福島記念回顧(空き巣狙いでこのザマか)

小倉記念で2着してるとはいえ、小回り適性はそこまで高くないし、フルゲートの大外枠では上手く折り合えないだろうと無印にした人気のサンマルティンだが、半ば予想通りの掛かりっぷりでブービー負け。秀逸なのが「大外枠でロスはあったが、もう少し走っても良い筈」という自分のポンコツぶりを微塵も出さない戸崎のコメント。

流石は戸崎ッ!並の騎手なら言えない言い訳を平然と言ってのけるッ。そこにシビれるあこがれるゥ・・・・・・わけねーだろ。

うろ覚えだが、今の戸崎を見てると陳舜臣の代表作の一つ【諸葛孔明】にこんな一節があったのを思い出す。

「主として最も良くないのは名君に似た暗君だ」
明らかな暗君と判る暗君なら人は仕えようとしない。しかし、なまじ名君に見える暗君はそうと気付かれにくいので仕えてから苦労する事になる・・・なる程、応用すればビジネス本にも用いられそうな一節と言える。

そして、この一節は戸崎にも当て嵌まる。あからさまに下手と判る騎手であれば、特別や重賞で騎乗してたとしても「コイツなら余裕で切れる」と即決出来る。しかし、戸崎は平場ではそれなりに買える存在であり、重賞でも人気馬に乗る事が多い。昨年まではそれ相応に結果を残してただけに、人気を吸い取って馬券にならない今の戸崎は極めて取り扱いが難しい騎手と言える。本当、何でここまで頼りにならない騎手に成り下がったのだろうか。

もう戸崎には何も言う事はねえ・・・とても哀れすぎて何も言えねえ。

さて・・・前置きが長くなったが、各馬の寸評に移ろうかw
3歳馬で古馬を撃破したウインブライト。外のケイティープライドをカットする形となったが、1コーナーまでに単独の3番手。折り合いを欠いたサンマルティンに被せられても自分のリズムを守り、3~4コーナーから早目のスパート。直線半ばで先頭に立ち、追い込んで来た2、3着馬の追撃を凌ぎ切った。
1800mに良績が集中してたのと同型馬が多数いたので兼ね合いが難しいと思ってたが、手頃なハンデと休み明けを叩かれて変わり身一変。超一流相手だとお呼びでないが、小回りの中距離戦で前有利の流れであれば今後も。

2着スズカデヴィアスはスタート五分から中団馬群の中。道中は折り合いを付けて脚を溜めていたが、4コーナーではフルーキーに被せれてたのもあって追い出しを待つ形。しかし、外へ持ち出した直線は一気の伸び脚で勝ち馬に急追。
内外の差もあって勝ち馬には届かなかったが、やはり寒くなり出すこの時期は走る。内回り外回りを問わずに末脚を使えるタイプなので2000m前後のGⅢクラスなら主役を張れる存在。

3着ヒストリカルはスタート一息で中団後方から。それでも道中は馬群の中でスムーズに折り合って脚を溜め、4コーナーから馬群の合間を縫って好位に接近。直線半ばで2番手に上がって勝ち馬を追ったが、ゴール寸前で2着馬の強襲を受けた。
近走は結果が出てなかったが、距離損なく立ち回れたのもあって久々にこの馬らしい末脚を発揮。いつ走るか読めないタイプだが、高齢になっても動ける一族。来年ももう一回くらいは来ても良さそう。

ショウナンバッハはスタートからすぐに控えていつも通りの後方待機。道中は動かずに折り合いを付けて脚を溜め、4コーナーで集団の外へ。直線でマイネルディーンに弾かれはしたが、怯まずに脚を伸ばした。予想よりもペースが上がらなかった事で捕らえ切れなかったが、スランプからは脱したと言える。展開の助けがあれば。

フェルメッツァは好スタートを切って逃げたプリメラアスールの2番手。勝負所で勝ち馬と共にジワッと先頭に並び掛けようとしたが、久々の分もあってか、そこから勝ち馬にジリジリと後れを取って残り100mで苦しくなって後続に捕まった。もう少し動けるかと思ったが、プラス12キロと余裕があったのが堪えたか。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

武蔵野S・デイリー杯2歳S回顧

武蔵野は度重なる故障から息を吹き返したインカンテーションが白山大賞典に続いて重賞連勝。そして、昨年夏の落馬負傷から1年の休養を強いられた三浦皇成はテン乗りで復帰後の重賞初勝利。佐藤哲三みたく、騎手生命を断たれても不思議ではない大怪我から復活して来たのは好き嫌いは別にして良かったと思う。

外枠から気合いを付けて出して行き、道中は好位の外目。3コーナーから2番手に上がり、直線入り口で先頭に並び掛ける積極策だったが、直線では残り300mまで本格的追い出しを待つ余裕。抜け出した後はジワジワ迫った2着馬の追撃も振り切った。
腸骨骨折からの復帰直後は低迷していたが、マーチS以降は4戦3勝2着1回と完全復活。度重なる故障でなかなか万全の状態でGⅠを使えてないが、このメンバー相手に正攻法で押し切れてるように能力自体は高い。

2着サンライズソアは途中でベストウォーリアにハナを主張されたが、スタートから出して行っての積極策。直線では前に勝ち馬、横に3着馬がいて包まれる形。途中で外へこじ開けて勝ち馬にジワジワ迫ったが、半馬身差から詰め切れず。
直線で包まれた分、勝ち馬に届かなかったが、従来よりも幾分前目で競馬をしたのが前有利の流れに噛み合った。秋2戦は勝ち切れなかったのもあって人気を落としてたが、相手なりに走れるタイプ。今回は人気の盲点だった。

3着アキノクレッセントはマズマズのスタートを切って早めに集団の外に出して中団から。勝負所からジワッと位置取りを上げて3、4番手に上がり、直線もこの馬なりに脚を伸ばして実績馬の追い込みを封じて3連系の波乱を演出。
東京の1400mなら兎も角、マイルは距離が長いと思われてのブービー人気だったが、流れが緩ければそれなりにこなせるようだ。1週来るのが遅かったけど、荻野極には何処か酒井学と同じ穴メーカーの匂いがする。

ノンコノユメはスタートで出遅れて前半は最後方から。折り合いはマズマズ付いていたが、道中も終始外を回る競馬となり、直線は大外から伸びては来たが、前有利の流れで3着馬に僅かに届かず。位置取りとペースに泣かされたが、休み明けとしては及第点か。これで変わって来るようであれば。

カフジテイクはスタートは普通に出たが、大外枠もあってか折り合い重視で4コーナーでは最後方。直線はノンコノユメよりも更に外から追い込んで来たが、あのペースで4角最後方では掲示板確保が精一杯。4着だった南部杯は小回り適性がなかっただけだが、それを意識しすぎて位置取りが後ろになりすぎた。有り体に書けば、福永のいつもの悪癖。

ベストウォーリアは逃げ馬不在でもあったし、芝の部分で行き脚を付けてハナを主張。中盤にペースを落として息を入れさせ、直線も勝ち馬に並び掛けられてから抵抗していたが、残り100mで苦しくなって失速。馬体も幾分重かったようだが、ペースとしてはもう少し踏ん張れても良かった筈。

モーニンはスタート一息もあってすぐに後方に下がり、道中は後方3、4番手の外目。3~4コーナーでジワジワ外目を通って位置を上げ、直線では一旦上位を窺う脚色だったが、残り1Fで止まってしまった。マイルは微妙に長くなってるのかも。

1番人気サンライズノヴァはスタートは普通に出たが、馬群の中で力んでしまって宥めてる内に位置取りが後方に。この時点でノーチャンスになったと言えるが、直線もサッパリ伸びる気配を見せずの惨敗。戸崎に対しては、後日の福島記念回顧と纏めて語る事にする。


デイリー杯2歳Sはビリーヴの子供でファリダット、フィドゥーシアの半弟ジャンダルムが新馬戦から連勝。豊が調教中の負傷で乗れなくなり、代わりにアッゼニとか悪い冗談にも程があると思っただけに正直ビックリ。

スタートで出遅れたが、ジワッと挽回して道中は中団のイン。途中でメガリージョンが故障して後退した煽りを受けて位置取りを下げたが、致命的な不利にはならず。内々で折り合って脚を溜め、直線は内から馬の間を割って抜け出した。
中盤に極端にペースが落ちて正味2Fだけの競馬になったが、ビュッと抜け出す一瞬の脚は血統馬らしい切れを有してた。母系からこれ以上距離が延びてどうかだが、中距離くらいまでなら持ちそうな気もする。

2着カツジはスタートを決めて前半は3番手。メガリージョン故障後退の影響も比較的小さく、坂の下りで逃げ馬が後続を引き離したが、慌てずに直線まで脚を温存。直線で先頭に立ちかけたが、内を突いた勝ち馬に交わされた。
最後は外へヨレてしまったが、体一つ抜けた勝ち馬との差はそれ以上広げておらず、この馬も終いはしっかり脚を使ってたと言える。名前が少々受け付けないが、それなりに能力を有してる。

3着ケイアイノーテックは中団からの競馬。故障後退したメガリージョンと若干接触はしたが、軽度の不利。しかし、休み明けのプラス22キロもあって勝負所では反応が鈍く、直線で一旦置かれたが、最後は盛り返してゴール寸前で3着に浮上。次はもう少し動けても。

1番人気フロンティアは前に馬を置けなかったのもあって少し力んでたところへ故障後退して来たメガリージョンに寄られる不利を被った。これで怯んでしまったのか、直線も上がり32秒台をマークした新潟2歳S程は切れず。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

京王杯2歳S・ファンタジーS回顧

昨年の2着馬レーヌミノルが桜花賞を勝ち、モーリス、ラブリーデイといった古馬以降にマイル、中距離のGⅠ馬も出走歴があった京王杯2歳Sだが、基本的に出走馬の顔触れはスプリンター色が濃い。今年は特にその傾向が強く、上位馬もこれ以上距離が延びてどうかというのが正味な話。

抜けた人気に応えたタワーオブロンドン。ここ2戦はスタートが甘かったが、今回は好スタートを切って楽な形で中団のイン。道中は折り合い重視で脚を溜め、直線入り口でスムーズに外へ。坂下からゆっくりと仕掛け、エンジンが掛かると一気に突き抜けた。
順調に行き過ぎたきらいはあるが、しっかり脚を溜めて3戦連続となる上がり最速。現時点での完成度はこのメンバーでは一枚抜けていたと言えるが、それでも序盤は若干力んでいた。体型的にもマイルはやや長く感じるし、これ以上の距離は?

2着カシアスは休み明けもあって序盤は行きたがる素振りを見せたが、外から交わして行った3着馬を前に置いて宥めて好位から。直線は内へモタれながらではあったが、3着馬の内から脚を伸ばして2着を確保。
初の左回りでコーナリングでは逆手前に走っていたが、直線はしぶとく脚を使った。函館2歳Sでは典型的なスプリンターと思ったが、当面は1400mくらいなら持ちそう。あとは休み明けで14キロ減った馬体の回復待ち。

3着アサクサゲンキはスタートして一旦外へ出した後、ジワッと前に行って2番手の外目。そこで我慢させて脚を溜め、直線坂下からゆっくりとゴーサイン。坂上で一旦先頭に立とうかというシーンもあったが、そこから甘くなった。
距離を持たせる為、外から一気に行ってしまわない為に序盤から工夫を凝らした豊の乗り方で概ね上手く行ってはいたが、それでも残り1Fから甘くなった。1、2着馬に比べて距離の融通性は乏しい。

ピースユニヴァースはスタートから行き脚が付かずに道中は離れた最後方。内に張り付いて距離を稼ぎ、直線で外へ。少し怯む場面もあったが、間を割って伸ばして来た脚は勝ち馬に次ぐ上がり。母父サニングデールだが、ロジユニヴァース産駒でむしろ距離は延びた方が良いだろう。

エントシャイデンはスタートで出負けして集団後方から。道中は勝ち馬を見る形でレースを進め、直線は外へ。坂下では勝ち馬の後ろから伸びそうに見えたが、一瞬で使える脚がなくなった。姉と違ってこの距離は少し忙しい印象。タイセイプライドは休み明けでプラス14キロ。ハナを切ってスローに落としたが、勝負所から3着馬のプレッシャーがキツくなって坂上で脱落。


ファンタジーSは6頭が単勝オッズ一桁台という混戦ムードだったが、キャリア1戦のベルーガが後方待機から一気の末脚で混戦に断。とはいえ、展開次第で上位馬の着順は入れ替わりそうな印象は変わらず。

出たなりのスタートから控えて後方。頭を上げて行きたがる場面もあったが、3コーナー手前で何とか宥めて脚を溜め、4コーナーから仕掛けて大外。残り1Fでエンジンが掛かると一気の瞬発力で逃げ粘る2着馬を交わし去った。
キンシャサ産駒にしては瞬発力に優れたタイプで溜めが利く事で距離の融通性もそれなりにある印象。尤も、前半は折り合うの苦労してたし、持ってもマイルまでだろう。休み明けでも6キロ減った馬体も回復させておきたいところ。

2着コーディエライトはスッと行き脚を付けて注文通りハナへ。抜けた後は後続のプレッシャーも皆無でマイペースの楽逃げ。4コーナーのコーナリングでペースを上げて後続を振り切ったかに見えたが、ゴール前で勝ち馬に一気に交わされた。
勝ち馬の瞬発力に屈したが、前半は楽逃げしてたとはいえスピードの持続力に関しては一定以上の能力を有してるのは示した。前半で同型馬に絡まれてどうかだが、自分のペースに持ち込めればマイルまでならしぶとそう。

3着アマルフィコーストは好スタートを切ったが、序盤から行きたがって宥めてる内に中団。3コーナー手前でどうにか落ち着き、直線では馬群の中から脚を伸ばして2着馬を追ったが、僅かにハナ差届かず。
休み明けでテンションが高かった分、折り合いに専念せざるを得なかったのが1、2着馬との明暗を分けた。本来ならもう少し前目で立ち回れるタイプなのでこれがガス抜きとなれば。

スズカフェラリーはスタートで出遅れ。二の脚も付かず、道中は最後方からの競馬。こうなると腹を括っての直線勝負しかなく、直線は大外から良く伸びては来たが、一つ前にいた勝ち馬とは瞬発力の差がモロに出た。距離の融通性はありそうだが、これで3戦連続出遅れとスタートの甘さが課題。

ペイシャルアスはスタートは良かったが、他の馬の出足も速くて取りたかった馬場の良い外目を取れず。中団後方で脚を溜め、直線は馬群の中か一瞬伸びかけたが、馬場の悪い内を突かざるを得なくなってから伸びあぐねた。枠に泣かされた形だが、1400mでも微妙に長い印象。

例年なら、上位入線馬でも阪神JFに直結しないパターンの馬をバッサバッサと切って行けるんだが、今年は1400→1400というローテの上位馬がスズカフェラリーしかおらず、2、3着馬はマイル戦連対歴アリ・・・逆に絞れなくなってしまった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

みやこS回顧

1、2番人気が8枠に入り、前者は体調面に疑問符。キングズガードは距離不安、モルトベーネは鞍上不安。人気所が何かしらの不安があり、これなら一波乱ありそうだと条件上がりのタガノヴェリテを狙ってみたが、行きっぷりの悪さに5秒で馬券は諦めた。
4コーナーで前をカットされる不利はあったが、まともでも掲示板争いが関の山だっただろう。対抗にしたトップディーヴォが除外になった時点で何となく嫌な予感はしたが、少々狙いすぎだったようだ。

大外枠も何のその。2度目の重賞挑戦で結果を出したテイエムジンソク。大外から同型馬の出方を窺って4番手の外目。序盤は少し行きたがったが、流れに乗った後はスムーズ。3~4コーナーで早々と先頭に立つと直線は悠々と一人旅。
JBCや武蔵野Sに有力馬が分散されて手薄だったのは確かだが、函館で見せたスピードの持続力の高さは中央開催でも実証された。ただ、中京コースはおろか、左回り未経験という点でチャンピオンズCには一抹の不安が残る。

2着ルールソヴァールはスタートで躓いたが、大した不利にはならず道中は中団前目から。3~4コーナーから早めに仕掛けて勝ち馬の後を追って直線入り口で2番手。勝ち馬には追い付けなかったが、しぶとく粘って2着を確保。
向こう正面からモタれ通しではあったが、休み明けの重賞初挑戦でこの内容は上出来だろう。ブリンカーを装着した前走から集中力が切れなくなったか。全兄サウンドトゥルーも本格化したのは5歳秋。フロックとは言い切れない。

3着キングズガードはスタートからすぐに下がって1コーナーでは最後方。行きたがるのを懸命に宥めて脚を溜め、勝負所まで待ちの構え。直線で大外に持ち出し、良く伸びて来たが、2着馬に詰め寄るのが精一杯。
勝ち馬が好位勢を軒並み潰したのもあったが、久々の1800mでも持ち味の末脚はある程度見せられた。ただ、それでも前半は折り合うのに苦労しており、本質的には1400m~マイルがベストだろう。

モルトベーネはスタート一息で二の脚も付かず後方から。道中は後方で動かずに折り合いに専念してエピカリスをマーク。4コナーで集団の外へ出してエピカリスを追う形でスパートしたが、直線でジリッぽくなって掲示板争いで辛うじて競り勝った程度。もう少し良化してるかと思ったが、まだその途上というところか。

エピカリスはスッと行き脚が付いた勝ち馬とは対照的に促して中団の外目。終始促しながらの追走で行きっぷりは良くなく、4コーナーで捲り気味に追い上げて3番手に上がった後は直線で流れ込む程度。
追い切りから状態面に疑問を感じていたが、図らずも不安が的中。本調子にないのは明らかだが、レベルが高いと思われたヒヤシンスS組のその後は芳しい内容ではない。早熟のダート馬の可能性も出て来た印象。

アスカノロマンは出ムチを入れて4番手に付け、道中はそれなりに流れに乗れていたが、直線は手応えの割に反応が悪くて流れ込む程度。気持ちが完全に切れてしまってる印象。タガノディグオは中団のポケットに入って手応えも良かったが、追い上げを図った4コーナーでスムーズさを欠き、馬が嫌気を出してしまった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

アルゼンチン共和国杯回顧

ハンデ56キロも得意の東京でなら負けられない。ダービー2着馬スワーヴリチャードが古馬を一蹴。神戸新聞杯でのレイデオロの勝ちっぷりを見てれば、ダービーで叩き合ったこの馬もそれ相応の能力を有してるのが分かるというもの。一線級相手ではなかったとはいえ、順当勝ちと言えるだろう。

スタート直後は少し行きたがる素振りを見せていたが、内ラチ沿いに入れて前に壁を作って中団のインで折り合いに専念。4コーナーまで動かずに脚を溜め、直線も内から前の馬の間を割って抜け出すと、後続に影も踏ませずの完勝。
10キロ増も意識的に絞ったダービーから戻したという感じ。折り合いが課題の一つではあったが、内枠もあって早い段階で壁を作れてクリア。コースロスなく立ち回って上がり最速をマークされては他の馬が追い付ける筈もなく。反動がなければ当然ジャパンCでも勝負出来るだろう。

2着ソールインパクトは好スタートを切ると、そのまま好位に付けて道中は勝ち馬より一つ前の位置取り。勝負所でサラトガスピリットに被せられても仕掛けを待つ余裕があり、勝ち馬には一気に交わされたとはいえ、この馬もしっかり脚を使って2着を確保。
いつもよりも前目を意識した分、最後は少し苦しくなったが、持ち前の立ち回りの上手さと53キロという軽ハンデもあって微妙に長い距離を持ち堪える事が出来た。準OPで勝ち切れないのにGⅡ2着というのがこの馬らしい。

3着セダブリランテスは最内からジワッと行き脚を付けて3、4番手から。折り合いはスムーズだったが、勝負所から幾分追っ付け気味の手応え。直線はジリジリ脚を伸ばしたが、最後は少し苦しくなった2着馬にも根負けした形。
直線で勝ち馬より先に先頭2番手の間に入れれば良かったが、仕掛けからのスピードのノリで後れを取って先に入られてしまい、外へ出さざるを得なかったのが2着馬との差に繋がった。予想以上に距離はこなしたが、本質的には中距離向きか。

アルバートは中団馬群の中に付けて道中は当面の相手である勝ち馬を見ながらの競馬。勝負所で1頭挟んで勝ち馬の外へ出て直線は集団の外。追い出された時は2着はあるかに見えたが、58.5キロのハンデを背負ってたのもあってジリッぽくなった。
予想では評価を下げた要因として挙げたシュタルケだが、今回に関しては特別下手打ったわけではなく無難に乗ってたと思う。勝ち馬はコースロスなく立ち回り、2、3着馬は5.5、4.5キロ軽かった。その差が出ての4着だろう。

カレンミロティックはマイネルサージュを先に行かせての2番手から。ペースを落とさせないよう、中盤まで付かず離れずでプレッシャーを掛けて4コーナーで並び掛けて先頭。勝ち馬には一気に交わされたが、そこから意外としぶとかった。昨年のメルボルンC大敗で枯れてしまったと思ってたが、叩き2戦目で渋い変わり身。万葉Sとかなら勝ち負けになるかも。

2、3番人気にやや不安アリと睨んで中位人気を勝ち馬に相手にチョイスしたが、モノの見事に期待外れ。自分の競馬をして潰れたハッピーモーメントは仕方ないにしてもプレストウィックとレコンダイトは一体何処で何をしていたのだ?

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
83位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR