京都記念回顧

道悪適性と凱旋門賞でのダメージからどこまで立ち直ってるか読めなかったので3番手の評価にしたとはいえ、マカヒキがどのようなパフォーマンスを見せるか注目してたが・・・仕上がり途上や馬場を考慮しても微妙としか言い様がない3着に少々ガッカリ。

手頃な頭数もあって出たなりのスタートから道中は好位5番手。道中の折り合いも付いて流れに乗り、2周目の3コーナー坂の下りからジワッと進出。前の勝ち馬を目標にして追い出し、残り1Fを切った辺りでは突き抜けそうな脚色だったが、そこから切れが鈍って一旦交わしかけた2着馬にも差し返された。
元々瞬発力勝負で本領を発揮するタイプで締まった流れからの持久力勝負では分が悪いし、速い時計は1本のみで万全の仕上がりではない。更に渋った馬場に持ち味を殺されたという情状酌量の余地はあるが、心証としては宜しくない。3歳春は能力と完成度の高さで誤魔化せたが、姉ウリウリが年齢を重ねてマイラーからスプリンターになったように、この馬は中距離志向が強くなってる印象。

昨年に続いて連覇達成となったサトノクラウン。スタートを決めて軽く促しての先行策。大逃げを打ったヤマカツライデン、それを途中から追い掛けたガリバルディから離れての3番手という難しい位置取りだったが、3~4コーナーからスパートを開始。直線で一旦はマカヒキに並ばれそうになったが、そこからもう一伸びして振り切った。
マカヒキと同じく休み明けではあったが、こちらの方が仕上がってる印象だったし、渋った馬場での持久力勝負に関しては一日の長がある経験の差がモノをいった。今後も道悪競馬なら常に押さえておきたい。

2着スマートレイアーはスタートは決まったが、それ以上にヤマカツライデンの出脚が速かったのもあって控えての好位から。道中は勝ち馬を見ながらレースを進め、直線では比較的内目を選択。一旦はマカヒキに交わされかけたが、しぶとく差し返した。
直線でのコース取りの差もあったが、決して得意とは言えない馬場でマカヒキに先着したのは大健闘だろう。距離に関しては懐疑的な見方をしていたが、ズブさが出てきた今は中距離の方が合って来たのかも。

ミッキーロケットはよりもよってスタートで捩る様にしてゲートを出てしまう痛恨の失敗。こうなってしまうと下手に動く事も出来ず、後方で脚を溜めるしかないが、流石にマカヒキより後ろにいて差し切れる脚がないのは分かってたのでこの時点で馬券は諦めた。最後はそれなりに差を詰めただけに、スタートの失敗が惜しまれる。

ガリバルディはスッと行き脚が付いて番手に付けたのは予想外だったが、向こう正面で後続を引き離した逃げを打ったヤマカツライデンを追い掛けて行ったのに唖然。あれでは最後は止まる。パドックからテンションが高かったので嫌な予感はしてたが、やはりマイル路線の方が良い。

ヤマカツライデンは好スタートからスッとハナを取り切り、1コーナーから後続を引き離す大逃げの構え。向こう正面でペースを落としたが、そこで加速が付いたガリバルディに突っつかれる展開となってしまい、直線半ばでギブアップ。馬体は絞れていたが、今回も途中で絡まれて持ち味を出し切れなかった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

今晩は(*^o^*)

ミッキーロケットは残念でした。和田騎手は良く穴をだす重宝する穴騎手ですが、
人気になると「と詐欺」騎手と同じように評価下げた方が良いかも知れませんm(_ _)m

Re: 今晩は(*^o^*)

和田は中位人気の先行馬に乗らせるとかなり怖いんですが、人気になると信頼性が落ちるのが残念ですね。
ただ、個人的には和田はデビュー当初から福永よりも評価して肩入れしてる騎手。買えそうな馬に乗ってるとどうしても評価が甘くなってしまうw
プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
89位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR