京王杯SC回顧

結構雨が降りそうだったので道悪適性がありそうな馬をチョイスしての中波乱を狙ってはみたが・・・メンバー唯一のGⅠ馬で道悪得意なレッドファルクスは兎も角、道悪適性が全くない筈のクラレントが激走しては当たろう筈もない。

順当勝ちと言えたレッドファルクス。道中は中団の外目につけ、スローペースで他馬が折り合いに苦労する中、比較的スムーズな追走。直線はダッシングブレイズに蓋をされかけたが、逆に圧を掛けて進路を確保。坂上からグイグイ伸びて混戦にケリを付けた。
初の58キロと1400mが嫌われて2番人気に甘んじたが、全く危なげない強さ。道悪適性は高松宮記念で実証してたし、ダート暮らししてた頃は1400mが主戦場。折り合いもスムーズだったし、安田記念に出て来ても面白そうな印象。

2着クラレントは外枠からジワッと前に出しての先行策。前に壁は作れなかったが、スムーズに折り合って流れに乗り、直線もしぶとく脚を伸ばし、外から一気に交わしに掛かった勝ち馬に併せに行って単独2着を確保。
基本的に馬場が渋るとダメなタイプだが、3年前の関屋記念や東京新聞杯でも好走歴があるように渋った馬場でもたまに走るから始末が悪い。得意の左回り、スローペースで先行策を取れたのも功を奏したと言えるが。

3着グランシルクはスタート直後に躓いて後方から。折り合いに苦労してたが、サトノアラジンやトウショウドラフタに比べればマシな部類で直線は状態の良い外目から脚を伸ばしてゴール前で3着に浮上。
渋った馬場は決して得意ではないと思うが、勝ち馬程ではないにしても脚を溜められたし、外差し向きの馬場をスムーズに差して来れたのも好走に繋がった。ただ、本質的には良馬場での瞬発力勝負で勝負したいタイプ。

トウショウドラフタは二の脚が鈍くて最後方から。道中はスローペースでかなり行きたがっていたが、何とか抑えて直線は大外。グランシルクと共に伸びて来そうな気配だったが、前半で折り合いを欠いた差が出て最後は伸び負け。
得意の左回り1400mで見せ場を作りはしたが、スローペースで先行馬有利の展開になったのと、道中折り合いを欠いた事で期待程の伸びを見せられなかった。ただ、今後も左回りの1400m限定でなら押さえておきたい。

トーキングドラムはスタートが速くてそのまま2番手から。ペースが遅かったので位置取りは悪くはなかったが、道中は逆手前で走ってたのもあって脚が溜まり切らず。ダッシングブレイズは外枠からジワジワと出して位置を取りに行ったが、その過程で幾分力む場面も。結局、脚を十分に溜める事が出来ずにジリジリとした伸びにとどまった。

1番人気サトノアラジンは仕上がり自体は良かったのだが、道中はスローペースに堪えかねて折り合いに一苦労。直線も外へ出す事が出来ずに内を突くしかなかったが、重馬場に切れを殺されて伸びあぐねてしまった。こうした馬場は合わないと思ったので軽視したが、ある意味で予想通りの凡走。

キャンベルジュニアは状態面に疑問を感じてたが、予想通りこれといった見せ場もなく直線半ばで脱落。やはり、中1週で勝った反動が大きかったようだ。ダンツプリウス馬場が渋ればと期待してみたが、スロー上がり勝負と全く不向きなペースになってしまっては出番なし。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR