皐月賞回顧(POG的には大躍進、馬券的には大ショック)

牝馬ではブエナビスタやジェンティルドンナ等の当たりを引けども、牡馬ではなかなか当たりを引けなかったここ10年のPOG。しかし、ヴィクトリーから丁度10年経った皐月賞でアルアインが遂にその流れを止めてくれた。
期間内の牡馬の出世頭がヴィクトリーから脱却出来るし、参加してる全てのPOGでアルアインを指名してるのでランキングは一気に上昇確定とPOG的には大いに喜ばしいのだが・・・距離適性に懐疑的だったので軸で買えずのタテ目で馬券を外すという、昨年の安田記念以来の精神的大ダメージ。やはり、先週の桜花賞で感じた嫌な予感は当たってた。

大ダメージに拍車を掛けてるのが、一連のトライアルで核となれる馬を見出せなかった事で未知の魅力はあれど判りやすい過剰人気タイプというリスクも背負ってたファンディーナを本命視したからに他ならない。3、4日前までは軸で買うつもりではなかったのに、いつの間にやら様々な情報に煽られてしまってた。これならスワーヴリチャード軸で息止まってた方がマシだった。
流石に逃げはないだろうと思ってたが、外の先行馬を先に行かせての好位4、5番手のイン。初めて外から被せられて幾分力んでるようにも見えたが、致命的不利とも言えず。概ね流れに乗れてるようにも見えたし、勝負所で被せに来た3着馬を弾いて外に持ち出した時点で押し切れると思ったが・・・坂下から甘くなって失速。
プレッシャーを掛けられたのは確かだし、昨年を上回るレースレコードの高速決着となった事でこの馬にとってペースがキツくなった節はあるが、レース運びはソツのない正攻法。それで踏ん張り切れなかったのだから、現時点では持久力が足りてなかったとしか言い様がない。オークスなら重い印を打てるが、ダービーでは連下までが精一杯。

距離を克服してレースレコードを叩き出したアルアイン。スタートから促して行って前を取りに行く毎日杯で確立した戦法で好位からファンディーナを見ながらの競馬。ペースが上がった3~4コーナーでモタついて位置取りを下げたが、直線でしぶとく盛り返して内を掬った2着馬をゴール寸前で捕らえた。
最大の勝因は先週までとは打って変わっての高速馬場に尽きる。ディープ産駒でも切れないディープ産駒だが、スピードの持続力と持久力に優れており、ラップの緩急の差が小さい時計勝負には強い。同じディープ産駒ではディープブリランテに近いタイプで今回のようなトラックバイアスであれば2400mもこなせるだろう。ダービーは馬場次第。

2着ペルシアンナイトはスタート直後にファンディーナに寄られて後方から。1コーナーでゴチャ付く不利を受けたが、2コーナーで内に入れると向こう正面で位置取りを上げて好位集団の一角。4コーナーで勝ち馬とタイトなポジション争いを強いられたが、直線では前を割ってのイン強襲。ハマったかに見えたが、ゴール寸前で勝ち馬に交わされた。
1コーナーと4コーナーでスムーズさを欠いたが、2コーナーから向こう正面でのコース取りと4コーナーでのタイトな競馬にも怯まずに内を狙ったデムーロの騎乗は流石。ただ、デムーロはダービーではアドミラブルに騎乗する可能性が高く(トライアルで権利を取れば)、乗り替わり濃厚なダービーは評価を上げられない。

3着ダンビュライトはスタートを決めるとスッと好位に取り付いてファンディーナマークの構え。3コーナー過ぎから仕掛けて行ってファンディーナの外へ被せに行き、4コーナーで押し負けはしたが、しぶとく脚を伸ばして1、2着馬に迫った。
テン乗りとなったが、この馬に抱いてた先入観を覆すソツのない立ち回りに加え、ファンディーナを潰しに掛かった豊の騎乗は絶妙で老獪。馬自体は切れ味勝負にならなかったのが幸いしたと言える。

クリンチャーはスタンド前でのポジション争いでは一旦控え、1コーナーから外目を通って3番手の外目。3~4コーナーで先頭に並び掛ける積極策で押し切ろうとしたが、最後はスピード能力の差が出た形。
ファンディーナも含めて別路線組が台頭しそうな気はしてたが、正直この馬はノーマーク。豊富なスタミナを活かした積極策で時計勝負にもある程度対応出来たのは収穫だが、逆に距離が延びてもスピード負けしそうなタイプ。

レイデオロは出たなりの競馬で道中は後方から。集団の外目に持ち出して前に馬を置いて折り合いを付け、3コーナー手前で内ラチ沿いに入って距離を稼ぎ、直線も上がり2位の脚を使って内を突いて掲示板を確保。
追い切りでは如何にも余裕残しという感じだったが、思ったよりも中身が出来てた。坂下からジワジワ脚を伸ばして来た末脚は如何にもダービーに向けての試走という感じで変わり身は見込めそうだが、似たタイプの馬に切れ負けしそうな気がする。

スワーヴリチャードはスタートを決めて後手に回る事はなかったが、危惧してた不安が現実のものに。道中は殆ど右手前で走っており、3コーナーからは最後まで手前を替えないまま。脚を溜め切れなかった感じで力を出したとは言い難い。ただ、左回りでのパフォーマンスは実証済みで着外組では最も巻き返して来そう。

カデナはスタートが今一つだったのもあって後方に控えて前半を受け流す構え。向こう正面で内に入れて2着馬の後を追うかのように位置取りを上げたまでは良かったが、直線は外へ持ち出して伸び切れず。
こうした高速馬場は合わなかった節はあるが、4コーナー~直線でのコース取りは福永とデムーロの差が出たというか何と言うか・・・7Rのソールインパクトで外に回しての差しは届きにくい事を把握してなかったのだろうか?

大外ブン回しと言えば、アウトライアーズの田辺もらしくなかった。イメージとしてはデムーロみたいなコース取りを期待してたのだが、あれだけ外へ回しては無理ゲーだろう。距離もやや長かったのは否めないが。

2週連続のタテ目だが、冒頭で書いた様に精神的ダメージは今回の方がデカい。折角、高松宮記念と大阪杯で良い流れに乗れたと思ってたが、また暫く負のループに突入しそうな予感が・・・

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
70位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR