京都新聞杯・プリンシパルS回顧

PO馬インヴィクタ、レッドローゼスにダービー出走の期待を懸けたが、残念ながら権利は取れず。これで残る個人的なPOGの楽しみはオークスのフローレスマジック、ダービーのアルアインとサトノアーサーってとこか。アンティノウスはもう少しダート路線で勝ち上がるのが早ければ・・・

まずは京都新聞杯のインヴィクタ。流れに乗りさえすれば勝ち負け出来ると思っていたが、いきなりの出遅れで敢え無く霧散。道中は1頭後続を引き離しての大逃げの体だったが、中盤に13秒台が2つ並ぶスロー。前有利の上がり勝負となっては、切れる脚がないこの馬に出番はない。今後もこのスタートの悪さは課題となっていきそう。

4角ではインヴィクタと同じような位置にいながら、混戦に断を下す末脚を繰り出したプラチナムバレット。好位に付けようとしたが、集団の外を回らされて中団後方から。坂の下りでは包まれる形になったが、直線で外へ持ち出すとメンバー最速の末脚で差し切った。
先行しても折り合える、後方で溜めても切れると自在性の高さは姉譲り。ダービーでもそれなりにやれそうな感じに思えたが、昨日になって骨折が判明して戦線離脱となった。

2着サトノクロニクルはパドックでは幾分テンションが高かったが、道中は好位に付けて我慢が利いた走り。しかし、勝負所でミッキースワローに被せられて動かざるを得ず、直線は内から馬群を割って抜け出しを図ったが、ゴール寸前で交わされた。
休み明けで幾分余裕があったのもあって勝負所では追っ付け通しだったが、そこからしぶとく盛り返して来た。しかし、1勝馬で2着の本賞金ではダービーの出走圏内に届かない模様。勝ち馬が故障しただけに、逃がした魚は大きい。

3着ダノンディスタンスは外枠から1頭飛ばした逃げ馬がいたのもあって離れた番手から。久々でもスムーズに折り合い、4コーナーから早めのスパート。残り1Fで先頭に立って押し切ろうとしたが、最後は切れのある2頭に差された。
久々で10キロ増と幾分余裕はあったが、それでも持ち前の先行力としぶとさを活かして持ち味は出せた。如何にも長丁場の持久力勝負に向きそうなタイプで菊花賞では少々注意が要るかも。

サトノリュウガはスタートで煽り気味に出たが、すぐに挽回して道中は中団のインから。折り合いはスムーズだったが、坂の下りでスムーズに加速出来ず置かれ気味。直線で盛り返して来たが、勝ち馬ほどの切れはなかった。休み明けの影響が多分にあったが、OPクラスに目処の付く走り。

ミッキースワローは中団に付けたが、道中は幾分折り合いを欠いた感じに加え、坂の下りで勢いが付きすぎた感じで2着馬の外を被せに掛かる早仕掛け。直線は前の3着馬を交わしに掛かったが、そこから甘くなって後続に差された。京都芝外回りの騎乗経験がない菊沢Jr.のキャリア不足が露呈。

ハットトリック産駒の外国産馬ゴールドハットはスタンド前でミッキースワローに前をカットされた以外は後方のインに付けて末脚を温存。一貫して内目を立ち回り、直線も内を掬って抜け出しかけたが、残り100mで脚が上がった。やはり、2200mは長い。父同様にマイル路線であれば。


プリンシパルSのレッドローゼスはスタート直後に隣の馬と接触したが、さしたる不利にはならずに好位から。向こう正面で集団の外へ出して当面の相手であった勝ち馬をマーク。直線坂下では共に伸びて来そうな脚色だったが、坂上から一気に突き放された。
この馬自身の走破時計も優秀で立ち回りも申し分なし。現状の力は出し切っての完敗なので諦めは付いた。馬券の方は首尾良く馬連と3連複ダブルで取れたし贅沢は言うまい・・・日曜で全部吐き出してのマイナスになったが(´・ω・`)

2000mに条件が替わってからのレースレコードを叩き出したダイワキャグニー。好スタートを切ったが、2コーナーの入りで無理をせずに控えて好位の外目。前が淀みなく引っ張る流れでもスムーズな追走で直線の追い比べでも坂下で並ばれそうになった2着馬を突き放しての完勝。
弥生賞では右回りに全く対応出来ずに惨敗したが、2戦2勝に東京に替わって本来の力を発揮。淀みない流れを好位から押し切る強い勝ち方。スピードの持続力と持久力を兼ね備え、少なくとも東京の1800m~2000mの時計勝負では同世代でトップクラスの能力。ただ、2400mでもというタイプには思えない。ダービーは高速馬場が維持されていれば。

3着ロードアルバータは前走は逃げる競馬だったが、今回は他馬の二の脚が速かったのもあって2角の入りで控えて中団。2着馬を見ながらレースを進め、勝負所ではスッと反応出来ずに離されたものの、坂上からジリジリと差を詰めた。
現時点での能力差が出たと言えるが、母や叔母は古馬以降に力を付けて重賞馬となった。どことなく粘っこい脚を使うタイプだし、この馬もこれからの成長に期待というところか。

スイーズドリームスは好位で勝ち馬より一つ前の位置取り。道中は内々を立ち回って直線で外目に出して追い出しに入ったが、坂上から甘くなって3着争いから脱落。現状ではOPでは力不足。ヘリファルテは出遅れたし、4コーナーで逸走しかける膨らみぶりと若さを露呈。スズカメジャーは気性面の難しさを曝け出して見せ場なし。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR