2017リーディングサイアー~6月11日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ステイゴールド
4ハーツクライ
5ダイワメジャー
6マンハッタンカフェ
7クロフネ
8ハービンジャー
9ネオユニヴァース
10アドマイヤムーン
11ブラックタイド
12ゴールドアリュール
13エンパイアメーカー
14ゼンノロブロイ
15シンボリクリスエス
16サウスヴィグラス
17キンシャサノキセキ
18ルーラーシップ
19ヴィクトワールピサ
20カネヒキリ




先週から順位変動なし

マキシマムドパリのマーメイドS勝利でキンカメがJRA重賞通算96勝とし、パーソロンを抜いて歴代単独4位。今年の年間重賞勝10勝一番乗りで2年ぶりに二桁に乗せた。

先週に比べて動きは目立たなかったものの、ハーツとの賞金差を開いたステゴは更に開き、クロフネとの賞金差を詰めたハービンジャーは更に詰めた。上半期終了までに動きがあるかも。

ダッシングブレイズのエプソムC勝利でキトゥンズジョイが110位から77位にランクアップ。
父はサドラー系種牡馬で初めてアメリカへ輸入され、2002年アメリカリーディングサイアーとなったエルプラド。現役時代は芝のGⅠ2勝(ターフクラシック招待S、セクレタリアトS)。種牡馬入りすると芝のGⅠ馬を多数輩出。2013年には親子2代となるアメリカリーディングサイアーになった。

アドマイヤコジーンが6日に大動脈破裂の為に死亡。一般的には安田記念でGⅠ勝利をもたらす等、後藤浩輝とのコンビが印象深いが、個人的にはそれと同等に朝日杯を勝ったマイケル・ロバーツとのコンビが印象深い。まぁ、個人的にはロバーツには結構馬券で世話になったし、復活した後半は現地観戦したスプリンターズSまで高く評価してなかったのもあるんだが。
種牡馬入りすると、初年度は108頭に種付け。以降も数年は平均70オーバーと安定した頭数を確保。初年度からスプリンターズSを勝った快速牝馬アストンマーチャンを輩出。順風満帆かと思われたが、それ以降が続かずに種付け頭数は次第に減少。2010年代に入ってマジンプロスパー、スノードラゴンが活躍して種付け頭数は回復するかに見えたが、体調不良から2015年に種牡馬生活を断念。
・・・の筈が、功労馬としと繋養されたクラウン日高牧場でプライベートながら種牡馬生活を送ってた模様。昨年は5頭に種付けし、今年産まれたラストクロップは再来年にデビュー予定。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
50位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR