そよ風止む・・・90年代前半の名マイラー・ヤマニンゼファー死す

地元に戻り、もう歩く事がなくなって10数年経つが、船橋法典駅から地下道を通って中山競馬場に向かう際、壁に飾られてるJRAポスター【ヒーロー列伝コレクション】のパネルを眺めるのが地味に好きだった。
【ヒーロー列伝コレクション】のキャッチコピーが琴線に触れるというか、言い得て妙なフレーズが多く「ああ、なる程なぁ」と思いながら眺めたものだが、ヤマニンゼファーの「そよ風、というには強烈すぎた」は結構好きなフレーズだった・・・一番好きなのはトウカイテイオーの「帝王は、皇帝を超えたか」だがw

ヤマニンゼファーはトウカイテイオーと同世代でありながら、表舞台に出てきた時期や主戦場としてたカテゴリーが違ったのもあって一度も戦う事がなかった。そのせいというわけでもないが、セキテイリュウオーとの壮絶な叩き合いを演じた天皇賞・秋以外はそれ程印象に残ってない。
最初の安田記念は11番人気という伏兵扱い。むしろ、天皇賞からの参戦という畑違いにしか思えなかったローテのカミノクレッセやイブキマイカグラの方に注目してたし、スプリンターズSはニシノフラワーの怒涛の鬼脚に度肝を抜かれ、連覇を果たした2度目の安田記念は完全に気持ちが切れてたキョウワホウセキの空気っぷりに悲しくなってたっけ。

ただ、安田記念を勝って以降は1200~2000mの重賞戦線で掲示板を外したのは休み明けだった毎日王冠(6着)だけと安定した成績を収めた実力馬だった。そして、今の若い競馬ファンからすれば別世界のような話に思えるだろうが、関東の若手のホープ(25年も前だしな)だった田中勝春と柴田善臣にGⅠ初勝利をもたらしたのもこの馬だった。
あと、スーファミ版ダビスタでは馬体を併せてからが実にしぶとかったヤマミンゼファーに難儀したのも今となっては良い思い出w逆にイシノフラワーは直線半ばで逆噴射するのがデフォだったw

引退して種牡馬入りした当時は父ニホンピロウイナーが種牡馬として脂が乗ってた頃だったし、親子2代で安田記念を勝ったばかりか、距離不安を克服して天皇賞を勝ってた実績から、種牡馬デビューが同期だったメジロマックイーンとかミホノブルボンよりも成功するんじゃないかと思ったりもしたが・・・
重賞を勝ったのはサンフォードシチー1頭のみ。何故かダートの方に良績が偏り、父と祖父のスピード能力はあまり伝わらなかった。サンフォードシチーが重賞戦線で活躍してた頃は種付け頭数が100頭オーバーした事もあったが、やがては激減してしまって後継種牡馬を残せなかった。

種牡馬引退後は錦岡牧場で余生を過ごしていたが・・・今朝、老衰で亡くなったと。産駒や孫が出走する日は必ず東京競馬場のパドックでゼファー魂の横断幕を掲げてた人はどうするんだろうね・・・あの好きな馬をとことん追い掛ける暑苦しさは真似出来ないからこそ羨ましく思ったなぁ。合掌m(__)m

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR