ダートGⅠ4勝馬ゴールドアリュール急死

2002年のダービー、タニノギムレットが怒涛の末脚を繰り出して悲願のGⅠ制覇を成し遂げたが、大接戦となった2着争いに番手から最後までしぶとく加わったゴールドアリュールに地味に驚かされた(血統的には明らかに畑違いだったメガスターダムにも)。
端午Sからのダービー出走という、即消しローテで全く眼中になかったが、折り返しの新馬戦を勝ち上がり、4着に敗れたとはいホープフルSでは1番人気に支持される等、6戦目までは芝路線を歩んでいた。結局、ダービーを最後に芝のレースに出走する事はなかったが、「もしあのダービー5着を踏まえて芝のレースに再転向していたら」、或いは「アグネスデジタルみたく二刀流だったら」と考えた事が何度かあった。種牡馬となってタケミカヅチやフーラブライドといった芝の重賞馬も出してるし、少なからず適性はあったと思うのだが。

ただ、そう考えたのはダート系種牡馬として一定の地位を確立した頃であって、現役時代は特別思い入れはなく印象に残っていない。当時は交流重賞にあまり興味がなかったし、フェブラリーSはビワシンセイキが本命。ドバイ遠征断念の憂さ晴らしをしたアンタレスSの圧勝には流石に度肝を抜かれたが、直後の帝王賞では1.1倍を裏切る謎の逆噴射(後に喘鳴症を発症してたのが明らかになったが)。
デットーリの神騎乗が最強すぎたJCダートも含めて勝ったレースよりも負けたレースの方に印象深いレースが多かったし、サンデー産駒は既に飽和状態で「ダート路線でのサンデー産駒のGⅠ馬」という認識以上の何者でもなかった。

それが変わったのは種牡馬として実績を出し始めた頃からだ。それまでのダートGⅠ馬は繁殖牝馬の確保にすら苦労しており、地方でなら兎も角、中央で活躍馬を出す事など稀な状況。社台で種牡馬入りして一定のバックアップを受けてるとはいえ、ゴールドアリュールもそう目立った実績は出せないだろうと思ってたが・・・
初年度からタケミカヅチがクラシック戦線で予想外の健闘を見せ、地方ではスマートファルコンの活躍もあって僅か2世代でリーディングトップ10入り。その後も、エスポワールシチー、オーロマイスター、シルクフォーチュン、フーラブライド等、地方中央問わずに活躍馬を出し、量に特化したサウスヴィグラスとは正反対のアプローチでリーディングの常連となった。
当時、今もこのブログで続けてる某掲示板で始めたリーディングサイアーの掲載を始めてたのもあって、特化した路線で光る異質な種牡馬を見つけるのに楽しみを見出すようになっており、ゴールドアリュールに関しても現役の頃より注目するようになった。

ゴールドアリュールが異質と言える最大の要因はこれまでのダート系種牡馬が殆ど確立出来てない後継種牡馬を残してる事だ。まだデビューしたばかりで未知数なのは否めないが、コパノリッキーもいずれは種牡馬入りするだろうし、まだまだ産駒は残ってるので種牡馬入り出来る産駒はもう少し増えるだろう。
ダンスインザダークやマーベラスサンデーは後継種牡馬に恵まれず。可能性を残してるとはいえ、スペシャルウィークやアグネスタキオンの直系存続も現状では怪しい。サンデー系種牡馬ですら幾つかの系列で血の継承が途絶えつつある状況でフジキセキと共に後継種牡馬を複数残して直系存続の選択肢を残したゴールドアリュールは貴重な種牡馬だった。
俺にはサラブレッドが経済動物である以上、血の継承を果たすのがサラブレッドにとって本当の意味で最良の使命、日本で4代5代と続き、尚且つリーディングの主流を担う土着の血統が出来て初めて【日本は種牡馬の墓場】という悪名(俺にとって死語ではない)を払拭出来るという持論がある。ゴールドアリュールはその基幹となる可能性があった数少ない種牡馬だった。その早すぎる死に合掌m(__)m

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR