京都金杯回顧

東がベリーなら西はルメール。東西金杯は今年も重賞では外国人騎手をマークした方が良さそうと思わせる外国人騎手の競演となった。

勝ったエキストラエンドはマイルは初経験。しかも、いきなり出遅れた時点で終了かと思われたが、道中は後方2、3番手で脚を溜めると直線は迷わず内へ。ポッカリと空いた馬群の間を割って抜け出すと1番人気オースミナインの追撃を抑え切った。それにしても予想外の決め手であった。
これまでは血統面から2000~2400mを中心に使われていただけに、意外なところで選択肢が広がったと言える。半兄ローエングリンもかつては菊花賞に出走したが(豪快に逆噴射したけど)、中距離路線にシフトして成長した。この馬もそんなクチなのかもしれない。

2着オースミナインは出たなりの競馬で折り合いに専念してる内に勝ち馬と同じような位置取りという、想定よりかなり後ろの位置取りに。直線では勝ち馬と同じように内に潜り込んで脚を伸ばしたが、先に動いて抜け出した勝ち馬にとの差を詰め切れず。
ハンデを考慮されたのもあってか、押し出される感じで1番人気に支持されたのは意外だったが、初の重賞挑戦でこれだけ走れば合格点を与えられる。ディープインパクト産駒で今後も決め手が要求されるマイル戦では注意が必要だろう。

3着ガルボは好スタートを切ったが、意識的に控えて好位からの競馬。決め手がないだけにこうした競馬はどうかと思ったが、今回は最後まで止まる事なくしぶとく脚を伸ばした。やはり冬場のマイル戦では崩れない。
好位で脚を溜めても決め手がないのは相変わらずだが、今回は前半を受け流す事で終いも止まらずにしっかり脚を伸ばす事に繋がった。58キロを背負うと善戦止まりだったが、初めて馬券圏内に入れた意味で収穫はあったと言える。

ブレイズアトレイルは好スタートから外目の4番手に付けて流れに乗れた。直線での手応えも良く、一旦は先頭に立とうかという勢いだったが、ここで少し甘くなって差し込まれた。とはいえ、大敗した前走から巻き返して今後に目処は付けた。

2着に来た1番人気馬以外の人気馬は総崩れ。トーセンレーヴは休み明けもあってか、手応えに余裕があった割に直線では思ったほど切れず。前半で少し力んだのも影響したと思える。ここを叩いて次からか。

マイネルラクリマはスタートから前に行こうとしなかったが、前にいたガルボが控えた事で結果的に進路を締められる形となって手綱を引っ張り右往左往して後方に下がっては話にならない。内有利のトラックバイアスで先行粘り込みのお膳立てが整っていたのに、こうもお粗末に乗られるとは・・・

メイケイペガスターはスタートで出遅れ、挽回して集団に取り付いたところで外の馬に寄られて馬が暴発してバカ付いた時点で終了。力はあるんだが、気性面がヤバ過ぎる点でショウナンアルバとイメージが被る。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
74位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR