シルクロードS回顧

ローレルベローチェの回避で先行馬には与し易い展開になると想定して先行馬主体で予想を組み立てたが、先頭・2番手に付けた1、2番人気が直線で潰れ、後方待機のダンスディレクターが差し切ってしまっては予想としてはお手上げ。

久々に五分にゲートを出た事で無駄に脚を使う事なくスッと後方に控えて末脚温存。少し行きたがったが、馬込みに入れて上手く宥め、直線での外への持ち出しもスムーズ。直線は持ち前の一瞬の脚を使って先に抜け出した2着馬をゴール前で差し切った。
昨年の勝ち馬で京都コースとの相性の良さは認識してたし、3着くらいには来るかもと迷いはしたが、先行有利と想定してたので最終的に切ってしまったのが失敗。いつ来るかタイミングが読めないタイプでここは買わなくてはならなかった。

2着セイウンコウセイは一完歩目で同型馬に後れを取った分、番手に付けられず4番手の外目。それでも道中は流れに乗って4コーナーでの手応えも余力十分。直線半ばで一気に先頭に立ったが、ゴ-ル前で勝ち馬に交わされた。
番手より後ろの位置取りでも、流れに乗った正攻法の立ち回りであわやのシーンを作れたのは、地力強化による連勝中の勢い故だろう。ただ、坂があると最後の踏ん張りが足りないので過大な評価は禁物。

3着セカンドテーブルはスタートから気合いを付けて出して行って番手をキープ。3コーナー手前で内外から寄られる形で位置取りを下げたが、逆に内で脚を溜める形となり、直線は最内から脚を伸ばしてギリギリ3着に踏みとどまった。
2歳以降は重賞ではなかなか結果を出せなかったが、平坦京都の良馬場と条件が揃った事で久々の馬券圏内。OP特別の方が信頼出来るが、平坦の良馬場という条件ならそれなりに走れる。

ヒルノデイバローはスタートから控えて最後方からいつも通りの末脚温存。ただ、集団からあまり離されない様に付いて行き、4コーナーで大外。直線は勝ち馬に次ぐ上がりをマークして3着争いに加わった。
昨年のこのレース(7着)から暫く穴で狙った春は力不足もいいところだったが、休み明けを叩いた前走辺りから少し変わって来た印象。他力本願な脚質ではあるが、条件が噛み合えば穴を空けるかも。

ラインスピリットは最内から気合いを付けて先行策を取ろうとしたが、外の馬の二の脚が速くてジリ下がりとなり、結局は中団のイン。勝負所では包まれて位置取りを下げたが、直線はスペースが空いたところからジワジワ伸びて来た。前に行けなくなって来たが、その分終いも脚を使えるようになって来た。

ソルヴェイグはスタートからスッと行き脚が付いて楽な形でハナへ。ペースもそれ程速くはなかったが、外目からネロにガッチリとプレッシャーを掛けられる厳しい展開。直線ではギリギリまで追い出しを待ったが、残り1Fを切ったところで踏ん張り切れず。プラス18キロは問題なかったが、展開がキツかった。

ネロはソルヴェイグの番手に付けはしたが、二の脚がいつもより鈍くて少し脚を使ってた。道中はソルヴェイグにプレッシャーを掛け続ける形で4コーナーでは楽な形で並び掛けたかに見えたが、直線はサッパリ伸びずに呆気なく失速。
元々、パンパンの良馬場か前走みたいな重馬場といった極端なトラックバイアスに強いタイプで適性からやや外れた馬場ではあったが、それを差し引いても止まりすぎ。それ程中身が出来てなかったのかも。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR