皐月賞

◎ファンディーナ
○スワーヴリチャード
▲ペルシアンナイト
△カデナ
△アルアイン
△アウトライアーズ
△アダムバローズ

ファンディーナは玉石混交のデビュー戦は兎も角、逃げ馬が上がり2位というレースで1秒速い上がりをマークしたつばき賞、ノーステッキで翌日のスプリングSより0.3秒遅いだけのフラワーCと圧巻のパフォーマンス。持ち時計がないとか、楽な相手としてか走ってないという不安材料もあるにはあるが、今の牡馬陣ならこの馬を軸に据えて観る方が楽しめるというもの。

スワーヴリチャードはコース替わりで上手く行くか未知数だが、前走では好位を取りに行っての正攻法で抜け出しての完勝。スタートに難があるので出遅れる可能性もあるが、溜めに徹しても上がり最速で纏めた東スポ杯の例もある。追い切りではモタれる面を見せて右回りにやや不安は残したが、上位人気馬では最も信頼出来そう。

ペルシアンナイトはハービンジャー産駒にしては瞬発力があるタイプ。アーリントンCから2Fの距離延長がどうかだが、血統的にも体型的にも中距離までなら十分に持つ。折り合いに関しても徐々に折り合えるようになって気性面での成長が見込める動き。持ち味の瞬発力を駆使出来れば。

カデナはスロー上がり勝負となった弥生賞をどう評価しようか悩ましいが、動きたい時に動ける器用さと同条件を経験して勝ち切った点は一定の評価が与えられる。多頭数内枠をどう捌いて来るかだが、福永なら折り合い重視で待ちの構えだろう。ただ、勝ち切るまではどうかだが、待ちの構えなら終いは確実なので大崩れはないとみる。

アルアインは母系が短距離血統なので2000mを克服出来るかが鍵だが、母系にはスピード血統が並んでたが距離をこなしたサトノダイヤモンドの例もある。シンザン記念では馬群をスパッと割る瞬発力に欠ける印象だったが、毎日杯では番手に付けて折り合って終いもしっかり伸びる違うスタイルで結果を出した。距離さえこなせれば。

アウトライアーズはこれも距離延長が課題となるが、中山では3戦2勝2着1回とコース適性の高さは大きな武器。休み明けだったスプリングSを叩いて落ち着きが出て来たか、明らかに上積みが見込める動きだった追い切りも良かった。ここに照準を定めた意欲的な調教量で状態面は万全。

アダムバローズは1週前にCWで80秒台を切る猛時計を叩き出し、最終追い切りは馬なりながらも手前を替えてからのフットワークは軽快で状態面の良さが目立つ。重賞では結果を出せず、OP特別連勝という裏街道路線だが、自分のリズムで走ればしぶとい。

馬券はファンディーナ軸の馬連と3連複、1着固定の3連単フォーメーションで。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR