2017リーディングサイアー~11月19日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ステイゴールド
4ダイワメジャー
5ハーツクライ
6ハービンジャー
7クロフネ
8マンハッタンカフェ
9アドマイヤムーン
10ゴールドアリュール
11ネオユニヴァース
12ブラックタイド
13ルーラーシップ
14キンシャサノキセキ
15エンパイアメーカー
16シンボリクリスエス
17ゼンノロブロイ
18サウスヴィグラス
19メイショウボーラー
20ヴィクトワールピサ




日曜京都5Rでフランツが勝利し、ディープ産駒が史上6頭目となるJRA通算1500勝達成。7年5ヶ月での達成はキンカメの8年6ヶ月26日を塗り替える史上最速。

ペルシアンナイトのマイルCS勝利でハービンジャーがクロフネを交わした。出走馬がいなかった菊花賞以外の京都秋GⅠ3勝で自己最高順位更新は確実か。

東京で2勝、シャルルマーニュの東スポ杯2歳S3着でヴィクトワールピサが一週で返り咲き。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マイルCS回顧

元々、一度ノリ始めると手が付けられなくなる傾向はあったが、今年のGⅠ戦線におけるミルコ・デムーロの無双っぷりはフレッド・アーチャーかサー・ゴードン・リチャーズの霊でも憑りついてるんじゃないかと思える。まだ一ヶ月以上残ってる時点で最多タイ記録となるJRAGⅠ年間6勝目。更に10戦連続GⅠ実施機会3着以内、12週連続重賞実施機会3着以内とか、食傷気味な一方で何処まで伸びるか見てみたい気もする。

今回の相棒で17年振りの3歳での勝利馬となったペルシアンナイト。大外枠でスタートは五分に出たが、内の馬も出たのでデムーロの選択肢は一気に後ろに下げつつ内に入っての待機策。折り合いを付けて4コーナーまで動かずに脚を溜め、直線は空いてるスペースから外へ持ち出し、先に抜け出した2着馬をゴール寸前で捕らえた。
予想通り、晴れても馬場の回復は稍重まで。雨の影響で軽さが薄れてる今の京都はハービンジャー産駒のこの馬に適してたが、その中でも瞬発力があるタイプ。坂の下りまで受け流して末脚勝負に徹し、瞬発力を引き出したデムーロの好騎乗だろう。

2着エアスピネルはスタートからジワッと行き脚を付けて中団前目から。馬群の中に入って折り合いを付け、坂の下りも動かずにゆっくり下り、4コーナーで外へ。満を持して追い出された直線残り1Fで先頭に立ったが、そこからソラを使ったのもあってゴール寸前で勝ち馬の強襲に屈した。
直前での乗り替わりだったが、ムーアはソツなく立ちまわれてた。富士Sで見られたちょくちょく手前を替える仕草もなかったが、反応が良すぎて先頭に立つのが早すぎた。個人的にはもう一拍追い出しを待つか、もう一列後ろからの競馬を見たかったが・・・

3着サングレーザーは内枠から無理せず中団待機。道中は前のエアスピネルをマークしつつ、内のレッドファルクスに蓋をする形。直線は2着馬の外へ出してジワジワ脚を伸ばしたが、内を掬った勝ち馬に追い比べで伸び負けた。
俺の中では買えない馬だったが、4コーナーまではこの馬としては理想的な立ち回りだったと思う。結果論だが、直線入り口で外へ持ち出すのが早かった。イスラボニータに不利を与えた事ではなく、真に致命傷となったのが出した事で出来たスペースを勝ち馬に通られた事。勝負勘に優れてるのとそうでない騎手の差が出たと言える。

レーヌミノルはスタートを決めて楽な形で好位へ。平均ペースで流れたのもあって折り合いも付いて4コーナーからジワッとスパート。他の先団グループの脚が止まる中、2着馬の内で食い下がってあわやの場面を作った。
最後は少し止まってしまったが、回転の速いフォームが今日のような馬場に向いてるのは桜花賞で実証済み。俺の中ではスプリンター寄りと結論は出たが、そのスピード能力は早熟ではなかった。あと一息だったなぁ。

イスラボニータはスタートは2着馬より速かったが、そこから控えて道中は2着馬より後ろの位置取りでマークする競馬。4コーナーで早めに外へ回したが、これが裏目。3着馬に寄られて弾かれたウインガニオンと接触してバランスを崩し、立て直してから再度追い出すロスが響いて5着まで。安田記念に続いてまたしてもスムーズさを欠いた。

クルーガーはスタート五分も、富士Sと同様に行き脚が付かずに後方からの競馬。4コーナーからイスラボニータの外を通って進出を開始し、直線は大外から脚を伸ばして来たが、富士Sと違って他の馬の伸び脚も止まらなかったのもあって流れ込むまで。

レッドファルクスはスプリンターズSと同様にスタートは出たが、二の脚が鈍くて後方からの競馬。内々で折り合いを付けていたが、やや促し気味の追走でリズムはそれ程良くなく。直線は内を狙おうとしたが、上手く行かずややスムーズさを欠いたが、スムーズでも突き抜けたか微妙。陣営の泣き通り、京都は向いてなかった。

サトノアラジンは追い切り段階から出来落ちの印象だったし、このような渋った馬場では本来の末脚を使えず。戦意喪失した天皇賞の反動が想像以上にあって復調に時間が掛かるかも。マルターズアポジーは注文通りハナを切り、平均ペースで引っ張ったものの、4コーナーでダノンメジャーにプレッシャーを掛けられて引き離す事が出来ず。自分の型に持ち込めないと脆い弱点が出た。

レーヌミノルが3着なら3連複も仕留めて大勝利だったが、ひとまず秋GⅠの連敗はストップ。ひとまず流れは止めたのでここから仕切り直しと行きたいね。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(11月18日、19日)

11月18日
福島
10R伊達特別(ダート1700m)
ライフトップガン
14番人気9着


11月19日
東京
7R3歳上500万下(ダート1600m)
オーシャンビュー
8番人気5着




オーシャンビューは芝の部分でスピードに乗れなかったなぁ。直線はそれなりに脚を使って伸びて来ただけに残念。

福島民友Cのブラゾンドゥリスは4着。勝負所で手応えが怪しくなったが、外に出してから盛り返して来た。外枠引いてれば砂を被らずに走れたかもだが、復調気配を見せてくれて良かった。


来週の特別登録馬はいません

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

マイルCS

◎エアスピネル
○レッドファルクス
▲クルーガー
△マルターズアポジー
△イスラボニータ
△ペルシアンナイト
△レーヌミノル

エアスピネルは土壇場で武豊からムーアに乗り替わるイレギュラーがあったが、京都マイルはデイリー杯と京都金杯を勝利し、マイラーズC2着と重賞で連を外していない。明らかに距離が長かった菊花賞でも3着と京都適性も高く、今日の段階で重馬場まで悪化し、明日は晴予報だが気温が上がらなさそうで渋化が残りそうな馬場もこの馬には都合が良い。追い切りでは併走馬を追い掛ける形で自己ベストに近いタイムで先着と出来も万全。

レッドファルクスはダート暮らし時代も含めて京都コースは初。マイル戦もあって陣営は泣きが入ってるが、完調手前の状態で大外から一気の差し切り勝ちを決めたスプリンターズSが圧巻。追い切りではデムーロ弟を背に手前を替えてから仕掛けられると一気に突き放す鋭い動きで着実に上向いてる。マイルで勝ち星がないとはいえ、安田記念ではスムーズさを欠きながら0.1秒差の3着。前が引っ張る流れも向きそう。

クルーガーは不良馬場だった富士Sでは道悪適性の高さを見せ、直線で猛然と追い込んで3着。エアスピネルにも言える事がだが、完歩の小さいピッチ気味の走法で渋化が残りそうな馬場は持って来いと言える。何より、使い込めないタイプの馬が2週連続で坂路一杯と中4週でもキッチリ乗り込めてて伸び脚も豪快。出来に関しては文句なし。シュタルケというのが難点だが、京都コースは長期休み明けだったマイラーズC以外崩れてない。

マルターズアポジーは関屋記念と同様にウインガニオンとの兼ね合いになるが、あちらは休み明けでの大外枠。ロケットスタートさえ決めてしまえば、先手を奪って自分のペースに持ち込める。京王杯AHでは4着に敗れたが、58キロを背負って同型馬を軒並み潰したところを自分よりハンデの軽い馬に差し込まれる負けて強しの競馬。追い切りでは内にモタれてはいたが、フットワーク自体は豪快。型にハマれば怖い1頭。

イスラボニータは苦手だった不良馬場となった富士Sでは道悪適性の差でエアスピネルに完敗だったが、一定の回復が見込める明日はその差が小さくなる。京都コースはマイラーズCを勝ち、過去2年のこのレースで3、2着と好相性。追い切りでは1週前にウッドコースで好時計を出し、最終追い切りでは馬なりで併入と軽めだったが、しっかりと仕上がってる雰囲気。昨年の富士S以降、スムーズさを欠いた安田記念以外は崩れてない堅実さはここでも。

ペルシアンナイトは富士Sでは人気を裏切って5着と敗れたが、不良馬場に泣かされたし休み明けで反応が今一つだったのもあった。今回は叩き2戦目で馬場もこなせるレベルというか、ハービンジャー産駒なら逆に得意と言えるコンディションか。追い切りでは馬なりで併入、動きも特に目を引くものではなかったが、力を出せる仕上がり。まぁ、この馬を買う一番の要因はデムーロ騎乗なんだが。

大穴ならレーヌミノルか。桜花賞以外は惨敗続きだが、それ以降はいずれも1800m以上と完全に守備範囲外の距離。本質的にはスプリンターという可能性もあるが、マイル以下では同世代のみとはいえ大崩れがない。2週連続CWで一杯に追って負荷を更に掛けており、回転の速いフットワークから出来自体は決して悪くない。

馬券はセオリー通りにエアスピネル軸の馬連と3連複。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

東スポ杯2歳S・アンドロメダS

鶴ひろみが・・・
ドラゴンボールのブルマ、アンパンマンのドキンちゃん、きまオレのまどか、らんまの右京、GS美神の令子・・・リアルタイムでアニメを見てた世代としては、気の強い女性役の声優と言えばまずはこの人だった。10年くらい前からアニメを見る機会がめっきり減って声優に関する知識が一定の段階でストップしており、また一人知ってる声優が亡くなってしまったのは酷くショック。合掌m(__)m

東スポ杯2歳S
◎ワグネリアン
○ルーカス
▲カフジバンガード
△コスモイグナーツ

ここは買うレースではなくて見るレース。ヘンリーバローズ(PO馬)との一騎打ちとなったデビュー戦は超スローの上がり勝負で非凡な瞬発力を見せ、野路菊Sでは重馬場をモノともせずにアッサリ抜け出した。ここも大きくは崩れまい。3連勝濃厚だろう。

ルーカスはモーリスの全弟。デビュー戦では早めに先団に取り付いて上がり最速で押し切る強い勝ちっぷり。そこから一息入れてここに照準を合わせて来た。完成するのは先の話になりそうだが、ワグネリアン以外には負けられない。

一発があるとすればカフジバンガードか。明日は雨予報で馬場悪化はドロドロの不良馬場で6馬身差の圧勝だったこの馬にとっては好都合。あとはアイビーSで良血馬相手に逃げ切ったコスモイグナーツの単騎逃げにも注意したい。

馬券は3連複2頭軸の2点とルーカスが飛ぶパターンを想定したワグネリアン1着固定の3連単流し。


アンドロメダS
◎グァンチャーレ
○ストロングタイタン
▲ウインフルブルーム
△メドウラーク
△ブラックバゴ

2000mがどうかだが、京都得意で道悪もこなせるグァンチャーレから。ハンデ戦で別定戦より1キロ軽くなる斤量も魅力。馬連と3連複で。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
83位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR