ダービー卿CT回顧

切った理由がシュタルケという馬に2年連続連絡みされて外したが、今年はシュタルケがいなければ1~3着がヒモで軸が4着というこれ以上ないタテ目で外れてた。腹立たしくはあるが、タテ目よりはマシと自分を慰めてみる。

4度目の重賞挑戦で初勝利を飾ったロジチャリス。今回はスタートを決めると出して行っての2番手の付ける積極策。4コーナーで馬場の良い外目へ持ち出し、直線では一旦は2着馬に並ばれたが、坂上で逆に競り落として押し切った。
不安要素だったスタートを決め、更にテンからガシガシ追って行くウチパクの騎乗スタイルが先行内枠有利の中山マイル戦で上手く噛み合った。スタート次第だが、こうした先行策は合っているのかもしれない。

2着キャンベルジュニアはこれもスタートを決めて楽な形で先団の外目から。4コーナーで勝ち馬より更に外へ持ち出して直線で交わしに掛かったが、坂でやや外へ膨れたところからジリジリと突き放されて辛うじて2着を死守。
昨年はロケットスタートが仇となり、後続の目標にされて逃げ潰れたが、準OPに降級して仕切り直して地力を付けた今年は一定の目処を示したと言える。まだ11戦という浅いキャリアで伸びしろは見込めそう。

3着グランシルクは二の脚が付かなかったが、そこから挽回して中団馬群の後方。ペースは落ち着いたが、上手く宥めて脚を溜めて直線は勝ち馬の内を突いて脚を伸ばして急追して2着争いを展開した。
クラレントがハナを叩いてから流れが落ち着いたし、ステゴ産駒の割に渋った馬場もあまり得意とは言えなかったのも誤算だったと言える。良馬場の1400~マイルで改めて期待。

マイネルアウラートは他の馬の出が速かった事もあったが、好位に控えて2着馬をマークの競馬。4コーナーでスッと先頭に迫った2着馬に付いて行けず離されてしまったが、直線でジワジワと巻き返して2着争いに加わった。
東京新聞杯もペースが落ち着きすぎた事で瞬発力勝負になって切れ負けしたが、今回もペースが落ち着いた事で持ち味を出し切れなかったと言える。せめて2着馬の位置取りで競馬をしてほしかっただけにガッカリ。

本命ダイワリベラルはスタートダッシュが今一つで中団からの競馬となった時点で勝負あった。中団から馬場の良い外目を通って流れに乗れたが、直線はジリジリとした伸びで2着争いに加わるまでには至らず。こちらとしては逃げ切った前走とまでは行かなくとも先行すると思ってただけに、マイネルと共々消化不良感の残るレースだった。

ダンツプリウスは大外枠もあって控え、3着馬よりやや後ろに付けて脚を溜める競馬。4コーナーから仕掛けて行った3着馬に合わせて動いたが、直線坂下で引き離されてしまい、最後は帳尻合わせに流れ込むのが精一杯。溜めを利かせる競馬でもそれなりに対応出来たが、枠とペースに泣かされた形。

ロイカバードやガリバルディは脚質からコース適性は乏しいだろうと思ってたが、ペースも馬場も味方せず。外回りや広いコース形態といった末脚を活かせる条件で改めて。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
50位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR