー系が強いと書いておきながら、非サンデー系のレオアクティブを軸にする予想センスのなさorz

勝ったブライトラインは3番手の評価をしていたが、この条件にぴったりの脚質と血統。中距離では掛かり気味だった折り合いも距離短縮でしっかりついていた。強敵相手に揉まれた経験も活きたが、あとはマイルに延びて同じ競馬が出来るかどうかだろう。

2着レオンビスティーは血統的にこのコースをこなせるか微妙な気がしてたが、馬群中団で流れに乗って馬場の良い外を通っていち早く抜け出した。上手くハマった感じで、ちょっとこの激走は読めなかった。

3着サドンストームは外枠を引いてたし、京王杯のレース振りからこのレースは合うタイプなのは分かっていたが・・・朝日杯での勝浦の凡ミスが頭にあって切ってしまった。

レオアクティブはゆっくり出て掛からないように内に入れたが、これが災いして馬場の良い外へ持ち出せず。先を見据えての騎乗ではあったと思うが、消化不良だったのは否めない。まぁ2着3着馬を買ってないのでどちらにしても外れだったが・・・

ローレルブレットは中団後方で脚を溜めてそれなりに伸びてはいたが・・・器用貧乏というか、どの距離でもワンパンチ足りない。

内の逃げ馬はトラックバイアスが全く合わなかった。キングオブローはスタートで終わり。最後はそれなりに伸びてただけに、あの出遅れは勿体なかった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

若葉S・鈴鹿特別回顧

若葉Sは出遅れも何のその、ワールドエースが力の違いを見せつけて快勝。出遅れた時は「何やってんだ」と思ったが、折り合い面に関してはかなりの進歩が見られた。経験させたかったコーナー4つも問題なくこなし、直線では馬場の良い外目に出して圧巻の伸び脚。世代トップクラスの力を改めて証明したが、皐月賞はスタートの悪さと減った馬体の回復が鍵になる。

2着メイショウカドマツは藤岡佑から乗り替わった幸四郎が絶妙な逃げを披露。勝ち馬以外は完封しており、最低限の仕事は出来た。本番はゼロスとの兼ね合いが鍵。

ミルドリームは終始馬場の良い外を通って直線も良い伸び脚を見せたが、その外から更に伸びた勝ち馬に比べると見劣りするのは否めない。トップ下の基準馬的な存在で、トライアルまでなら馬券になりそう。


鈴鹿特別はそこそこついてたので買い足したジャパンプライドの複勝で爆死を回避したが、アンカツの超絶糞騎乗にキレそうになった。内で詰まりまくって何回チラ見してるんだよ。まともなら、余裕で3着以上だっただろうが。

ジャパンプライドは直線で勝ち馬に絞められたのが運の尽き。なんとか外に出して追い上げたが、首の上げ下げで届かなかった。次は更に人気になりそうだが、スムーズなら勝てるだろう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

フラワーC回顧

500万勝った後の重賞2戦がパッとしなかったオメガハートランドが後方から一気の末脚炸裂でクラシック戦線に踏み止まった。重馬場はどうかと思っていたが、馬場の良い外目を回って一頭だけ脚色が違っていた。消耗戦になると読んでた石橋脩はお見事。桜花賞は激走のダメージの回復次第だろう。ガサがないので、馬体が減るようだと厳しいかもしれん。

2着メイショウスザンナは先行するかと思いきや、中団に控える競馬。この時は「おいおい」と思ったが、4着馬以外の先行馬は直線でギブアップしただけに、豊の判断は正しかった。インで脚を溜めて馬群の捌きもスムーズ。勝ち馬の決め手が一枚上だったが、豊は良い仕事をしたと思う。ただ、馬自体に本番で通用するだけの力は足りてない印象。

3着サンキューアスクはスタートで出遅れたのが結果的に幸いしたか。インをロスなく立ち回り、前が潰れる展開も味方。次はこう上手くいくとは限らない。

ヘレナモルフォは外から一気にハナを奪って単騎逃げに持ち込んだが、ここで脚を使った分、最後のひと踏ん張りが利かなかった。馬場適性とコース実績から2番人気になっていたが、些か過剰人気だったか。

マイネボヌールは直線を待たずして勝負圏外へ。ギリギリ持つかと思ったが、やはりマイル以下までの馬か。


勝ち馬の末脚は見事だったが、戦前の混戦ムードから察せられるように、メンバー自体は低調。本番に直結するかは微妙なところ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

阪神大賞典・スプリングS

今日は仕事なのでシンプルに

阪神大賞典
◎オルフェーヴル
○ギュスターヴクライ
▲ジャガーメイル
△ヒルノダムール

馬券的妙味は全くないが、四冠馬オルフェーヴルで仕方ない。菊花賞や有馬記念の内容からも折り合い面に問題はなく、中間の調教も抜群。普通に回れば先ず勝てる。

ヒルノダムールは天皇賞を勝っているが、本質的には3000mはベストではない。それなら地力強化が著しいステイヤーであるギュスターヴクライを重視。あとは調教が良かったジャガーメイルを3番手に。オルフェーヴルから行く以上、これ以上印は打てない。


スプリングS
◎グランデッツァ
○ディープブリランテ
▲ゼロス
△バンザイ
△サトノギャラント


休み明けだが、中間に一頓挫あった前走とは違って順調に調整されたグランデッツァを中心に。来日していきなり好調なデムーロ兄に替わるのも魅力。

ディープブリランテは前に行きたい馬が揃って、今回は折り合いが付きそう。あとは重馬場に実績がある逃げ馬と決め打ちがハマればでサトノギャラントまで。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

若葉S・鈴鹿特別

若葉S
◎ワールドエース
○メイショウカドマツ
▲アドマイヤレイ
△ミルドリーム
△オンソレイユ


何が何でも・・・という状況ではないだけに、2走前の二の舞になる恐れもあるが、一応ワールドエースを信頼。いくら福永でも、連は外さないだろう。

とはいえ、前に行った馬を捕らえきれず・・・の可能性は否定出来ないので、3連単は2着固定流しで買ってみる。


鈴鹿特別
◎ジャパンプライド
○スズカイルマン


ジャパンプライドの前走大立ち回りは出遅れによるもの。ある程度前からでも競馬は出来る。

相手は絶好枠を引いたスズカイルマン一頭。ここは2頭の馬連とワイドで十分。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

ファルコンS

◎レオアクティブ
○ローレルブレット
▲ブライトライン
△キングオブロー
△エクセルシオール
△ハクサンムーン


現時点では中京芝1400mは外枠の差し馬有利だが、今日の雨で前有利になる可能性もあり、何とも予想が難しい。

一応、外枠の差し馬有利を重視して、左回り得意で条件が合いそうなレオアクティブを中心に考える。

ローレルブレットはここより距離が長かったきさらぎ賞、アーリントンCで善戦。距離短縮は合いそうだし、軽い馬場よりタフな馬場向き。

ブライトラインはマイルでも掛かる馬なので、この距離短縮は合う。ローレルブレットにも言えるが、この条件は現時点ではサンデー系が強いのも強調材料。

外枠有利と考えているが、前有利のトラックバイアスを考えて、重得意の血統を持つキングオブロー、小細工なしに逃げそうなエクセルシオール、調教が抜群だったハクサンムーンを押さえたい。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

フラワーC

◎メイショウスザンナ
○マイネボヌール
▲キャトルフィーユ
△ヘレナモルフォ
△ミヤコマンハッタン


この枠なら前走と同じ戦法を取りそうなメイショウスザンナを中心に取る。渋った馬場にも対応してる強みもある。中間の調教も活発。

マイネボヌールは血統的に距離が持つか微妙だが、マイルの未勝利戦を勝っており、ギリギリ持つと判断。その時は不良馬場でデビュー戦2着時は重馬場。道悪適性で対抗に。

キャトルフィーユは稍重の未勝利戦で逃げ切り勝ちを収め、前走で評判馬マウントシャスタの2着。フェノーメノでやらかした岩田だが、流石に今回は先行するだろう。

ヘレナモルフォは外枠を引いただけにスンナリ行けるか鍵だが、2勝はいずれも中山の重馬場。

ミヤコマンハッタンはそのヘレナモルフォが勝ったレースで3着。未勝利戦でブライトラインを下しており、牝馬同士ならチャンスはある。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

My Favorite Race Vol.3 ~96年阪神大賞典~

別に競馬の話に限った事ではないが、俺はたまに絶対的な存在や流行りのものに対して拒否反応を示すことがある。困ったことにそこに深い理由はなく、ただ単に嫌いになるとしか言い様がない。

絶頂期のナリタブライアンに対する感情は正にそれだった。兄ビワハヤヒデもそれに近い拒否反応を持っていたので、兄弟対決が期待された頃は加速度的に競馬に対する興味が失われていった。
単に強すぎるものへのやっかみだろうと言われればそれまでだが、ただただ嫌いだった。兄弟対決が実現してマッチレースを見せられたら、完全に競馬から足を洗っていただろう。そう言い切れるくらい、兎に角嫌いだった。
絶頂期のブライアンについては、書く必要もないだろう。予定調和じみた三冠制覇、飛車角金銀がごっそり抜けたタダ貰いの有馬について何を書けと?

では、股関節炎発症後の醜態を晒したブライアンに対して単純に「ざまぁみやがれ」と思ったかというと、そんな単純なものではない。
確かに完調手前の状態で使われた天皇賞は「病み上がりでいきなりGⅠ勝てる程、世の中甘くないわ」とせせら笑ったが、続くJCと有馬でも絶頂期には遠く及ばない走りを見せられると「お前、そんなんじゃないだろう。何やってんだ」的な感情が芽生えた。
我ながら面倒臭い性分なんだが、こうした絶対的な存在は怪我や衰えで表舞台から去るのではなく、真っ向勝負で打ち負かして引導を渡してやるべきだと思っている。
言うならば、この時期のブライアンには二律背反的な感情を抱いていたと言える。

一方、このレースのもう一頭の主役マヤノトップガン。前年の菊花賞と有馬記念をぶっこ抜き、年度代表馬に上り詰めたが・・・何故か、世間一般の競馬ファンからは、それに見合った評価がされなかった。
4角先頭から押し切った菊花賞も、果断に逃げ切った有馬記念もフロック視されたのだ。これは非常に納得がいかなかった。トップガンには早い段階でこのイメージを払拭して欲しかった・・・願わくば、かつての力を取り戻したナリタブライアンを倒してという形で。

何とも面倒臭い複雑な心境を抱えたボンクラ小僧を余所に、阪神大賞典で2頭の直接対決が実現した。重賞2勝、天皇賞3着のハギノリアルキング、菊花賞2着のトウカイパレスもいたが、オッズ的には完全に2強対決の様相だった。
レースは大方の予想通り、スティールキャストがハナを切り、差し馬のトウカイパレスが早め3番手に付け、マヤノトップガンはその直後。好スタートを切ったナリタブライアンは中団6番手に控え、ハギノリアルキングは後方2番手。
隊列が決まり、淡々としたスローペースで進んだレースが動いたのは3コーナー。先ずはトップガンが動き、スティールキャストを交わして早々と先頭へ。
これに呼応するかのように、ブライアンが外から2番手集団をパスしてトップガンに並ぶ。唯一ノーザンポラリスがついて行こうとしたが、それも残り600mまで。4コーナーでは完全に2頭のマッチレースの様相をを呈していた・・・

如何に当事者が直線での2頭の叩き合いを「名勝負ではない」と否定しようとも、どう形容していいか判らないあの濃密な攻防をリアルタイムで見られた事は幸運だった。
全盛期のブライアンなら・・・という声も聞こえたが、敢えて否定はしない。この攻防を見られた、ただそれだけで十分だった。
この勝利でブライアンは復活の足掛かりを掴んだし、敗れたトップガンもフロック視を払拭する事が出来た。この時は、そう信じて疑わなかった。

だが、ブライアンの完全復活は幻に終わった。種牡馬入りしたブライアンだが、あの拒否反応を示した圧倒的な破壊力を後世に伝えることなく早世する。競馬がブラッドスポーツと言われる所以である血の継承を果たせなかったのは、好悪の感情に関係なく残念としか言い様がない。
そして、トップガンは自身の負け方の脆さから、再度フロック扱いされるようになる。これが払拭されるのは翌年の天皇賞まで待たなくてはならなかった。

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~3月11日現在~

1キングカメハメハ
2ディープインパクト
3クロフネ
4フジキセキ
5マンハッタンカフェ
6ゼンノロブロイ
7シンボリクリスエス
8ダイワメジャー
9ゴールドアリュール
10アグネスタキオン
11ハーツクライ
12サクラバクシンオー
13ネオユニヴァース
14ロージズインメイ
15ステイゴールド
16アグネスデジタル
17ジャングルポケット
18スペシャルウィーク
19ダンスインザダーク
20フレンチデピュティ



ディープの猛追を受けてたキンカメがレディアルバローザの重賞勝ちで、賞金差を再び1億弱に拡大。

バアゼルリバーの阪神スプリングJ勝ちでフジキセキが13年連続JRA重賞勝利。尤も、昨年から種付けを休止しており、今年の1歳馬が事実上のラストクロップか。

アイムユアーズの勝利でファルブラヴが24位に浮上。エーシンヴァーゴウ以外の重賞馬は全てサンデーの血が入ってる。そうした配合の牝馬はおしなべて短距離志向が強くなる傾向。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

フィリーズレビュー回顧

短期免許で日本に来る外国人騎手は基本的に上手いが、日本競馬に対応出来るかどうかで明暗が分かれる。ペリエ、デムーロ兄、ルメール等対応出来た騎手は日本競馬の風物詩的な存在となるが、ムルタみたいに失敗すれば用無しのレッテルを貼られる。

前置きが長くなったが、俺の中でピンナは来たレースは全て事故扱いにするくらい、継続的に来る短期免許組では最も買えない、買いたくない騎手。コレに乗せるくらいなら日本の若手に馬を回せと常々思ってる。アイムユアーズはピンナが乗った時点で「消えた」と思ってたが・・・速いペースの中で出して行って好位からの競馬で押し切る辺り、馬自体の能力が高いのだろう。ただ、最後1Fのラップが6F目から1秒落ちた12.9と止まりかけた辺り、これ以上距離が延びるとどうかという面はある。

2着ビウイッチアスは好スタートを切ったが、ペースが速いと見るや直ぐに馬を抑えて中団に下げて脚を溜める競馬。直線は外に出せないと判断したら内を突いて一旦は勝ち馬に並びかけたが、やはり距離が長いのだろう、最後は勝ち馬より先に脚が上がった。本質的にスプリンターなのは間違いなく、本番は普通に要らないだろう。

3着プレノタートは出たなりの競馬で最後方からの末脚に賭ける決め打ちがハマった感。ただ、馬の性格的に後方差しの脚質転換は合っている。如何にもアンカツが好きそうなタイプの馬で、距離が延びる本番はもう少し体重を戻してくれば注意が必要か。

イチオクノホシは蛯名の落馬負傷で石橋脩との急造コンビ。外枠と馬場に泣いたが、石橋はソツなく立ち回って最低限の仕事はしたと思う。もう一歩突き抜ける破壊力に欠けるが、条件が好転する本番は人気の盲点になって怖い存在になりそう。

ラシンティランテ、アンチュラス、ファインチョイスは完全に底が見える内容でクラシック戦線から脱落。これでは本番は厳しすぎる。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

中山牝馬S回顧

今開催の中山は雨の影響で極めて特殊なトラックバイアスになっている。今日もその傾向が色濃く出て、逃げた馬が全て連絡み。こうまでとりあえず逃げたもん勝ちの競馬が続くと、見てて退屈極まりない。

レディアルバローザはスタートから積極的に出して行ってハナに立った福永の作戦勝ちと言える。道悪はあまり良くないと記憶していたが、馬自体の出来の良さもあったのだろう。昨年夏以降は精彩を欠いていたが、元々冬から春に調子を上げる馬。本番も昨年並みの走りが出来そう。

2着オールザットジャズはスタートで出遅れて道中最後方。この時点では「ない」と思っていたが、直線では馬場の良い外へ持ち出して勝ち馬に急追。ハンデも手頃だったし、道悪適性が高かったのだろう。マイルは忙しいイメージだが、中距離戦線では今後も要注意か。

3着エオリアンハープはこの馬にしてはスタートが良く、中団後方で折り合いもついた。勝負所からの進出もスムーズで外への持ち出しも最小限のロスで良く伸びたが・・・キャラが被るせいか、コロンバスサークルとの区別がつかず、一緒くたにしてた事も暫しあったが、引退時期も一緒かよ(苦笑)

ホエールキャプチャは1コーナーで内にいたドナウブルーに弾かれて外に膨らむ不利。そこから勝ち馬に並びかけるまでに脚を使った分、最後の粘りを欠いたのだろう。今回はハンデと休み明けもあったし、悲観する内容ではない。次はきっちり仕上げてくるだろう。

道悪適性と脚質的に、ここは最も合いそうと思ってたコスモネモシンはスタートで後手を踏んでまさかの後方。勝負所で無駄に大外に回しては、最後は脚が上がるのは当然。こんな乗り方してるから丹内はいつまで経っても成長しないんだよ。ラフィアンに見捨てられたら、乗り馬いなくなるのを理解してないのかね・・・

アプリコットフィズもスタートで勝負あった。来る事もあるにはあるが、基本的にカツハルは中山では並以下の騎手になり下がる。ドナウブルーは輸送の影響で大幅な馬体減。レース前から終わっていた。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

今回引いた風邪がしつこい件について・・・

週明けからなんとなく兆候はあったが、久々に風邪らしい風邪を引いた。寒気からくるダルさと扁桃腺の腫れで木曜まで薬とドリンクが手放せない状態で仕事(我が部署は慢性的な人手不足で年休なんぞ以ての外状態)

昨日は体調が好転して「これなら週末は何とかなりそうだ」と思っていたら、今日になってまたぶり返し・・・

今日は祖父の四十九日の法要だったのだが、祖父の実家は未だに道沿いに数十センチの雪が残ってる山奥にあり、本日は日中の最高気温が2℃・・・なまじ昔の家なんで空間が広く、ストーブつけてもなかなか暖まらず。
そんな環境で四十九日の法要→氷雨が降る中での納骨収め→会食で中途半端に酒を飲んで体が冷えるのコンボで思いっ切りぶり返した。

誰が悪いわけでもないのだが・・・今のところ喉は大丈夫なものの、今度は鼻水が止まらなくなったorz


そんなわけで週末のヘッポコな逆神予想を読んで下さってるリピーターには申し訳ないが、明日の予想は休みますm(__)m

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

中日新聞杯回顧

競走馬としての峠は過ぎたと思われたスマートギアが重賞初制覇。中団からでも脚を溜められた辺り、松山とは相性が良いのだろう。全盛期の切れ味鋭い末脚は望むべくもないが、ローカル開催ならまだ出番がありそうだ。

2着ダンツホウテイは脚質転換が軌道に乗った感。課題のスタートも上手く出れたし、脚を溜められるようになった事で実績のなかった2000mにも目処が付いたが・・・どうにも、条件馬時代から馬券の相性が悪すぎる。

3着ダノンバラードは好位でソツなく立ち回ってはいたが、いつも通り最後のひと踏ん張りが利かない。スマートギアに代わる重賞の番人を晴れて(?)襲名。本当、使える脚が一瞬でしかない。

本命ダノンスパシーバは絞れて絶好の気配に見えたが、終いがじりじりとしか伸びず。どうも、パワーを要する馬場は合わないようだ。とはいえ、仏の顔も三度まで・・・流石に次は本命では買わない。

コスモファントムは理想的な展開に見えたが、直線で呆気なく失速。過去の惨敗経験はGⅠだったので気にしてなかったが、どうも左回りは駄目なようだ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
83位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR