第27回WSJSは初日4位のヒューズが逆転優勝

出走馬の質が微妙な事もあって、最後まで誰が優勝するか読めなかったWSJSは初出場のリチャード・ヒューズが初日4位からの逆転優勝を決めた。
初日のGサドルTは13着に沈んだが(何故かBランクだったけど)、GブライドルTで2着に入り4位で折り返すと、2日目のGブーツTでは11番人気ウエスタンレベッカで勝利し、オーラスのGホイップTではスタートで思いっきり出遅れた13番人気ショウナンマハを3着に押し上げてスマレンの追撃を凌ぎ切った。2戦目以降は追い出してからの推進力がずば抜けていたし、前が塞がりかけたところで修正しながら追って来るショウナンマハの追い込みはたまげた。日本人なら塞がって終わりだっただろう。流石にイギリスで2年連続リーディングは伊達ではない。

2位は初日7位から追い上げたアイルランドのパトリック・スマレン。これも最初のGサドルTは良いところなかったが、2戦目で5着に纏めて巻き返し、2日目は夏以降低迷していたウインアルザスを3着に残し、GホイップTでは人気のオースミナインをキッチリ勝たせた。前半を緩く入って後続が迫って来たところでペースを釣り上げて逃げ込みを図ったGブーツTは良く持たせたと思う。

3位は勝利こそなかったが、4戦中3戦で2~4着に持って来たドイツのアンドレアシュ・シュタルケ。春の短期免許で来てた時はトーセンレーヴ、ラトルスネーク、アイムユアーズ、フルーキーを着外に沈めてパッとしなかった印象だが、これで面目躍如といったところか。

日本人では戸崎圭太が4位。GサドルTでは人気のメイショウヤタロウをキッチリ勝たせたが、その後が不発。GホイップTのクッカーニャ次第では優勝の可能性もあったが、直線で捕まって8着に沈んだ。

GサドルTで人気薄を2着に持って来て2日目にA、Bランクを残して優位に思えた福永祐一は5位。特にGホイップTでは阪神巧者のオリービンに騎乗だったのでガラにもなく逆転優勝を期待して軸で勝負したが、流石にプラス22キロでは息が持たなかったようだw

他ではGホイップTで怒涛の追い込みを見せた地方枠の川原正一が印象に残った。初出場初優勝を決めた1997年以来の出場だったが(これで川原の存在を知った)、相変わらず達者なようで何より。Aランクが休み明けでタイムオーバーに沈んだヤマニンファラオに当たらなければ・・・

ギュイヨンとゲイリー・スティーブンスは良いところなく下位に沈んだ。特にスティーブンスは沈めてはならないクラスのスズカルーセントを沈めてしまった。期待が大きかったのもあったが、ほろ苦い結果だった。

他の日本人騎手は特に目立ったところもなく半ば空気っぽかった。特に岩田とウチパクは自身のリズムの悪さがそのままクジ運の悪さに繋がったか、外れのA・Bランクを掴まされてしまった感じ。


馬券は最後のGホイップTしか買わなかったが(何が来るか全く読めなかったし)、やはりこれだけの名手が揃うと見てるだけでも面白い。特に外国馬がグイグイ伸びて来るかのような外国人騎手の追い出しは本当に上手いと思う。アクションが大きければ大きいほど良いとでも勘違いしてるような馬上ダンスを繰り返す騎手は今回のレースのリプレイを繰り返し見て勉強し直せと言いたいわ。

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR