マイルCS

◎エアスピネル
○レッドファルクス
▲クルーガー
△マルターズアポジー
△イスラボニータ
△ペルシアンナイト
△レーヌミノル

エアスピネルは土壇場で武豊からムーアに乗り替わるイレギュラーがあったが、京都マイルはデイリー杯と京都金杯を勝利し、マイラーズC2着と重賞で連を外していない。明らかに距離が長かった菊花賞でも3着と京都適性も高く、今日の段階で重馬場まで悪化し、明日は晴予報だが気温が上がらなさそうで渋化が残りそうな馬場もこの馬には都合が良い。追い切りでは併走馬を追い掛ける形で自己ベストに近いタイムで先着と出来も万全。

レッドファルクスはダート暮らし時代も含めて京都コースは初。マイル戦もあって陣営は泣きが入ってるが、完調手前の状態で大外から一気の差し切り勝ちを決めたスプリンターズSが圧巻。追い切りではデムーロ弟を背に手前を替えてから仕掛けられると一気に突き放す鋭い動きで着実に上向いてる。マイルで勝ち星がないとはいえ、安田記念ではスムーズさを欠きながら0.1秒差の3着。前が引っ張る流れも向きそう。

クルーガーは不良馬場だった富士Sでは道悪適性の高さを見せ、直線で猛然と追い込んで3着。エアスピネルにも言える事がだが、完歩の小さいピッチ気味の走法で渋化が残りそうな馬場は持って来いと言える。何より、使い込めないタイプの馬が2週連続で坂路一杯と中4週でもキッチリ乗り込めてて伸び脚も豪快。出来に関しては文句なし。シュタルケというのが難点だが、京都コースは長期休み明けだったマイラーズC以外崩れてない。

マルターズアポジーは関屋記念と同様にウインガニオンとの兼ね合いになるが、あちらは休み明けでの大外枠。ロケットスタートさえ決めてしまえば、先手を奪って自分のペースに持ち込める。京王杯AHでは4着に敗れたが、58キロを背負って同型馬を軒並み潰したところを自分よりハンデの軽い馬に差し込まれる負けて強しの競馬。追い切りでは内にモタれてはいたが、フットワーク自体は豪快。型にハマれば怖い1頭。

イスラボニータは苦手だった不良馬場となった富士Sでは道悪適性の差でエアスピネルに完敗だったが、一定の回復が見込める明日はその差が小さくなる。京都コースはマイラーズCを勝ち、過去2年のこのレースで3、2着と好相性。追い切りでは1週前にウッドコースで好時計を出し、最終追い切りでは馬なりで併入と軽めだったが、しっかりと仕上がってる雰囲気。昨年の富士S以降、スムーズさを欠いた安田記念以外は崩れてない堅実さはここでも。

ペルシアンナイトは富士Sでは人気を裏切って5着と敗れたが、不良馬場に泣かされたし休み明けで反応が今一つだったのもあった。今回は叩き2戦目で馬場もこなせるレベルというか、ハービンジャー産駒なら逆に得意と言えるコンディションか。追い切りでは馬なりで併入、動きも特に目を引くものではなかったが、力を出せる仕上がり。まぁ、この馬を買う一番の要因はデムーロ騎乗なんだが。

大穴ならレーヌミノルか。桜花賞以外は惨敗続きだが、それ以降はいずれも1800m以上と完全に守備範囲外の距離。本質的にはスプリンターという可能性もあるが、マイル以下では同世代のみとはいえ大崩れがない。2週連続CWで一杯に追って負荷を更に掛けており、回転の速いフットワークから出来自体は決して悪くない。

馬券はセオリー通りにエアスピネル軸の馬連と3連複。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

エリザベス女王杯・福島記念

エリザベス女王杯
◎ルージュバック
○ヴィブロス
▲リスグラシュー
△ディアドラ
△クイーンズリング
△モズカッチャン

ルージュバックは非根幹距離に強く、ゆったり運べて直線の長いコース形態向き。昨年出るべきだったと思うが、コース形態的に唯一GⅠを勝つ可能性があるレース。テン乗りとはいえ、これ以上ない鞍上強化と言えるムーア起用。1週前に長めから追って負荷を掛け、今週は3頭併せの最内から終いを伸ばす程度だったが、追われてからの伸び脚は軽快。気掛かりは木曜段階で前走時から増減なしという馬体重。最低でも450キロを維持してほしい。

ヴィブロスはドバイターフ以来の休み明けだった前走では幾分余裕残しに加え、直線で内に押し込められる苦しい競馬だったが、最後は地力の高さを見せて2着。負けて強しといえる内容で追い切りでは坂路で馬なりのまま52秒台と叩かれての上積みも見込める。2200mは初めてだが、全姉ヴィルシーナ、半兄シュヴァルグランとこのくらいの距離なら普通にこなせる血統的下地はある。

リスグラシューは牝馬限定のGⅠ戦線でスムーズさを欠いたオークス(5着)以外は全て3着以内と勝ち切れないまでも常に馬券圏内。内の偶数枠を引けたのもスタート難があるこの馬にはプラスだし、内回りから外回りに替わるのも脚質的にプラス。追い切りでは併せ馬に劣勢の手応えだったが、坂路51秒台で後半2F11.9-12.2なら普通に優秀。福永に乗り替わって折り合い重視しすぎる可能性もあるが、それでも息の長い末脚を使えれば。

ディアドラはひと夏越しての成長力が著しく紫苑S・秋華賞をぶっこ抜いた。中間ビシビシやれての12キロ増と馬体の成長も著しいが、今回も3本追って1週前は坂路で自己ベスト、最終追いも終いはしっかり脚を伸ばしてハードにやれてる。外回りの決め手勝負ではやや分が悪いと思って4番手に止めたが、京都コース自体は秋華賞を勝ってる他、着外なしと得意条件。

クイーンズリングは昨年のこのレース以降は精彩を欠いた成績が続くが、この馬も非根幹距離に強いタイプで2走前までは根幹距離だった。前走は逃げ切った勝ち馬有利の流れに加えてこの馬には不向きな馬場ながら4着に纏めてる。追い切りでも長めから追って終いの伸びも軽快。上積みが見込めるし得意の非根幹距離。ましてや、来日して好調のデムーロ弟なら不足なし。

モズカッチャンは内回りから外回りに替わっての決め手勝負では印上位の馬に見劣りする印象は拭えないが、早めに動いてしぶとさを活かす競馬ならオークスでソウルスターリングの2着に粘った様に簡単には崩れない。最終追い切りは軽めに終始したが、日曜に一杯に追われており出来落ちという印象はない。

馬券はルージュバックの輸送に一抹の不安があるし、ヴィブロスが同じ枠に入った事もあるので枠連を買う事にする(兎に角、当てたいんだよw)。それと本命対抗2頭軸の3連複流し。


福島記念
◎フェルメッツァ
○ショウナンバッハ
▲スズカデヴィアス
△ベルーフ

フェルメッツァは春の福島民報杯2着、夏の七夕賞5着と勝ち切れないまでもこの条件で大崩れがない。馬場が良かった春夏に比べて時計が掛かる今の馬場の方が向いてると言えるし、テン乗りの小倉記念で3着と好走させた北村友とも手が合っていそう。休み明けだが、ここを目標に3週連続で一杯に追われて態勢は整った。

ショウナンバッハは昨年のAJCC以降は低迷続きだったが、春の福島民報杯5着、夏の福島テレビOP4着と福島コースで復調。元々500万時代に勝ってて適性があったと言えるが、その後の2重賞も人気以上の着順。オールカマーではあわやの場面も作った。54キロと手頃なハンデで逃げ馬が揃って前崩れの流れとなれば。

スズカデヴィアスは休み明けの前走を3着に纏めての叩き2戦目。叩き良化タイプに加えて寒くなり始めるこの時期から調子を上げて来るタイプ。追い切りでも終いをしっかり伸ばして変わり身が見込める。福島も夏の七夕賞で4着に来てるし、ショウナンバッハ同様に差し馬が間に合いそうな面子も向く。シュタルケには目を瞑るw

ベルーフは福島コースは初だが、コーナー4つの小回り2000mはベスト条件なのはこれまでの実績が示しており、コース形態としては向いてる下地はある。追い切りでは併せ馬に遅れたが、長めから追われてキビキビ動けてた。小倉記念の内容からやや峠は越した気もするが、前崩れの流れであれば。

人気のサンマルティンだが、折り合いの難しいタイプでフルゲートの大外枠。小倉記念も2着に来たとはいえ、コーナーで外に張る場面があって本質的には小回り向きとは言えない。捲られて普通に勝たれる可能性もあるが、敢えて嫌ってみる。

印は打ったが、馬券は4頭の馬連ワイドボックスで。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

天皇賞・秋

◎グレーターロンドン
○サトノクラウン
▲ヤマカツエース
△キタサンブラック
△リアルスティール
△ステファノス
△ミッキーロケット

グレーターロンドンは体質が弱くて出世が遅れたが、一頓挫あった安田記念と休み明けの毎日王冠でも小差に善戦しており、重賞級の能力を持ってるのを示す内容。中2週の競馬となるが、前走後もすぐに坂路入りして順調に乗り込めてる。最終追い切りでは馬なりで併せ馬と併入の形になったが、行きっぷりが良くて気配良好。掻き込む様な走法で経験がない道悪適性もありそう。距離に不安を残すが、2000mまでなら持つと期待する。

サトノクラウンは出遅れた昨年の宝塚記念以外は稍重以上の馬場で国内負けなし。特に重馬場だった昨年の京都記念は他馬が馬場にノメる中で1頭行きっぷりが違ってた。道悪適性に関しては現役屈指の存在と言える。追い切りは見栄えしなかったが、成功した宝塚記念と同じソフトな仕上げ。過去2年の天皇賞は惨敗しているが、東スポ杯を勝ち、ダービー3着の実績から東京が苦手というわけではない。

ヤマカツエースは東京では3戦全て着外と結果は出てないが、NHKマイルCは不向きな上がり勝負、富士Sは直線どん詰まり、昨年の天皇賞は外枠で掛かってガス欠と力を出し切れてない。左回りは金鯱賞を連覇してるように問題なし。中間はキタサンブラック以上に本数をこなし、最終追い切りでは楽な手応えで併走馬に先着と出来は申し分なし。ノメる馬場は得意ではないが、地力強化されてる今ならこなせても。

キタサンブラックは道悪適性に関しては問題ないし、昨年のジャパンCを勝ってるようにコース適性も不問。ロードヴァンドール(もしくはネオリアリズム)を先に行かせてレースコントロールする必勝パターンで行けば大きくは崩れないと思うが、究極の消耗戦となった天皇賞・春組のその後が不振なのは気掛かり。追い切りも長めから負荷を掛けて本数もかなり多くこなしてはいるが、従来に比べてピンと来る感じがなかったので4番手まで。

リアルスティールは自身初の中2週、再度の東京輸送がどう出るか微妙ではあるが、毎日王冠よりも時計は出てなかったとはいえ、追い切りの動きは好調子をキープしてる印象。1800mに比べて根幹距離ではやや詰めが甘くなる点がどうかだが、スムーズに折り合えれば勝ち負けになるだろう。気掛かりは道悪適性。全兄ラングレーは空っ下手だっただけに、パワーはあっても滑る馬場はダメという可能性もある。

ステファノスは天皇賞とは相性が悪いオールカマー経由(ここ10年で馬券圏内に来た馬0)と重賞ではすっかり劣化してしまった戸崎で人気を落としてるが、典型的な叩き良化タイプ。事実、過去2年の天皇賞も毎日王冠着外から2、3着と巻き返して来た。ディープ産駒でも渋った馬場はこなすタイプで道悪はこなせる。ローテと戸崎には目を瞑って押さえる必要アリだろう。

大穴としてミッキーロケットを抜擢したい。2000mは距離不足なのは否めないが、稍重以上では出遅れが祟った京都記念以外は連対。追い切りも馬場が重くなってた坂路をモタれる面を見せずにしっかり伸びて来てた。間違いなく適性は高い。左回りは初だが、右にモタれる癖があるのでもしかしたら合うかもしれない。出遅れさえなければ。

馬券はグレーターロンドン軸の馬連と3連複。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

菊花賞

◎ダンビュライト
○ミッキースワロー
▲スティッフェリオ
△キセキ
△ウインガナドル
△トリコロールブルー
△アルアイン
△マイネルヴンシュ

ダービー上位3着馬まで不在。皐月賞馬アルアインが出走してるとはいえ、血統的に距離不足が付き纏うタイプで乱菊の様相を呈してる。今回は絞り切る事が出来ず、久々に8頭の印を打って尚且つ自分の主義に反する買い方をしてみる。

ダンビュライトは持久力勝負に持ち込んだ神戸新聞杯が地味に強い内容。最後は決め手に優れた上位馬に切れ負けしたが、ロングスパートでも崩れなかったスタミナの豊富さは見せた。それに道悪適性に関しては不良のデビュー戦を圧勝、重馬場のきさらぎ賞は窮屈な競馬を強いられながら3着とメンバー上位の存在。追い切りではスティッフェリオに遅れたが、元々動きが目立つタイプではないので気にする必要はない。今回もしぶとさを活かす競馬が出来れば。

ミッキースワローはセントライト記念でアルアインに完勝。判りやすい鞍上強化もあったが、夏に一回使われてからの成長力をアピールした1戦だった。未対決の馬が多くても見劣りはしない。京都コースは京都新聞杯で経験しており、道悪競馬も血統面的に不得手という印象はない。追い切りは輸送を控えてるので単走で軽めだったが、前走で大分仕上がっており良い意味での平行線。あとは輸送で大幅に馬体が減らなければ。

スティッフェリオはセントライト記念は惜しくも権利を取れなかったが、大外から位置を取りに行く積極策で見せ場十分の競馬。道悪不問、格上相手に怯まず乱戦でしぶとい、菊花賞の実績に優れたステゴ産駒なだけに「内枠を引いていれば」という思いがあったが、抽選を突破した事で大穴として抜擢。追い切りでは騎乗する松若が乗ってたとはいえ、格上のダンビュライトに先着。内枠からスムーズな立ち回りが出来れば。

キセキは神戸新聞杯ではスタート一息、その後もスムーズさを欠いた状況ながら、持ち味の末脚を伸ばして2着を確保。毎日杯で3着と素質の片鱗は見せていたが、夏場に連勝して来た地力強化を証明したと言える。胴が長い体型で折り合いさえ付けば距離は問題と思うが、中間は12キロ減った馬体の維持に努めてた感。この辺りがどう出るか。

ウインガナドルはラジオNIKKEI賞で2着に好走。続く新潟記念も大外枠から果敢にハナを切って自分のペースに持ち込んで4着。ハンデが軽かったとはいえ、中距離戦線では今後に目処が付いたと言える。道悪も重馬場の500万特別を逃げ切ってるように不問。一気の距離延長と決してこのレースに適してはいない逃げ脚質がどうかだが、内枠を引けたのは良い。

トリコロールブルーは日高特別で32キロ増だったが、マイナス10キロだった青葉賞からの回復分と成長分のモノ。実際、レースではプリンシパルS2着馬レッドローゼスとの一騎打ちを制する強い内容。血統的に長丁場は合うが、テンションが上がりやすく、イレ込みがキツくなると厳しい。明日の馬体重とパドックでの様子に注目したい。

アルアインは千両賞で秋華賞でも5着に粘ったカワキタエンカを下してる。ディープ産駒でも道悪を苦にしないタイプに加え、操縦性に優れてて折り合い面に関しては不安がない。追い切りでも3週連続併せ馬を行って意欲的に追われてる辺り、上積みも大きそう。あとは短距離志向が強い母系から来る距離不安を払拭出来るかどうか。

マイネルヴンシュはデルタブルースが勝って以降、妙に注目されるようになった九十九里特別でしぶとく勝利。上がりが速くなると用無しのタイプだが、時計が掛かる消耗戦になれば強いタイプ。線が細く、栗東滞在でテンションが高くなってる節があるが、当日落ち着いていればノーチャンスではない。

馬券の方だが、まずはダンビュライト軸の馬連と3連複。あと、ステゴ産駒4頭の馬連とワイドのボックスにステゴ産駒4頭を軸とした3連複フォーメーション。かなり買い目が多くなって自分の中では邪道な買い方だが、荒れると踏んでるのでかなり散らして攻めてみたい。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

秋華賞

◎アエロリット
○リスグラシュー
▲カワキタエンカ
△ミリッサ
△ディアドラ
△ラビットラン

アエロリットは「ホエールキャプチャに近い」と評したように、スピードの持続力と持久力を高レベルで備えたタイプ。瞬発力勝負になると切れ負けするが、機動力の高さが活きる京都内回りは条件的に向く。クロフネ産駒は2000mから甘くなりやすい傾向だが、最内枠を引いた事でごまかしが効くと思う(ホエールキャプチャも3着)。クロフネ×ネオなら馬場が渋ってもこなせるだろう。1週前は長めから追われて好時計をマークし、最終追い切りでも馬なりで坂路52秒台。仕上がりも万全。

リスグラシューはローズS時もある程度仕上がっていたが、この中間は更に熱心に追われてる。1週前は武豊を乗せて51秒台をマークし、最終追い切りでも上がり重点ながら52秒台。スタンド前発走で奇数枠、脚質的に桜花賞みたく位置を取りに行かないと展開が向かなさそうと不安要素もあるにはあるが、これだけ意欲的な調教を積める辺り今は余程出来が良いのだろう。一連の重賞戦線で掲示板を外してない力量からも対抗以下には落とせない。

カワキタエンカは何度か触れてるように、ディープよりもクロフネが強く出て多少馬場が渋っても苦にしないタイプ。逃げ先行馬にはキツい条件だったローズSで2着に粘ってるしぶとい先行力は内回りの条件に適してると言えよう。調教で時計を出すタイプではないが、2連連続坂路で自己ベストを更新。ノリから北村友に乗り替わって上手くペース配分出来るか微妙だが、単騎で行けそうな展開利が味方すれば。

ミリッサはあと1Fの距離延長がどうかだが、ダイワメジャー産駒はスピードの持続力が活きて来るのか京都2000mは相性が良い。ましてや、シンハライトの半妹で母父シングスピールなら多少馬場が渋っても問題ないだろう。ローズSは経験がなかった内で揉まれる競馬で怯む場面もあったが、リスグラシューと僅差の勝負。中間も追われてからの反応が良く上積み十分。スムーズに立ち回れば。

ディアドラは紫苑Sでは辛口な寸評に終始したが、着差以上に強い競馬をしたのは確か。大味な競馬だったとはいえ、コーナー4つの小回りを経験して勝ち切ってる点は少なからず評価出来る。ハービンジャー産駒の割には切れる脚を使えるタイプで馬場が渋っても問題なさそう。追い切りでは手前を替えてからの伸びが力強く、出来の良さが窺える。

ラビットランは脚質的に良いとは思えない内回りの2番枠、あと1Fの距離延長が体型や血統的にどうかと思うが、月曜に坂路で自己ベストをマーク。最終追い切りは軽めに終始したが、手先の軽いフットワークで激走の反動はなさそう。本当は買うつもりはなかったが、他の馬に食指が動かなかったので押さえで。

ファンディーナはローズSに5本の追い切りをこなしては来たが、速い時計を一本も出してない。最終追い切りはCWから長めを追って負荷を掛けてはいるが、期待してた程の上積みは感じなかった。ローズSより状態が上向いてるのは確かだが、完調にはあと一歩という感じ。

モズカッチャンはスタンド前の発走を考慮して追い切りをセーブしてた節はあるが、それでも中間の時計の出し方に物足りなさが残る。他の有力馬が上積みや出来の良さを窺えるのに対して現状維持というか、あまり変わり身を感じない。タイプとして条件は向くが、あまり買う気になれなかったので。

紫苑S回顧では穴として好評価を与えた2、3着馬だが、よりにもよって17、18番枠と大外。余程力量が抜けているのなら兎も角、この枠では手を出しづらい。道悪適性の高さでメイショウオワラもチラッと考えたが、2000mは流石に長いと思うので。

馬券はアエロリット軸の馬連と3連複。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
83位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR