七夕賞回顧

1番人気馬26連敗という珍記録を持つこのレースは時折意味不明な穴馬がやって来る印象が強い。今年もご多分に漏れず意味不明な穴馬がやって来た。

勝ったアスカクリチャンはここまでの勝ち鞍は全て外回りのマイル戦で小回り適性未知数、着外に終わった2月の東京新聞杯以来の休み明けもあって14番人気の伏兵であったが、スタートから好位で流れに乗り、直線ではケイアイドウソジンとシンゲンの間を絶妙のタイミングで割って抜け出して来た。テン乗りだったウチパクのファインプレーだろう。
しかしまぁ、スターリングローズ×ダイナレターというコテコテのダート血統で芝の重賞馬が出るとはな。これだから競馬は面白い。

2着トーセンラーは稍重発表ではあったが、好天で馬場の回復が予想以上に早かったのが幸い。勝負所から馬群に包まれて外へ出すタイミングが遅れた分届かなかったが、この馬らしい伸び脚は見せた。馬場に泣いたり、脚質的に取りこぼすレースが続いているが、良馬場の決め手勝負ならコンスタントに力を出せる。

3着ミキノバンジョーは同型馬がもたつく感にスンナリと逃げる事が出来た。あとは12秒台前半の淡々としたラップを刻み、経済コースを立ち回って粘りに粘った。一時期は短距離戦を使われて迷走していたが、本質的にはこれくらいの距離が合っている。

ケイアイドウソジンは行き脚が付かず2番手からの競馬になったが、淡々とした流れだったのが味方したか、手応えの割にしぶとく食い下がった。惨敗からでも普通に巻き返して来る掴み所のない馬で馬券的な付き合いは極力避けたい(苦笑)

ゲシュタルトは結果的に内枠が祟った感じ。終始馬場の悪い内を走らされて、勝負所では手応えに余裕がなかった。数字的には絞れて仕上がってるように思えたが、中身が出来ていなかったのかも。いずれにせよ、実績の割に不甲斐ない内容。

エクスペディションは外から捲って行くいつものパターンで不発。良い頃の出来にないのか、小倉専用機なのか・・・OP入りしてから壁にぶち当たってる感じ。小倉記念で改めて。

ダイワファルコンは向こう正面まで掛かり通し(外の馬を威嚇してたって・・・)それでも直線は一瞬伸びかけたが、そこで集中力が切れた。能力的にはもう少しやれてもいい馬なんだが、精神がまともでないのが致命的。

タッチミーノットは勝ち馬と同じような位置取りだったが直線でノリが追うのを止めて逆噴射。諦めるのが早いのは否めんが、ボコボコしてる福島オーラスの馬場が合わなかった感じ。人気先行気味だが、フラットな馬場で見直したい。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【七夕賞回顧】

1番人気馬26連敗という珍記録を持つこのレースは時折意味不明な穴馬がやって来る印象が強い。今年もご多分に漏れず意味不明な穴馬がやって来た。勝ったアスカクリチャンはここまで

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
89位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR