川崎記念回顧

条件戦上がりの伏兵オールブラッシュが昨年の最優秀ダート馬サウンドトゥルーを完封する鮮やかな逃走劇。サウンドトゥルーが追い込み脚質故にこうした展開は起こり得る可能性はあったが、この馬がそれをやるとは想定外。

スタートを決めると迷わずハナへ。内からケイティブレイブが競り掛けて来たが、譲らずに行き切って単騎先頭。2周目の向こう正面から後続のプレッシャーを受け、4コーナーで並ばれそうになったが、逆に直線で振り切って追い込んで来たサウンドトゥルーに3馬身差の快勝。
前走は好位から抜け出したが、2走前の逃げの方がこの馬のしぶとさを引き出せると判断したルメールの作戦勝ち。めっきり少なくなったウォーエンブレム産駒は終わる時は突然だが、勢いに乗ってる時は本当に強い。

2着サウンドトゥルーは大外枠もあってスタートから控えて内に入れての後方待機策。最初のスタンド前ではかなり離されたが、向こう正面で集団に取り付き、4コーナーまでに先団を射程内に捉えたが、勝ち馬に追い付くまでには至らず。
勝負所でトモを滑らせたらしく、モタついてスムーズさを欠いた分勝ち馬に届かなかった。展開がハマるとチャンピオンズCみたく突き抜けられるが、今回は他力本願タイプの弱点が出てしまった。

3着コスモカナディアンは道中は好位集団の中。向こう正面で一気にペースが上がった時も離されずに追走。4コーナーで一旦は置かれたが、直線は内を突いてジワジワ盛り返してケイティブレイブやミツバに先着。この馬も勝ち馬と同様に条件戦から力を付けて来たクチだが、距離が伸びてよりしぶとさが増した感じ。パサパサの砂質も合ってた印象。

ミツバは序盤は出たなりで中団。最初のスタンド前で横ポツンをやってから2番手に進出。向こう正面から勝ち馬にプレッシャーを掛けに行ったが、4コーナーで逆に手応えが怪しくなり、最後はケイティブレイブを捕まえるのがやっと。目にする機会が増えたノリの横ポツンだが、今回は上手くハマらなかったようで。

ケイティブレイブは勝ち馬の出脚が速くてそのまま先手を取られたのが誤算。ルメールが引かなかった事もあって途中でハナを切るのを諦め、勝ち馬の外目に出してプレッシャーを掛ける作戦に切り替えたが、逆に自分のスタミナが先に尽きた。番手からだったが妙に折り合ってたし、夏からの使い詰めも気になるところ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR