FC2ブログ

ダイヤモンドS・京都牝馬S

ダイヤモンドS
◎ユーキャンスマイル
○グローブシアター
▲ソールインパクト
△ピッツバーグ
△ララエクラテール

ユーキャンスマイルは条件戦上がりから挑んだ菊花賞では武豊の巧みな省エネ騎乗もあったが、3着に好走。年明け初戦の万葉Sも2着と長丁場で良さが出て来た。毎日杯でも直線で内へモタれたように右回りだと真っ直ぐ走らないが、今回は待望の左回り。

グローブシアターは半兄エピファネイア、全兄リオンディーズ、半弟サートゥルナーリアがいる超良血。兄弟に比べると出世は遅かったが、リオンディーズより気性面に成長が見られて長距離戦の適性を示してから軌道に乗った。浜中とは全4勝中3勝と相性が良い。

ソールインパクトは本質的にはステイヤーではないし、色気を持って動くと末が甘くなるが、折り合いが付く利点を活かして溜めに徹するとそれなりにこなせるのは昨年のこのレース3着で証明済み。ハンデは昨年と据え置きで休み明けでも息が持てば。

ピッツバーグは障害練習を取り入れた事で条件戦ながら成績が安定。最軽量49キロを活かして前々で運べれば。ララエクラテールは格上挑戦だったステイヤーズSで6着。そこからの5キロ減なら多少の前進があっても。

馬券はユーキャンスマイル・グローブシアター2頭軸の3連複で。


京都牝馬S
カイザーバル
ワントゥワン
リナーテ
ミスパンテール
ベルーガ
リバティハイツ

カイザーバルはこの条件で2戦2勝。元々、京都コースは秋華賞3着の実績があって崩れたのは道悪に泣いたこぶし賞のみ。大外枠は折り合い面で大きなマイナスだが、坂路では軽めながら軽快な動きで仕上がりは良い。

ワントゥワンは阪神Cでは前残りの展開と稍重馬場に切れを殺されて末脚不発に終わったが、それまでは3戦連続重賞2着と決め手の鋭さは牡馬相手でも通用するし、良馬場なら話は違う筈。相性の良いデムーロに戻れば巻き返しがあっても。

リナーテはターコイズSでも一瞬見せ場を作ったが、最後は甘くなって7着。マイルは微妙に長い印象だっただけに1400mに距離短縮するのはプラス。持ち時計がないのと洋芝実績から今の時計が掛かる馬場も合いそう。

ミスパンテールはヴィクトリアマイル以降は精彩を欠いていたが、ターコイズSで復活。坂路主体の調整に切り替えてからテンションが上がらなくなってるのがプラスに働いている。実績を鑑みれば56キロで出走出来るのもプラス。

ベルーガはファンタジーS後は故障休養を強いられたが、昨年秋に復帰して3、5着。前走は1200mで追走が忙しかっただけに実績のある1400mへの距離延長は合う。差しが間に合う展開になれば。

リバティハイツはクイーンSで惨敗した時は3歳牝馬にありがちなトライアルのみの一発屋という印象を持ったが、メンコを装着して落ち着きが出た秋2戦は3、2着。特にターコイズSは壁がなくても折り合えた。

馬券は馬連ボックスで。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の情報

今週末は中央地方共に産駒の出走馬はなし。一昨日、インスタイルが浦和で出走して2着。マイルは微妙に長い感じかな。

ワンダーリーデルはやはりフェブラリーSに回って来た。相手は超強力、マイルは2年ぶりの出走と条件は厳しいが、ここ3戦の内容からして全く歯が立たないとは思わない。スムーズに立ち回れるなら着は拾える筈。

サイモンラムセスは師範代で小倉大賞典へ。タニノフランケルだけでなく、マルターズアポジー、マイスタイル、ケイティクレバーと同型馬多数。ハンデ差があっても、展開面で厳しくなりそう。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

2019年度新種牡馬~Part4~

ヴァンセンヌ(産駒数40)
父ディープインパクト
母フラワーパーク
母父ニホンピロウイナー
主な戦績・・・東京新聞杯、安田記念2着

GⅠ2勝馬フラワーパークが産んだ唯一の重賞馬。度重なる故障で3歳春~5歳夏の大半を棒に振ったが、秋に復帰すると4連勝して重賞馬に。安田記念も2着と好走したが、秋に屈腱炎を再発して引退。
引退後はレックスで種牡馬入り。30万という種付け料の安さもあって、初年度から60→50→50と実績の割には安定した種付け頭数を確保。
交配相手で重賞馬はアルーリングアクト(半姉アルーリングボイス)。他の注目産駒はショコットの孫、プレイリークイーンの孫、サミーミラクルの姪、ピースオブワールドの近親、ケイアイガードの甥、ショウナンタイムの孫か。


ウインバリアシオン(産駒数21)
父ハーツクライ
母スーパーバレリーナ
母父ストームバード
主な戦績・・・日経賞、青葉賞、ダービー2着

父譲りの末脚を武器に青葉賞以降は重賞戦線で堅実に走ったが、同期にオルフェーヴルがいたのが運の尽き。4度のGⅠ2着の内、3戦の勝ち馬はオルフェーヴル。生まれた時代が悪すぎた典型例。
引退直後は種牡馬入りか乗馬かで紆余曲折あったが、青森で種牡馬入り。青森で供用されたサンデー系種牡馬では実績最上位クラスもあって、種付け頭数は初年度から35→51→48。青森の希望の星となれるか。
注目産駒はジョイフルスマイルの半弟、フロンテアクイーンの近親、クロカミの姪、マヨノエンゼルの半妹と甥、シルバーサーベルの近親、タイセイレジェンドの甥か。


タイセイレジェンド(産駒数18)
父キングカメハメハ
母シャープキック
母父メジロマックイーン
主な戦績・・・JBCスプリント、東京盃、クラスターC

3歳夏からダート路線に転向し、5歳時のJBCスプリントを勝利。ホッコータルマエ、ハタノヴァンクール、ソリタリーキング等と共にキンカメの地方リーディング躍進に貢献した。
引退後は優駿SSで種牡馬入りしたが、ホッコータルマエのような絶対的王者でなかったのと、地味な血統構成が災いして初年度から23→17→15と苦戦中。
注目産駒はキクノアポロの姪、スーパーマックスの姪、カツゲキキトキトの近親、アラホウトクの曾孫か。


ノーザンリバー(産駒数17)
父アグネスタキオン
母ソニンク
母父マキャヴェリアン
主な戦績・・・さきたま杯2回、東京盃、アーリントンC

アーリントンCを勝つ等、3歳春クラシック路線を歩んだが、長期休養後はダート短距離路線に転向。7歳で引退するまでカペラS、交流重賞4勝を挙げる活躍。
引退後はタイセイレジェンドと同じく優駿SSで種牡馬入りし、初年度は31頭に種付け。しかし、種付け料を挙げた途端、10頭に激減。昨年は種付け料を戻したが、僅か2頭と風前の灯火状態に。
注目産駒はサウスヴィグラスの姪、サヤカチャンの半弟、ワールドクリークの近親、カフェオリンポスの姪か。


他にはキンカメ産駒初の交流GⅠ馬ハタノヴァンクール(産駒数16)、ステゴ系種牡馬第3の男オーシャンブルー(産駒数13)、マルセリーナの半兄グランデッツァ(産駒数13)、酒井学に初のGⅠ勝利をもたらしたニホンピロアワーズ(産駒数12)、2年以降は種付け頭数40頭台と巻き返したコパノリチャード(産駒数10)、交流GⅠとはいえ、和田にテイエムオペラオー以来のGⅠ勝利をもたらしたワンダーアキュート(産駒数9)、先日亡くなったエイシンサンディの後継種牡馬セイクリムズン(産駒数6)、マンカフェ産駒の冬将軍ガルボ(産駒数5)等が種牡馬デビュー。

今年の新種牡馬は例年よりかなり多い上にマイナー種牡馬にもそれなりの需要がある豪華なラインナップ。まぁ繁殖牝馬の質量からしてキズナとエピファネイアが内国産種牡馬のエース候補だろう。ゴールドシップはビッグレッドのバックアップを受けているとはいえ、2歳戦向きとは思えないステイヤーのイメージを払拭出来るかどうか。
社台のリーズナブル枠ではリアルインパクトは残留してるが、フェノーメノとスピルバーグはデビュー前から異動してスタートダッシュに全てが懸かる状況。かと思えば、青森の繁殖牝馬の約3分の1を確保したウインバリアシオンみたいな事態もあったりとなかなか例年にない構図。
変わり種と言えば、マルゼンスキー~スズカコバン~クラキングオーの流れを継ぐクラグオー(産駒数2)。道営でしぶとく受け継がれてるロマンの縮図の血統だけに、後継種牡馬となれる産駒が出るか注目したい。

次回から輸入種牡馬の紹介になります。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

共同通信杯・クイーンC回顧

共同通信杯は昨年の最優秀2歳牡馬アドマイヤマーズの始動戦となる筈だったが、2着に敗れて連勝は4でストップ。初の1800m戦、少頭数で逃げる形の難しいレースを強いられたのもあるが、切れるディープ産駒相手に上がり3Fの瞬発力勝負では分が悪い事を露呈。

他に逃げ馬はおろか、先行馬らしい先行馬もいなかったのも不運だった。ハナに立った後は前に馬がいない事に戸惑った感じで序盤はやや力みながらの逃げ。それでも中盤まで後続を引き付け、直線に向いたところで一気にペースアップ。しかし、距離損なく立ち回って内を掬った勝ち馬の瞬発力に抗し切れず。
完敗ではあったが、それでも3着以下には4馬身差を付けており、能力の確かさは証明出来た。距離を意識したペース配分だったが、もう少し締まった持続力勝負であれば押し切れたかもしれない。この辺りは良くも悪くも典型的なダイワメジャー産駒と言えよう。距離に関しては2000mが上限だろう。

無傷の3連勝となったダノンキングリー。道中は逃げた2着馬を前に置いての3番手から折り合い重視。4コーナーまで2着馬の後ろをピッタリ回り、直線は勝ち馬の内を掬って32.9の瞬発力で競り落としての完勝。
戸崎なら距離を意識して中途半端な位置取りになって差し損ねると思っていたが、申し分のない立ち回り。前に人気の2着馬を見ながら脚を溜められる理想的な展開だったとはいえ、これだけの決め脚を使えたのは予想外。これも距離が延びてどうかという課題はあるが、マイラーとしての資質は相当高い。

3着クラージュゲリエは出たなりの競馬から控えて道中は中団。折り合いはスムーズだったが、勝負所から反応が鈍くなって直線入り口のペースアップに置かれ気味。それでも、ジリジリ伸びて3着は確保。
プラス12キロでも太くは見えなかったが、3~4コーナーで反応が悪かったのは休み明けの分だろう。とはいえ、一定レベルの決め手を有してるとはいえ、広いコースでの瞬発力勝負は畑違いだったようで。小回りなら巻き返す余地はありそうだが。

フォッサマグナは序盤は2番手から2着馬を見ながらの追走。序盤は少し力んだが、その後はガッチリと折り合い、直線では2着馬より追い出しを遅らせたが、使えた脚は一瞬のみ。休み明けでいきなり重賞というのも厳しい条件だったが、現状ではマイル以下の馬。

馬券の方はというと、クラージュゲリエの人気がそれ程なくて(4番人気とは思わなかった)ワイドも想像よりついてたのでアドマイヤとの馬連とワイドに切り替えた。ワイドのみの的中だったが、ガミらなかったので俺の中ではヨシとしとくw


クイーンCは阪神JF2着馬クロノジェネシス、3着馬ビーチサンバの再戦となり、結果としては至極順当な決着となったが、2頭の力量差は着差以上に開いてたと言える内容。少なくとも、余程の事がない限り桜花賞で逆転する事はないだろう。

阪神JFでは出遅れて追い込み競馬となったが、今回は五分のスタートを切って道中は中団の外目。壁を作れなかったが、スローペースでもこの馬なりに折り合いを付けて上々の行きっぷり。直線は2着馬の脚色を見極めてから追い出す余裕で抜け出した後は手綱を緩めての完勝。
スタートを決めたのもあるが、スロー上がり勝負にも問題なく対応。阪神JFでは距離適性に疑問を感じて無印にして痛い目に遭ったが、これで普通に問題ない事が判った(今更)。本番ではもう少し締まった流れになると思うし、レースはしやすくなる筈。桜花賞はデータ不利の直行となるが、軽くは扱えない。

2着ビーチサンバは事もあろうに出遅れて最後方。道中はリズム重視で脚を溜めるだけ溜め、4コーナーで外目に出して集団に接近。直線は大外からしっかり脚を使ったが、勝ち馬との追い比べで優位に立てないままクビ差届かず。
1キロの斤量差と操縦性のしやすさから勝ち馬を逆転出来るかもと期待しての本命だったが、出遅れた時点で勝ちはなくなったわけで。直線の追い比べでも勝ち馬に迫れば迫るだけ伸びるという奥の深さを見せ付けられての完敗。本賞金は加算出来たが、クラシック戦線から一歩後退。

3着ジョディーはスタートから出して行ってハナへ。後続にプレッシャーを掛けられる事もなくマイペースの逃げを打ち、直線も二枚腰を使ってしぶとく粘った。1、2着馬には格の違いを見せつけられたが、この馬自身も33.9で纏めており、自分の力は出せた。やはり、東京マイルで単騎で行かせるとしぶとい。

カレンブーケドールは若干行きたがったのもあって道中は中団に控えて折り合い重視。4コーナーで先団を射程内に捉えたが、後ろからの1、2着馬にも抜かれて逃げ粘る3着馬も交わせず。この馬なりに力は出せたと思うが、現状では重賞では力不足。

レッドベルディエスはスタートで出遅れ、挽回したら行きたがって宥めながらの追走。4コーナーではズブさを出して置かれ、直線は何とか掲示板を確保する程度。未勝利戦の勝ちっぷりから穴人気してたが、ブロンデルが想像通りのポンコツで馬券的にはGJ。ここまでガチのポンコツってマシューズ以来な気がする。

マドラスチェックやマジックリアリズムは現状では力不足。ミリオンドリームズは左回りのコーナリングが下手でスタミナを消耗したし、こうした馬場も向いてなかった。中山開催なら何とかなるかもだが、基本は洋芝専用機っぽい。

馬券はジョディーが3着に残って本線での的中となり、先週の負けも取り返せた。これで流れは止まったと言えないが、少なくとも2月一杯は入金する必要はなさそうで何よりw

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2019リーディングサイアー~2月11日現在~

1ディープインパクト
2ステイゴールド
3ロードカナロア
4ルーラーシップ
5キングカメハメハ
6ダイワメジャー
7マンハッタンカフェ
8ハーツクライ
9クロフネ
10ハービンジャー
11ゴールドアリュール
12エンパイアメーカー
13キンシャサノキセキ
14オルフェーヴル
15ヴィクトワールピサ
16ヘニーヒューズ
17ノヴェリスト
18サウスヴィグラス
19ネオユニヴァース
20ディープブリランテ




ダノンキングリーの共同通信杯勝利等、変則開催で6勝を挙げたディープがステゴとの賞金差を3億3000万に拡大。JRA重賞も今年3勝目でトップのステゴに並んだ。

ダンビュライトの京都記念勝利で3年連続JRA重賞勝利を達成したルーラーシップが父キンカメを交わしてトップ5入り。なんか、キンカメ親子がトロイカ体制でディープ、ステゴを追う構図になってきたな。

日曜東京4Rでテトラルキアが勝利し、ハーツがJRA通算900勝達成。更に3勝を加算して903勝とし、1勝止まりだったダメジャー(901勝)を逆転。JRA通算1000勝はどちらが先に達成するかな?

クロノジェネシスのクイーンC勝利でバゴが119位から35位に躍進。JRA重賞勝利は2017年京成杯(コマノインパルス)以来6勝目。種付け頭数は2012年以降、増加と減少を繰り返しており(58→36→72→47→22→51→37)今年は減少のパターンだが、クロノジェネシスの活躍次第で増加になるかも。

今日は振休で暇だったので早めに投下。時間があれば本日中に2重賞の回顧も投下出来るかも。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR