天皇賞・春回顧

メジロマックイーン対トウカイテイオー、ナリタブライアン対マヤノトップガン等、過去に2強対決となった天皇賞・春でスンナリと決まった試しはないが、今回も間に割って入られてスンナリと決まらず。つーか、高速馬場での究極の消耗戦を4角先頭からレコードで押し切ったキタサンブラックの強さが際立ったレースだった。

両隣の馬が出遅れたものの、いつも通りにゲートを出て二の脚を利かせての2番手。ハナを切ったヤマカツライデンが2000m戦のようなハイラップを刻む予想外の流れで、2秒以上離れた番手でも決して楽なペースではなかった。
それでも、ヤマカツがバテ出した坂の下りからジワッと動き、先頭に立った残り3F目で11.6を刻んで後続の脚を削る必勝パターン。この段階で既にキタサンも相当厳しい状況だったが、残り2Fを11.7‐12.2で踏ん張り、追い縋る2~4着馬との根競べを制した。
大阪杯回顧で【もう2つくらい時計が速くなっても結果は変わらない】と書いたが、それは単にスピード能力が高いという意味ではなく(持続力も相当なレベルだが)この馬は持久力勝負になればなる程しぶとさを発揮する。流石に最後は一杯一杯となったが、後続はそれ以上に消耗しており、直線に向いた時点でこの馬の勝利に確信を抱いた。
何度も書いてるが、この馬が負けるとすれば究極の瞬発力勝負だろうが、脚質的にそうなる前に地力勝負に持ち込む事が可能。つまるところ、有馬のような連係プレーか、宝塚のような複数でプレッシャーを掛ける包囲網でも敷かない限り、この馬が負ける確率は低い。

2着シュヴァルグランは好スタートを切ったのもあるが、そのまま控える事なく好位に付ける積極策。ハイラップでペースが引っ張られたのもあるが、折り合いはスムーズ。坂の下りからジワッと仕掛けて4コーナーで勝ち馬を目標にスパート。懸命に前を追ってジリジリと迫ったが、脅かすまでには至らず。
もう少し後ろの位置取りになるかと思っていたが、早めの競馬でしぶとく食い下がった阪神大賞典は今回に向けての布石だったと今なら判る。布石が機能しない事が多々ある福永だが、今回はしっかり機能して2強の一角を崩した。
死力を尽くしたと言える良い競馬だったが、それでも勝ち馬に及ばなかった辺りは騎手は違えどディープインパクトの2着に敗れたリンカーンを思い出させる・・・生まれた時代が悪かった実力馬の仲間入りかなぁ。

3着サトノダイヤモンドは外枠だったのもあって序盤は無理せずに中団前目。ワンアンドオンリーを前に置いて折り合いを付け、序盤のヤマ場をクリア。道中も流れに乗って良いリズムで走れたし、4コーナーのコーナリングで加速して先団を射程内に入れたところまでは良かったが、根競べとなった直線は勝ち馬に迫るどころかゴール寸前で3着に上がるのがやっと。
内枠を引いていれば、有馬と同様にキタサンにプレッシャーを掛けるジャブを打てたと思うが、危惧してた通り外枠を引いた事でその策を取れず。長丁場では折り合いに不安を残すだけに、外枠から出して序盤から仕掛けるリスクを避けるのは仕方ない。
もう一つの誤算は前半のハイペースから中盤もそれ程緩まなかったペース。スピード血統が揃う母系から高速馬場に対応出来るのは菊花賞で実証されてるが、この時は中盤からペースが緩んで息を入れられた上がり勝負。前走で捻じ伏せた2着馬に先着されたのは、消耗戦となったスタミナ勝負への適応力の差。やはり、ベストディスタンスは2400m前後。

アドマイヤデウスはスタートから促して勝ち馬の後ろに付け、最初のスタンド前でインに張り付く早めの競馬折り合いもスムーズ。しかし、坂の下りでスムーズに加速出来ず、4コーナーでモタつき気味。直線はインペタでしぶとく踏ん張ったが、最後は地力の差が出て2着争いから脱落。
最後の最後で差されたが、京都大賞典を思い出させる積極策で一瞬肝を潰しかけた。勝負所でズブさを出して置かれる弱点が出たが、勝負に絡めなかったGⅠでこれだけ走れたのは立派。

アルバートは前が止まらない傾向の馬場を見越してスタートから出して行ったが、二の脚の速さで後れを取って中団前目まで。道中は3着馬をマークする形となったが、勝負所でズブさを出してしまい、スッと加速出来た3着馬に付いて行けず。
それでも、持ち前のスタミナの豊富さでGⅠ馬に先着しての掲示板確保は立派。今となっては絶滅危惧種の超ステイヤーだが、この走破時計なら秋はメルボルンCに挑戦するのも選択肢の一つだろう。

ディーマジェスティはスタートで出遅れ、そこから挽回しようとしたが、序盤からペースが流れたのもあって中団後方から。3コーナー手前で動いて3着馬の外にまで押し上げたが、終始突っ張った走りで行きっぷりは今一つ。結局、4コーナーで置かれてしまって勝負には絡めず。前走よりは動けたが、まだまだ本調子に戻ってない。

ゴールドアクターはスタートで出遅れてしまったのもあって後方待機を取らざるを得ない状況。もう少しペースが落ち着いていればチャンスはあったかもだが、消耗戦となった上に前も止まりにくい高速馬場となっては流石に厳しい。輸送はクリア出来たが、スタートで終わってしまった。

トーセンバジルはスタートから出して位置を取りに行こうとしたが、これもディーマジェスティと同様に思うように前を取れずに中団後方。勝負所でのペースアップにも対応し切れず、直線は流れ込みが精一杯。一線級相手の消耗戦ではまだまだ力不足だったか。

シャケトラはスタートで出遅れてしまい、挽回しようとしたら掛かってしまうというやってはいけない騎乗。1周目の4コーナーで何とか落ち着いて好位からレースを進め、4コーナーのペースアップにも付いて行けたが、序盤のツケは大きかったか、最後はガス欠状態で失速。関東では信頼出来る田辺だが、関西ではどうも上手く乗れない事が多い。

レインボーラインは折り合い重視だったにせよ、流石に道中最後方にいてどうにかなる馬場でも展開でもなかった。58キロも堪えた様だが、ここまで空気になるとは予想外。

馬券は2、3着が入れ替わっていれば3連単まで拾えたが、取りあえず連敗脱出出来たので贅沢は言えない。それもこれも、昨年から軸で買い続けてるキタサンブラックのお陰。本当、足を向けて寝られないとは正にこの事w

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

天皇賞的中おめでとうございました。ゴールドアクターの痛恨の出遅れで即終了しました。仮にスタート普通に出てキタサンの前を走っていても勝つのは難しかったと思います。
(レース前は勝てる可能性はあるかも?と考えましたが)

キタサンはディープインパクト、オルフェーブル、テイエムオペラオー等の名馬の域に到達していると思います。
キタサンブラックの能力を早くから見抜いた管理人様はお見事です。

Re: おはようございます。

ありがとうございますm(__)mある人は鞍上繋がりもあるのだろうけど「メジロマックイーンに似てる」と評してます。確かにあの馬も極めて高いレベルでスピードの持続力と持久力を備えてた名馬でした。そして弱点は一瞬の切れ味という点も似てるw

キタサンを3歳から評価出来ていれば大威張り出来たんですけどねw
3歳時は「母父バクシンオーで距離が延びればボロが出る(皐月賞後)」「こんな追い切りで来るわけない(セントライト記念時)」「(3000m持つわけないから)見解書くだけ時間の無駄(菊花賞前)」とクソミソな評価でしたわwww
尤も、散々痛い目に遭い続けたからこそ、昨年からそれを逆手に取って軸で買い続ける事が出来たわけですが。周囲の評価以上に強い馬と認識したのは包囲網を敷かれても潰れなかった宝塚記念からですね。
プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
55位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR