チューリップ賞回顧

ソウルスターリングとリスグラシュー。阪神JF1、2着馬の再戦となったが、その時から力量差は更に広がって尚且つ間に他馬が入り込む始末。場合によっては差は詰まるかもしれないが、力関係が入れ替わる事はまずないだろう。

休み明けでも順当に成長力を見せ付けたソウルスターリング。スタートを決め、行きたい馬を先に行かせての好位から。前半は少し力んでいたが、3コーナー手前で前に馬を置くと落ち着いて勝負所でも手応え十分。直線に向いてから追い出しに入り、残り1Fで先頭。抜け出した後は2着争いを尻目に最後は流す余裕の完勝。
スタートが速く、好位を取れる機動力もあり、追い出されてからの反応も速い。レースセンスの高さに関しては同世代でも群を抜いている。オークスは兎も角、桜花賞は未対決のアドマイヤミヤビくらいしか相手が見当たらないか(小声でミスエルテも付け加えとく)。

一方、更に力量差を見せつけられたリスグラシュー。スタート一息で中団後方から。3コーナーで外の馬に被せられるのを嫌って早めに外へ持ち出し、4コーナーから動き出したが、いざ追い出されると残り1Fから甘くなって2着馬に差し込まれた。
スタートがマトモであれば差は詰まるかもと思ってたが、またしてもスタートが甘く、途中で脚を使ったとはいえ伸びあぐねた差し脚等、まがりなりにも2強対決という下馬評からすれば失態と言える内容。変わり身に期待したいとこだが、最早3番手集団の前列ポジに下がってしまったのは否めない。

2強対決の一角を下したミスパンテール。序盤は無理せず後方に控え、前にいたリスグラシューやミリッサを見ながらの競馬。直線で一旦はリスグラシューに離されはしたが、残り1Fから勢いが付いてゴール前でこれを捕まえた。
2歳夏の新馬戦以来の休み明けで俺の基準では「来ない」タイプだったが、権利取りに拘った乗り方でキッチリ権利と取ったばかりか本賞金も加算。スッと反応出来ないが、上がりは最後流した勝ち馬を上回って最速。まぐれ一発という感じでもない。

ミリッサはスタート五分もすぐに控えて折り合い重視の構え。前半は少し行きたがる場面もあったが、宥めるので手一杯だったエルフィンSよりマシ。直線は馬群を割る形で2着争いに加わったが、最後の一伸びが足りず。テンションが抑えられたのは収穫だが、坂で脚が鈍った辺り現状では平坦の方が合ってる。馬体ももう少し成長が欲しい。

カワキタエンカは内から行き脚が付き、行きたい馬を先に行かせての好位のイン。4コーナーのコーナリングで2番手に上がり、直線入り口で先頭。勝ち馬に交わされた後は残り100mで力尽きたが、良馬場でもそれ相応に走れるところは見せた。ディープよりクロフネが強く出てる感じでしぶとさを活かせる組み合わせであれば今後も。

ダノンディーヴァはスタートで出遅れて最後方から。4コーナーまで内でジッと我慢して直線入り口で外へ。しかし、いざ追い出されるとモタついて2着馬にも置き去りにされ、エンジンが掛かった時は大勢が決した後。アロンザモナは中団で勝ち馬を見ながらの競馬だったが、直線の追い比べで切れ負け。2頭共、重賞ではまだ足りてなかったか。

馬券はミスパンテールさえいなければ6連単でもあれば良いのにという寝言が言える痛恨の外し方。フェブラリーSでは上手く噛み合ったが、そこを境にヒモ抜けが続いて流れが悪くなってるなぁ・・・

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
70位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR