FC2ブログ

セントライト記念回顧

番手に控えた事で折り合いを欠いて惨敗したダービーの二の舞にはならず。ジェネラーレウーノが番手追走から直線半ばで抜け出し、京成杯に続いて重賞2勝目。秋競馬開幕当初はらしくなかったが、中山の神・田辺裕信は健在だった(この日、中山で5戦4勝)。

ハナを切ろうとしたところでタニノフランケルが突っ掛けて一気に先頭を奪った事で付き合わずに番手から。それでも、ダービーみたく折り合いを欠く事もなかったし、10馬身近く離れた番手で実質単騎逃げの状態。3~4コーナーからジワッとスパートし、坂で脚が止まった逃げ馬を交わし、2着馬の追撃も寄せ付けず。
最初は「それじゃ、ダービーと同じだろ」と思ったが、今回は自分のリズムを崩す事なく最後まで集中力を保つ事が出来た。速い上がりを使えない点で菊花賞は適性からやや外れてる気もするが、早めの競馬でしぶとさを活かせるようなら。

2着レイエンダはスタートは出たが、大外枠もあって前半は中団のやや後ろ。他の有力馬を見ながら脚を溜め、3~4コーナーのコーナリングも必要最小限に回り、直線では好位の一角。直線もしっかり伸びて来たが、先に抜け出した勝ち馬には届かず。
内枠ならもう少し前目の位置を取れて早めに動いて行けたと思うが、自分のペースで上手く立ち回った勝ち馬とは枠と経験の差が出ただけの2着。経験のない特殊な展開でも上手な競馬をしており、操縦性に関しては兄より上。出走するか微妙だが、京都コースも兄より対応出来そう。

3着グレイルは相変わらずスタート一息で道中は後方2番手。勝負所でも仕掛けられても反応が鈍かったが、一貫して内ラチ沿いに張り付いて距離を稼ぎ、直線は馬群を割る形でスペースの出来た外から脚を伸ばして急追。
休み明けでもうひと追い欲しい感じの仕上がりもあってか、勝負所でスッと動けなかったが、上がりは2着馬を上回った。左回りでは脚を使えないが、右回りなら違う。ただ、菊花賞に向かうかは流動的。

ブレステイキングはスタートが決まって良いポジションを取る事が出来、行きたい馬を先に行かせての好位の後ろ。折り合いも特に問題なかったが、勝負所ではやや反応が鈍かった。それでも直線では2着馬との追い比べに持ち込んだが、坂上で競り落とされた。
10キロ増で幾分テンションが高かった割には比較的上手な競馬が出来ていた。これで次は変わって来そうな雰囲気だが、如何せん2勝馬で菊花賞出走は難しい状況。痛恨のハナ差4着だった。

オウケンムーンはスタートは出たが、二の脚が付かずに道中は最後方。腹を括っての直線勝負に賭け、直線は大外へ持ち出してメンバー最速の上がりで掲示板を確保。春二冠は全く良いところがなかったが、それなりに巻き返して来た。オウケンブルースリ産駒という異系血脈なだけに、菊花賞は大穴候補として残しておく。

コズミックフォースはブレステイキングと同様の好スタートから楽な形で好位の後ろ。道中も内々でしっかり脚を溜めて流れに乗れてたし、4コーナーではブレステイキングより反応は良かったが、直線の追い比べでは手応え劣勢で坂下で脱落。休み明けとはいえ、ロスのない競馬で掲示板にも載らなかったのはガッカリ。

ゼーゲンやダブルフラットは重賞ではまだまだ力不足。タニノフランケルはハナを切る事には成功したが、ペースを上げるタイミングが早すぎた。ギベオンは好位でロスなく運べたが、直線で逆噴射。2200mはこの馬には長すぎるようだ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

四位洋文、調教師試験受験。山本KID、ガンで死去。

受験前に公表した蛯名正義に続いて四位洋文も調教師試験を受験した事が明らかに。このニュースを知った後で「そういや、秋競馬が開幕してから騎乗してなかったな」と思い返した。
スワーヴリチャードを降ろされてから、エテルナミノルとヒルノデイバロー、関西遠征で連続3着のクインズサターンくらいしか目立ったお手馬がおらず、2、3年前まで維持してた存在感がめっきり薄くなってからなぁ。
中舘英二や武幸四郎も何度か落とされてた筈だし、一発で受かるは微妙かもしれんが、合格して騎手引退となると一抹の寂しさを感じるんだろうな。そういや、村田一誠も9月から騎乗してないみたいだが、もしかしたら調教師試験を受験したのかもしれない。


山本KIDがガンで死去。先月下旬にガンで闘病中と公表してから1ヶ月も経たないのに・・・俺と同年代ってのもあるけど、余りにも早すぎる。
K-1ルール初挑戦ながら、魔裟斗に善戦した事もあった村浜武洋相手に圧倒的なスピードの差を見せつけて圧倒したK-1デビュー戦とHERO’Sで宮田和幸を開始早々の跳び膝蹴り一発で沈めた試合は衝撃的だった。
中量級でも決して恵まれた体格ではなかったにも拘らず、圧倒的なスピードとパンチ力で相手を沈めて行く様は圧巻だった。1度目の魔裟斗との試合もローブローがなければK-1ルールで魔裟斗に勝っていたかもしれない。
自身を神の子呼ばわりしたビッグマウスに見合った実力を備え、あれだけギラついたオーラを撒き散らしてた日本人格闘家はKIDだけだった。それ故に、北京オリンピックを目指した天皇杯で右ひじを脱臼、プロ復帰後に右ひざの靭帯を断裂してから故障がちになって精彩を欠いていったのが残念でならない。

これだけのカリスマ性を持ってた日本人格闘家は二度と現れないだろう。合掌m(__)m

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

2018リーディングサイアー~9月17日現在~

1ディープインパクト
2ハーツクライ
3ステイゴールド
4キングカメハメハ
5ダイワメジャー
6ハービンジャー
7ルーラーシップ
8ロードカナロア
9クロフネ
10マンハッタンカフェ
11ゴールドアリュール
12キンシャサノキセキ
13オルフェーヴル
14エンパイアメーカー
15アドマイヤムーン
16シンボリクリスエス
17ヴィクトワールピサ
18ブラックタイド
19ネオユニヴァース
20ゼンノロブロイ




月曜中山12Rでダイワギャバンが勝利し、ディープがJRA通算1712勝目。前週時点で5勝差に迫ってたブライアンズタイムを抜いて歴代単独4位に。更にカンタービレのローズS勝利でJRA重賞通算180勝目。

2位争いは3日開催で5勝、グレイルのセントライト記念3着等で賞金を加算したハーツが3日開催未勝利に終わったステゴとの賞金差を4600万強に広げて一歩リード。

アップトゥデイトの阪神ジャンプS勝利でクロフネがJRA重賞通算40勝達成。

ジェネラーレウーノのセントライト記念勝利でスクリーンヒーローが25位にランクアップ。

日曜中山1Rでケイゴールドが勝利し、サムライハートがJRA通算100勝達成。種牡馬入りした2008年から5年連続100頭オーバーの種付け頭数だったが、昨年は遂に10頭にまで減少。道営重賞11勝のオヤコダカ、今年の東京ダービー2着馬クリスタルシルバー等、地方では何頭か活躍馬が出ているんだが。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

ローズS回顧

予想の段階ではサラキア1軸の3連複だけ買うつもりだったが、何となく胸騒ぎがしたので土壇場でサトノワルキューレを抜いた馬連買い足したお陰で「秋山ふざけんなァーーーッ!!」と発狂せずに済んだ(十二分にムカつきはしたが)。
GⅠ以外は重賞も特別も一律2000円で買ってたけど、この縛りがキツくなって来たというか、紫苑Sもこの縛りがあって馬連取り損ねたので重賞は上限3000円に引き上げましたテヘペロw

惨敗したオークスから巻き返したカンタービレ。好スタートを切って好位からスッと番手に位置取りを上げて逃げ馬が極端なスローに落とさせない様にプレッシャー。3~4コーナーで早々と先頭に並び掛け、直線入り口で先頭に躍り出ると一気にリードを広げて後続の追撃を抑え切った。
これで1800mは3戦3勝。ルメールがノリがペースをコントロールすると察知したのか、すかさず後ろに付けて上手く利用したのもあるが、この距離が最も合うのだろう。あと1Fの距離延長と鞍上次第となるが、好位を取れる機動力の高さは秋華賞でも大きな武器となる。

2着サラキアはスタートで出遅れたが、春と違ったのは二の脚が付いてすぐに挽回出来るようになった事。道中は中団に付け、いつでも動いて行ける外目を確保。4コーナーまで脚を溜め、直線もスムーズに外へ持ち出して末脚を伸ばして単独2着を確保。
ラスト3Fを11.0‐10.8‐11.8と纏めた勝ち馬に追い付けなかったが、スタートの甘さをカバーし、動きたいところでスッと動けるようになった点で緩さが残ってた春からレース内容が大いに進展。極端な内枠でも引かない限り、秋華賞でも通用しそう。

3着ラテュロスは好スタートを切ったが、ハナを切らずに控えて好位のイン。この形でも折り合いが付いて脚を溜め、4コーナーから進出。直線で最内に潜り込んで脚を伸ばし、ゴール前の3着争いを制した。
阪神の外回りは未勝利戦を勝ち、阪神JFも6着に善戦してたとはいえ、この馬は流石にノーマーク。前のゴージャスランチが勝ち馬の外へ出して内が空いたところを突いた秋山のファインプレー(こちらとしては余計な事だったが)。

ゴージャスランチは春は課題だったスタートが決まると、出して行って内の馬の出方を窺いつつハナへ。勝ち馬が番手から早めにプレッシャーを掛けて来たのが誤算だったが、勝ち馬に先に動かれた後もしぶとく踏ん張った。
またしてもあと一歩で優先権利を取れなかったが、自分でレースを作る積極策で見せ場十分の競馬。成功しやすいミスプロのニックスを持つマンカフェ産駒。上手く成長すれば、いずれは重賞戦線で再度顔を出しても。

サトノワルキューレはスタートの出が悪いところへ内外から寄られたのもあって道中は最後方。外にウラヌスチャームがいた事もあって道中は内に入って末脚勝負に懸けたが、直線は途中から併せたウラヌスチャームにも後れを取っての6着。
後方一気が決まるような展開ではなく、1800mもこの馬には忙しかったと言えるが、この内容は物足りないというか、成長力が感じられなかった。秋華賞よりエリザベス女王杯で狙いたかったが、これでは重い印は打てない。

オールフォーラヴは好スタートを切ったが、外のゴージャスランチにハナを譲って控えるも、これが良くなかったか前半は少し行きたがる素振り。直線で2番手に上がりかけたところで脚が上がった。
序盤の入りでリズムを欠いた事で踏ん張れなかったが、春に減り続けた馬体は戻ったのでこれで変わってくるようなら。

ウスベニノキミは内枠から出して行ったが、この馬もこれが逆効果となった感じ。少し力んでしまったし、使える脚をなし崩し気味に使い切ってしまった。トーセンブレスは春と違って好位からレースを進めたが、これも直線に向いた時点で余力が残ってなかった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の情報

金沢のサパティアードは来月行われる西日本ダービーのトライアル・金沢門Cに出走したが、1、2着馬から離された3着。道中は離れた3番手で良い感じに見えたが、3~4コーナーでペプシに外から捲られてからリズムが崩れてしまった。まぁ3歳馬同士では上の能力なので今後も期待。

明日は金沢でライフトップガンが出走予定。近走は対戦経験がない相手ばかりだが、相手なりに走れるから大崩れはないと思う。

大井ではグランテイオーとベッラフレイバーが出走予定。2頭共、それなりに走れそうな感じ。

夏場は休養していたワンダーリーデルが帰厩。この路線は層が厚いから出走するだけで大変だろうが、太め残りだったOP初戦は悪くない内容。復帰戦に期待したい。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR