朝日杯FS

◎プレイアンドリアル
○アトム
▲ウインフルブルーム
△ツィンクルソード
△サトノロブロイ
△ベルカント


中山での開催は今年で最後の朝日杯FS。GⅠとしての価値は微妙なところだが、海千山千の面子に加えて内外の有利不利が大きいトリッキーなコース形態を踏まえた予想は案外面白かっただけに(当たり外れは兎も角)、何となく物悲しい思いがある。
とは言っても、今年の面子は唯一の重賞馬が牝馬のベルカントと今一つ小粒な印象は拭えず。今年の2歳戦は牝馬が席巻してたという状況も、これに拍車を掛けているのであろう。

外枠はあまり良い材料ではないが、東スポ杯2歳Sで地力の確かさを見せたプレイアンドリアルから入りたい。岡田総帥の吹きっぷりにネタ馬臭を感じたが、積極的な競馬から最後は差し返しての2着は経済コースを回った勝ち馬以上に高い評価が与えられる。先々は微妙なところだが、現時点でも完成度の高さを信頼したい。

デイリー杯2着のアトムは中間の動きが抜群に良い。1週前は自己ベストをマークして最終追いでは古馬OPのメテオロロジストに大きく先着。小回りの中山で上手く馬群を捌けるかが鍵になるが、3着以下を離してホウライアキコにクビ差まで迫った決め手の鋭さは流れが速くなりそうなここで活きるとみる。

ウインフルブルームはスタートダッシュの速さで勝負を決めた前走の勝ちっぷりが優秀。野路菊Sでは控える形となったが、クビ差の2着と好走してるように逃げなくとも競馬が出来る。プレイアンドリアルと共に内の逃げ馬を見ながらの好位追走でも問題ないだろう。

ツィンクルソードは1400mまでしか経験が無く、マイル適性があるかどうかだが、33秒台をマークしてる決め手の確かさはここでも上位。引っ張る馬がいる事で上手く脚を溜められる事が出来れば怖い。

サトノロブロイは中距離路線を使われていたので前半の流れに付いて行けることが条件になるが、1週前は古馬OPのタマモナイスプレイに先着し、最終追い切りでも馬場の悪い状況で併せ馬に先着。出来の良さに期待したい。

ベルカントは最内枠で労せずラチ沿いを頼っての逃げが打てるだろう。ただ、距離適性に関しては疑問が残るし、気性面が激しいのでテンションが上がってしまうと一気に止まってしまう可能性もある。一応、印は打ったがパドックの気配を見るまで何とも言えない。


アジアエクスプレスはメンバーの小粒さもあって意外に人気を集めたが、追い切りの動きを見た感じでは完全なダート馬の体型。過去にオープニングテーマがダート路線から2着に来たが、この人気では狙いにくい。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR