レパードS回顧(ガトリンではなく、ルメールにブーイングを浴びせたい)

昨年の桜花賞でもメジャーエンブレムを飛ばしたが、ルメールは断然人気馬(特に先行タイプ)に騎乗すると突然日和った消極策を取る悪癖がある。完調手前だったとはいえ、国内ダート戦で負けなしのエピカリスをこの悪癖で3着に沈めるとか「これは酷い」としか言い様がない。

行くしかない2着馬にハナを切られたのは仕方ないとしても、悠長に構えてる内に外からノーブルサターンに被せられ、内からタガノカトレアに寄られて包まれる形で好位馬群の中。道中も少し行きたがってたし、勝負所でテンザワールドに動かれて外へ出せず。
直線で馬群を割ろうとしたが、その前にスペースを潰されてどん詰まり。何とか内をこじ開けて追い出したが、時既に遅しで辛うじて3着に入るのが精一杯という大失態。
ヒヤシンスS時より10キロ減で馬体もやや張りが足りなかった状態ではあったが、スムーズなら能力の違いだけで突き抜けただろう。マークが比較的緩い状況では思い切った動きが出来るのに、何で一本被りの時は安全策に走って自爆するんだろうねルメールは。

土曜のコンシェルジュで「棟広、狙いすぎw」と鼻で笑ってたローズプリンスダム。良い位置を取れたのもあるが、外の同型馬を先に行かせて道中は好位のイン。直線入り口まで脚を溜め、外へ持ち出すと一気の伸び脚で突き抜けた。
2番人気だった500万以外の3勝は9、10、11番人気という典型的な穴メーカー。例年より時計が掛かるパサパサのダートも合ってたのだろう。鞍上の木幡拓也はこれが重賞初勝利。ルーキーイヤーは45勝を挙げたが、今年はこれが13勝目。4度の騎乗停止を食らう等、2年目の壁に当たってたが、これを機に息を吹き返せるか。

2着サルサディオーネはスタートから気合いを付けて注文通りハナへ。道中は2番手集団のプレッシャーもキツくなく、前半に一息入れてのマイペース。ゴール前で差し切られはしたが、二の脚を使って波乱の片棒を担いだ。
出遅れたデビュー戦以外は全てハナを切ってる逃げ一本槍。同型馬が複数、しかもエピカリスがいる以上、4コーナーで掃除されて終わりと思ってたが、エピカリスの自爆とマイペースで逃げられたのが功を奏したか。

ハルクンノテソーロはスタートで出遅れ。元々後方から行く馬なので位置に関してはあまり問題なかったが、スタンド前から行きたがる素振りを見せつつ外を回らされる形。直線は大外から脚を伸ばして来たが、脚を十分に溜められなかったのもあって最後は止まってしまった。

テンザワールドは中団の外目に付けて道中は人気のエピカリスを見る形。勝負所でエピカリスよりも先に動いて動きを封じ込め、直線では一旦は2番手に上がろうかという場面もあったが、残り1Fで脚が上がって失速。外枠が祟って流れに乗り損ねた感じ。

タガノディグオは坂路で強めに追い切ったのが災いしたか、マイナス14キロ。正直嫌な予感はしたが、エピカリスから流しても面白みのない配当にしかならないのでそのまま買ったが・・・あそこまで空気になるとは。3頭出しのタガノ勢で明らかに距離が長いタガノカトレアにも負けるとは思わなかった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR