アンタレスS回顧

ヒモ2頭がしっかり連絡みしながらも、軸として期待してた人気2頭が馬群に沈んでここもタテ目。些か安直な軸のチョイスだったのは否めないが、阪神巧者のミツバに上り調子のグレンツェントが揃って見せ場なく終わるとは。

悪い方で目立ってたミツバ。ゲートを出る際に何処か妙な体勢で出たが、後方に控えてからも終始モタれ気味。4コーナーで既に鞭が入って手応えアラアラ、直線は大外へ出してバテた馬を数頭交わしたのみとか、リアルタイムで見てたら( ゚д゚)ポカーンだったわ。「難しいところがある」と言ってもここまで崩れたのは初めて見た。

グレンツェントはマイナス6キロと数字的には仕上がってるように思えたが、スタートから追っ付けても中団後方がやっとで道中も行きっぷりが今一つ。直線もサッパリ伸びる気配がなく、本当に何の見せ場もなかった。見た目とは裏腹に中身が出来てなかったというところか。同世代のゴールドドリームやケイティブレイブに安定感で勝ってると思ってたが。

東海Sでの激走から一皮剥けた感があるモルトベーネ。スタートからジワッと前に出て好位のインから。道中の行きっぷりも良く、4コーナーで他馬の手が動き出す中で持ったまま。直線はモンドクラッセの外へ出して間を割って抜け出し、そのまま2馬身差を付ける完勝。地方の重い馬場は合わないが、中央の軽い馬場なら今後も。

2着ロンドンタウンは二の脚が他の先行馬に比べてやや鈍く、中団からの競馬となって勝ち馬の後ろから。勝負所では馬群の中でもがいてる様にも見え、直線半ばでもまだ7、8番手にいたが、残り1Fから手応えに反してしぶとく伸びてゴール寸前で2着に浮上。走りに軽さを感じないが、乱戦になるとしぶとさを発揮するタイプか。

3着ロワジャルダンは大外で流れに乗れなかった東海Sと違って内枠を引けた事で労せず中団のインに付けて流れに乗って脚を溜められた。直線では馬群の中で前が詰まって追い出しを待たされたが、内に進路を切り替えて最内から強襲。いつ走るか読めないが、今後も内で脚を溜められれば。

アスカノロマンは外枠からジワッと前に行って道中は好位の外目から。勝負所で外目を通ってジワッと先団に取り付き、直線では一旦は先頭に立とうかという場面もあったが、残り1Fで勝ち馬に抜け出されてから甘くなった。昨年はもう少し粘っこい脚を使えていたが、チャンピオンズC以降はその粘りが薄れてる印象。

ナムラアラシは終始モタれ通しで後方から回って来ただけ。モンドクラッセはショウナンアポロンを先に行かせての番手。4コーナーでの手応えにも余力があるように見えてたが、直線で勝ち馬に抜かれたところで集中力が切れた感じで一気に逆噴射。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
85位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR