京都新聞杯・プリンシパルS

昨年はプロディガルサンとスワーヴアーサー、一昨年はポルトドートウィユとアルバートドック、その前はベルキャニオン、ガリバルディ、シャドウダンサー、ラングレー、リクエストソングと近年のダービートライアル&京都新聞杯に出走して来るPO馬達。
心情的な期待も込めて軸で買う事が多々あるが、一昨年の京都新聞杯以外は馬券的恩恵がなかったりする。でも、今年も懲りずに軸で買うぜ(私情優先主義)

京都新聞杯
◎インヴィクタ
○ダノンディスタンス
▲プラチナムバレット
△メルヴィンカズマ

インヴィクタは若葉Sでも1番人気に支持されたが、前有利の流れで脚を余す形となったし、内回りも少し忙しかった。距離延長&外回りに替わる今回は明らかに条件が好転。追い切りはヴォルシェーブと併せて遅れはしたが、動き自体は悪くない。流れに乗れさえすれば勝ち負け出来る力はある。

ダノンディスタンスは3走前はベストアプローチ相手に逃げ切り、2走前はアダムバローズとハナ差の2着とOPクラス相手に好走。前走は勝負所で早々とバテる案外な内容だったが、心房細動なら情状酌量の余地あり。中間は意欲的な調教を積んでおり、先行出来れば巻き返せるかも。

プラチナムバレットは2走前の毎日杯はアルアインから0.5秒差の4着。3走前に負けた相手に先着し、返す刀のはなみずき賞をキッチリ勝ち上がった。使われる毎に力を付けており、中間の調整も好気配。2200mは初だが、折り合いが付くタイプでこなしても良さそう。

メルヴィンカズマはプラチナムバレットが勝ったはなみずき賞では直線で終始どん詰まってまともに追えないまま。まともに追ってれば勝ち負けに加われたのは明白。勝ち上がるのに9戦掛かったが、その前の3戦は相手が悪かった。一発があるとするならこの馬か。

サトノ2頭は休み明けで半信半疑な部分があるし、ミッキースワローは京都芝コース騎乗経験なしの菊沢。ゴールドハットは血統的にこの距離は長そう。未勝利上がりは流石に厳しかろう。

馬券はインヴィクタ軸の馬連とワイド。少々弱気だが、インヴィクタ自体が差し損ねる危険性があるので。


プリンシパルS
◎レッドローゼス
○ダイワキャグニー
▲ロードアルバータ
△チャロネグロ
△スイーズドリームス

レッドローゼスは未勝利時代はサトノアレスとハナ差の勝負を演じ、ベゴニア賞でも0.4秒差。休み明けを叩いた前走は前有利の流れを33秒台の末脚を使って差し切る強い勝ち方。スタートがあまり良くないのは気掛かりだが、最内なら致命的なロスにならなさそう。

ダイワキャグニーは右回りの弥生賞では敢え無く惨敗したが、今回は2戦2勝と相性の良い東京で偶数枠。距離さえこなせれば巻き返しがあって当然。

スズカメジャーやエトルディーニュは距離に不安。ヘリファルテはキャリア1戦で半信半疑。それなら2000m以上で勝利経験がある馬の方が配当的にも狙い目。スイーズドリームスはデビュー戦での蛇行は気掛かりだが、追い切りの気配が良いので押さえてみる。

馬券はレッド軸の馬連と3連複。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR