七夕賞回顧(これだから石川裕紀人を評価したくない)

代表お膝元の福島で人気のゼーヴィントを勝たせる為、フェイマスエンドを使って人気の逃げ馬マルターズアポジーを潰したシルクの露骨なチームプレー・・・と穿った見方をされても不思議ではない石川の騎乗は不快を通り越して醜悪。

スタートでヨレてしまい、立て直して出して行ってマルターズアポジーのハナを叩いた所作は鉄砲玉の指示を受けてたなら「ヤバい、前に行かないと」という石川の焦りにも思えてくる。
交わすのに脚を使って抑えが利かなくなったマルターズアポジーを追い掛ける事はなかったが、出して行った事で道中は力んでしまって早々とスタミナを消耗。3~4コーナーで逆噴射する際に同厩のタツゴウゲキの進路を潰して後方に下がらせてしまうダメ押し(ヴォージュに張られて外を回らされるのを嫌って内に入れたシーマンの判断も裏目だったが)。
先行策の指示が何処からあったのかは兎も角、今回に限らず何回レースを壊せば気が済むのだと思いたくなる石川の騎乗は馬上ダンスやケツ上げ等の様々な心証の悪い騎乗を優に超えてる。汚れ役を任されるにしても、少しは進歩しろと。
あと、潰れたマルターズアポジーも悲惨だが、2頭出しして一方は自滅、一方は自滅した馬に進路を潰されて共倒れに終わっても全く話題にも上らない鮫島師もかなり悲惨だと思う。

強力な援護射撃(危うく諸刃の剣になるところだったが)もあって重賞2勝目を挙げたゼーヴィント。ペースが速くなることを見越して中団に控えて前半は足を温存。3コーナーからロングスパートに打って出た2着馬を追うようにして進出を開始し、4コーナーでは2番手集団。直線で粘り込みを図った2着馬をゴール前で差し切った。
ペースが流れて展開が向いたのは確かだが、向こう正面で追っ付け気味の手応えだったように脚部不安の休み明けで完調手前だったのも確か。その状態で消耗戦を押し切った反動が出ないか心配。

2着マイネルフロストは最初からそういう作戦だったのだろう。スタートから先手を主張する構えを見せずに控えて前半は3、4番手から。3コーナーからマルターズアポジーを交わしに掛かって後続にも脚を使わせるロングスパート。そのまま押し切ろうとしたが、ゴール前で勝ち馬に交わされた。
予想以上にペースが速くなった事で最後の踏ん張りを欠いたが、早めに動いて前を潰し、後続にも脚を使わせた柴田大知の作戦は「この馬とは相性イマイチ」と評した自分を恥じたくなる。レースそのものの後味の悪さを多少軽減する良い騎乗だったと思う。

3着ソールインパクトは大外から出たなりの競馬で序盤は後方に控えて末脚温存。向こう正面では勝ち馬をマークする形となり、勝負所で動いた勝ち馬を追うようにして進出を開始。直線もしぶとく脚を伸ばして3着を確保。
直線半ばでは突き抜けそうな勢いだったが、そこから差を詰め切れなかったのは条件馬とOP馬の差か。それでも53キロの軽ハンデと立ち回りの上手さを活かして格上相手にも善戦。ただ、自己条件に戻っても勝ち切る印象が浮かんで来ないw

スズカデヴィアスはスタートから全く行く構えを見せずに離れた最後方ポツン。3コーナー過ぎで集団に取り付き、4コーナーで中団の外目。直線半ばでは3着馬と共に前を交わしそうな勢いだったが、そこからの一伸びを欠いた。
元々暑さに弱いタイプだったが、週末の暑さで夏バテ気味だった模様。CWでなく坂路で追い切ったのは負荷をあまり掛けたくなかったからか。万全の状態なら差し切っていたかもしれない。

ヴォージュは外から被せられるのを嫌って、スタートから出してタツゴウゲキを控えさせたまでは良かったが、道中は外目から2着馬のプレッシャーを受ける形。3コーナーから2着馬に一気に交わされると、それに付いて行く事が出来ずに直線入り口でギブアップ。位置取りもキツかったが、やはりハイペースに対応し切れずにスタミナを消耗させられた。

マルターズアポジーはフェイマスエンドに競り掛けられたのが全て。これを交わしてハナを主張したものの、出して行った事で抑えが利かなくなって前半5Fを58秒フラット。自分からレースをコントロールすれば多少速くなっても踏ん張れるが、脚を使わされてのオーバーペースでは流石にキツい。
自分のリズムを崩されると脆い逃げ馬の弱点がモロに出たと言えるが、追い切り段階から良い頃の出来にはないと思ってた。仮にスンナリハナを切れたとしても、最後まで残れたか疑問。つーか、武士沢はその前に300勝達成してろと。

大勝ちとまでは行かなくとも、複勝的中で重賞での連敗はひとまずストップ。しかし、【これも競馬】で済ませればそれまでだが、元凶が石川というのも助長して見ていて気分が良いレースではなかった。

追記
禍福は糾える縄の如しとは良く言ったもの、完調手前で激走した代償か、ゼーヴィントは骨折が判明して再度の戦線離脱。出資者には気の毒な話だが、何と言うか【因果応報とは正にこの事】と思わざるを得ない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鮫島師によれば、石川騎手が「行ければ、行きたい。」と言って来たとのこと。好位差しが信条のフェイマスエンドを何故、前に行かせたいのかは言わずもがなでしょう。

Re: No title

シルク(社台)の指示なのか、石川の独断なのかは置いといて(後者ならガチ屑)、そういう事なんでしょうね。
「鮫島師がタツゴウゲキを勝たせたい為のラビット」みたいな見当違いのツイートも見掛けたけど、シルクフェイマスが鮫島師にとってどんな馬だったか、フェイマスエンドの生産牧場がどうなったかを知ってれば「コイツ、何にも判ってねぇな」としか。

エピカリスの件はまだ情状酌量の余地があるけど、個人馬主(サトノはやりすぎて封印に追い込まれたが)みたいなチームプレーまでされるとなると、ますます一口は性に合いませんわ。
プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
87位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR