フェブラリーS回顧

【死んだ馬の仔は走る】とは良く言ったもの。ゴールドアリュールの息子ゴールドドリームがエスポワールシチー、コパノリッキーに続くフェブラリーS3組目となる親子制覇達成。チャンピオンズCの惨敗を払拭する見事な変わり身だった。

正直、出負けした時点でチャンピオンズCの二の舞になると思ったが、二の脚で挽回して中団に取り付くとチャンピオンズCとは違って折り合っての追走。勝負所で包まれた武蔵野Sの轍は踏まぬとばかりに集団の外へ持ち出し、4コーナーで好位集団を射程内に。坂上で先頭に立ったところで物見をして2着馬に掬われかけたが、最後は何とか競り勝った。
手応えに余裕があったからだろうが、4角から集団の外をかなり回る形で仕掛けのタイミングとしては一歩間違えば早仕掛けと言える微妙なタイミング。それでも勝ち切れたのはこの馬の地力の高さ故だろう。地方の深いダートがどうかだが、中央でならイレ込まない限りは安定株だろう。

2着ベストウォーリアはスタートを決めると、逃げ先行勢を見ながら労せずして中団の一角。3コーナーで内目に入れて脚を溜め、直線はスペースが出来るまで追い出しを待たされたが、坂上でニシケンモノノフとコパノリッキーの間を割り、先に抜け出した勝ち馬の内を掬ったが、最後の一押しが利かず。
4角では包まれて嫌気を出す仕草もあったが、持ち味であるソツのない立ち回りで内を掬った追い出しのタイミングも結果的に絶妙。デムーロより戸崎の方が上手く乗ったと思うが、着順が逆なのが競馬の妙というところ。これで5戦連続重賞2着と番人ポジが定着してしまった。

3着カフジテイクはいつも通りというか、スタートで出負け。同じく出負けしたエイシンバッケンに蓋をされる形でポジションを取れず、後方で脚を溜める形となって4角最後方。直線は大外から末脚を繰り出して追い込んで来たが、前2頭に並び掛けられず。
ペースが速くなって逆に追走に脚を使わされたのもあるが、やはりマイルでは1400m程の切れる脚は使えず。急遽チャンスが回った津村は「自分のミス」と責任を被ったが、このようなレース展開なら福永が乗っても結果は変わらなかったと思う。

エイシンバッケンは出負け気味のスタートから内に入って3着馬の動きを封じ込めて一つ前のポジションを確保。4コーナーから外を回って仕掛けて行き、直線はノンコノユメに併せに行ってこれを競り落としたが、最後に地力を見せた3着馬に交わされた。
3着馬の動きを警戒して4コーナーから動き出した事で最後は少し甘くなったが、このメンバーに交じってのマイル戦でも見せ場を作って充実ぶりはアピール出来た。ベストは1400mまでという気はするが、今後の目処は付いた。

ニシケンモノノフは選択肢にあったのか、スタートの出が良かった事で気合を付けての先行策。ただ、誤算だったのが大外からインカンテーションもハナを主張した事で予想外のハイペースに。それでも坂下で脱落したインカンテーションと違って坂上まで踏ん張って見せ場は作った。

ノンコノユメはスタート五分から労せずして中団に付けて前にいた勝ち馬を見ながらの競馬。ペースも速くなってこの馬にとっては理想的な形に見えたが、直線で追い出されると良い頃の爆発力には程遠い伸びで併せに来たエイシンバッケンにも競り落とされた。輸送減り対策も上手く行っての精彩を欠いた内容・・・トップクラス相手では頭打ち気味か。

サウンドトゥルーはスタートはマズマズだったが、二の脚が付かずに置かれる形で後方からの競馬。道中は内々で脚を溜め、直線入り口で内から大外まで持ち出して追い込んだが、カフジテイクに競り落とされて流れ込むのが精一杯。
元々、芝スタートのコース形態を嫌って昨年は回避。図らずも、その芝の部分でスムーズに加速出来ず置かれてしまって付いて行けなかった時点で勝負あった。仮に大野が乗ってたにしても似たような結果だっただろう。

モーニンは内で揉まれ込むのを嫌ってスタートから出して行っての先行策を取ったが、予想以上にペースが速くなってスタミナを消耗した形。4コーナーでは既に手応えが怪しくなって敢え無く失速。作戦が裏目に出たとしか言い様がなく、一気にGⅠ馬まで上り詰めた昨年とは好対照な結果。

コパノリッキーは課題となってるスタートの一完歩目でまたも失敗。前へ行くのに脚を使ってしまったし、ハイペースを追い掛ける形となってスタミナを消耗。直線は追い出しを待ってみたものの、伸びかける場面もなく失速。先行馬にはキツい展開ではあったが、この馬自身中央で戦えるだけの能力が衰えつつある印象。

馬券は馬連・3連複双方仕留めて収支としては上々。実は本命はモーニンかベストウォーリアで迷っていたのだが、コンシェルジュで古谷・辻が揃ってモーニン本命だったので腹を決める事が出来た。ありがとう、コンシェルジュの逆神二人w

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

フェブラリーS的中おめでとうございました(*^o^*)
戸崎騎手の騎乗は悪くなかったと思います。勝ちたいという想い(執念)が戸崎騎手より強かった。この差だけだと思います。カフジテイクは前に出して行ったらあの豪脚が使えなかったと思います
(推測でのコメントですm(_ _)m)

Re: タイトルなし

ありがとうございますm(__)m
立ち回りとしてはデムーロより戸崎の方が上でしたが、能力では上り調子のゴールドドリームに分があった感じですね。
カフジテイクはエイシンバッケンの位置を取れていればもう少し際どかった気がします。
プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR