中山金杯回顧

名を捨てて実を取りに行ったオーシャンブルーがブリンカー効果もあったか、一昨年金鯱賞以来の勝利で見事に復活。不本意な成績だった昨年と違って幸先のいいスタートを切れた。

スタートはやや甘かったが、内枠だった事もあってスンナリと集団に取り付き、道中は中団後方のイン。3~4コーナーで馬群の中から上がって行こうとしたが、ここで馬群が凝縮した事もあって結局は最内へ。上手い具合に進路が空いたのもあるが、この馬らしいインからのチョイ差しが見事に決まった。
完全復活というには時期尚早だが、流石にこのメンバーでは力が一枚抜けていた。ベリー・中山・イン差しと言えば、昨年のAJCCの斜行が頭をよぎるが、流石に今回は問題なかった。ただ、危なっかしい場面が無いわけでもないので完全に信用は出来ない。

2着カルドブレッサは道中は勝ち馬の横でレースを進めていたが、3~4コーナーでは勝ち馬とは対照的に馬群の中を回って人気のディサイファを見る形。直線は大外を通って坂上から一気に脚を伸ばしたが、内を掬った勝ち馬に僅かに届かず。
逃げ馬が後続を離す縦長の展開に加え、上がりが掛かる馬場も味方して理想的な競馬は出来たと思う。これは内を掬った勝ち馬を褒めるしかないだろう。

3着ディサイファはプラス14キロだったが、前走で減らした馬体が回復したものだろう。道中は1、2着馬と並ぶ形中団後方の外目。3コーナーから動いて前にいたユニバーサルバンクを被せに掛かって直線入り口では4番手集団。しかし、直線では外へモタれて伸びあぐねてしまった。
中山では2着3着はあるが未勝利。条件戦を連勝してた時期も中山では負けており、あまり得意ではないのかもしれない。東京の1800m辺りがベストなのかもしれない。

マックスドリームはいつも通りというか、スタートからすぐに後方に下がって指定席とも言える最後方。勝負所から捲り気味に動いてディサイファの外にまで接近したが、そこから一緒に伸びあぐねてしまい、首の上げ下げで4着に競り負けた。
OP入りしてから小回りの中距離戦で捲るスタイルがパターンになってるが(マイルは合わなくなった)、どうにも歯痒いレースが続く。脚の使いどころをもう少しズラせば馬券圏内まで来れそうに思えるんだが・・・

ケイアイチョウサンは菊花賞以来で12キロ増えていたが、これはむしろ成長分だろう。大外からゆっくりゲートを出て最内に潜り込んで後方グループのインを追走。直線も最内を突いたが、前にいた勝ち馬にポジションに入られたので外に立て直すロスが響いた。
ラジオNIKKEI賞では上手くハマった最内強襲だが、基本的にイン強襲はどうしてもこのようなリスクが付き纏うし、この馬の場合は使える脚が一瞬しかないのが難点。

サクラアルディートはスタートで接触して後方に下がる不利。勝負所でも他の馬に先に動かれて仕掛けるタイミングを失い、直線も前が空かずに脚を余す形に。年が明けてもウチパクは乗れてないイメージ。

2番人気ユニバーサルバンクは勝負所で後方から上がって来たディサイファと一緒に動いて行ったが、直線ではアラアラ一杯の状態。外から被せられて嫌気を出したのかもしれないが、それにしても負け過ぎ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR