ダイヤモンドS・京都牝馬S

ダイヤモンドS
◎カフジプリンス
○アルバート
▲フェイムゲーム
△プレストウィック
△ムスカテール

カフジプリンスは坂の下りでスムーズに加速出来ない京都では養分に過ぎないが、2戦2勝の東京であればその弱点はある程度軽減される。エンジンの掛かりは遅いが、長く脚を使えるタイプでステイヤーとしての資質は高い。実績馬が年明け初戦なのに対し、1度叩かれた強みとハンデ54キロを活かせれば。

アルバートは一線級相手のスピードと切れは不足してるが、格上が殆ど出走して来る事のないGⅡGⅢの長距離戦では豊富なスタミナで圧倒的優位に立てる。東京は昨年のAR共和国杯で2着の実績があるし、58キロのハンデも実績の割に恵まれた。ただ、仕上がりに関しては万全までもう一歩なので対抗まで。

フェイムゲームは3連覇こそ逃したものの、このレースは1、1、2着とベスト条件。ハンデも昨年に比べて0.5キロ軽いのも恵まれたと言える。集中力が切れると惨敗する事もしばしばだが、そうしたレースは大抵GⅠ。前走の殿負けも特に気にする必要はないだろう。

プレストウィックはステイヤーズSでは4角で外へ振られる不利もあって3着馬に直線で競り落とされたが、この馬なりにしっかり脚を使っての4着。折り合い難が解消されてからは長距離戦で目処が付いており、他馬と接触して力んだ2走前は参考外だろう。ただ、馬体重は極端に増えないでほしい。

ムスカテールは口向きの悪さがどうにもならない右回りなら兎も角、左回りなら折り合いさえ付いて脚を溜めればそれなりにやれる力は残ってる。今回は首尾良く2番枠を引けた事だし、ロスなく脚を溜められればあわよくば。

馬券はカフジプリンス1頭軸の3連複流し。


京都牝馬S
◎スナッチマインド
○レッツゴードンキ
▲アットザシーサイド

スナッチマインドは昨年も本命にしたが、直線で抜け出した後に鞭が入ると内へ切れ込んでしまい、最後はソラを使っての4着。仕掛け所が難しくなるこの悪癖は厄介だが、10戦騎乗して4勝着外なしと完全に手の内に入れてる浜中なら大丈夫だろう。仕掛け所さえ間違わなければ。

レッツゴードンキは短距離の差し馬として復活したが、ターコイズSでも展開が向いたとはいえ2着。1400mは十分に守備範囲と言える。チューリップ賞や北海道シリーズでの走りから力の要る馬場は合うし、1週前に坂路で自己ベストを叩き出して出来も良い。決め手比べでなら逆転まであり得る。

アットザシーサイドはターコイズSでは中山のコース形態が合わなかった感じだし、マイルも微妙に長かった。今回はベスト条件の京都1400m戦だし、確変状態に入ったデムーロ鞍上も心強い。大分荒れて来てる状況での内枠は嫌な材料だが、早めに外へ出せれば。

馬券はシンプルに3頭の馬連ボックス。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

アットザシーサイドはミルコの騎乗は鞍上強化で+ですね。
後は今の荒れた京都の馬場で切れ味削がれないか?
逃げ・先行馬が揃って展開は向いても、内枠に馬が密集しそうで巧くインが空くか?がどうかが不安に感じますm(_ _)m

今のミルコに逆らうのは良くないと思いますがm(_ _)m

今日は♪

失礼なコメントしてすみませんでした。前のコメント削除してください京都牝馬
ミルコに逆らえないので◎は2アットザシーサイド。
相手は不調脱出して調子を上げている○18ウインファビラス。荒れた馬場も合いそう。大外枠でも。ワイド、馬連。

Re: 今日は♪

特に気にしてないので気になさらず(`・ω・)b
アットザシーサイドは内枠が仇になってしまいましたね。外差し天国で外へ出せなければどうしようもない展開でした。
プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR