たまには競馬以外の話でも・・・つーわけで10年前の大河ドラマについて語ってみる。

もう半年以上、競馬ネタしか書いてない

仕事の多忙さ、長文書くだけの氣が年々練れなくなってるのも相俟って、最近は定期コーナーだけで手一杯。これじゃマズいと思って予想や回顧の前にちょいちょい書いてみたりもしたが、どうも自分の中でしっくり来ない。当ブログは確かに競馬ブログではあるが、たまには競馬以外の事も触れておきたいというスタンスなので今の状況は納得してなかったりする。

つーわけで、久方ぶりに競馬抜きの記事でも書いてみようかと・・・べ、別に心が折れて印しか書けなかった昨日の穴埋めなんかじゃないんだからねッ!

3月までBSでアンコール放送されてた武田信玄の後番組として風林火山の放送が始まってる。
風林火山は武田信玄に仕えた軍師・山本勘助を主人公にした46作目の大河ドラマだが、久々に観てて「これが最後の大河らしい大河だったな」としみじみ思う。

2000年代前半の大河は視聴率的に大成功した利家とまつ以降は作風で試行錯誤してた節があるが、風林火山は原点回帰というか、多用されるようになった民放のドラマでよく目にするタレントやアイドルの起用を極力抑え、演技力を重視した配役でかつての大河が持ち合わせてた重厚感を備えてた。
残念ながら本格派路線だったが故の地味なイメージが災いして視聴率は伸び悩み、翌年の篤姫が利家とまつの路線を踏襲したホームドラマ大河で視聴率的に大成功(幕末ものでは最高視聴率らしい)したのもあって、これ以降は主人公が男→女と交互に入れ替わりながらも、ホームドラマ要素を取り入れて特定の層に媚びてるなんちゃって大河ばかりとなってしまった。
男が主人公の大河は観てる様にしてるが、天地人とか真田丸みたいに途中で挫折してしまったり、主役や主要ポジの演技に難があったりで下から数えた方が早い微妙な出来栄えの大河ばかり。来年は腐女子層にも媚び売ってるっぽいし、再来年は嫌いではないが大河向きとは思えないクドカンが脚本・・・本格派の大河の復活を切に願う(´・ω・`)

尤も、風林火山も難がないわけではない。勘助にとって重要な存在となった由布姫役に起用した新人(完全に親の七光り)の演技が固すぎ、お陰で新人と勘助の絡みがメインのパートはダレ気味。千葉真一と竜雷太が壮絶な討ち死にを遂げて登場しなくなった中盤以降はやや締まりを欠いた節がある。
逆に勘助が仕官するまでの井上靖の原作にはないオリジナルストーリーは絶妙な設定で凄い面白かった。「オリジナル設定でも、作り方によっては特定の層に媚びなくてもどうとでも面白くなるんだよ」と声を大にして言いたい。
因みに、配役発表時は「いやいやいやいや、意味分からん。なんでそこにイロモノぶっこむの?」と全否定してた景虎役のガクトだが、放送されてみると微妙ながらも思ったよりもマシだった。
まぁ、KGB出身の大統領みたいな風貌だったり、最近は人間っぽくなったが初登場時はバーサーカー入ったような謙信を漫画で見てるとこれはこれでアリだろうと思うようになった。いずれも、何考えてるか判らない不思議系なのは共通項だがw

そのガクト景虎が登場するパートで要所を締めていたのが、生前最後の大河出演となった宇佐美定満役の緒形拳だった。今川の怪僧とも言える風貌だった太原雪斎役の伊武雅刀と共に、謀略家という側面は同じでも勘助とは異なるタイプの軍師として主君役を完全に食った演技だった。
緒形や伊武に限らず、知名度よりも演技力重視の配役だった事もあって、一部を除いて主要どころの演技は概ね良かった。勘助役の内野聖陽は前後の大河主役陣と比較してもちゃんと演技が出来る達者な俳優。晴信と由布姫、四郎勝頼には絶対の忠誠を尽くすも、それ以外は敵か味方と言い切り、自分の目的の為に謀略をめぐらす事も辞さない人間臭いエゴイストを顔の表情で見事に演じ切ってた。
武田晴信役の市川亀治郎(現・市川猿之助)はどうしても中井貴一と比較してしまうが、勝ち戦が続いて慢心して行く様とか声の高低で年齢を重ねていく様を表現してた点は良かったと思う。あと、信玄と号して剃髪したのもヨシ(本当に髪剃ったのは驚いたが)。
意外にもこれが大河初出演で若き日の晴信を支え、自らの命と引き換えに慢心した晴信を諫めた板垣役の千葉真一(討ち死にのシーンは引っ張りすぎだが)、上田原の戦いを前に「戦の勝ち負けとは何を守り何を失うかだ」と勘助に説いた甘利役の竜雷太は言うに及ばず、真田幸隆役の佐々木蔵之介、北条氏康役の松井誠、三条夫人役の池脇千鶴、大井夫人役の風吹ジュン、相木市兵衛役の近藤芳正、伝兵衛役の有薗芳記辺りは印象に残ってる。あと、10年経ってこれに出演した俳優で一番知名度上がったのは高橋一生だとつくづくw

題材が題材だけに、どうしても武田信玄と比較してしまい、それと比べると見劣りするのは否めないが、古き良き時代の大河を彷彿とさせる雰囲気を持った大河として2000年代以降の大河では一番面白かったと思う。そして、OPに関しては歴代の大河で三指に入るくらい好き(残りは独眼竜政宗と太平記)。

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR