小倉記念・レパードS

小倉記念
◎ストロングタイタン
○バンドワゴン
▲ベルーフ
△サンマルティン
△クランモンタナ

ストロングタイタンは暑い時期に調子を上げて来るタイプに加え、夏の小倉では3戦3勝の小倉巧者。前走の中京戦は降級戦だったとはいえレコード勝ちと時計勝負にも対応出来る。中2週で実質的追い切りは坂路1本だけだったが、ラスト1F11.9は出色。メイショウカイドウ、エクスペディションの後継馬となる資格は十分。

バンドワゴンは揉まれ込むと脆いので大外枠は却って好都合だろう。2走前は上手くハマって差し切ったが、控える競馬では自分のリズムで走れない。そういう意味ではきさらぎ賞までコンビを組んで逃げる競馬をさせてた和田とのコンビ復活は好材料。この馬も坂路追いでラスト1F11.9。行き切れば逆転まで。

ベルーフは2年連続このレース2着。コーナー4つの小回り2000mという特化した条件で力を発揮するタイプで今年に入ってからの成績は度外視出来る。追い切りは半マイルから馬なりで流す程度だったが、泣きが入ってた昨年よりも出来は良いとの事。ハンデ57キロは楽ではないが、上手く脚を溜められれば。

サンマルティンは元PO馬。骨折もあってPOGでは期待外れに終わり、その後も気性難から人気を裏切り続けたが、去勢されて常識に掛かって来たのか6戦4勝。最大の効果は落ち着きが出てゲートがスムーズになった事だろう。初の小倉だが、福島で勝ってるように小回り適性もある。

昨年の勝ち馬クランモンタナはそれ以降は惨敗続きで2走前から障害入り。常識的には狙いづらいが、小倉記念は4、1着、新潟記念も2着があるように夏場は得意。追い切りも熊沢が騎乗で気合を付けたのもあるが、動かないタイプにしては動いた。最後まで集中出来れば穴で面白そう。

馬券はストロングタイタン軸の馬連、ストロングタイタン・バンドワゴン2頭軸の3連複。


レパードS
◎タガノディグオ
○エピカリス
▲テンザワールド
△ハルクンノテソーロ

本来なら国内ダート戦では負け知らずのエピカリスの賞金タダ貰いレース。ヒヤシンスSを除けば2着以下をブッ千切っての圧勝続きで逃げなくても競馬が出来る。しかし、今回は一頓挫あってベルモントS出走取消明けの国内復帰戦。牧場で乗り込んでたとはいえ、追い切りの本数は少なくてまだ本調子にない。絶対的な信頼は置けない。

ここはJDD3着馬タガノディグオを狙ってみる。スタートが甘いので後方から追い上げるスタイルだが、それ以外は大型馬の割に器用に立ち回れるタイプだし、逃げ先行馬が揃ってる今回は多少出遅れても展開面で有利に働きそう。連戦続きだが、坂路での動きから疲れはなさそう。10戦して着外なしの堅実さを買う。

テンザワールドは血統的には短距離向きだったのもあって暫くは短距離を使われたが、成績が良くなったのは距離を延ばしてから。3走前の勝ち馬は交流重賞を勝ったクイーンマンボ。その後の2連勝は世代混合戦。左回りも前走の中京で経験済み。同型馬は多いが、揉まれない外目を走れるのが吉に出れば。

ハルクンノテソーロはもう1Fの距離延長が課題だが、左回りでは5戦3勝2着1回3着1回と着外なし。追い込み一手は前有利のこのコースに適してないが、先行激化で前崩れになるようならこの馬の決め手が活きて来る。坂路での追い切りでは内目を回ったが、51秒台の好時計と出来は良い。

エピカリスが一本被りの人気なのでここは点数を絞ってタガノ・エピカリス2頭軸の3連複2点が基本。あと、エピカリスが飛んだ場合を想定してタガノからエピカリス以外への馬連2点。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR